5/23 上映会と講演「世界と私たちの種のはなし」

□ 5/23 上映会と講演「世界と私たちの種のはなし」 □

現在、生命の源である「種」がバイオメジャーによる特許権によって、その尊厳を
うばわれつつあります。また、「世界を飢餓から救う」という命題の下で生まれた
「遺伝子組み換え作物」は、将来にわたって、大きな禍根を残すのではないかとも
いわれています。
「種」は本来、誰のものなのでしょうか。人類の歴史と共に農民の手で代々守られ
てきた「種」はこれからどうなっていくのでしょうか。世界、そして日本で繰り広
げられる「種」をめぐる攻防を追いながら、私たちの食卓を支える「種」について
考えます。
◎第一部はドキュメンタリー映画の上映会、第二部はトークの二部構成です。
◎第二部からの参加も可能です。
◎各部とも開始の20分前より開場します。
■日時:2017年5月23日(火)17:00〜20:30
□第1部:17:00-18:30
□第2部:19:00-20:30
■会場:モンベル御徒町店4Fサロンスペース(http://bit.ly/2picg2F)
■会場住所:東京都台東区上野3-22-6 コムテラス御徒町
■最寄り駅:JR御徒町駅南口すぐ
■参加費:一般1,000円、モンベルクラブ会員500円
■定員:70名
■申込方法:http://bit.ly/2ou4QFS
■主催:日本国際ボランティアセンター(JVC)
■共催:P-nong Learning Center
■協力:株式会社モンベル
■お問い合わせ先:日本国際ボランティアセンター(JVC)
電話03-3834-2388
■イベントページ:http://bit.ly/2pwrq4P
■第1部 映画上映 17:00-18:30
映画『遺伝子組み換えルーレット』
遺伝子組み換え問題の専門家として国際的に著名なジェフリー・M・スミス氏が制
作した本作品は、米国で注目を浴び、GMO食品の安全性を問う議論を活性化し、米
国のGMO反対運動に大きく貢献しました。遺伝子組み換え作物を米国から大量に輸
入する日本も決して無関係でありません。家族の健康、食を私たちの手に取り戻す
ために、まず何をしたらいいのか、さらには社会の食のシステムをどう変えていけ
ばいいのか、本作品を通じてともに考え、行動しましょう。
■第2部 トーク 19:00-20:30
トークゲスト:印鑰 智哉 さん
ゲストプロフィール:
ブラジル社会経済分析研究所(IBASE)やGreenpeace、オルター・トレード・ジャ
パンなどを経て、現在、食をめぐる運動への本格的取り組みの準備中。ブラジルへ
の日本のODA の影響、遺伝子組み換え問題を含む食と農をめぐる世界各地の問題
を追跡してきた。映画『遺伝子組み換えルーレット』の日本語翻訳監修者でもある
。近々、論考「アマゾンの危機とアグロエコロジー」を収録した共著が現代企画室
から発行予定。