ミャンマー情勢と地雷被害者支援報告

□ ミャンマー情勢と地雷被害者支援報告 □

ミャンマーではかつて政府軍と民族グループの争いの中、多くの地雷が使われまし
た。近年も、ロヒンギャ難民の地雷被害が報告されています。身体障害持つ10人に
1人が地雷被害者と言われているミャンマー東部のカヤー州で、JCBLは地雷被害者
への義足支援を開始しました。
根本敬先生によるミャンマー情勢に関する概要の解説、およびJCBL理事による現地
視察の報告会を開催します。ぜひ、ご参加ください。

■日時:2018年3月20日(火) 19:00〜20:45(18:30受付)
■会場:聖心女子大学4号館 /聖心グローバルプラザ 2階 4-2教室
■交通:東京メトロ日比谷線広尾駅 4番出口から徒歩1分
■地図:http://kyosei.u-sacred-heart.ac.jp/access/
■参加費:一般 500円・学生無料
■プログラム:
・ミャンマー情勢に関する概要の解説(根本敬教授)
・ランドマインモニターの解説(目加田説子JCBL理事)
・ミャンマー・カヤー州の現地視察報告(下田寛典JCBL理事)
・質疑応答
■登壇者:
・根本敬氏
上智大学綜合グローバル学部教授。専門はビルマ近現代史。著書に『物語ビルマの
歴史――王朝時代から現代まで』(中公新書 2014年)、『アウンサンスーチーの
ビルマ―民主化と国民和解への道』(岩波書店 2015年)など多数。
・下田寛典氏
JCBL理事。ミャンマー・カヤー州での地雷被害者支援プロジェクト担当。
■定員:60名
■主催:地雷廃絶日本キャンペーン(JCBL)、アーユス仏教国際協力ネットワーク
■協力:聖心女子大学グローバル共生研究所
■お問合せ/お申込み:地雷廃絶日本キャンペーン(JCBL)
お申し込みフォーム又は、office@jcbl-ngo.org までお名前とご連絡先を明記
の上、お申し込みください。