アフリカのイモ食文化のゆくえ

□ アフリカのイモ食文化のゆくえ □

連続公開セミナー「食べものの危機を考える」 2017年度 第2回ナイジェリア、
ガーナ、コートジボワールといったギニア湾に面するアフリカ諸国では、ヤムイモ
が主要な食べものの一つとなっています。なので、世界のヤムイモ
生産量(6800万トン、2014年)の96%はアフリカ諸国でのものです。キャッサバ
、タロイモといった熱帯産のイモ類の生産・消費も多く、アフリカ諸国には、根菜
農耕文化が根付いています。アフリカ諸国のフードセキュリティについて考える時
、この事実から出発する必要があります。
世界的なヤムイモ研究者である東京農大の志和地さんからイモ食文化の現在とこ
れからに関する報告と提起を聞き、アフリカ諸国におけるフードセキュリティにつ
いて一緒に考えましょう!

【報告と提起】志和地 弘信さん(東京農業大学国際食料情報学部 教授)
【日時】2017年12月22日(金) 18:50〜20:30 (開場18:30)
【会場】明治学院大学白金校舎本館2階1251教室 港区白金台1-2-37
アクセス http://www.meijigakuin.ac.jp/access/shirokane/
(JR品川駅・目黒駅よりバスで約10分、東京メトロ白金高輪駅、 白金台駅、高輪
台駅より各徒歩約 7分)
【資料代】500円*共催団体会員、明治学院大学学生・関係者は無料
【申込み】(特活)アフリカ日本協議会 担当:斉藤 件名を、「食べものの危機
を考えるセミナー第2回申し込み」として以下のメールアドレスあてにお申し込み
ください。saito@ajf.gr.jp
【共催】(特活)アフリカ日本協議会(AJF)、(特活)日本国際ボランティアセ
ンター(JVC)、(特活)オックスファム・ジャパン、(特活)ハンガー・フリー
・ワールド(HFW)、明治学院大学国際平和研究所(PRIME)