1月31日セミナー「ミャンマー民主化の明暗」開催

□  1月31日セミナー「ミャンマー民主化の明暗」開催 □

本年1月31日(火)に「ミャンマー民主化の明暗 −人権問題を中心とした
民主化の現状と課題−」と題したセミナーを弊財団にて開催致します。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。
詳細につきましては下記をご覧ください。

講師:村主道美 (学習院大学法学部政治学科教授)、田辺寿夫 (ミャンマー
研究者)
日時:2017年1月31日(火)12:30〜14:00(12:00開場)
締切:2017年1月27日(金)正午まで(定員40名になり次第締切)
会場:FASIDセミナールーム
参加費:500円(賛助会員 無料)
登録方法:下記URLのオンライン・フォームより申込みください。
http://www.fasid.or.jp/seminar_info/144_list_detail.html

(セミナー概要)
2015年のミャンマー総選挙での野党NLD(国民民主連盟)の圧勝は、同国が民主化に
向け大きな一歩を踏み出したことを広く国際社会に印象づけました。
加速する民主化に伴い、日本を含む各国からの直接投資や経済援助が拡大する一方
、同国西部ラカイン州では、依然としてイスラム系住民ロヒンギャに対する深刻な
人権侵害が報告されるなど、同国の民主化には「光と陰」が交差しています。

第221回BBLセミナーには、二名の講師をお招きし、主に2008年以降の移行期から
今日にかけての民主化の進展について、政権と国軍および中央政府と少数民族との
関係性に注目しながら、現状と課題を考察します。
また、ミャンマーでの「ビジネスと人権」をめぐる課題、国内避難民キャンプ視察
報告、日本国内のロヒンギャ・コミュニティの取材報告等を交え、国際社会や日本
とミャンマーの関わりについても考えます。

(主催・お問い合わせ先)
一般財団法人 国際開発機構(FASID)
国際開発研究センター 担当:服部、原田、片桐
Email:bbls@fasid.or.jp
Tel:03-6809-1997/Fax:03-6809-1387
〒106−0041 東京都港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル6階