注目

JICA NGO等提案型プログラム「地域住民の自立と経済的発展を目的としたコミュニティ開発のためにアウトプットと費用対効果の向上をめざしたNGOスキルア ップ研修」(受講料無料)

□ JICA NGO等提案型プログラム「地域住民の自立と経済的発展を目的としたコ
ミュニティ開発のためにアウトプットと費用対効果の向上をめざしたNGOスキルア
ップ研修」(受講料無料) □

※お知らせ
コロナウィルスの影響により、引き続き研修は、ネット講座に切り替わっており
ます。
講座の目的
この講座は、コミュニティ開発にかかわる国際協力プロジェクトに従事、または
これから従事する予定のある人材がコミュニティ住民の活動の持続性を高めるた
め、地域住民の基礎力強化のためのキャパシティビルディングと、地域資源を市
場志向で活用するための基礎知識とノウハウを学ぶためのものです。また、特にN
GO等の限られた人的資源を使って費用対効果を最大化することを目指し、援助に
かかわる側のプロジェクト形成、ドナーへの提案や報告能力の向上を目指します。

第七回講座開催日時・ネット講座
基礎編
2021年5月1日(土)~5日(水・祝)
9:30-16:30(休憩時間を含む)

応用編
2021年5月15日(土)~16日(日)、5月29日(土)~30日(日)、6月5日(土)
9:30-16:30(休憩時間を含む)

この講座は同じ内容で2年間に十回の実施を予定しています。遠隔地・海外から受
講できるネット講座を実施します。
ホームページに他講座のスケジュールも掲載しておりますので、参加できない方は
そちらを参照ください。なお、10日間連続で受講できない場合、一部を後日実施す
る講座へと振り返ることも可能です。ご相談ください。

カリキュラム
 各講座は3時間を1コマとし、30時間(5日分)の基礎編(コミュニティ開発の基
礎・プロジェクト・マネージメント能力の向上)と、同じく30時間(5日分)の応
用編(コミュニティの経済的開発等)とに分かれています。なおカリキュラム内
容や講義の順番は受講者のニーズ等に合わせて若干変更となる可能性があります。

参加資格
年齢、学歴、経験等問いません。
一つの団体から複数の方が受講されることも歓迎です。

参加費用
無料。ただしテキストの送付を伴う場合には、送料は実費となります。

募集対象者
コミュニティ開発にかかわる、あるいは今後関わっていこうと考えている方なら
どなたでも。具体的にはNGO/NPO関係者、学生、自治体職員、開発コンサルタン
ト、ソーシャルビジネス/CSR活動関係者、JICA海外協力隊出身者、参加希望者
等。 なおここで言うコミュニティ開発は、農林水産業・生活改善・保健衛生・
コミュニティ観光開発・食品加工・一村一品・村おこし・その他を含み、地域コ
ミュニティを対象とした働きかけ全般を指します。

カリキュラム内容等講座に関する詳細はホームページでご確認ください。
https://hitonomori.com/jica-ngo.html

開発分野における教育セミナー

□ 開発分野における教育セミナー □

第1回「開発分野における教育セミナー」(オンライン)についてご案内します。
皆様のご参加をお待ちしております。

FASID「開発分野における教育セミナー」は、講義とグループディスカッションを
通じ、?教育の重要性、歴史的な背景を理解すること、?SDGs時代の教育、ポスト
コロナ時代に目指すべき教育の在り方を学ぶことを目的とします。
詳細は下記の関連サイトをご覧ください。

■日時:2021年3月12日(金)16:00?18:30 (2.5時間)
■講師:北村友人氏 (東京大学大学院 教育学研究科 准教授)
■場所:Zoomミーティングにて開催
※運営はFASIDミーティングルーム(東京都港区麻布台2-4-5、メソニック39MTビ
ル6F)
■対象:国際協力・開発の教育分野の事業に携わっている人、国際協力・開発の教
育以外の分野において教育(人材育成・研究)の視点を取り入れたい人
■参加費(税込み):一般:3,000円(賛助会員・フレンズ:2,000円)
■定員:最大50名程度
■応募締切:2021年3月3日(水)正午12:00
■応募方法:以下のウェブページをご覧ください。
https://fasid-education.peatix.com/
■お問い合わせ:
一般財団法人 国際開発機構(FASID) 人材開発事業部 担当:高倉/原田
電話:03-6809-1996/E-mail:education@fasid.or.jp
住所:東京都港区麻布台2-4-5メソニック39MTビル6F

国際リハカフェ north tele.1 開催案内

□ 国際リハカフェ north tele.1 開催案内 □

国際リハビリテーション研究会(FB:https://bit.ly/36hoHym)はリハビリテー
ション・障害分野の国際協力をテーマとする団体です。このたび、仙台チームが
発信する初めての企画として、以下のイベントを開催します。
国際協力経験者も未経験者も大歓迎です。多くの皆さんと情報交換できることを
楽しみにしています。

国際リハカフェnorth tele.1
【テーマ】
元JICA青年海外協力隊PTの活動報告会
【話題提供者】
古川雅一(2017年度1次隊キルギスPT)
三田村徳(2017年度1次隊フィジーPT)
【開催日時】
2021年3月13日(土)16時?17時半
【開催方法】
Zoom
※Zoom情報は開催前日に参加申込者へお知らせします。
開催前日に届かない場合は、
事務局 jsir.event@gmail.com までご連絡ください。
【参加費】
無料
【参加申し込み】
以下の申し込みフォームからお申込みください。
https://forms.gle/TEagPsimw8KfhebX6
※申込締切:3月11日(木)まで

確実に届ける?国連WFPの災害対応と食料・人道支援

□ 確実に届ける?国連WFPの災害対応と食料・人道支援 □

【月間特集】確実に届ける?国連WFPの災害対応と食料・人道支援?(3/20)

2011年東日本大震災や、2016年熊本地震の際に、国連WFPは物資の輸送やテント、
プレハブ設営などを通じて支援を行いました。本セミナーでは、東日本大震災と
熊本地震、海外での災害対応などについてお話しいただきます。

講師:飯塚 恵氏〈国連世界食糧計画日本事務所 広報官〉
関連サイト:
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/2020/210320_01.html
日時:3月20日(土)14:00-15:00
場所:Zoomによるオンライン開催
主催:JICA地球ひろば
対象:ご興味のある方ならどなたでも
参加費:無料
申込:下記まで電話またはEメールにて、お名前、ご連絡先をお知らせください。
ホームページからもお申込みいただけます。開催日の1営業日前に、JICA地球ひろ
ばより当日使用するZoomのURLをご連絡いたします。

問合・申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel: 0120-767278
e-mail: chikyuhiroba@jica.go.jp

JICA地球ひろばHP https://www.jica.go.jp/hiroba/
Facebook https://www.facebook.com/jicachikyuhiroba
Twitter https://twitter.com/jicahiroba

難民支援セミナー第2弾 コロンビアにおける強制移動

□ 難民支援セミナー第2弾 コロンビアにおける強制移動 □

【JICA地球ひろば】難民支援セミナー第2弾
コロンビアにおける強制移動:国内避難民及び難民支援(3/10)

本セミナーでは、コロンビアにおいてJICA専門家として紛争による国内避難民支
援に携わった奥田桐子氏(有限会社人の森)と、UNHCR職員としてベネズエラ難民
支援に携わっている羽鳥篤子氏(UNHCRコロンビア事務所)のお二人から、それぞ
れのご経験を通じて国内避難民支援、難民支援についてお話しいただきます。

講師:奥田 桐子氏〈有限会社人の森 国際協力コンサルタント〉
羽鳥 篤子氏〈UNHCRコロンビア事務所 准保護官〉
関連サイト:
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/2020/210310_01.html
日時:3月10日(水)19:00-20:30
場所:Zoomによるオンライン開催
主催:JICA地球ひろば
対象:ご興味のある方ならどなたでも
参加費:無料
申込:下記までEメールにて、お名前、ご連絡先をお知らせください。ホームペー
ジからもお申込みいただけます。開催日の1営業日前に、JICA地球ひろばより当日
使用するZoomのURLをご連絡いたします。

問合・申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel: 0120-767278
e-mail: chikyuhiroba@jica.go.jp

JICA地球ひろばHP https://www.jica.go.jp/hiroba/
Facebook https://www.facebook.com/jicachikyuhiroba
Twitter https://twitter.com/jicahiroba

【講演会】途上国では学校に行っても意味がない?

□ 【講演会】途上国では学校に行っても意味がない? □

3/10【講演会】途上国では学校に行っても意味がない? “国連の先”を行く
異色の教育NGOサルタックがネパールで「読書」にこだわるわけ
「途上国×教育支援」のプロの講演に耳を傾けてみませんか?
登壇するのは、国連児童基金(UNICEF)に2017年まで勤め、ネパールの子どもたち
の学びの支援を活動の柱とする特定非営利活動法人サルタックの理事を務める畠山
勝太氏です。
畠山氏のお話のポイントを簡単に下にまとめました。大きく3つに分類できます。
<?サルタックの活動>
・ネパールの公立学校の子どもを対象に、音読、読書を推し進める。すべての学び
の基礎となるリテラシー(読み書きできる能力)を身に付けてもらうことを目指す

・エビデンスに基づいた教育支援ができるよう、研究・調査も手がける。
・新型コロナウイルスの影響で休校が続くなか、子どもたちの学びが止まらないよ
う、ネパール政府と協働して教材を制作。オンライン学習へのアクセスをもたない
子どもに配る。
<?ネパールの教育状況>
・ネパールでは15歳の子どもの9割程度は学校に通っている。教育へのアクセスは
国の発展レベルから考えるとかなり良い。
・ただ7?14歳の子どもがどれだけリテラシーとニュウメラシ―(基礎的な計算能力
)を身に付けているかをみると、最富裕層の子どもですら半数以下。
・このため留年率も高い。教育システムへの負担は小さくない。
<?教育分野の国際協力の潮流>
・1990年に国際的な目標として合意されたEducation for All (EFA=万人のため
の教育)が、2000年に採択されたミレニアム開発目標(MDGs)のもとでUniversal
Primary Education (UPE=初等教育の完全普及)に歪曲化され、「教育へのアク
セス」に注目が集まった。
・その一方で、子どもたちの学びの質が見過ごされてきた。この結果、途上国では
小学校を卒業しても、およそ半数は十分に読み書きできない。「学びの貧困」が問
題に。
・これは経済発展の観点からも大問題。なぜなら、国の経済成長と相関があるのは
、どれだけの期間学校へ通ったか(国民の平均教育年数)ではなく、どれだけ学ん
だか(国際学力調査の成績)だから。

【登壇者】
畠山勝太氏(ミシガン州立大学教育大学院PhD Candidate(教育政策)/特定非営利
活動法人サルタック理事)岐阜県出身。東京大学教育学部卒業、神戸大学国際協力
研究科修了(経済学修士)。2008年から2012年まで世界銀行本部で勤務し、教育統
計を中心とする人間開発関連の統計整備・分析とジェンダーの制度政策評価に従事
した。JPO制度でユニセフ・ジンバブエ事務所に勤務し、教育統計・家計調査の実
施・ジェンダーの仕事に従事し、その後、本部・マラウイ事務所で勤務した。ユニ
セフ勤務の傍らで、大学・大学院の先輩達と特定非営利活動法人サルタックを設立
し、ネパール・ラリトプール郡で子供達の学習支援を行っている。SYNODOS・Wezzy
・現代ビジネスなどに教育・ジェンダーに関する記事を寄稿し、朝日新聞の記事に
も協力している。
【日時】
2021年3月10日(水)20時?22時30分
【こんな方におススメ】
・アジアやアフリカ、中東などでの教育支援に関心がある!
・元UNICEFの職員から専門的な話を聞きたい!
・“国連の先”を行く教育NGOがどんなエビデンスに基づいて活動をしているのか
を知りたい!
・JICA海外協力隊でこれから派遣されるので知識を貯めておきたい!(とくに教育
分野)
・「有意義な教育」とは何か、を深く考えたい!
・教育分野の国際協力の潮流を知りたい!
・ネパールの教育状況を知りたい!
【会場】
オンライン(Zoomを使います)
【定員】
50人(先着順)
【参加費】
・社会人:2000円
・学生:1000円
・ganasサポーターズクラブのパートナー/サポーター:無料
【申し込み方法/締め切り】
下のPeatixのページからお申し込みください。お申し込みはご入金をもって完了し
ます。
https://20210220ganas-event.peatix.com/view
【主催】
特定非営利活動法人開発メディア(ganasの運営団体)
・ウェブサイト:https://www.ganas.or.jp
・メール:devmedia.ganas@gmail.com

社会課題に関する実証実験での効果検証と成果の可視化

□ 社会課題に関する実証実験での効果検証と成果の可視化 □

一般社団法人コペルニク・ジャパンは、コペルニク・ウェビナー「実証実験による
効果検証を活用した社会課題解決のアプローチと成果の可視化とは」を、2021年
2月24日(水)、2月25日(木)の2日間にわたり開催します。
昨今、NGOや公的機関、民間企業において、事業の成果を可視化することの重要
度が増している中、活動開始前に実証実験を行い、効果を検証してから事業を実施
する手法は、国際機関でも注目が高まりつつあります。一方で、その具体的な活用
方法は十分に理解が深まっていない、または、アプローチの有効性の検証等があま
り行われておりません。コペルニクでは、これまで50以上の小規模な実証実験を
取り入れることで、有効性や成果について定量的な評価を行い、途上国の社会課題
解決に有効なテクノロジーやサービスや技術を開発するとともに、その手法や分析
結果を公開し、技術の普及促進を行っています。
本ウェビナーは、新規事業やSDGsビジネスまたは、社会課題解決への取り組みを
行っている民間企業、公的機関、NPO、教育・研究機関等の皆様を対象に、効果
検証の重要性及び実証実験手法についての理解を深め、自身の組織、プロジェク
トでの活用に向けた情報や知見を得ていただくことを目的としています。
是非、ご参加ください。
日時:
1日目:2021年2月24日(水) 19:00~20:15
2日目:2021年2月25日(木) 19:00~20:15
場所:オンライン(Zoom)
主催:一般社団法人コペルニク・ジャパン
参加費:1,000円
参加お申込み:以下のURLよりお申し込みください。
https://eventregist.com/e/SXvqDzaQmCjO
プログラム:
【1日目】
19:00 – 19:05 オープニング
19:05 – 20:00 実証実験の概要
・コペルニクの紹介
・インパクトの定義、評価の重要性、歴史的背景
・実証実験の概要やプロセス
20:00 – 20:15 質疑応答
【2日目】
19:00 – 19:05 オープニング
19:05 – 20:00 実証実験の紹介
・実証実験プロジェクトの紹介
・実証実験プロジェクトの検証、成果
20:00 – 20:15 質疑応答
講師:コペルニク共同創設者兼CEO中村俊裕
途上国の課題をより革新的、効果的に解決するため、2010年コペルニクを共同創設
。それ以前は、国連に勤務し、東ティモール、インドネシア、シエラレオネ、ニュ
ーヨークを拠点としてガバナンス改革、平和構築、モニタリング・評価、自然災害
後の復興などに従事。マッキンゼー東京支社で経営コンサルタントも務めた。京都
大学法学部卒業、英国ロンドン経済政治学院で比較政治学修士号取得。現在大阪大
学COデザインセンター招へい教授も兼務。

国際大学大学院 オンラインオープンキャンパス開催

□ 国際大学大学院 オンラインオープンキャンパス開催 □

修士課程「国際社会起業家プログラム」が国際経営学研究科に新たに設置されます

本プログラムは、持続可能な社会課題解決に社会起業家として貢献したいJOCV終了
者と派遣候補者が対象のプログラムです。授業料90%が免除される奨学金が付与さ
れるため220,000円(授業料のみ)で社会起業経営学修士を取得できます。修了後の
キャリアは、国際機関や民間セクターで社会開発に携わることが期待されます。
国際大学(IUJ)は、世界60か国出身の学生が集まる大学院大学です。教授陣も多
国籍で、キャンパスの公用語は英語です。キャンパスで共に暮らし共に学び、24時
間切磋琢磨する環境でグローバルな視野が身につき、世界中にネットワークが築け
ます。
オンラインオープンキャンパスでは、国際社会起業家プログラムを志願される方に
は個別に説明をいたします。また、キャンパスと授業の見学ができます。

日時:3月6日(土)11:00-12:30
場所:Zoomによるオンライン開催
参加費:無料
詳細・申込:https://www.iuj.ac.jp/jp/0306oc/

国際大学(IUJ)ウェブサイト:https://www.iuj.ac.jp/jp/
Facebook:https://www.facebook.com/iujpage
Instagram:https://www.instagram.com/iuj_jp/
Twitter:https://twitter.com/IUJ_jp

【中高生対象】大エジプト博物館から学ぶ古代エジプト

□ 【中高生対象】大エジプト博物館から学ぶ古代エジプト □

【中高生対象ワークショップ】大エジプト博物館から学ぶ古代エジプト第2弾?保
存・修復のお仕事?(3/1)

今年、エジプト・カイロで世界が注目する「大エジプト博物館」(GEM)が開館予
定です。博物館では、古代エジプトの貴重な遺物約5万点が常時展示されます。
本ワークショップでは、保存修復のスペシャリストとして最前線で活躍する方々
に「木材」、「壁画」、「染織」という3分野からお話いただくほか、GEMに隣接
する「保存修復センター」(GEM-CC)で働く方々から最新ニュースを届けていた
だきます。
参加者の皆さんも、保存修復に関わる質問に、クイズ形式でご参加ください。

講師:
フセイン・カマル氏〈大エジプト博物館保存修復センター長 兼大エジプト博物
館合同保存修復プロジェクト(GEM-JC)プロジェクトマネージャー/エジプト・ア
ラブ共和国 観光考古省〉

西坂 朗子氏〈大エジプト博物館合同保存修復プロジェクト総括補佐/東日本国
際大学エジプト考古学研究所 客員教授/一般財団法人日本国際協力センター(
JICE)研修事業部 管理・プロジェクト課〉

岡田 靖氏〈大エジプト博物館合同保存修復プロジェクト(GEM-JC)テクニカル・
チーフ・アドバイザーおよび木製品保存修復部門担当/帝京大学文化財研究所
准教授/一般社団法人木文研 代表理事〉

石井 美恵氏〈大エジプト博物館合同保存修復プロジェクト(GEM-JC)染織品保
存修復部門担当/佐賀大学 准教授〉

谷口 陽子氏〈大エジプト博物館合同保存修復プロジェクト(GEM-JC)壁画保存
修復部門担当/筑波大学 准教授〉

ファシリテーター:清水 舞子氏 一般財団法人日本国際協力センター(JICE)

関連サイト:
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/2020/210301_1.html
日時:3月1日(月)17:30-19:00
場所:Zoomによるオンライン開催
主催:JICA
対象:中高生
定員:先着30名
参加費:無料
申込:下記までEメールにて、お名前、ご連絡先、学年または年齢をお知らせくだ
さい。ホームページからもお申込みいただけます。
開催日の1営業日前に、JICA地球ひろばより当日使用するZoomのURLをご連絡いた
します。
※紙とペンをご準備ください。

問合・申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel: 0120-767278
e-mail: chikyuhiroba@jica.go.jp

JICA地球ひろばHP https://www.jica.go.jp/hiroba/
Facebook https://www.facebook.com/jicachikyuhiroba
Twitter https://twitter.com/jicahiroba

【大学生対象ワークショップ】豊かさって何だろう?

□ 【大学生対象ワークショップ】豊かさって何だろう? □

【大学生対象ワークショップ】豊かさって何だろう??協力隊の現場から考える?
(2/27)

未来を担う大学生を対象に、世界の課題を「ジブンゴト」として考えていただくた
めのイベントを開催します!本ワークショップでは、モンゴルと東ティモールの暮
らしから開発途上国の豊かさの事例を紹介します。ワークショップでの意見交換
やケースワークでのJICA海外協力隊経験者の話を通して、世界の課題をよりリアル
に感じることができます。ワークショップに初めて参加される方も大歓迎!

講師: 佐藤 秀樹(JICA地球ひろば 総括)
岡山 萌美(JICA地球ひろば 地球案内人)
松井 理恵子(JICA地球ひろば 地球案内人)
関連サイト:
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/2020/210227_01.html
日時:2月27日(土)10:30-12:00
場所:Zoomによるオンライン開催
主催:JICA地球ひろば
対象:大学生(定員30名、先着順)
参加費:無料
申込:下記までEメールにて、お名前、ご連絡先、学年または年齢をお知らせくだ
さい。ホームページからもお申込みいただけます。
開催日の1営業日前に、JICA地球ひろばより当日使用するZoomのURLをご連絡いた
します。
問合・申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel: 0120-767278
e-mail: chikyuhiroba@jica.go.jp

JICA地球ひろばHP https://www.jica.go.jp/hiroba/
Facebook https://www.facebook.com/jicachikyuhiroba
Twitter https://twitter.com/jicahiroba