Global Media Camp inカンボジア

□ Global Media Camp inカンボジア □

「Descent Into Outright Dictatorship(あ
からさまな独裁制への転落)」――。これは、フン・セン政権に批判的だった英字
紙「カンボジアデイリー」が廃刊前の最後の一面トップ(2017年9月4日)に載せ
た見出しです。
?
カンボジアではいま、カンボジアデイリーが廃刊に追い込まれたこと以外にも、最
大野党「救国党」のケム・ソカ党首が反逆罪で逮捕されるなど、きな臭い動きが強
まっています。その理由は、2018年7月29日に5年に1度の国政選挙があるからです
。ASEAN(東南アジア諸国連合)最後の“独裁者”フン・セン首相が政権を維持でき
るのか、反対運動が盛り上がるのか、その行方が世界中で注目されています。
そんなホットな国カンボジアで毎日取材し、毎日記事を書き、それをganasのサイ
トで発信するプログラム『Global Media Camp in カンボジア』。訪問地は、世
界遺産アンコールワットのおひざ元・シェムリアップです。
■『Global Media Camp in カンボジア』の概要
◎行き先:カンボジア:シェムリアップ(世界遺産アンコールワットがある街)
◎期間: 2018年3月24日(土)〜3月31日(土)
*3月24日に現地集合(シェムリアップ国際空港でお迎え)、3月31日夕方に
現地解散、7泊8日
◎料金:社会人17万9800円、学生15万9800円
*渡航費、ビザ代(30ドル)、保険代は含みません
*含まれるもの:講習費、現地での移動費(帰りのホテル⇒空港は除く)、宿泊代
、食事代(朝、昼、夕。飲み物は除く)
◎〆切:2018年2月23日(金)
*2018年1月24日(水)までのお申し込みは1万5000円割引(入金が完了している
こと)
*ご友人同士で申し込むとそれぞれに1万円キャッシュバック(ganasの各種有料
プログラムに初めて参加する方が対象)! 早割との併用もOKです! 帰国後の
「グローバルライター講座」も無料になります(詳しくは「詳細ページ」をご覧
ください)!
◎定員:8人(先着順)、最少催行人数4人
◎事前研修:3月中旬を予定(1回で7〜8時間)
◎報告会:2018年4月末〜5月中旬を予定(希望者のみ)
◎主催:特定非営利活動法人開発メディア(ganasの運営団体)
・ウェブサイト https://www.ganas.or.jp/
・フェイスブックページ https://www.facebook.com/ganas.or.jp/ 
◎問い合わせ先:devmedia.ganas@gmail.com
◎詳細ページ:https://www.ganas.or.jp/news/20171111gmccambodia/
■カンボジア(シェムリアップ)のここが魅力!
?ASEANで政治的にいま一番ホットな国がカンボジア。ASEAN最後の独裁者の行方を
占う国政選挙が2018年7月29日に控えるなか、カンボジア人の考えを直接聞ける!
?国民の4人に1人が殺されたとされる1970年代後半の大虐殺(犠牲者は100万人〜
300万人)の「40年後」を取材で考えることができる!(参考までにルワンダ大虐
殺の犠牲者は人口の10〜20%の50万〜100万人)
?カンボジアは日本企業も注目する国! 日本貿易振興機構(JETRO)の調査(201
6年12月)では、カンボジアに進出する日系企業の72.5%が「カンボジアで事業を
拡大する(最大の理由は「労働力確保の容易さ)」と答えた。この数字はアジア・
オセアニアではミャンマーに次いで2位。
?カンボジアの若者は魅力的。貧しくても頑張って勉強するカンボジア人の通訳と
毎日一緒に取材に行くので、刺激も受けられるし、仲良くなれる。友情は、カンボ
ジアをウォッチし続けられる「基盤」となる!
?都会でも田舎でもないシェムリアップの街は「発展」のあり方を考えるうえで最
適!(政治はどうあれ、庶民の生活は淡々と続く)
?日本から近い。格安航空券を使えば、飛行機代は往復5万円程度。ちなみに早割
の割引額もカンボジアが最大。
■『Global Media Camp』をおススメする3つの理由
1)途上国を取材できる!
‥‥『Global Media Camp』は途上国を本格的に取材できる日本発で唯一のプロ
グラムです。スタディツアーのように、担当者からレクチャーを受けるのではあ
りません。自らが自由に質問します(現地語と英語または日本語の通訳をつけま
す。英語力に不安のある方は準備の仕方をお教えします)。
2)スキルアップできる!
‥‥『Global Media Camp』では新しい体験をするだけではありません。ネタや
問題を見つける力、情報を引き出すために質問する力、物事を掘り下げる力、伝
わる文章を書く力などのスキルアップを目指します。各回の参加者は最大8人に
絞っているため、ganas編集長からマンツーマンで指導を受けられます。思い出
だけではなく、現地取材をベースにした「署名記事」が残ります。
3)途上国を「複眼の視点」で見られる!
‥‥「途上国=貧困 or 幸せ」と決めつけていいのでしょうか? 物事に対する
見方は立場によって変わります。『Global Media Camp』では複眼で物事をとら
える方法を学びます。世の中には自分が知らないこと、自分自身で無意識に決め
つけてしまっていることがたくさんあります。脱ステレオタイプを目指します。