緊急時の安全な水 5月シェアの会

□ 緊急時の安全な水 5月シェアの会 □

緊急時の安全な水
〜WASH*トレーニングとバングラデシュ南部避難民救援〜
 5月シェアの会

 日本赤十字社医療センターでは、毎月一回「シェアの会」を開催し、海外で救援
・復興・開発事業に携わる際に必要な知識の習得や体験の共有を行っています。来
る5月24日(木)は、「緊急時の安全な水」と題し、研修受講と活動の報告会を開
催します。
 2017年8月25日、ミャンマー連邦共和国 ラカイン州で発生したムスリム系住民
とミャンマー軍との衝突を機に、ムスリム系住民の避難が始まりました。短期間で
多くの人々がバングラデシュへ移動するという人道危機に対応すべく日本赤十字社
(日赤)は、国際赤十字の要請を受け9月16日に5人の先遣隊を急派、以降緊急対応
チームとして医師、看護師らを含む医療チームを現地へ派遣し、現在も活動は継続
しています。
赤澤技士は、チームの技術要員として主に日赤仮設診療所を担当し2018年1月〜約
1か月に渡り活動をしました。緊急時に安全な水を確保することは必須であり、ま
た、診療所運営にも重要な要素です。今回の派遣活動に先駆けインドネシアバン
ドンで開催されたトレーニングに参加する機会がありました。その研修での学びと
、バングラデシュでの活動の実際を報告します。水について学ぶ良い機会です。
シェアの会は、どなたでも参加できますので、皆様お誘い合わせの上、お気軽にお
越し下さい。

*WASH(Water and Sanitation Hygiene Promotion)
 給水・衛生・衛生促進
 記
【日時】平成30年5月24日(木) 午後6時30分〜8時00分
【場所】日本赤十字社医療センター 第2・3会議室
アクセス方法はホームページをご覧ください
http://www.med.jrc.or.jp/index.html
当日は1階守衛室で訪問者カードを受け取り、3階までお越しください
【演題】「緊急時の安全な水 
 〜WASHトレーニングとバングラデシュ南部避難民救援〜」
【演者】日本赤十社医療センター 臨床工学技士 赤澤 真由美

日本赤十字社医療センター 国際医療救援部 担当:苫米地
〒150-8935 東京都渋谷区広尾4-1-22
Tel: 03-3400-1311(内線:2382)
E-mail: imrd@med.jrc.or.jp
URL: http://www.med.jrc.or.jp/