シンポジウム 〜温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」

□ シンポジウム 〜温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」 □

9月12日開催シンポジウム
地球を見守る宇宙の眼〜温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」の今とこれから〜
温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)は、二酸化炭素やメタンといっ
た温室効果ガスの観測を主目的とした世界初の人工衛星です。「いぶき」プロジ
ェクトは、環境省、国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)、国立研
究開発法人 国立環境研究所(NIES)が共同ですすめており、2009 年に打ち上
げられて以降、7 年以上たった現在も観測を続けています。
本シンポジウムでは、「いぶき」の概要や、これまでの観測で得られた成果を紹介
します。さらに、2018年の打ち上げを目指して開発を進めている「いぶき」後継機
の概要を紹介し、これらの観測成果の重要性や今後の気候変動対策への活用につい
て議論します。
また、シンポジウム後には、「いぶき」搭載センサに関する実験やパネル展示など
、研究者と直接対話できる展示・実演コーナーを開設します。
<シンポジウム概要>
【日 時】2016年9月11日(日) 13:00〜17:00( 開場 12:15)
【場 所】コクヨホール(東京都港区港南1-8-35)
【アクセス】JR品川駅 港南口(東口)より徒歩5分) 地図はこちら
【定 員】300名(事前登録制)
【参 加】無料・申込フォームはこちら
https://business.form-mailer.jp/fms/e7bd179d59906
主催:環境省/ 共催:JAXA、国立環境研究所
<プログラム>(敬称略)
第1部 「講演」(13:00〜15:30)
● JAXA 油井亀美也宇宙飛行士によるビデオメッセージ(予定)
● 基調講演
地球をめぐる温室効果ガス─全球規模での監視の必要性─
三枝信子(NIES 地球環境研究センター 副センター長)
「いぶき」の開発から打ち上げと運用、後継機の開発
中島正勝(JAXA GOSAT-2プロジェクトチーム ミッションマネージャ)
「いぶき」によって明らかにされた温室効果ガスの動態
松永恒雄(NIES 地球環境研究センター衛星観測研究室長)
● パネルディスカッション
地球温暖化の監視・抑制における衛星の重要性
〈コーディネーター〉 原澤英夫(NIES理事)
〈パネリスト〉 木原実(NTV「news every.」気象キャスター/気象予報士)、
三枝信子(NIES 地球環境研究センター 副センター長)、中島映至(JAXA 宇宙
科学研究所特任教授/第一宇宙技術部門 地球観測研究センター長)、松永恒雄
(NIES 地球環境研究センター衛星観測研究室長)、竹本明生(環境省 地球環境
局総務課 研究調査室長)
第2部 「展示・実演」(15:30〜17:00)
研究者との直接対話のほか、「いぶき」の観測手法の実演や模型、球体ディスプレ
イ、パネルの展示などを行う体験型コーナーです。
<参加申込方法>
シンポジウムへのご参加には申込フォーム(推奨)から、またはE-mailか電話、
FAXでの事前申込みが必要になります。
● 申込フォーム
https://business.form-mailer.jp/fms/e7bd179d59906
上記申込フォームにアクセスして、必須項目を入力してください。 学校など団体
でのお申し込み(10名以上)はお電話にて受け付けます。
● 電話、FAX、Eメールでの参加申込
件名に「地球を見守る宇宙の眼 参加申込」と明記の上、氏名(ふりがな)、E-
mailアドレスまたはFAX番号、電話番号、ご職業(必須ではありません)、
年代(10代/20代/30代/40代/50代/60代/70代/80才以上)
をご記載の上、下記までお申込み下さい。
TEL:03-5825-9735 FAX:03-5825-9737
Eメール:climate@gef.or.jp
申込締切:2016年9月7日(水) 必着
※定員に達した場合のみ、ご連絡します。
※FAX申し込みの場合、FAXされた用紙をご持参下さい。
※Eメール送信の際は、開封確認通知をご利用下さい。
※申込フォームの場合、自動返信メールを携帯電話等でご持参下さい。
※ご記入いただきました個人情報は、今後、同種のご案内に限って活用させていた
だくことがあります。
<申込・問合せ先>
〈シンポジウム事務局〉地球・人間環境フォーラム
TEL:03-5825-9735 / FAX:03-5825-9737 /
Eメール:climate@gef.or.jp