多文化共生の学生の発信! 国際協力/交流の経験から

□ 多文化共生の学生の発信! 国際協力/交流の経験から □

学生達の国際協力/交流の実践や提言のお話から、「外国人との共生」を学ぶ会
を行います。
若い世代は「経験が少ない」のですが、それは「既存の常識にとらわれない」メ
リットです。学生、若い世代、シニア、、、多くの人の参加を期待しています。 
スーパー高校生の話、面白いですよ。

日時:3月4日(日)17:00-20:15 (受付16:45から)
場所:しんじゅく多文化共生プラザ (西武新宿駅徒歩1分)
 東京都新宿区歌舞伎町2-44-1 ハイジア11階
参加費:無料
申し込み方法:
フェースブック http://u0u0.net/IHKI に参加クリック
または、info@nogezaka-glocal.comにメール
主催: 多文化共生学生ネットワークよこはま実行委員会 
(共同実行委員長 伊藤里紗:横浜市立南高校・小林璃代子:横浜清陵高校)
共催:野毛坂グローカル(http://nogezaka-glocal.com/)
発表者:
伊藤里紗さん:横浜市立南高校2年 
岩崎真夕さん:横浜市立大学国際総合科学部1年
北原小雪さん:明治学院大学3年
小林璃代子さん:横浜清陵高校2年
嶋田結さん: 法政大学国際文化学部1年
鈴木ゆりりさん:立教大学大学院
三好友良さん:東京大学大学院
山口大地:横浜国立大学経済学部2年
ゲストとして「子ども、地域、旅人多世代多国籍の方々が集う場所カサコ」
共同代表の堀口雄貴さんのお話もあります。(カサコ:http://casaco.jp)

内容:
コミュニティで、外国人との共生がどんどん必要となっています。
「困っている外国人をサポートしよう」というのは大切な視点ですが、そのような
考え方では外国人は「負担」という考えかたともつながります。日本社会でも様々
な考えを持つ人、障害者、LGBTなど多様な人達がいます。
いや、そういった少し特別と思われる人だけではなく、一人ひとりが皆違うところ
があり、皆何がしらの生きづらさを感じている社会ではないでしょうか?
外国人は「負担」ではなく、むしろ、様々な文化・宗教・習慣を受け入れ共生する
方法を教えてくれる「リソース」ではないでしょうか?
多文化共生とは、単なる外国人との共生ではなく、様々な考えかたや習慣、
事情を持つ人との共生です。生きづらさを持っている人や障害者も含みます。
(人間誰もが何らかの生きづらさを感じているのではないでしょうか)
国際協力や交流に長い経験がある人は、むしろその経験が邪魔して、「いかに外国
人を支援するか」の考えから抜け出ることが困難なことがあるかもしれません。国
際協力/交流の技術が邪魔して知らず知らず自由な発想を邪魔しているかもしれま
せん。
学生一人ひとりが、自分の国際協力/交流の経験をもとに、コミュニティでの多文
化共生に関して「提言」や「実践したいこと、実践していること」を発表していた
だき、またそれを清聴することによって、若者だけでなく、社会人も学ぶことがあ
ると思います。

プログラム:
16:45 受付開始
17:00 開会挨拶・趣旨説明など
17:10 特別ゲスト 堀口雄貴(多国籍寺子屋カサコ共同代表)
17:30 学生たちの発表 9人
19:50 パネルディスカッション(ファシリテーターが代表して質疑含む)
20:15 閉会挨拶・アンケート回収
20:20 終了
(終了後に有志で懇親会を予定しています)