核なき世界へ向けて−被爆国の役割を考える―

□ 核なき世界へ向けて−被爆国の役割を考える― □

核兵器廃絶日本NGO連絡会は、9月24日(月・祝)に「核兵器の全面的廃絶のため
の国際デー」記念イベントとして以下の行事を行います。9月19日(水)までに
こちら(http://pr4.work/0/sep24)からお申し込みください。ただし先着順で
定員となりしだい締め切ります。
ウェブサイト:
【9/24】核なき世界へ向けて-被爆国の役割を考える
日時:2018年9月24日(月・祝)16:00開場、16:30〜19:00
場所:明治大学駿河台キャンパス リバティホール(リバティタワー1階)
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
「御茶ノ水」駅徒歩3分、「新御茶ノ水」駅徒歩5分、「神保町」駅徒歩5分
主催:核兵器廃絶日本NGO連絡会
共催:国連広報センター
協力:ヒバクシャ国際署名連絡会

開催趣旨:
昨年7月7日に国連で核兵器禁止条約が採択され、9月20日に署名開放されて以来、
1年がたちました。同条約をめぐり、それに賛成する国と反対する国との間では、
依然として立場に大きな隔たりが見えます。また、グテーレス国連事務総長は本年
5月、新たな軍縮アジェンダを発表しました。こうした中、日本を始め各国政府や
国連には何が求められているのでしょうか。また、唯一の戦争被爆国である日本の
市民一人ひとりに何ができるでしょうか。国連が定める「核兵器の全面的廃絶のた
めの国際デー」(9月26日)を前に考えます。