本の紹介「地域産品ビジネスによるコミュニティ開発 援助を行うための基礎知識」

□ 「地域産品ビジネスによるコミュニティ開発 援助を行うための基礎知識 □

本の紹介「地域産品ビジネスによるコミュニティ開発 援助を行うための基礎知識
(国際協力の教科書シリーズ)」
野田 直人 著

国際協力の教科書シリーズ第三弾。
第二弾の「ビジネス振興と経営 ビジネスセンスを磨こう」が、ビジネスの当事者
としての視点から書かれているのに対し、本書は援助を行うための基礎知識として
編纂れているのが大きな違い。現地のビジネスを支援するための基礎知識としての
経理や在庫管理、ビジネスとして成り立つかどうかを測る指標、といった実務に加
え、援助資金を援助対象ビジネスの経理においてどう扱うか、など、他の参考書で
は触れられていない重要なポイントも解説。
また、商品の開発と販売を支援する従来の援助の枠組み、一村一品(OVOP)やSHEP、
そしてフェアトレードなどを行う場合に見落とされがちな、「コミュニティ全体の
裨益」というコンテクストから、日本型の地域産業振興の特徴を解説している。
発展途上国で第一次産業やその加工品、手工芸や軽工業品などの生産と販売を支援
する場合には、ぜひ事前に勉強しておきたい内容を網羅してる。

Amazon
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4990717058/hitonomori-22/ref=nosim
Yahoo
http://store.shopping.yahoo.co.jp/hitonomori/zf0ekw24tr.html
人の森ショップ
http://shop.hitonomori.com/products/detail.php?product_id=46

報告会「気候変動影響の中で生きる インドネシア」

□ 報告会「気候変動影響の中で生きる インドネシア」 □

インドネシアでは、気候変動が人々の暮らしに大きな影響を及ぼしています。農村
では、降雨パターンが変化し、伝統的な農法や特産物の栽培ができなくなり、また
深刻な水不足が生じています。一方で沿岸部では、海面上昇により広大な農地や養
殖場が失われ、家屋や道路への浸水が慢性化しています。 FoE Japanは、現地NGO
や大学と連携し、2008年からスマラン市、ウンガラン郡、プカロンガン市の農村や
漁村にて、コミュニティ主体で気候変動影響に適応していくためのサポートを続け
てきました。 本報告会では、住民理解の促進から、適応対策導入のための組織化、
行政の能力強化、そして気候変動により収入減を失ったコミュニティの自立化まで
の経験、成果をご報告します。さらに、適応対策の可能性と限界について考えます。
ぜひご参加ください。

イベント名 「気候変動影響の中で生きる〜インドネシア 海面上昇の村、水不足
の農村の人々の挑戦」
日時 2017年 2月23日(木)18:30〜20:30
場所 東京ウィメンズプラザ 第一会議室 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67
参加費 500円 (FoE Japanサポーター・学生無料)
申込み http://www.foejapan.org/aid/community/mangrove/170223.html
主催・問合せ FoE Japan 担当:柳井
プログラム
1.イントロダクション インドネシアの気候変動影響
2.農村の気候変動影響とアグロフォレストリーを通じた適応対策 
スピーカー:Amalia Wulansari氏(BINTARI財団)
3.海面上昇の被害を受ける沿岸コミュニティのマングローブ保全を通じた適応対

スピーカー:Arief Khristanto氏 (BINTARI財団ディレクター)
4.ディスカッション コミュニティの適応対策の可能性と限界 
※逐次通訳あり
関連:https://foejapan.wordpress.com/2017/02/16/indonesia_inundated/

写真展関連トークイベント「津波の足跡」

□ 写真展関連トークイベント「津波の足跡」 □

写真展関連トークイベント「津波の足跡」
東日本大震災発生後の東北の様子を記録し続けるイラン人ジャーナリスト、アフシ
ン・バリネジャド氏によるトークイベントです。バリネジャド氏が東北の取材を行
うきっかけとなった震災当時の様子や、現在の東北の様子について、6年に渡って
撮りためた写真とともにご紹介いただきます。30分程度の動画の上映も予定してい
ます。
講師:アフシン・バリネジャド氏(フリージャーナリスト)
関連サイト:
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/2017/170310_01.html
日時:3月10日(金)18:30〜20:00
場所:JICA市ヶ谷ビル 1階 市民のひろば(体験ゾーン内)
(東京都新宿区市谷本村町10-5)
主催:JICA 地球ひろば 
対象:ご興味のある方ならどなたでも
定員:40名(先着順)
参加費:無料
申込:下記まで電話またはEメールにて、お名前、連絡先・ご所属をお知らせくだ
さい。
ホームページからもお申込みいただけます。
問合・申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel: 0120-767278
e-mail: chikyuhiroba@jica.go.jp
会場への行き方:
JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」4番/6番出口 徒歩8分
地図: https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html

☆JICA地球ひろばHP https://www.jica.go.jp/hiroba/
☆Facebook https://www.facebook.com/jicachikyuhiroba
☆Twitter https://twitter.com/jicahiroba

【3/28】 FIDRカフェを開催します

□ 【3/28】 FIDRカフェを開催します □

FIDRカフェ「知ること、話すことからはじめよう、国際協力」
「自分ゴト」をカタチにしよう!〜実践編〜

国際協力NGOのFIDRは、開発途上国を中心に子どもたちが健やかに育つことのでき
る社会を、現地の人たち自身でつくれるようにサポートしています。
これまでテーマとしてきた「自分ゴト」。今回のカフェでは、今年こそ国際協力の
分野でチャレンジしてみたいことを「フューチャー・マッピング」を使ってカタチ
にし、行動に移すための「はじめの一歩」を一緒に導き出します。
今まで自分の中に隠れていたアイデアと出逢ってみませんか?

<申し込みフォーム>
https://goo.gl/forms/rEzxLalNXRU2QhR62
【日 時】:2017年3月28日(火) 19:00〜20:30(開場18:45)
【場 所】:ECOM駿河台
http://www.ms-ins.com/company/csr/ecom/access.html
東京都千代田区神田駿河台3-11-1
JR中央線・総武線「御茶ノ水駅」徒歩5分
【参加費】:無料
【定 員】:20名(要申込み・先着順)
<お問い合わせ>
公益財団法人 国際開発救援財団(担当:宮下・狩野)
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1 OCCビル3F
TEL:03-5282-5211/ E-mail:info@fidr.or.jp
URL:http://www.fidr.or.jp
<関連サイトURL>
http://www.fidr.or.jp/news/news.html#news20170216

グローバルエデュケーションモニタリングレポート

□ グローバルエデュケーションモニタリングレポート □

JICA/JNNE/ACCU主催
グローバル エデュケーション モニタリング レポートシンポジウム 2016
−共生と学び合い− 開催のお知らせ

「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が2015年の国連サミットで採択され、
「すべての人にインクルーシブかつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会
を促進する」ことが教育における持続可能な開発目標(SDG4)として掲げられまし
た。この目標を達成するため日本をはじめとする国際社会は様々な取り組みを行っ
ています。
SDG4達成への進展はユネスコの「Global Education Monitoring Report (GEMR)」
で報告されていますが、その2016年版概要の和訳が3月に完成いたします。この機
会を捉え、JICA/JNNE/ACCU主催シンポジウム「グローバルエデュケーションモニタ
リングレポートシンポジウム2016 −共生と学び合い−」を開催します。
教育はすべての持続可能な開発目標(SDGs)の達成を下支えする重要な役割を果た
しているとの認識に立ち、国・地域を超えたグローバルな「学び合い」の促進や、
共通課題の解決に向けたパートナーシップという観点から、日本の教育協力のあり
方について、中高生をパネリストに迎え、広く関係者間で意見交換を行います。
皆様の積極的なご参加をお待ちしております。
■ 日時:2017年3月22日(水) 17:30-20:00(17:00開場)
■ 場所:JICA市ヶ谷ビル 2階国際会議場
■ 主催:国際協力機構(JICA)、教育協力NGOネットワーク(JNNE)
 公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)
◇◆プログラム◆◇
17:30-17:35
開会の挨拶
 熊谷 晃子(JICA人間開発部 部長)
17:35-18:15
基調講演(各20分)
 浜野 隆(お茶の水女子大学 基幹研究院人間科学系 教授)
 永田 佳之(聖心女子大学 文学部教育学科 教授)
18:15-19:15 
パネルディスカッション
「SDG4達成に向けた日本の貢献〜共生と学び合いの観点より」
 デレータ:江崎 千絵(JICA人間開発部 基礎教育第一チーム 課長)
 パネリスト:羽田 邦弘(埼玉県教育委員会高等教育指導課 課長)
 中高生メンバー (Free the Children Japan)
 進藤 由美 (ACCU教育協力部・人物交流部 部長)
 永田 佳之 (聖心女子大学文学部教育学科 教授)
19:15-19:55 
質疑応答およびディスカッション
19:55-20:00
閉会の挨拶
 三宅 隆史(JNNE事務局長)

参加ご希望の方は、3月15日(水)までに下記連絡先にEメールまたはFAXでお申し
込み下さい。当日参加も可能ですが、会場の都合上、定員を150名といたしますこ
とを予めご了承下さい。
◇◆連絡先◆◇
独立行政法人 国際協力機構(JICA)
JICA人間開発部 課題支援ユニット
Tel:03-5226-6655 Fax:03-5226-6336
Email:kadaishien-ningen@jica.go.jp
◇◆申し込みフォーマット◆◇
ご氏名(ふりがな):
ご所属(職位):
ご連絡先(Email):
シンポジウムを知った媒体:

アーユス 事業担当スタッフ募集

□ アーユス 事業担当スタッフ募集 □

掲載ページ http://ngo-ayus.jp/2017/02/20170214/
【職種】事業担当
【雇用形態】契約職員(正職員登用への途あり)
【募集人数】1名
【業務内容】アーユスは仏教者の有志が集まり、日本のNGOをパートナーとし、資
金協力などを通じて国際協力を行っている団体。当会の事業のうち、「教育・交
流事業」の中で、主に以下の業務を担う。
・イベントや勉強会の企画・運営・実施。
・会員や支援者との交流や協働の促進。
・会員や支援者への対応。
・広報活動。
・総務・事務作業。
・その他事務作業全般。
【条件】
・ 宗教への嫌悪感、拒否感がないこと
・基本的なコンピューター操作(メール、オフィスソフトなど)ができること。
・ 国際協力分野での活動経験がある方歓迎。
・英語による基本的なコミュニケーションができること。
【勤務地】(特活)アーユス仏教国際協力ネットワーク事務所(東京都江東区清澄)
【勤務時間】月〜金 09:00〜18:00、10:00〜19:00、11:00〜20:00のいずれか
【休日】土・日・祝休日(場合によって、休日勤務あり)
【待遇】当会の給与規定による。社会保険有り。退職金制度有り。
【業務期間】2017年4月中旬〜
【応募方法】以下の書類を下記住所までご郵送ください。
( 応募書類は採用事務にのみ利用し、返却いたしません。)
・履歴書
・職務経歴書
・志望動機(A4一枚程度)
【選考方法】 一次選考:書類審査、二次選考:面接
【応募締め切り】 2017年3月10日必着。(但し、適任者が見つかり次第、応募を
締め切ります。)
【問い合わせ先】特定非営利活動法人アーユス仏教国際協力ネットワーク
担当 枝木美香 TEL 03-3820-5831
【応募資料送付先】
〒135-0024 東京都江東区清澄3-4-22
特定非営利活動法人 アーユス仏教国際協力ネットワーク

3/11 ハンガー・フリー・ワールド活動説明会

□ 3/11 ハンガー・フリー・ワールド活動説明会 □

3/11 ハンガー・フリー・ワールド活動説明会・お仕事編
NGOで働くってどんなこと?
【日時】3月11日(土)14:00-17:00
【参加費】無料
【会場】ハンガー・フリー・ワールド事務所(飯田橋)
【地図】http://www.hungerfree.net/about/access/
【交通】JR飯田橋東口改札を出てすぐの通りを右(目白通りを九段下方面)へ徒歩
1分。はなまるうどん、珈琲館などが入っているビルの8階。
【定員】10名
【締切】定員になり次第
【申込み】事前にお電話またはE-mailにてお申し込みください。
【主催】ハンガー・フリー・ワールド
将来は国際協力を仕事にしたい!、インターンに興味はあるけどどんな仕事をする
の?今回の活動説明会は「お仕事編」として、ハンガー・フリー・ワールド(HFW)
で働く職員がどのようなキャリアを経て今の仕事に就いているのかご紹介します。
また、HFWで働いたことのある元インターンが、実際にどのような仕事をするの
か、その後の就職活動や社会人生活にどのように役立ったかなどをお話しします。
春から何か新しいことを始めたい、インターンとしてNGOで働いてみたいと思っ
ている学生や社会人のみなさん、ぜひご参加ください!
※HFWの活動についても紹介しますが、短時間です。活動について詳しく知りた
い方は、4月以降に開催する通常の活動説明会への参加をお勧めします。
■タイムライン(予定)
14:00 趣旨説明・自己紹介
14:10 アイスブレイク(興味関心があることの共有など)
14:30 HFW活動紹介・職員のキャリア紹介
15:30 インターンの仕事について紹介(元インターン3〜4名から)
16:30 質疑応答
17:00 終了

【連絡先】 
特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
TEL:03-3261-4700 FAX:03-3261-4701
平日10:00〜21:00 土10:00〜18:00
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
E-mail info@hungerfree.net
URL http://www.hungerfree.net/news/11828/

持続可能な社会に向けた個人と企業のシフト(3/2)

□ 持続可能な社会に向けた個人と企業のシフト(3/2) □

SDGs(持続可能な開発目標)を考えるサロン 
第2回「持続可能な社会に向けた個人と企業のシフト」
−地球に何が起こっていて、どう変わらなきゃならないの?−

持続可能な社会の実現に向け、既に動き出している人々や日本企業の進むべき方向
についてご紹介します。起業や個人が取り組むべき課題でもあるSDGsについて、先
進国にいる我々の課題として、自身の生活や仕事のあり方を改めて考える時間を提
供します。
講師:
谷崎 テトラ氏(放送作家、京都造形芸術大学客員教授)
森 摂氏(株式会社オルタナ 代表取締役社長・編集長)
関連サイト:
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/2017/170302_01.html
日時:3月2日(木)18:30〜20:30
場所:JICA市ヶ谷ビル 2階 国際会議場 (東京都新宿区市谷本村町10-5)
主催:JICA地球ひろば
対象:ご興味のある方ならどなたでも
定員:100名(先着順)
参加費:無料
申込:下記まで電話またはEメールにて、お名前、連絡先・ご所属をお知らせくだ
さい。
ホームページからもお申込みいただけます。
問合・申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel: 0120-767278
e-mail: chikyuhiroba@jica.go.jp
会場への行き方:
JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」4番/6番出口 徒歩8分
地図: https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html

☆JICA地球ひろばHP https://www.jica.go.jp/hiroba/
☆Facebook https://www.facebook.com/jicachikyuhiroba
☆Twitter https://twitter.com/jicahiroba

ミニベンガル語講座 初級編

□ ミニベンガル語講座 初級編 □

バングラデシュのお茶菓子をいただきながら、楽しくベンガル語を学んでみません
か? ベンガル語はまったく初めてでも大丈夫です!
講座では、在日バングラデシュ人の講師から、ベンガル文字の書き順、発音やベン
ガル語会話について学びます。当日はお茶とカンタンなおやつをご用意しておりま
す。参加費の一部はノボディゴントとHFWを通してバングラデシュの人々の自立支
援のために使われます。
【日時】3月20日(月・祝)15:00-16:00
【参加費】 1000円
【持ち物】筆記用具
【会場】新宿区箪笥町地域センター4F調理室(新宿区箪笥町15番地)
【地図】http://www.ushigometansu.com/facilities.html#access
【交通】都営地下鉄大江戸線 牛込神楽坂駅 A1出口 徒歩0分
営団地下鉄東西線 神楽坂駅 2番出口 徒歩10分
都バス 橋63 小滝橋車庫前⇔新橋駅 牛込北町下車
【定員】20名
【締切】定員になり次第
【申込み】事前にホームページ(http://www.hungerfree.net/news/11833/)の
お申し込みフォームにてお申し込みください。
お問い合わせ、キャンセル等のご連絡も同様にお申込みフォームからお願いします

【主催】ノボディゴント
【連絡先】
特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
TEL:03-3261-4700 FAX:03-3261-4701
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
E-mail info@hungerfree.net
URL http://www.hungerfree.net/news/11833/

ノボディゴント 料理ワークショップ&カレーパーティ

□ ノボディゴント 料理ワークショップ&カレーパーティ □

カレー好きの方大歓迎。1度食べたらやみつきになる味に、リピーターも続出!
メニューは、チキンカレー、野菜カレー、サラダ、デザート、チャイの予定です
(変更する場合もあります)。
はじめてでも、おひとりでも、お友達とでも、お子様とでも(※辛くない特別メニ
ューできます)、お気軽にいらしてください!
純益は、ノボディゴントとHFWを通してバングラデシュの自立支援のために使われ
ます。
【日時】3月20日(月・祝)
1.料理ワークショップ 10:30-13:00
2.カレーパーティ 13:00-14:30
※遅くなると食事をご用意できない場合があります。遅れる場合は、事前にご連絡
ください。
【参加費】料理ワークショップ&カレーパーティ3000円(カレーパーティのみ
2500円)
【持ち物】エプロン(料理に参加される方)、筆記用具
【会場】新宿区箪笥町地域センター4F調理室(新宿区箪笥町15番地)
【地図】http://www.ushigometansu.com/facilities.html#access
【交通】都営地下鉄大江戸線 牛込神楽坂駅 A1出口 徒歩0分
営団地下鉄東西線 神楽坂駅 2番出口 徒歩10分
都バス 橋63 小滝橋車庫前⇔新橋駅 牛込北町下車
【定員】20名
【締切】定員になり次第
【申込み】事前にホームページ(http://www.hungerfree.net/news/11832/)の
お申し込みフォームにてお申し込みください。
お問い合わせ、キャンセル等のご連絡も同様にお申込みフォームからお願いしま
す。
【主催】ノボディゴント
【連絡先】
特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
TEL:03-3261-4700 FAX:03-3261-4701
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
E-mail info@hungerfree.net
URL http://www.hungerfree.net/news/11832/