朝鮮学校高校「無償化」裁判と国際人権

□ 朝鮮学校高校「無償化」裁判と国際人権 □

みなさんは、朝鮮学校高校「無償化」問題についてご存知でしょうか。
2010年、日本政府が留保を続けていた社会権規約13条「無償教育の漸進的導入」
につき、ついに留保を撤回し、「高校無償化制度」が始まりました。
「全ての意志ある高校生が安心して勉学に打ち込める社会をつくるため、高等学校
等における教育に係る経済的負担の軽減を図」(文部科学省HP)るという素晴らし
い制度の始まりでした。
この制度は、外国籍の高校生たちも当然対象となっていたのです。しかし、現在、
朝鮮学校に通う高校生たちはその対象から除外されてしまっています。
ヒューマンライツ・ナウは、2010年3月に「高校授業料無償化政策からの朝鮮学校
除外に反対する緊急の要請書」において、日本政府に対し、朝鮮学校のみを除外す
る措置は、憲法および日本が批准している人権条約上の義務に明確に違反する重大
な差別であるため、朝鮮学校を除外することなく、差別なき平等な無償化政策を実
施するよう強く要請しました。
各地で訴訟が進み、一審判決も出揃う中、改めて、朝鮮学校高校「無償化」問題に
ついて、そして国際人権の観点から、民族教育を受ける権利・アイデンティティ教
育を受ける権利について、共に考えてみませんか。
2017年7月28日大阪地方裁判所第2民事部が朝鮮学校高校「無償化」訴訟について
歴史的な勝訴判決を下しました。
本企画には、大阪訴訟弁護団からの報告もあります。
みなさん、ぜひ奮ってご参加ください。
日時/2018年6月27日(水)18時30分〜20時30分(開場18時)
会場/大阪弁護士会館 1205号室 (530-0047 大阪市北区西天満1-12-5)
 京阪電車中之島線 なにわ橋駅 出口1から約5分
 地下鉄・京阪本線 淀屋橋駅 1号出口から約10分
 地下鉄・京阪本線 北浜駅 26号階段から約7分
 JR東西線 北新地駅 約15分
参加費/500円(資料代含む) ※司法修習69期・70期・71期の方は無料です。
<内容>
1 ヒューマンライツ・ナウよりプロジェクト活動の紹介
2 朝鮮学校高校「無償化」裁判と国際人権
 ・朝鮮学校無償化裁判の概要についての報告
 ・朝鮮学校の歴史についての報告
 ・民族教育、アイデンティティ教育についての国連の考え方
 ・日本における民族教育、アイデンティティ教育の現状
3 質疑応答
【お申し込み・お問い合わせ】
メールにてお名前、ご所属(任意)を明記の上、6月22日(金)までにお申し込
み下さい。
 hrn-kansai@hrn.or.jp (ヒューマンライツ・ナウ関西グループ)
<主催> 認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ
※チラシ(会場地図有)は以下からダウンロードできます。
2018年新人歓迎企画(朝鮮学校高校無償化)