JICA NGO等提案型プログラム「地域住民の自立と経済的発展を目的としたコミュニティ開発のためにアウトプットと費用対効果の向上をめざしたNGOスキルアップ研修」

□ JICA NGO等提案型プログラム「地域住民の自立と経済的発展を目的としたコ
ミュニティ開発のためにアウトプットと費用対効果の向上をめざしたNGOスキルア
ップ研修」 □

講座の目的
この講座は、コミュニティ開発にかかわる国際協力プロジェクトに従事、または
これから従事する予定のある人材がコミュニティ住民の活動の持続性を高めるた
め、地域住民の基礎力強化のためのキャパシティビルディングと、地域資源を市
場志向で活用するための基礎知識とノウハウを学ぶためのものです。また、特にN
GO等の限られた人的資源を使って費用対効果を最大化することを目指し、援助に
かかわる側のプロジェクト形成、ドナーへの提案や報告能力の向上を目指します。

第一回講座開催日時(会場JICA中部センター)
基礎編
2020年4月11日(土)~15日(水)
9:30-16:30

応用編
2020年5月9日(土)~13日(水)
9:30-16:30

この講座は同じ内容で2年間に十回の実施を予定しています。名古屋に引き続き、
東京や、遠隔地・海外から受講できるネット講座も実施します。ホームページに
他講座のスケジュールも掲載しておりますので、名古屋講座に参加できない方は
そちらを参照ください。なお、名古屋での講座を10日間連続で受講できない場合、
一部を後日実施する講座へと振り返ることも可能です。ご相談ください。

カリキュラム
 各講座は3時間を1コマとし、30時間(5日分)の基礎編(コミュニティ開発の基
礎・プロジェクト・マネージメント能力の向上)と、同じく30時間(5日分)の応
用編(コミュニティの経済的開発等)とに分かれています。なおカリキュラム内
容や講義の順番は受講者のニーズ等に合わせて若干変更となる可能性があります。

参加資格
年齢、学歴、経験等問いません。
一つの団体から複数の方が受講されることも歓迎です。

参加費用
無料。ただしテキストの送付を伴う場合には、送料は実費となります。

募集対象者
コミュニティ開発にかかわる、あるいは今後関わっていこうと考えている方なら
どなたでも。具体的にはNGO/NPO関係者、学生、自治体職員、開発コンサルタン
ト、ソーシャルビジネス/CSR活動関係者、JICA海外協力隊出身者、参加希望者
等。 なおここで言うコミュニティ開発は、農林水産業・生活改善・保健衛生・
コミュニティ観光開発・食品加工・一村一品・村おこし・その他を含み、地域コ
ミュニティを対象とした働きかけ全般を指します。

カリキュラム内容等講座に関する詳細はホームページでご確認ください。
https://hitonomori.com/jica-ngo.html

【上映会&トークイベント】知られざるラオス

□ 【上映会&トークイベント】知られざるラオス □
2012年に起きた社会活動家ソムバット氏失踪と、ラオスで今も起きている市民社会
スペースの縮小。日本では、自然豊かな微笑みの国として知られる国の、公に語ら
れることの少ないもう一つの顔。ラオスとのよりよい付き合いのため、ラオスに関
わる方々にこそ知ってもらいたいとの思いで企画しました。ソムバット氏に関する
映像も上映します。
日時:2020年2月7日(金)18:30-20:30 (開場18:15)
場所:JICA地球ひろば セミナールーム201AB
東京都新宿区市谷本村町10-5 JICA市ヶ谷ビル
申込制:先着40名
参加費:500円(学生、メコン・ウォッチ会員は無料)
申込:下記のサイトでフォームにご入力ください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/0aa551c1649958
または以下のアドレス宛にお名前、連絡用メールアドレスをお送りください。
event(@)mekongwatch.org 送信時は()を外してください。
内容:2012年12月15日、ラオスで一人の著名な人物が失踪しました。いなくなった
ソムバット・ソムポーン氏は、マグサイサイ賞を受賞した社会活動家で、警察の検
問で車を止められた後、行方が知れません。世界中からの「ソムバットさんはどこ
に?」の問いかけに、ラオス政府は「捜査中」という以外、7年間何も答えていま
せん。
2019年9月には、政府の洪水対策が不十分だとFacebook上で批判をした女性が、国
を貶めるプロパガンダを流したとして逮捕され、弁護士や家族にも会えないまま
重い刑事罰を科されました。政府の開発事業や政策をSNS上で批判したため、政治
難民となって国を離れている若者たちもいるのをご存知でしょうか。
国連の人権の特別報告者らは、10月にラオス人の強制失踪(政府や公的機関がある
人の自由をはく奪、所在を隠蔽、かつ法の保護の外に置くこと)に対し、強い懸念
を表明しています。今回、ドキュメンタリー「THE DISAPPEARANCE OF SOMBATH SOM
PHONE(ソムバット・ソムポーンの失踪)」の上映と合わせ、そのような状況を皆
さんと一緒に考える場にしたいと思います。
問合せ先:特定非営利活動法人メコン・ウォッチ
Tel: 03-3832-5034 Fax: 03-3832-5039

モザンビーク開発を考える市民の会事務局スタッフ募集

□ モザンビーク開発を考える市民の会事務局スタッフ募集 □
当会は、「市民の視点からモザンビーク開発を考え、モザンビークの人びとにとっ
てより良い発展を応援すること」を目的として、日本のアフリカ・モザンビークの
研究者らによって、2012年12月に結成されました。これまで主に、モザンビーク北
部(ナカラ回廊)で日本がブラジルと組んで実施してきた援助事業「プロサバンナ
(日本・ブラジル・モザンビーク三角協力による熱帯サバンナ農業開発)」に関す
るアドボカシー(政策提言)を中心に、国内外のNGOや市民・研究者と協力し、活
動してきました。
モザンビーク開発を考える市民の会
http://mozambiquekaihatsu.blog.fc2.com/
2018年11月には、活動の集大成となる「3カ国民衆会議」を東京で開催し、その事
務局を務めています。
3カ国民衆会議実行委員会
http://triangular2018.blog.fc2.com/
2014年12月より、パートタイムの事務局スタッフを配置してきましたが、内2名が
契約期間を満了するのを受けて、2名の公募を行います。概要は以下の通りです。
ふるってご応募下さい。
0. 職名:事務局スタッフ(パートタイム)
1. 勤務期間: 2020年2月14日(金)?2021年1月31日(日)(応相談)
勤務期間は、8ヶ月以上であれば相談に応じます。
また、休暇期間の海外渡航や不在等についても相談に応じます。
但し、1回につき2週間程度とします。
2. 勤務時間:週15時間程度(応相談)
3. 勤務場所:在宅(首都圏内)並びに月に1,2度の事務スペース(都内、上野近辺
)勤務を基本とする(状況に応じ、意見交換会の場[外務省、議員会館、講演会の
場で業務を行う]在宅作業・外回り業務の時間については応相談。
4. 待遇:有給(1時間1,050円)、交通費支給
5. 応募条件:
1)大学3年生以上。(学生・院生の応募を歓迎します)
2)国際協力や政策のアドボカシー活動に強い関心と興味を持ち、その改善に取り
組みたいとの意欲を持っていること。
3)日本語・英語で読み書き、コミュニケーションが出来ること。
(ポルトガル語ができればなおよいですが、必須ではありません)
4)事務的なスキルが十分あること。(ワード、エクセル、その他)
5)インターネットツールが問題なく使えること。(Eメール、ブログ、FB等)
6)インターネットへのアクセス環境があること。
(自宅での作業はインターネットを介して行います)
7)機転がきき、事務を進んでこなし、「ほうれんそう」を怠らないこと。
8)細かく丁寧な作業を厭わないこと。
9)ノートパソコンを所有していることが望ましい(多くの作業で必要となります)

6. 業務内容:
1)外務省とJICAとの意見交換会(2か月に1回)時の議事録取りと後日の最終化
2)意見交換会やその他外回りのための資料の整理・印刷
3)意見交換会や調査報告会などのイベントにおける後方支援
4)サーバーやハードディスクへのデータの保存と管理
5)会計管理
6)当日ボランティアやその他翻訳ボランティアとのやり取り(ML管理含む)
7)FacebookやYoutubeページの管理・更新
8)支援者、寄付者へのお礼対応
9)必要に応じた資料等の翻訳(下訳)
10)その他、業務時間枠内(週20時間未満内)の業務
(例:勉強会や国外からのゲスト招聘事業の準備手伝い)
希望すれば外回りにも同行が可能です。
7. 選考方法と応募について:
1)希望者は志望動機書(A41?2枚程度)と履歴書をメールでお送りください。
応募期間: 2020年1月16日(木)?2020年2月8日(土 午後2時)
面接は2月10日(月)?13日(木)いずれかの日程を予定しています。
応募時メールに可能な日時の案を明記下さい。
応募先メールアドレス:jinji2020@mozambiquekaihatsu.net
2)書類選考合格者に面接を個別に案内します。
3)面接時には技能チェックも行います。
【本件のお問い合わせ】
モザンビーク開発を考える市民の会事務局(人事担当:佐藤)
郵便番号110-0015 東京都台東区東上野1?20-6 丸幸ビル3階
(特活)アフリカ日本協議会気付 モザンビーク開発を考える市民の会
メールアドレス: jinji2020@mozambiquekaihatsu.net
問い合わせ、応募については必ずメールでお願いします。

□ JICA NGO等提案型プログラム「地域住民の自立と経済的発展を目的としたコミュ ニティ開発のためにアウトプットと費用対効果の向上をめざしたNGOスキルアッ プ研修」

□ JICA NGO等提案型プログラム「地域住民の自立と経済的発展を目的としたコ
ミュニティ開発のためにアウトプットと費用対効果の向上をめざしたNGOスキル
アップ研修」

講座の目的
この講座は、コミュニティ開発にかかわる国際協力プロジェクトに従事、または
これから従事する予定のある人材がコミュニティ住民の活動の持続性を高めるた
め、地域住民の基礎力強化のためのキャパシティビルディングと、地域資源を市
場志向で活用するための基礎知識とノウハウを学ぶためのものです。また、特にN
GO等の限られた人的資源を使って費用対効果を最大化することを目指し、援助に
かかわる側のプロジェクト形成、ドナーへの提案や報告能力の向上を目指します。

第一回講座開催日時(会場JICA中部センター)
基礎編
2020年4月11日(土)~15日(水)9:30-16:30

応用編
2020年5月9日(土)~13日(水)9:30-16:30

この講座は同じ内容で2年間に十回の実施を予定しています。名古屋に引き続き、
東京や、遠隔地・海外から受講できるネット講座も実施します。ホームページに
他講座のスケジュールも掲載しておりますので、名古屋講座に参加できない方は
そちらを参照ください。なお、名古屋での講座を10日間連続で受講できない場合、
一部を後日実施する講座へと振り返ることも可能です。ご相談ください。

カリキュラム
 各講座は3時間を1コマとし、30時間(5日分)の基礎編(コミュニティ開発の
基礎・プロジェクト・マネージメント能力の向上)と、同じく30時間(5日分)
の応用編(コミュニティの経済的開発等)とに分かれています。なおカリキュラ
ム内容や講義の順番は受講者のニーズ等に合わせて若干変更となる可能性があり
ます。

参加資格
年齢、学歴、経験等問いません。
一つの団体から複数の方が受講されることも歓迎です。

参加費用
無料。ただしテキストの送付を伴う場合には、送料は実費となります。

募集対象者
コミュニティ開発にかかわる、あるいは今後関わっていこうと考えている方なら
どなたでも。具体的にはNGO/NPO関係者、学生、自治体職員、開発コンサルタン
ト、ソーシャルビジネス/CSR活動関係者、JICA海外協力隊出身者、参加希望者
等。 なおここで言うコミュニティ開発は、農林水産業・生活改善・保健衛生・
コミュニティ観光開発・食品加工・一村一品・村おこし・その他を含み、地域コ
ミュニティを対象とした働きかけ全般を指します。

カリキュラム内容等講座に関する詳細はホームページでご確認ください。

第22回プロフェッショナル統計分析ワークショップ

□ 第22回プロフェッショナル統計分析ワークショップ □
この度、国際開発センター(IDCJ)評価部は、社会調査・政策評価・エビデンスに
基づく政策立案(EBPM)に活用できる統計分析技術を参加者に身につけていただく
ことを目的として、標記のワークショップを開催します。
2日間で、平均値の計算から始めて重回帰分析までじっくり演習します。エクセル
の操作だけではなく、エクセル/電卓を叩いて手計算をしてその結果を確かめる
ことにより、確実に技術を身につけていただきます。さらに統計学の最新テクニ
ックである構造方程式モデリング(SEM)に関して、これも手計算を含めてじっくり
と演習します。
その後、(1)最新の分析手法である階層線形モデリング(HLM)について学びます。
これらも手計算を含めてじっくり学びます。さらに、(2)インパクト評価のための
最新の分析手法である差の差法(DID)、傾向スコアマッチング法(PSM)、操作変数
法(IV)に関して、手計算を含めてじっくりと演習します。
いずれも自由参加で、前半の2日間を修了された方は追加料金なしでご参加いただ
けます。
最終日には、参加者が直面している統計分析上の諸問題に関する個別相談会(カウ
ンセリング)も実施します。個別相談をご希望の方は、事前にご連絡ください。
学問的な精緻さよりも、実務でどのように使えるかに重点を置きます。
本ワークショップの修了者(前半2日間のスタンダードコースの修了者)には、修了
証が交付されます。
*タイトルの「プロフェッショナル」は、アメリカの大学院のAcademic School/
Professional Schoolの区分におけるプロフェッショナルの意味です。
<開催要領>
日時:
スタンダードコース :2020年2月17日(月)、18日(火)
応用コース(自由参加):2020年2月21日(金)
※終了時間は進み具合により1時間ほど前後する見込みです。
会場:港区立商工会館会議室
東京都港区海岸1-4-28 https://minato-shoukou.jp/access
参加費用:77,000円(税込)
※応用コースのみ受講の場合は22,000円
※申し込み受付後に請求書をお送りします。
定員:最大30名(最少開催人数10名)
(定員に達し次第締め切らせていただきます)
参加条件:
・足し算・引き算・掛け算・割り算ができること。
・エクセルを日常的に使用していること((1)数字の入力がスムーズにできること
、(2)メニューバーの「オートSUM」(合計値を計算するボタン)を使用した経験が
あること)。
・Windows用のMicrosoft Excelが搭載されたPCを持参できること。
(Excelのバージョンは2010以上。ただし、Excel Mobileは「分析ツール」の機能
がないので不可です。)
講師:
佐々木亮 ウェスタンミシガン大学評価学博士(国際開発センター)
米原あき インディアナ大学教育政策学博士(東洋大学)
高木桂一 スタンフォード大学社会学博士(株式会社分析屋)
※一部の講師は変更になる場合があります。
テキスト:
当日配布します。また、事前にデータでお送りします。
申込方法:
以下のサイトより「お問い合わせ・お申し込み」ボタンを押してお申し込みくだ
さい。

2020年2月 第22回プロフェッショナル統計分析ワークショップ


申込締切:2020年1月27日(月)
問い合わせ先:
国際開発センター 小室
TEL:03-6718-5932
E-mail:training#idcj.or.jp(#を@に変えて送信ください)

【中学生以上対象】チョコレートから見える世界のコト

□ 【中学生以上対象】チョコレートから見える世界のコト □
【一般(中学生以上)対象】チョコレートから見える世界のコト(2/9PM)
アフリカの豆知識やチョコレートの原料のカカオについて学ぶカードゲームと、
参加者がガーナのカカオ生産者となり進めるロールプレイを行い、カカオ産業に
関わる児童労働の現状と、自分たちとのつながりを考えます。
講師:佐藤 友紀・篠木 伊貴(JICA地球ひろば地球案内人)
関連サイト:
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/2019/200209_01.html
日時:2月9日(日)14:00?15:30
場所:JICA市ヶ谷ビル 2階 国際会議場(東京都新宿区市谷本村町10-5)
主催:JICA地球ひろば
定員:30名(先着順)
参加費:無料
申込:下記まで電話またはEメールにて、お名前、連絡先・ご所属をお知らせくだ
さい。ホームページからもお申込みいただけます。
問合・申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel: 0120-767278
e-mail: chikyuhiroba@jica.go.jp
会場への行き方:
JR中央線・総武線「市ヶ谷」徒歩10分
都営地下鉄新宿線「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線「市ヶ谷」4番/6番出口 徒歩8分
地図: https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html
JICA地球ひろばHP https://www.jica.go.jp/hiroba/
Facebook https://www.facebook.com/jicachikyuhiroba
Twitter https://twitter.com/jicahiroba

【小学生対象】子どもがはたらくってどんなこと?

□ 【小学生対象】子どもがはたらくってどんなこと? □
【小学生対象】子どもがはたらくってどんなこと? ?チョコレートのうらがわ?
(2/9AM)
写真やクイズなどを交え、児童労働を行う子どもたちについてお話しします。お
話のあとには、1、2、3年生はカードゲームを、4、5、6年生はロールプレイを行
い、児童労働について理解を深めます。
講師:梯 太郎(JICA人間開発部基礎教育グループ)
佐藤 友紀・篠木 伊貴・野? 雅貴(JICA地球ひろば地球案内人)
関連サイト:
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/2019/200209_02.html
日時:2月9日(日)11:00?12:00
場所:JICA市ヶ谷ビル 2階 国際会議場(東京都新宿区市谷本村町10-5)
主催:JICA地球ひろば
定員:40名(先着順)
参加費:無料
申込:下記まで電話またはEメールにて、お名前、連絡先・ご所属・お子様の学年
または年齢をお知らせください。ホームページからもお申込みいただけます。
問合・申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel: 0120-767278
e-mail: chikyuhiroba@jica.go.jp
会場への行き方:
JR中央線・総武線「市ヶ谷」徒歩10分
都営地下鉄新宿線「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線「市ヶ谷」4番/6番出口 徒歩8分
地図: https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html
JICA地球ひろばHP https://www.jica.go.jp/hiroba/
Facebook https://www.facebook.com/jicachikyuhiroba
Twitter https://twitter.com/jicahiroba

【専従職員募集】アジア保健研修所(AHI)

□ 【専従職員募集】アジア保健研修所(AHI) □
アジア保健研修所(AHI)は、「自立のための分かち合い」をモットーに、人づく
りを通してアジア各国の草の根の人々の健康をめざす民間の国際協力団体です。
毎年8月下旬から6週間、現地のNGO職員を主対象に、愛知県日進市のAHI会館で
行う国際研修を主要事業とし、帰国後には彼らとの協働を進めています。
もうひとつの活動の柱は、国内で行う国際理解推進の活動です。印刷物の発行の他
、スタディツアーや学習会など様々なプログラムやイベントを行っています。創設
時に掲げたもう一つのモットーである「人びとから人びとへ」を具現化すべく、活
動資金のほぼすべてを趣旨に賛同する方たちの会費、寄付でまかなっています。事
務局職員は、現在、専従8名、非専従2名です。アジア各国の研修生、日本国内の支
援者、ボランティアの人たちなどと関係を築き、ともに活動を進めていくことが大
切な仕事の一部です。
私たちの理念に賛同し、国内外の多様な人たちとのやりとりの中で自分を成長させ
、アジア各地の人たちとの学び合いの場を作りだしていくことに意欲を持って臨ん
で下さる方を望みます。
■募集要項
1.業務内容
(1)研修事業
(2)国内活動・組織運営
★業務は上述の2つの部門に分かれていますが、一人の職員がどちらも担当する
こともあります。
2.募集人員
若干名
3.条件ほか
・研修事業担当者には、日本語・英語での十分なコミュニケーション能力を有す
ること(日常的に国外の関係先との通信、また国際研修における使用言語は英語で
す)
・実務経験を持っていることが望ましい。
・いわゆる途上国での開発活動や非営利組織の経験を持っていることが望ましい

4.待遇
正職員。当財団の給与規定による。社会保険完備。退職金制度あり。
★給与等詳しくお知りになりたい場合は、お問合せください。
★選考において諸々の要素を検討の結果、1年間の有期職員として勤務を開始し
、その後の状況に応じて、正職員に移行という場合もあります。
5.勤務地・勤務時間
愛知県日進市内の当研修所。
原則9:00?17:00 週休2日、祝日休み。但し、時間外勤務や休日出勤もあり。
6.採用時期
2020年4月以降(相談に応じます)試用期間3ヶ月。
7.応募方法
以下の書類を郵送、あるいはメールでお送りください。締め切り2020年3月10日
(火)必着
1)履歴書(市販のもの可。様式は問いません)
2)志望動機エッセイ「アジアの健康と_______と私」(日本語・2000字
程度)という題名でお書きください。______は、例えば、平和、開発協力
、貧困、教育、など自分でキーワードを立てて、具体的な事例や自分の体験を踏
まえて書いてください。
なお、応募書類は返却しません(不採用の方のものはふさわしい形で処分させて
いただきます)
8.選考手順・スケジュール
一次選考:書類選考 結果は、3月20日までにお知らせします。
二次選考:対象者に面接 該当者には3月中?下旬面接を行います。
★適任者が見つかり次第、募集を締め切る場合もあります。お早目の応募をお待
ちしています。
9.問い合わせ・応募先
公益財団法人 アジア保健研修所(AHI)担当:林
〒470-0111愛知県日進市米野木町南山987-30
電話 0561-73-1950 FAX0561-73-1990
e-mail:  shokuinboshu@ahi-japan.jp
<職員募集問合せとお書きください>
★見学・来館歓迎
毎月第4土曜日(1月25日、2月22日)に行う活動紹介のための「AHI初めて始めて
講座」ほか、どうぞプログラムにご参加ください。また職場の環境や職務を知る
ためのご来館も歓迎です。

みんなでユニバーサルスポーツ、ボッチャに挑戦しよう

□ みんなでユニバーサルスポーツ、ボッチャに挑戦しよう □
【JICA地球ひろば】はじめてのボッチャ ?みんなでユニバーサルスポーツ、ボッ
チャに挑戦しよう!?(2/1PM)
ボッチャが初めての方も楽しめるボッチャの基本的なルールや投げ方、さらに世界
のトップレベル選手が繰り出す技にも挑戦しつつ、試合も行います。
講師:浅見 明子氏(J-Workout株式会社(ジェイアークアウト) トレーニング
事業部)
関連サイト:
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/2019/200201_02.html
日時:2月1日(土)14:00?16:00
場所:JICA市ヶ谷ビル 2階 国際会議場(東京都新宿区市谷本村町10-5)
主催:JICA地球ひろば
定員:100名(先着順)
参加費:無料
申込:下記まで電話またはEメールにて、お名前、連絡先・ご所属をお知らせくだ
さい。ホームページからもお申込みいただけます。
問合・申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel: 0120-767278
e-mail: chikyuhiroba@jica.go.jp
会場への行き方:
JR中央線・総武線「市ヶ谷」徒歩10分
都営地下鉄新宿線「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線「市ヶ谷」4番/6番出口 徒歩8分
地図: https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html
JICA地球ひろばHP https://www.jica.go.jp/hiroba/
Facebook https://www.facebook.com/jicachikyuhiroba
Twitter https://twitter.com/jicahiroba

ハンドメイドボッチャボールを作ってみよう!

□ ハンドメイドボッチャボールを作ってみよう! □
【JICA地球ひろば】ハンドメイドボッチャボールを作ってみよう!(2/1AM)
身の回りにあるもので手軽に簡単に作れるハンドメイドのボッチャボールを作って
みませんか?世界にたった1つあなただけのオリジナルマイボールなら1球1球に
想いがこもってゲームの楽しさも倍増です。
講師:浅見 明子氏(J-Workout株式会社(ジェイアークアウト) トレーニング
事業部)
関連サイト:
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/2019/200201_01.html
日時:2月1日(土)11:00?12:00
場所:JICA市ヶ谷ビル 2階 国際会議場(東京都新宿区市谷本村町10-5)
主催:JICA地球ひろば
定員:100名(先着順)
参加費:無料
申込:下記まで電話またはEメールにて、お名前、連絡先・ご所属をお知らせくだ
さい。ホームページからもお申込みいただけます。
問合・申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel: 0120-767278
e-mail: chikyuhiroba@jica.go.jp
会場への行き方:
JR中央線・総武線「市ヶ谷」徒歩10分
都営地下鉄新宿線「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線「市ヶ谷」4番/6番出口 徒歩8分
地図: https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html
JICA地球ひろばHP https://www.jica.go.jp/hiroba/
Facebook https://www.facebook.com/jicachikyuhiroba
Twitter https://twitter.com/jicahiroba