モザンビークでの日本人起業家夫婦の奮闘

□ モザンビークでの日本人起業家夫婦の奮闘 □

4月23日(日)にQ’s カフェが開催予定の第8回「モザンビークの中低所得者向
けエネルギー資源を変える〜地産地消の形を目指して」のご案内をさせていだた
きます。
今回お招きするのは、昨年、モザンビークにて中低所得者向けのリサイクル木炭
燃料(ブリケット)の生産・販売事業を起業された日本人夫婦の有坂夫妻です。
絶対的貧困ラインと言われている一日1.9ドルで暮らす人が、国全体の3割
のモザンビーク。電気やガスを引く余裕のない、多くの中流家庭が、木炭をエネ
ルギー資源として購入しています。

「生活必需品のため、購入、家計の負担になる。」
そんな問題に、有坂夫妻は注目しました。人々の暮らしの向上のため、ただ、よ
り安価な商品を提供するのではなく、「より安価、より長持ち、より安全」なエ
ネルギー資源として、リサイクル木炭燃料を生産、販売する事業を起こし、日々
、奮闘されています。
また、生産・販売する上で、重視されていることの一つが、「地元で作り、地元
で使う」ことです。モザンビークは、経済的に発展している南アフリカに近く、
輸入品が多く流れてきているため、中々、自国の産業が育たないという問題があ
ります。生活を豊かにするために、国内に職をつくり、自国の中で経済を回して
いくことを目指しています。
今回のイベントでは、モザンビークで起業に至る経緯から、現在行っている事
業、どのような課題に直面しているか、などをお話していただきます。
実際に、アフリカにて事業を起こされている方のお話を伺うことのできる貴重
な機会だと思いますので、奮ってご参加ください。

イベント詳細
日時:2017年4月23日(日)15時〜17時20分
※イベント後、懇親会(イベント終了後〜19時まで)も予定しております。
場所:五反田 Vacancy 別館 http://www.vacancy.jp/
東京都 品川区西五反田1-32-4 サンユー西五反田ビル4階
定員:20名程度(※定員に達した場合、お断りすることがございます。予め
ご了承ください。)
参加費: 1,000円(会場代です。今回も五反田Vacancyさんにご厚意でお貸し
いただきます。)
※懇親会参加の場合は1,000円を別途頂きます。
応募方法:下記リンクからご登録ください。(締切:4月19日(水))
https://goo.gl/forms/JyOK5TSW9XYdi6L03
facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/426119781070688/
事務局: Q’s カフェ (担当:佐藤)

ゲスト
有坂 之良
1982年生まれ。大学卒業後、一般企業を経て、2010年3月に青年海外
協力隊員としてザンビアに赴任。首都ルサカの国立博物館にて常設展示の改修
工事を支援する。12年3月に帰国し、デザイン製作施工を担う一般企業へ入
社。2014年に結婚。2016年10月よりモザンビークへ移り、「Verde
Africa, LDA」を設立。
有坂 純子 ( 旧姓村上 )
1981年生まれ。教育事業への従事、カナダの大学で経済学を専攻後、青年
海外協力隊としてザンビアに赴任。約2年間農村女性を対象としたマイクロフ
ァイナンスプロジェクトに携わり機関能力強化に努める。その、一般企業に入
社し、アフリカのCOMESA各国向けの研修やそれを通したアフリカ域内の金融包
摂推進のための政策提言を行う。
2016年10月よりモザンビークへ移り、「Verde Africa, LDA」を設立。
Q’s カフェ概要

Q’s カフェ facebookページ
https://www.facebook.com/qscafe2014/?notif_t=page_admin¬if_id=146479829
0544586