ドミニカ共和国のマイノリティの現状を変える

□ ドミニカ共和国のマイノリティの現状を変える □

7月28日(土)に実施する第12回「ドミニカ共和国のマイノリティの現状を変える
。〜マイクロファイナンスによる聴覚障害者の自立を目指して〜」のご案内をさせ
ていだたきます。
今回お招きするのは、ドミニカ共和国でマイクロファイナンスを利用し、ドミニカ
共和国の聴覚障害者の自立を支援する活動をしている廣瀬芽里さんです。
ご自身も聴覚障害をお持ちである廣瀬さんは、短大卒業後、一般企業に就職。28
歳の時に、手話の学校を東京で設立され、外国語手話を学べる環境を作られました
。その後、アメリカでの留学経験から、国際支援をしたいということで、青年海外
協力隊に応募され、ドミニカ共和国にて、ろう学校の教師として活動されていまし
た。
青年海外協力隊から戻られた後、日本で、「Yes, Deaf Can!」を立ち上げられます
。ドミニカ共和国の成人のろう者のためにマイクロファイナンスのサービスを提供
することを目的としています。
ドミニカ共和国の聴覚障害者に対する社会参加は、非常に難しい状況です。聴覚障
害者向けの職業訓練校もありますが、訓練校を卒業しても、必ずしも、就職先があ
るとは限りません。
自分で事業を行うにしても、今度は資本がありません。
やる気と技術があっても、資本がハードルになり社会参加を阻むことになります。

そんな現状を打破するために、マイクロファイナンスという、少額のお金の貸付等
の金融サービスを成人のろう者に提供しようと活動されているのが、
「Yes, Deaf Can!」になります。
今回、様々な経験をされている廣瀬さんから、現在活動している「Yes, Deaf Can!
」の活動、青年海外協力隊時代の活動、青年海外協力隊後に関わられたドミニカ共
和国の職業訓練校での現状などについて、お話を聞く機会を得ることができました
!ドミニカ共和国という国に興味のある方、マイクロファイナンスに興味のある方
、途上国での聴覚障害者、マイノリティの置かれている現状に興味のある方、途上
国の教育現場に興味のある方、青年海外協力隊の活動に興味がある方、上記キーワ
ードに該当しない方も、皆様のご参加をお待ちしております。

◆イベント概要◆
日時:2018年7月28日(土)15時〜17時00分(若干の変動の可能性があります。)
イベント後、懇親会も予定しております。(イベント終了後〜19時まで)
懇親会では廣瀬さんや他の参加者の皆様との歓談のよい機会となります。
名刺等があると交流に役立ちますのでぜひご用意ください。
場所:五反田Vacancy本館 東京都東京都品川区大崎4-1-7
 (懇親会はそのまま同じ場所で実施いたします。)
参加費: 1,000円(今回も五反田Vacancyさんにご厚意でお貸しいただきます。懇親
会に参加されるかたは別途1,000円頂戴いたします。)
応募方法:下記リンクからご登録ください。(締切: 7月27日(土))
https://goo.gl/forms/6V55EYts0khDJzT72
facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/1847168658638181/
事務局:Q’s カフェ (担当:佐藤)

◆ゲスト◆
廣瀬芽里【Yes, Deaf Can!】
短大卒業後、一般企業に就職。28歳の時に、手話の学校を東京で設立。アメリカ
での留学経験後、2013年1月から2年半、青年海外協力隊としてドミニカ共和国に
てろう学校の教師として従事。2015年、Yes, Deaf Can!を設立。
日本でも日本各地での講演や、イベントやプロジェクトの企画・運営等に従事。