持続可能な開発のための適正技術の新たな展望

□ 持続可能な開発のための適正技術の新たな展望 □

適正技術フォーラム設立記念国際会議 セミナー・シンポジウム
「持続可能な開発のための適正技術の新たな展望」
2017年11月4日(土)13:30?17:05、2017年11月5日(日)10:00?17:30

このセミナー・シンポジウムでは、適正技術フォーラムの設立を記念し、世界各国
で適正技術分野で活動に取り組む方々を招いて、適正技術の今日的な意義とその役
割、今後の持続可能な社会の形成への展望を論じます。
【期日】2017年11月4日(土)13:30?17:05、11月5日(日)10:00?17:30
【会場】JICA地球ひろば(東京、市ヶ谷)セミナールーム600 (11月4日)、国際会議
場(11月5日)
【アクセス】 JR中央線/総武線 都営地下鉄新宿線/
東京メトロ有楽町線/南北線 市ヶ谷駅 徒歩10分
【参加費】
一般:1日目1,500円、2日目2,000円、両日通し券3,000円
学生:1日目1,000円、2日目1,000円、両日通し券1,500円
懇親会3000円(場所=JICA地球ひろば内レストラン)
※参加費は当日会場にて申し受けます
【定員】1日目80名、2日目100名
【使用言語】
1日目 講演:日本語、資料:英語
2日目 講演:英語・日本語、資料:英語(英⇔日同時通訳あり)
【プログラム】
【第1日】
○オープニング(13:30-13:45)
 司会:一般財団法人CSOネットワーク事務局長・理事 黒田かをり
●エネルギー最小消費型の新規の下水処理技術の開発と展開?インド、 エジプト、
日本での実施例?(13:45-14:30)
 講師:東北大学教授 原田秀樹
●『高倉式コンポスト』の技術の開発と普及(14:30-15:15)
 講師:?倉環境研究所代表 高倉弘二
●途上国の村落向け小規模上水供給システムの開発と普及
 (15:30-16:15)講師:ヤマハ発動機株式会社 西嶋良介
●炭素中立世界でのブータンのリープフロッグ発展の可能性
 (16:15-17:00)講師:地球環境戦略研究機関顧問 西岡秀三
【第2日】11月5日(日) 10:00?17:30 JICA地球ひろば国際会議場
●近代技術的要素を活用した革新的適正技術の開発―インドネシアにおける排水
処理とバイオマスエネルギー事業の事例から―(10:00-11:00)
 講師:特定非営利活動法人APEX代表理事 田中直
●コミュニティベースの住民参加型技術を用いた貧困の解消―インドネシアにおけ
る水供給、小産業開発の事例から―(11:00-12:00)
 講師:Anton Soejarwo, Director, Dian Desa Foundation(インドネシア)
●技術的公正: 持続可能な発展に向けてのテクノロジー・カバナンスへの挑戦
(13:00-14:00)講師:Simon Trace, Former CEO, Practical Action(英国)
●適正技術を用いた住民のためのエネルギー供給?インドにおける農業廃棄物か
らのバイオチャー・バイオブリケット生産?(仮題)(14:00-15:00)
 講師:M.S.Siddheshwar, President,ARTI (Appropriate Rural Technology
Institute)(インド)
●JICAの国際協力の歩みと適正技術(15:15-16:00)
 講師:JICA(独立行政法人国際協力機構) 加藤宏
●シンポジウム(16:05-17:10)
テーマ「持続可能な開発のための適正技術の新たな展望」
 座長:京都大学教授 水野広祐
●適正技術フォーラム設立記念セレモニー(17:10-17:30)
【主催】 適正技術フォーラム準備委員会
【共催/事務局】 (特活)APEX
【お申込方法】
ウェブサイト上の申込みフォームにご記入の上送信下さるか、メールまたはFAX
にて「適正技術フォーラム国際会議参加希望」と明記の上、お名前、ご連絡先(メ
ールまたはFAX)、ご所属(任意)、一般または学生の別、参加希望日、懇親会出欠
をお知らせ下さい。なお、一日のみの参加も可能ですが、今回の会議の意義を十分
ご理解いただくため、両日の参加をお薦めします。
ウェブサイトURL:http://www.apex-ngo.org/atfjconference2017.html