講演会 タイで育ったBOSAIの心

□ 講演会 タイで育ったBOSAIの心 □

「タイ国防災能力向上プロジェクト」に専門家として携わった近藤ひろこ氏をお招
きし、タイ国内の各地方の特色を活かした防災教育について講演していただきます
。教え込む「防災教育」から、自ら考え挑戦していく「防災学習」へ。現場での学
校関係者や子ども達の意識の変化などを近藤氏の体験談とともにお話いただきます

対象:一般(小学生は保護者同伴) 定員:50名 参加費:無料
申し込み方法:(1)メール(2)電話(3)来訪 
(1)-(3)いずれかで下記内容をお知らせください。
□イベント名 □代表者氏名 □学年 □連絡先(Eメールアドレス・電話番号)
お問い合わせ:JICA中部 なごや地球ひろば
担当者:地球案内人
電話番号:052-533-0121 ファックス:052-564-3751
Eメール:jicacbic-hiroba@jica.go.jp
詳細HP:
https://www.jica.go.jp/nagoya-hiroba/news/event/2017/20170903_01.html

防災演習ゲーム「生存確率」-生き残るために必要な知

□ 防災演習ゲーム「生存確率」-生き残るために必要な知識 □

災害の瞬間を生き抜く知識を学ぶ「防災演習ゲーム」や、世界のBOSAIを知る「な
ごや地球ひろば体験ツアー」、災害時に役立つ「ぼうさい工作」の3本立て防災プ
ログラムを行います。いざという時に役に立つ「BOSAI」を見つけてみよう!
企画制作:特定非営利活動法人ひょうご県防災教育振興協会、S2カンパニー株式
会社
監修:一般社団法人日本防災教育振興中央会
対象:一般(小学生は保護者同伴) 定員:50名 参加費:無料
申し込み方法:
(1)メール(2)電話(3)来訪 
(1)-(3)いずれかで下記内容をお知らせください。
□イベント名・希望回(午前or午後) □代表者氏名
□連絡先(Eメールアドレス・電話番号)□参加人数

お問い合わせ先
JICA中部 なごや地球ひろば
担当者:地球案内人
電話番号:052‐533‐0121 ファックス:052-564-3751
Eメール:jicacbic-hiroba@jica.go.jp
詳細HP:
https://www.jica.go.jp/nagoya-hiroba/news/event/2017/20170820_01.html

期間限定特別展示「触れる地球」

□ 期間限定特別展示「触れる地球」 □

次世代のインタラクティブなデジタル地球儀「触れる地球」。
リアルタイムな雲の様子、温暖化、台風・津波の発生過程、渡り鳥の移動など、「
宇宙から見たいまの地球」を体感することができます。世界の様々な研究機関から
提供されたデータを基に表示される地球の姿は「日本の科学技術のショーケース」
でもあり、他分野の科学データを重ね合わせることで新たな発見を導く、地球シン
セサイザーでもあります。
「地球目線」を育むことができる触れる地球が、この夏、期間限定でなごや地球
ひろばにやってきます。
展示期間中に専門の地球解説員による「触れる地球」を使ったデモンストレーシ
ョンを下記の日程で開催致します。
7月29日(土曜)11時から12時 テーマ「地震」
8月20日(日曜)12時30分から13時30分 テーマ「温暖化」
対象:一般
会場:なごや地球ひろば1階体験ゾーン
申し込み方法
イベント名、代表者名、連絡先(Eメールアドレス、電話番号)、参加人数を下記
のいずれかの方法でお申し込みください。
メール(jicacbic-hiroba@jica.go.jp)、電話(052-533-0121)、来訪
詳細HP:
https://www.jica.go.jp/nagoya-hiroba/news/event/2017/20170701_02.html

インターン募集

□ インターン募集 □

アジア保健研修所(AHI)では、8月中旬から10月中旬まで、「国際研修」の
サポートをして下さるインターンを募集しています。
アジア各国からやってきたNGOワーカーたちと交流をしながら、NGOの働きや
国際協力について学べるチャンスです!
AHIの「国際研修」とは?
アジア各国で地域保健・開発に取り組むNGOスタッフ等を対象とした参加型のリ
ーダーシップ育成研修。
今年は11カ国から13名の研修生が参加します。
期間:2017年8月27日(日)〜2017年10月9日(祝・月)
インターンはどんなことをするの?
研修にかかわる様々な仕事を、関心・経験等に応じて分担していただきます。
例:
?事務作業の補助
?写真撮影・データの整理
?簡単な日本語講座
?交流イベントの企画・運営補助
?資料準備
?簡単な通訳・翻訳
?研修生の生活補助
?研修セッション補助
※ 希望に応じて研修の聴講も可能

SDGsを人権の視点から英語で学ぼう

□ SDGsを人権の視点から英語で学ぼう □

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、これまで大好評だった「英語で学ぼう!
世界の人権問題」を夏期も開催いたします。国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ
は、これまで大好評だった「英語で学ぼう!世界の人権問題」を夏期も開催いたし
ます。ネイティブの講師を迎えて、授業はすべて英語で行われます。「英語で会話
したり自分の意見をもっと言えるようになりたい」、「世界の人権問題について
英語で学びたい」、「今のスキルを伸ばしたい、知識をもっとつけたい」、そんな
あなたにぴったりの講座となっております。1時間半の授業の中で、英語で話し合
うディスカッションの時間もたっぷりと確保しています。講師陣は、NY州弁護士
のCade Christopher Mosleyほかが担当します。基本的な英語力があれば、どな
たでもご参加できます。学生の方も社会人の方も、どなたでもご参加頂けますので
、ぜひ、お誘いあわせの上、お申込みください。学生の方は500円割引します。
※1回のみ参加することも可能です。複数回の参加をご希望の方は、回数券をお求
めいただくとお得になります。
【お申込み方法】
こちらの参加申込フォームから、お申込み下さい。
https://docs.google.com/forms/d/1H78BI0PAIdjuNO8-9mbtXVFbIAru1AUQik8WOHzII
4E
(URLはコピペして、開いて下さい)
※もし上記からご登録ができない場合は、お手数ですが、HRN事務局
(info@hrn.or.jp)あてに、お名前、ご連絡先、参加希望されるクラス、ご所属
(一般か学生)を明示の上、ご連絡ください。
【主催 お問い合わせ先】
ヒューマンライツ・ナウ事務局 (担当:有満)
メール:mari.arimitsu@hrn.or.jp 電話:03-3835-2110

「世界食料デー」月間2017プレイベント

□ 「世界食料デー」月間2017プレイベント □

10月16日は世界食料デー。国連が制定した世界の食料問題を考える日です。
日本ではNGO/NPOや国際機関が一緒に呼びかけて、10月を「世界食料デー」月間と
し、企業や教育機関などと一緒にさまざまなイベントを開催しています。
第1部はドキュメンタリー映画「もったいない!」の上映とトークセッションを通
して、私たちにとって身近なフードロス問題から世界の食料問題まで、幅広く考え
ます。
第2部では、食料問題の解決のために活動するNGO/NPO、国連機関が集まり、私た
ちにもできるアクションを考えるワークショップを実施します。世界の食料問題の
解決のために私たちにできることを、一緒に考えてみませんか?
■日時:2017年8月19日(土)
第1部 10:00〜12:10(受付9:30〜)
第2部 13:00〜17:30(受付12:30〜)
■場所:JICA横浜 会議室1
【地図】http://www.jica.go.jp/yokohama/office/access.html
■プログラム(予定):
【第1部】
10:00 開会あいさつ・趣旨説明
横浜市資源循環局
10:10 ドキュメンタリー映画「もったいない!」上映
【詳細 http://mottainai-eiga.com/】
11:30 トークセッション
情報提供:アフリカ日本協議会 斉藤龍一郎
聞き手:オックスファム・ジャパン 鈴木洋一
12:00 まとめ
12:10 終了
【第2部】
13:00 開会あいさつ・趣旨説明
<ビデオメッセージ>
国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所長 M.チャールズ・ボリコ
13:20 全体ワークショップ1−原体験を聞く
Thinking WHY: 活動の原体験をNGO職員から聞く
<トークセッション>
セカンドハーベスト・ジャパン 田中入馬
日本国際飢餓対策機構 福地麻美
モデレーター:オックスファム・ジャパン 鈴木洋一 
14:30 テーマ別ワークショップ(以下から1つを選んでご参加ください)
A.行動につなげるための問題意識の振り返りセッション
B.フードドライブをやってみよう!
C.「いただきます」と「ごちそうさま」をありがとう
15:55 全体ワークショップ2−アクション・プランニング
Drive The CHANGE:一歩踏み出すアクションを考えよう!
17:20 まとめ
17:30 終了
※「第1部のみ参加」「第2部のみ参加」「第1部・第2部の両方に参加」
のいずれかをお選びください。
*ワークショップの詳細は、こちらをご覧ください。
⇒http://www.hungerfree.net/news/12276/
■定員:50名
■参加費:無料    
■共催:「世界食料デー」月間2017、横浜市資源循環局
◆参加申込み
申し込みフォームに必要事項を記入の上、送信してください。
https://goo.gl/7E5Vso
◆お問い合わせ
「世界食料デー」月間2017事務局
(ハンガー・フリー・ワールド内 担当:儘田)
Email:wfd@hungerfree.net TEL:03-3261-4700

【7月29日】「わたしのエシカル」をみつけよう

□ 【7月29日】「わたしのエシカル」をみつけよう  □

肌によさそうなオーガニックコットン、なんとなく良いものらしい
フェアトレード。
その選択がつながる影響を知り、自分なりのお買い物の基準をみつけませんか?

インドのコットン畑の児童労働や、農薬が環境に与える問題をテーマに、フェアト
レード・ラベル・ジャパンの中島佳織さん、認証検査機関Control Union Japan
(コントロールユニオンジャパン)の山口真奈美さんにオーガニックやフェアトレ
ードの製品を私たちが選ぶことで生まれる成果を学びます。
フェアトレードやオーガニック製品の購入、せっかく実践するのならより深く知っ
たほうが、使う毎日を心地よく過ごせるかもしれません。
ご参加をお待ちしています!
*当日は会場から徒歩5分の国際フォーラムでコットンだけではなく 食などのオ
ーガニック最先端を体験できるオーガニックライフスタイルEXPOも開催されてい
ますので、合わせてのご参加もおすすめです。
■日時 2017年7月29日(土) 10:00〜12:00(受付9:40〜)
■会場 リファレンス新有楽町ビル貸会議室
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1丁目12−1 新有楽町ビル2階
JR有楽町駅 中央西口/日比谷口より1分
地下鉄有楽町線有楽町駅 D2出口連絡
地下鉄都営三田線日比谷駅 B1 またはB2出口より3分
地下鉄日比谷線・千代田線日比谷駅 A6出口より3分
■定員 60名(先着順)
■参加費 一般:1,000円、学生:500円
■申込方法 下記URLより、7月26日(水)までにお申込みください。
http://acejapan.org/form20170929
■主催 認定NPO法人ACE(エース)
■お問い合わせ 担当:田柳
〒110-0015 東京都台東区東上野1-6-4 あつきビル3F 
TEL:03-3835-7555 FAX:03-3835-7601 E-MAIL:event@acejapan.org

【7月28日】すぐできる! 消費者教育実践セミナー

□ 【7月28日】すぐできる! 消費者教育実践セミナー □

「消費者教育の授業をやらないといけないけど、どのような授業をすればよいかわ
からない」「フェアトレードの説明をもっとわかりやすく伝えたい」
教育の現場や消費生活センターなどで消費者教育を人に伝えることがある方向けに
、ACEオリジナル教材を使って、生産地の環境問題や児童労働問題をテーマにした
授業の行い方を学ぶセミナーを開催します。
「消費者教育教材資料表彰」最優秀賞を受賞したACEオリジナル教材「このTシャツ
はどこからくるの?」の体験や、授業実践例紹介を通じ、どのような授業やセミナ
ーができるか、どのように人に消費者の責任を伝えるか学びます。
生活に身近なモノから世界とのつながりを体感できる消費者教育の授業をしてみた
い!という方、フェアトレードやエシカルなどに関心があるという方、ぜひご参加
ください!

■日時 2017年7月28日(金) 10:00〜16:00
■会場 銀座ユニーク カンファレンスルーム
 〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目14-6
■定員 50名(先着順)
■参加費 3,000円
■申込方法 下記URLより、7月26日(水)までにお申込みください。
https://acejapan.org/160801form
■主催・お問い合わせ
認定NPO法人ACE(エース)
〒110-0015 東京都台東区東上野1-6-4 あつきビル3F
TEL:03-3835-7555 FAX:03-3835-7601

イラク紛争犠牲者救援活動報告会

□ イラク紛争犠牲者救援活動報告会 □

国際医療救援月例研修会(国際医療救援活動)のご案内
名古屋第二赤十字病院では、月に一度国際医療救援関連の研修会を開催していま
す。8月は下記の通り開催いたします。
事前登録不要、どなたでもご参加いただけますので奮ってご参加ください。
1.日時:平成29年8月2日(水)18:00〜19:00
2.場所:名古屋第二赤十字病院 3病棟1階 研修ホール
3.講師:名古屋第二赤十字病院 麻酔・集中治療部 医師 井上芳門
4.内容:
イラク共和国における政府軍と武装グループ間のモスル奪還をめぐる戦闘により
負傷者が急増しています。増大する医療ニーズに迅速に対応するため、赤十字国
際委員会(ICRC)は現地に医療チームを派遣しました。井上医師は、ICRCの一員
としてモスル近郊(エルビル)の病院へ派遣され、銃創や爆創、熱傷などで搬送
される兵士・市民の治療を行いました。本研修会ではその活動と現地の状況を報
告します。(なお報告会では一部 創部の写真が使用されますので、あらかじめ
ご了承下さい。)

問い合わせ先:名古屋第二赤十字病院 国際医療救援部 荒川
TEL:052-832-5467(直通)、Email: arakwah0927@nagoya2.jrc.or.jp

第7回NICCOチャリティ・ラン鴨川開催のお知らせ

□ 第7回NICCOチャリティ・ラン鴨川開催のお知らせ □

今年も毎年恒例の「NICCOチャリティ・ラン鴨川」を、京都鴨川河川敷にて開催
いたします!
「世界には、あなたのランで助けられる人がいる。」をキャッチフレーズとした、
この大会。
第7回の今回は、エントリー種目がバージョンアップしました!
新たにできた20km、30kmコースへの挑戦をお待ちしております!
また今年の収益金は、国際協力NGO日本国際民間協力会(NICCO)が行う、ケニアで
エコなトイレを建設する事業に活用する予定です。あなたも国内外で災害や紛争、
貧困から立ち上がろうとする子ども達のために走ってみませんか。

■日程
2017年 10月 7日(土)
■会場
京都府京都市 鴨川河川敷 賀茂大橋〜北大路橋(本部:賀茂大橋西詰)
■種目
30km、20km、10km、5km、2.5km、フリー
*フリーは出走時間、距離ともに自由。
■定員
500名程度。定員に達し次第受け付けは終了します。
■参加費
30km 5,000円、20km 4,000円、10km 3,000円
5km 2,500円、2.5km 2.500円、フリー4,000円
■申込期間 
2017年6月30日(金)〜9月8日(金)
■お申し込み
「ランネット」
http://runnet.jp/entry/runtes/user/pc/competitionDetailAction.do?raceId=16
2697&div=1
「スポーツエントリー」
https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/71185
「お電話・メール・郵便振替での受付」
https://kyoto-nicco.org/charity_run/application.html
■主催 
“スポーツ・チャリティ”プロジェクト実行委員会災害被災者支援や国際協力のた
め、京都を拠点とする若者やスポーツ愛好家が集まって結成した委員会です。
今回の大会は、途上国支援を志す関西の若者達有志が中心となり、ボランティアに
て運営しています。
後援 
公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO)
(URL:http://www.kyoto-nicco.org/)
お問い合わせ
住所:〒604-8217
京都市中京区六角通新町西入西六角町101番地 NICCO内
電話:075-241-0674  FAX:075-241-0682
E-mail:sports.charity.project[at]gmail.com [at]を@に変えて送信して
ください。
担当
福島・佐々木・李