『グローバルライター講座』(第9期)

□ 『グローバルライター講座』(第9期) □

【早割〆切4/11】「途上国」と「伝わる書き方」を同時に学ぶ『グローバルライ
ター講座』(第9期)、参加者を募集します!

なんとなく文章を書けるようになったかも‥‥ではなくて、伝わる書き方のコツが
明確にわかる! それだけでなく、アジアや中東、アフリカ、ラテンアメリカなど
で何が起きているかの知識もつく! 日本で唯一のそんな講座が『グローバルライ
ター講座』です。
ganasは、「途上国・国際協力」と「伝わる書き方」を同時に学べる『グローバル
ライター講座』(2018年春)の受講生を募集します。毎回大好評で、今回が9期目
。5月9日(スカイプ利用は5月10日)からスタートします。社会人のこれまでの受
講生は、開発関係者、コンサル会社やメーカーなどの会社員、NGO職員、医師、看
護師、青年海外協力隊(現役、OB・OG、これから派遣される人)、広報担当者、
途上国が好きでたまらない方などさまざま。学生の受講生のなかには『グローバル
ライター講座』を経て、NHKや共同通信、TBS、大阪毎日放送などに就職した人もい
ます。
『グローバルライター講座』の最大の特徴は、途上国・国際協力を題材とした記事
を書くことを通して、「途上国・国際協力」と「伝わる文章(記事)の書き方」の
2つを同時に学べる一挙両得さにあります。類似する講座は他にありません。
講座では、週に1回(全8週)の「1時間45分の講義・ワークショップ」に加えて、
記事を書く課題を毎週出します。期限通りに提出していただいた記事はすべて、講
師(主にganas編集長)が個別にアドバイス付きで添削します。筆力をアップさせ
る最大のコツは「書く量にある」(読む量も)と考えているので、受講生には少し
でも多く書いていただき、大幅にスキルアップできるよう最大限サポートします。

『グローバルライター講座』には下の3つのコースがあります。
?東京・市ヶ谷のJICA地球ひろばで受講するコース=首都圏在住者向け
?スカイプを利用して受講するコース=首都圏以外の国内在住者向け
?メールでやりとりするコース=海外在住者向け

【各コースの日程・内容(予定)・場所】
■JICA地球ひろばのコース
・第1回:5月9日(水)19:00?20:45
「伝わる文章」と「伝わらない文章」の違い。終了後に教室の中で30分程度の懇
親会(20:45?21:15)
・第2回:5月16日(水)19:00?20:45
記事をわかりやすくする「3つの要素」
・第3回:5月23日(水)19:30?21:15 *この日は19時半からです
記事をわかりやすくする「3つの要素」の続き、伝えたいことがギュッと詰まった
リード文の書き方
・第4回:5月30日(水)19:00?20:45
「読みたくなる見出し」と「無視される見出し」、スルッと読ませる段落構成
・第5回:6月6日(水)19:00?20:45
模擬記者会見(スピーカーは調整中)、ブレインストーミング
・第6回:6月13日(水)19:00?20:45
受講生が書いた記事のフィードバック、伝わる文章のマル秘テクニック
・第7回:6月20日(水)19:00?20:45
伝わる文章のマル秘テクニックの続き
・第8回:6月27日(水)19:00?20:45
まとめ

■スカイプを利用するコース
*日時:5月10日(木)、5月17日(木)、5月24日(木)、5月31日(木)、6月7日
(木)、6月14日(木)、6月21日(木)、6月28日(木)

■メールベースのコース
*日時:5月9日からスタートします。時間は特に決まりがなく、メールで1週間に1
度のやりとり
*留意事項:講義・ワークショップはありません。このため内容は上記の2つのコ
ースと大きく異なります。講師が課題を出し、受講者がそれを提出する形で進めま
す。後半は記事を毎週提出していただき、講師がそれを添削します。海外在住者向
け。

【グローバルライター講座の「5大メリット」!】
?「途上国・国際協力」と「伝わる書き方」を同時に学べる!
?書いた記事は個別に添削してもらえる!
?優秀でやる気があればganasの記者になれる!
?途上国を取材するプログラムに2万円引きで参加できる!
?伝わる書き方はESにも役立つ!
【主催】
特定非営利活動法人開発メディア(途上国・国際協力に特化したNPOメディア「gan
as」の運営団体)
*詳細なページはこちら。
https://www.ganas.or.jp/news/20180131gwc/