Global Media Camp in ベナン

□ Global Media Camp in ベナン □

「将来の夢? 肌が白くなりたいな」。これは、西アフリカ・ベナンの農村を取材
していたとき、子どもたちから直接聞いた言葉です。

ganasが2019年春に主催する取材プログラム『Global Media Camp』のなかで、一
番大きな衝撃を受けるであろう国がベナンです(他の開催国はインド、コロンビア
、タイ)。そんなベナンを語るうえで絶対に外せないのが奴隷貿易の歴史。ご存知
ですか? ベナン初の小説のタイトルが「奴隷」だということを。フェリクス・ク
ショーロが1929年にフランス語で著したものです。
『Global Media Camp in ベナン』で取材拠点となるのがベナン最大の都市コト
ヌー。その近郊には奴隷貿易の港町だったウィダがあります。フランスが支配する
前の黒人国家であるダホメ王国は自ら奴隷狩りをし、奴隷を売り、そのもうけで繁
栄しました。
アフリカ最大の水上集落であるガンビエもまた、コトヌー郊外にあります。関西テ
レビの番組「世界の村のどエライさん」(2018年3月5日放送)でも紹介されたこ
とから、聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。「アフリカのベネチ
ア」と美しく形容される半面、その歴史は奴隷と密接にかかわっていることをご存
知ですか?ガンビエは、奴隷狩りから逃れた人たちが作った村なのです。
ちなみにコトヌーとは、フォン人(ベナンの主要民族)の言葉で「死の川の河口」
という意味。こんな地名が残っていること自体、ベナンの歴史の悲哀さを物語って
います。
興味深いのは、売られて大西洋を渡った奴隷(フォン人ら)の末裔が、黒人による
世界初の共和制国家ハイチの独立(1804年)を勝ち取ったことです。この時代、
奴隷による反乱は世界で数多く起こりましたが、おそらく唯一の成功例です。「
ハイチ建国の父」のひとりであるトゥーサン・ルーヴェルチュールはフォン人。ル
ーヴェルチュールの父は、ハイチの農園主に売られた奴隷でした。
こうした負の歴史を乗り越えてきたのがベナンです。いまや西アフリカの民主国家
のモデル国として評価されるようになりました。ですが一方で、なおも旧宗主国の
フランス、東隣の強国ナイジェリア、そして近年は中国(最大の貿易相手国)の影
響に強くさらされ続けているという現実も。ベナンは人口1000万にも満たない、
「地球の歩き方」も出版されていない“マイナーな国”かもしれません。メディア
や教科書に取り上げられることもほぼないです。けれども本当の世界を知りたかっ
たら、こういった国にこそ注目する価値があると思いませんか?

■『Global Media Camp in ベナン』の概要
◎場所:ベナン・コトヌー
◎期間:2019年3月6日(水)〜3月15日(金)
*2019年3月6日に現地集合、3月15日に現地解散、9泊10日の現地研修プログラム
◎料金:一般20万4800円、学生18万4800円
*渡航費、宿泊費(推奨ホテルあり)、ビザ代(8000円)、黄熱病の注射代、保険
代は含みません
*含まれるもの:講習費、取材先への移動費、通訳の費用、その他取材費用、食事
代(朝、昼、夕。ただし飲み物は除く)
*特典として、2019年春の「グローバルライター講座(東京)」(5万円相当)や
「77日記者研修」(5万8000円相当)に無料参加できます
◎〆切:2019年2月6日(水)
*2019年1月7日(月)までのお申し込みは「早割」として1万円割引
*ご友人同士で申し込むとそれぞれに1万円キャッシュバック! 早割との併用も
可能です!
◎定員:最大8人程度(先着順)、最少開催人数4人程度
◎事前研修:2019年3月初めまたは2月中旬を予定(1回で8時間程度)
*場所は東京・市ヶ谷のJICA地球ひろばを予定
◎報告会:2019年5〜6月を予定(希望者のみ)
◎講師:長光大慈(ganas編集長)
◎コーディネーター:内藤獅友(NPO法人AYINA副代表、ベナン・コトヌー在住)
◎詳細: https://www.ganas.or.jp/news/20181102gmcbenin/
◎主催:特定非営利活動法人開発メディア(NPOメディア「ganas」の運営団体)
◎問い合わせ先:devmedia.ganas@gmail.com
◎詳しい説明資料:http://qq4q.biz/N5AD
◎『Global Media Camp』参加規約:http://qq4q.biz/N5EY
◎申し込み方法:お問い合わせいただければ申込書をお送りいたします。下のURL
をクリックしてもダウンロードできます。ご家族とご相談のうえ、記入した申込書
をメールでお送りください。
http://ur0.work/NbaA

■『Global Media Camp in ベナン』の基本的なスケジュール(予定)と取材先
候補
3/ 6(水)集合
3/ 7(木)午前:取材、午後:記事の執筆、フィードバック
3/ 8(金)午前:取材、午後:記事の執筆、フィードバック
3/ 9(土)午前:取材、午後:記事の執筆、フィードバック
3/10(日)終日:記事の執筆、フィードバック
3/11(月)午前:取材、午後:記事の執筆、フィードバック
3/12(火)午前:取材、午後:記事の執筆、フィードバック
3/13(水)午前:取材、午後:記事の執筆、フィードバック
3/14(木)終日:記事の執筆、フィードバック、夜:フェアウェルパーティー
3/15(金)ふりかえり、解散
下のような取材先を候補として考えています(ご希望があればお気軽にお問い合わ
せください)。
↓↓↓
社会活動家、起業家、テイラー(仕立屋)、家事労働者、アートショップの店主、
美容師、大学生、ブードゥー教をはじめとする宗教施設、教師、NGO、農村、ア
フリカ最大の水上集落ガンビエなど多数。