報告会「気候変動影響の中で生きる インドネシア」

□ 報告会「気候変動影響の中で生きる インドネシア」 □

インドネシアでは、気候変動が人々の暮らしに大きな影響を及ぼしています。農村
では、降雨パターンが変化し、伝統的な農法や特産物の栽培ができなくなり、また
深刻な水不足が生じています。一方で沿岸部では、海面上昇により広大な農地や養
殖場が失われ、家屋や道路への浸水が慢性化しています。 FoE Japanは、現地NGO
や大学と連携し、2008年からスマラン市、ウンガラン郡、プカロンガン市の農村や
漁村にて、コミュニティ主体で気候変動影響に適応していくためのサポートを続け
てきました。 本報告会では、住民理解の促進から、適応対策導入のための組織化、
行政の能力強化、そして気候変動により収入減を失ったコミュニティの自立化まで
の経験、成果をご報告します。さらに、適応対策の可能性と限界について考えます。
ぜひご参加ください。

イベント名 「気候変動影響の中で生きる〜インドネシア 海面上昇の村、水不足
の農村の人々の挑戦」
日時 2017年 2月23日(木)18:30〜20:30
場所 東京ウィメンズプラザ 第一会議室 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67
参加費 500円 (FoE Japanサポーター・学生無料)
申込み http://www.foejapan.org/aid/community/mangrove/170223.html
主催・問合せ FoE Japan 担当:柳井
プログラム
1.イントロダクション インドネシアの気候変動影響
2.農村の気候変動影響とアグロフォレストリーを通じた適応対策 
スピーカー:Amalia Wulansari氏(BINTARI財団)
3.海面上昇の被害を受ける沿岸コミュニティのマングローブ保全を通じた適応対

スピーカー:Arief Khristanto氏 (BINTARI財団ディレクター)
4.ディスカッション コミュニティの適応対策の可能性と限界 
※逐次通訳あり
関連:https://foejapan.wordpress.com/2017/02/16/indonesia_inundated/