ケースで学ぶ! 途上国での零細ビジネス振興のためのマーケティング

□ ケースで学ぶ! 途上国での零細ビジネス振興のためのマーケティング
  2017年10月21日(土)・22日(日) 9:30-17:00

「ケースで学ぶ!途上国での零細ビジネス振興のためのマーケティング講座」では
、多くの国際協力案件で起きている、「支援して作った商品が売れない!」という
問題に対処するための方策を、実例から学びます。
グループワークにより、アフリカでの事例を解き進んでいきながら、農産品を売る
ためのマーケティング戦略を練る参加型講座。当講座の参加者は、アフリカのとあ
る国の地方の村に赴任したNGO職員の佐藤さんの立場になって、マーケティング方
法を考えていきます。
佐藤さんが支援する村の農家の女性グループ達は、現在、自分たちの畑でとれる落
花生を加工・販売し、できたら子ども達にさらなる上の学校へ通ってもらいたいと
願っています。どこにどのように売っていけば、女性グループのビジネスは成功す
るのでしょうか。女性グループの人たちと共に数々の困難を乗り切り、ビジネスを
成功させましょう。
講師は中小企業診断士の資格を持ち、国際協力機構のビジネス開発支援・マーケテ
ィング/ブランディング・一村一品等に関する多くの研修でコースリーダーを務め
、またコンサルタントとしてマラウイ・コソボ・ベトナムなどでの指導経験を持つ
野田さえ子が担当します。
講座当日の教材には、講座用に開発したオリジナルテキストを使用します。関連教
材としては野田さえ子ら著『ビジネス振興と経営 ビジネスセンスを磨こう (国際
協力の教科書シリーズ2) 』がありますので、興味のある方はぜひご覧ください。

講座の対象者
国際機関や開発コンサルタント、青年海外協力隊(特に村落開発・コミュニティ開
発)やNGOなど、開発の仕事を目指す人。国際協力機関、開発コンサルタントやNGO
などで働いている人など。特に一村一品プロジェクト、SHEPアプローチ(市場志向
型農業)、フェアトレード商品の開発などに関する業務を行う人にお勧めです。
講義の分野としては産業開発・社会開発ですが、特に専門性がなくても受講できる
内容です。
日本福祉大学大学院国際社会開発研究科への入学を現在考えていない方でも、どな
たでも受講できます。

日程と場所、受講料など
日程:2017年10月21日(土)・22日(日) 9:30-17:00
場所:日本福祉大学東京サテライト 東京都港区新橋6-9-6 12東洋海事ビル3階
(日本福祉大学東京サテライトWEBサイト:
http://www.n-fukushi.ac.jp/about/campus/tokyo/index.html)
定員:30名
受講料:21,600円(消費税込み)。
募集期間:定員に満たなければ講座前日まで。

詳細・お申し込みは以下をご覧ください。
http://hitonomori.com/dev_seminar/nfu2.html

企業・団体での受講の場合
特定の団体やグループ向けに特設講座を組むことも可能ですので、お問い合わせく
ださい。他の日程をご希望の方も、開催の可能性を
検討しますのでご連絡ください。連絡先はinfo@hitonomori.comです。

アジアの高齢化・非感染性慢性疾患(NCD)とUHC

□ アジアの高齢化・非感染性慢性疾患(NCD)とUHC □

ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC:Universal Health Coverage)に関連
する様々な保健課題について、NGOはどのような取り組みができるのか、NGOの現
場での実践や経験から学び合うワークショップとして、「グローバル・ヘルス関連
領域ワークショップ」を2回開催します。第1回は、長年にわたりコミュニティ中
心のプライマリー・ヘルス・ケアに関わる活動をつづけている「アジア砒素ネット
ワーク」の石山民子さんと「アジア保健研修所」の林かぐみさんに、アジアの非感
染性疾患や高齢者ケアの取り組みについてお話しいただき、学び合います。
日時:2017年11月9日(木) 15:00〜17:00  
主催:公益財団法人ジョイセフ
場所:ジョイセフ10階セミナールーム 

アクセス


(JR総武線) 市ヶ谷駅より徒歩5分、東京メト
(有楽町線・南北線)市ヶ谷駅6番出口より徒歩2分、
(都営新宿線)市ヶ谷駅1番出口より徒歩5分
定員:30人 (先着順)
申し込み:申込フォームよりお願いします
(https://goo.gl/forms/UFdL3Yk0wO5FQtSz1)
問い合わせ:アフリカ日本協議会(稲場、廣内)
E-mail:kaori.hirouchi@ajf.gr.jp  
電話:03(3834)6902

Global Media Campフィリピン報告会

□ Global Media Campフィリピン報告会 □

9月にフィリピン・ネグロス島でおこなわれた、開発メディアGanas主催・Global
Media Campの報告会です。私たちが現地で見て、聞いた生のフィリピンを、取材
の裏話と一緒にお届けします。内容はフィリピンの宗教事情からミンダナオの紛争
避難民へのインタビューまで様々。フィリピンのお菓子と音楽を用意してお待ちし
ております。

【日時】2017年11月5日(日)13:15〜14:45
【対象】フィリピン、途上国、またはジャーナリズムに関心のある人
【参加費】無料
【定員】20名 ※定員になり次第締め切ります
【申込】https://goo.gl/forms/539vE0tFL1tlV8cF3 から申し込みをお願いいた
します。
【問い合わせ】質問等あればお気軽に以下のアドレスまでご連絡ください。
kanna39hpr@gmail.com

エコ de 海外ボランティア クロストーク

□ エコ de 海外ボランティア クロストーク □

JICA青年海外協力隊として「環境教育」分野のボランティア活動に従事した
OB・OGが、ホンネでクロストーク!
現地での活動内容はもちろんのこと、応募のきっかけや不安、そして帰国後の
キャリアなどをご紹介します。現地の映像も盛りだくさん!
ぜひお気軽にご参加ください。
■日時 10月24日(火)18:00〜19:00(開場17:45)
■会場 武蔵野公会堂 第4会議室
武蔵野市吉祥寺南町1丁目6−22(JR吉祥寺駅南口から徒歩2分)
http://www.musashino-culture.or.jp/sisetu/koukaido/access.html
■定員 45名(参加無料・先着順)
■主催 JICA東京
■問合先 JICA多摩地区デスク
tel: 042-620-7437(八王子市役所多文化共生推進課共通)
e-mail: tamachiku-desk_yamada@friends.jica.go.jp
■スピーカーの紹介はこちら!
https://www.jica.go.jp/tokyo/event/2017/ku57pq00000hh351.html

シリア難民(青少年)教育支援 派遣員急募

□ シリア難民(青少年)教育支援 派遣員急募 □

国境なき子どもたち(KnK)では、ヨルダンのホストコミュニティならびに難民
キャンプにおいて実施するシリア難民(青少年)への教育支援事業に従事して
くださる方を募集しています。
職務内容:
(1)プロジェクトの計画・管理運営
(2)対外的交渉・調整
(3)予算・会計管理
(4)東京事務局、パートナー団体との連絡調整
(5)助成金等の報告書作成
契約期間:2017年10月末頃〜2018年1月末(契約更新の可能性あり。)
待遇:弊団体の内規に従って、渡航費、海外旅行傷害保険、現地生活実費
および国内積立金を支給。
応募方法:履歴書、職務経歴書、および応募動機作文(各A4紙1枚以内)
をE-mailで送付。渡航可能時期を明記のこと。
お問い合わせ先:認定NPO法人国境なき子どもたち
kodomo@knk.or.jp(問合せはEmailでお願いします。)
URL:http://www.knk.or.jp

ものづくり企業×NGO 〜互いの強みをいかして

□ ものづくり企業×NGO 〜互いの強みをいかして □

株式会社LIXILグループと、パナソニックなどものづくり企業のOBが技術を活か
して開発途上国の課題解決に取り組むNPO法人環境ベテランズファーム(EVF)
を招き、アフリカにおけると取り組み、そしてアフリカのコミュニティとともに
活動するNGOとの連携についてお話しいただくセミナーを開催します。
日時:10月20日(金)14時〜16時(13時45分開場)
場所:JICA地球ひろば セミナールーム600
(案内)https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html
参加費:無料
主催:市民ネットワーク for TICAD(Afri-can)
申し込み:https://goo.gl/forms/jBYB44JewYSt6VlA2
問い合わせ:市民ネットワーク for TICAD (担当:高橋・廣内)
電話:03-3834-6902、E-mail:info.jcnt@gmail.com
住所:東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル3F(特活)アフリカ日本協議会 気付

地域産品を活用したコミュニティ開発講座

□ 地域産品を活用したコミュニティ開発講座
 2017年10月14日(土)・15日(日) 9:30-17:00

地域産品を活用したコミュニティ開発講座では、一村一品プロジェクトなど、地域
の産品の商品化と販売によるコミュニティ開発について学びます。付加価値の意味
、マーケティングの基本、コミュニティ開発を成功させるための社会的条件など、
実践的な内容です。
講師は長年途上国での地域振興に携わり、「開発フィールドワーカー」の著者とし
ても知られる野田直人が担当します。
教材には、国際協力機構(JICA)の研修でも用いている資料に手を加えたオリジナ
ルのテキスト『地域産品ビジネスによるコミュニティ開発 援助を行うための基礎
知識 (国際協力の教科書シリーズ3) 』を用います。同日配布しますので、事前の
購入は不要です。

講座の対象者
国際機関や開発コンサルタント、青年海外協力隊(特に村落開発・コミュニティ開
発)やNGOなど、開発の仕事を目指す人。国際協力機関、開発コンサルタントやNGO
などで働いている人など。特に一村一品プロジェクト、SHEPアプローチ(市場志向
型農業)、フェアトレード商品の開発などに関する業務を行う人にお勧めです。
講義の分野としては産業開発・社会開発ですが、特に専門性がなくても受講できる
内容です。

日程と場所、受講料など
日程:2017年10月14日(土)・15日(日) 9:30-17:00
場所:日本福祉大学東京サテライト 東京都港区新橋6-9-6 12東洋海事ビル3階
(日本福祉大学東京サテライトWEBサイト:
http://www.n-fukushi.ac.jp/about/campus/tokyo/index.html)
定員:30名
受講料:21,600円(消費税込み)。
募集期間:定員に満たなければ講座前日まで。

詳細・お申し込みは以下をご覧ください。
http://hitonomori.com/dev_seminar/nfu1.html

企業・団体での受講の場合
特定の団体やグループ向けに特設講座を組むことも可能ですので、お問い合わせく
ださい。他の日程をご希望の方も、開催の可能性を
検討しますのでご連絡ください。連絡先はinfo@hitonomori.comです。

ワークショップ この服はどこから来ているの?

□ ワークショップ この服はどこから来ているの? □

企画展関連ワークショップ
“Wear” are you from??この服はどこから来ているの??

Tシャツやジーンズに使われている「コットン」に注目し、服と世界とのつながり
をワークショップを通して学びます。服作りの生産、流通の仕組みについての背景
を知り、私たちの出来ることを考えましょう。
講師:佐藤友紀(JICA地球ひろば 地球案内人)
関連サイト:
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/2017/171029_01.html
日時:10月29日(日)14:00?15:30
場所:JICA市ヶ谷ビル 2階 国際会議場 (東京都新宿区市谷本村町10-5)
主催:JICA地球ひろば
対象:中学生以上
定員:40名(先着順)
参加費:無料
申込:下記まで電話またはEメールにて、お名前、連絡先・ご所属をお知らせくだ
さい。ホームページからもお申込みいただけます。
問合・申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel: 0120-767278
e-mail: chikyuhiroba@jica.go.jp
会場への行き方:
JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」4番/6番出口 徒歩8分
地図: https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html

JICA地球ひろばHP https://www.jica.go.jp/hiroba/
Facebook https://www.facebook.com/jicachikyuhiroba
Twitter https://twitter.com/jicahiroba

メタファシリテーション入門セミナー@福岡

□ メタファシリテーション入門セミナー@福岡 □

海外や国内に行ったとき
現地の方への質問からその人・村の現状や問題を把握したい…
支援する側・される側といった力関係ではなくフラットな関係を築きたい…
そんな思いがあるのに
「いろんな意見があるけどホンマの問題ってなんやろう…」
「自分たちの期待する答えを言っている….ホンネではないなあ…」
「どうやって質問したらいいんや…」
そんな経験のある方におススメの、シンプルな質問方法!
インド・ネパール・飛騨高山で地域資源を生かしたコミュニティづくりに取り組む
ムラのミライが活動現場で生み出した対話術―シンプルな対話を通して本当の課題
を見つける方法です。
NPO・NGOの方々だけでなく、国外・国内フィールドワーク・旅・国際協力に関心の
ある学生や社会人の方、今後、調査やSTUDY TOURに行く方にもおススメです!
【定員】
20名
【参加費】
1,000円
【講師】
永田賢介(ムラのミライ 認定トレーナー/ 特例認定NPO法人アカツキ代表理事)
詳細やお申込み・お問い合わせは下記のURLよりご参照ください。
http://muranomirai.org/intro201604

メタファシリテーション入門セミナー@東京

□ メタファシリテーション入門セミナー@東京 □

海外や国内に行ったとき
現地の方への質問からその人・村の現状や問題を把握したい…
支援する側・される側といった力関係ではなくフラットな関係を築きたい…
そんな思いがあるのに
「いろんな意見があるけどホンマの問題ってなんやろう…」
「自分たちの期待する答えを言っている….ホンネではないなあ…」
「どうやって質問したらいいんや…」
そんな経験のある方におススメの、シンプルな質問方法!
インド・ネパール・飛騨高山で地域資源を生かしたコミュニティづくりに取り組む
ムラのミライが活動現場で生み出した対話術―シンプルな対話を通して本当の課題
を見つける方法です。
NPO・NGOの方々だけでなく、国外・国内フィールドワーク・旅・国際協力に関心
のある学生や社会人の方、今後、調査やSTUDY TOURに行く方にもおススメです!
【定員】
12人
【参加費】
1,000円
【講師】
前川香子(ムラのミライ 海外事業チーフ)
詳細やお申込み・お問い合わせは下記のURLにて
http://muranomirai.org/intro201604