院内集会 2016年11月28日

□ 院内集会 2016年11月28日 □

【転送・転載歓迎】
院内集会 2016年11月28日(月)13時〜17時
「日本が推進する経済開発モデルと人びとの暮らしへの影響
〜SDGs時代におけるアフリカ小農の視点から〜」
http://www.ngo-jvc.net/jp/event/event2016/11/20161128-sdgc-africa.html

<開場:12時30分〜>
第一部(13時〜14時45分):「投資・貿易のための援助」は許されるのか?
<休憩:14時45分〜15時>
第二部(15時〜17時):ODAは農民に何をもたらしたか?

第一部(13時〜14時45分)
「投資・貿易のための援助」は許されるのか?
【問題提起】
1. 国益重視へのシフトで忘れられる人類益
(西川潤 / 早稲田大学名誉教授)
【報告】
2. 日本による投資・ODAの地政学
(高橋清貴 / 恵泉女学園大学)
3. アフリカ・モザンビークにおけるナカラ回廊開発〜住民への影響
(1) ナカラ経済回廊開発とその実態〜石炭、農業、鉄道・港湾開発
(クレメンテ・ンタウアジ / ADECRU)
(3) ナカラ回廊沿線住民の生活の変化(15分)
(ジュスティナ・ウィリアモ / ナンプーラ州農民連合)
【質疑応答】(35分)

<休憩時間:14時45分〜15時>

第二部(15時〜17時)
「ODAは農民に何をもたらしたか?〜当事者からの問題提起」
【問題提起】
1. 「先祖帰り」する日本の開発援助
(高橋清貴 / 恵泉女学園大学)
【報告】
2. プロサバンナ事業から見えてくること〜政府文書分析・現地調査報告
(渡辺直子 / 日本国際ボランティアセンター)
3. プロサバンナ事業によって引き起こされたこと
(1) モザンビーク市民社会からの問題提起
(クレメンテ・ンタウアジ / ADECRU)
(2) 事業対象地(ナカラ回廊)の小農からの問題提起
(コスタ・エステバン / ナンプーラ州農民連合)
【コメント】
・贄川恭子(WE 21ジャパン)、他調整中
【質疑応答】(50分)

【場所】参議院議員会館B1F B107会議室(住所:東京都千代田区永田町2-1-1)
*受付ロビーにお集り頂き、担当者がご案内致します。
*案内なしに入館は出来ませんのでご注意下さい。
*集合時間:12時30分〜12時50分、14時40分〜14時50分のみ。
*途中退室も可能ですが、係の者がロビーまで一緒に参ります。
【アクセス】永田町(徒歩4分)、国会議事堂前(徒歩7分)
http://www.sangiin.go.jp/japanese/taiken/shuhen/shuhen.html
【定員】70名(先着順)
【参加方法】2016年11月22日(火)迄に以下のサイトで登録をお願いしま
す。
*定員が超える場合は早く締め切りますので、お早めにお申込み下さい。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/74b3c1c3472157
【資料代】500円
【共催】日本国際ボランティアセンター、アフリカ日本協議会、ATTAC Japan、
No! to landgrab, Japan、モザンビーク開発を考える市民の会、オックスファ
ム・ジャパン、ODA改革ネットワーク
【協力】メコン・ウォッチ、FOEジャパン
【問い合わせ先】
日本国際ボランティアセンター
〒110-8650東京都台東区上野5-3-4クリエイティブOne秋葉原ビル6階
電話:03-3834-2388 メールアドレス:prosavanacomu
nicado@gmail.com