エイドワーカーがモスル解放地区で見た「対IS戦争」

□ エイドワーカーがモスル解放地区で見た「対IS戦争」 □

過激派組織「IS」に2年半も支配されてきたイラク第2の都市モスルの奪還作戦
は、イラク戦争後最大規模の戦闘となりました。
有志連合はISの激しい抵抗にあいながら、やっとチグリス川東岸の奪還にこぎつ
けました。しかし、安全地帯の病院にはたくさんの民間人負傷者が運ばれてきま
す。また、大方の予想に反して、避難民キャンプよりも解放地区にとどまる人々
が増えています。
現在、人口密集地のモスル西岸奪還作戦が始まろうとしています。さらなる民間
人犠牲者が出てしまうことが予想されますが、はたして「テロ」は撲滅されるの
でしょうか。
「モスル奪還」の後に待っているものは何か?イラク、日本、世界が抱える問題
に、私たちはどう向き合っていくべきか?今回、ヒューマンライツ・ナウでは、
モスル市内への緊急支援から帰国したエイドワーカー高遠菜穂子氏を迎えて、人
道支援状況や「対テロ(IS)作戦」の実態についての報告会を開催いたします。
なお、こちらのイベントは、昨年12/23に開催された『イラク モスル帰国報告会
― IS掃討作戦は成功するのか?―』の続編となります。
ぜひ、皆さまのご参加をお待ちしております!
・日 時:2017年2月20日(月)19:00〜21:00 (開場18:30)
・会 場:専修大学 神田キャンパス 1号館 地下1階 14教室
(東京都千代田区神田神保町3-8)
交通案内
http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/access.html#kanda
施設案内
http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/campus.html#map_kanda
・参加費:1000円(予約不要)

スピーカー
高遠 菜穂子(たかとお・なほこ)氏
エイドワーカー。イラク支援ボランティア。1970年、北海道生まれ。
大学卒業後、会社員を経て地元で飲食店経営に携わる。2000年インドの「マザーテ
レサの家」、2001年からタイ、カンボジアのエイズホスピスでボランティア活動に
専念。2003年5月からイラクでの活動開始。2004年4月にイラク・ファルージャで「
自衛隊の撤退」を要求する現地武装勢力に拘束された。解放後、日本国内で「自己
責任」バッシングを受ける。現在もイラク人道・医療支援活動を継続中。「イラク
戦争の検証を求めるネットワーク」呼びかけ人。著書に『戦争と平和 それでもイ
ラク人を嫌いになれない』(講談社)『破壊と希望のイラク』(金曜日)など、共
編訳に『ハロー、僕は生きてるよ。―イラク最激戦地からログイン』(大月書店)。

<参加申込>
HRN事務局(info@hrn.or.jp)宛に、件名を「2/20イラク報告会参加希望」として
、お名前、ご連絡先を明記の上、お申し込みください。
※当日参加も可能ですが、人数確認の為できるだけ事前のお申込みにご協力いただ
けますと助かります。

<主催>
認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ(HRN)