平成28年度国連普及啓発シンポジウム

□ 平成28年度国連普及啓発シンポジウム □

今年度のシンポジウムのテーマは、江戸庶民はグローバル人材だった!?と題して
世界のメディアや訪日外国人の方々が、日本人のマナーの良さ、親切さ、丁寧さな
どを評価しています。しかし、それは現在に限らず、江戸末期に訪れた訪日外国人
たちも同様に庶民の暮らしぶりを評価し驚嘆と共に文献に残しています。今年度の
シンポジウムでは、東京都江戸東京博物館の副館長の小林淳一氏を講演者に迎え、
歴史的観点からそのルーツを探りこれからのグローバル人材への道標の一つを考え
ていきます。
第2部は、希望者の方にシンポジウムを踏まえ、新たな視点で東京都江戸東京博物
館の常設展示を自由鑑賞していただける内容にしました。
参加は無料です。お申込は下記HPよりお申込フォームから送信してください。
https://www.tokyo-icc.jp/kokuren/symposium.html