第一回講座 地域産品を活用したコミュニティ開発講座

□ 第一回講座 地域産品を活用したコミュニティ開発講座
 2017年10月14日(土)・15日(日) 9:30-17:00 □

日本福祉大学大学院国際社会開発研究科は2002年開設以来200名を超える修了生を
輩出している通信制の開発学系大学院プログラムです。今回当社有限会社人の森の
国際協力カレッジの講座を、両者が合同で「日本福祉大学大学院公開セミナー・人
の森国際協力カレッジ共催プログラム」として実施することになりました。今回の
講座の受講者は、受講後に所定のレポートを提出して日本福祉大学院事務室より後
日「修了証」を受けることにより、2018年度以降日本福祉大学大学院国際社会開
発研究科入学後に、2日間プログラム1講座につき2単位として認定されます(上限
4単位まで)。既に在学されている方の場合は、来年度以降に申請されれば単位認
定されます。
日本福祉大学大学院国際社会開発研究科ホームページ
http://development-school.jp/d_school/
本年度このプログラムは独立した二回の講座からなっており、個別に受講すること
が可能です。昨今国際協力の世界でも、地域産品を活かした商品開発など、地域の
経済開発を目的とした協力が増えてきています。両講座とも、そのための実務的な
知識や理論を学ぶために構成されています。
両講座の案内:https://hitonomori.com/dev_seminar/nfu.html

地域産品を活用したコミュニティ開発講座では、一村一品プロジェクトなど、地域
の産品の商品化と販売によるコミュニティ開発について学びます。付加価値の意味
、マーケティングの基本、コミュニティ開発を成功させるための社会的条件など、
実践的な内容です。
講師は長年途上国での地域振興に携わり、「開発フィールドワーカー」の著者とし
ても知られる野田直人が担当します。
教材には、国際協力機構(JICA)の研修でも用いている資料に手を加えたオリジナ
ルのテキスト『地域産品ビジネスによるコミュニティ開発 援助を行うための基礎
知識 (国際協力の教科書シリーズ3) 』を用います。同日配布しますので、事前の
購入は不要です。

講座の対象者
国際機関や開発コンサルタント、青年海外協力隊(特に村落開発・コミュニティ開
発)やNGOなど、開発の仕事を目指す人。国際協力機関、開発コンサルタントやNGO
などで働いている人など。特に一村一品プロジェクト、SHEPアプローチ(市場志向
型農業)、フェアトレード商品の開発などに関する業務を行う人にお勧めです。
講義の分野としては産業開発・社会開発ですが、特に専門性がなくても受講できる
内容です。
日本福祉大学大学院国際社会開発研究科への入学を現在考えていない方でも、どな
たでも受講できます。

日程と場所、受講料など
日程:2017年10月14日(土)・15日(日) 9:30-17:00
場所:日本福祉大学東京サテライト 東京都港区新橋6-9-6 12東洋海事ビル3階
(日本福祉大学東京サテライトWEBサイト:
http://www.n-fukushi.ac.jp/about/campus/tokyo/index.html)
定員:30名
受講料:21,600円(消費税込み)。
募集期間:定員に満たなければ講座前日まで。

詳細・お申し込みは以下をご覧ください。
https://hitonomori.com/dev_seminar/nfu1.html

企業・団体での受講の場合
特定の団体やグループ向けに特設講座を組むことも可能ですので、お問い合わせく
ださい。他の日程をご希望の方も、開催の可能性を
検討しますのでご連絡ください。連絡先はinfo@hitonomori.comです。