ナースが学ぶ国際活動に役立つ産科の知識

□ ナースが学ぶ国際活動に役立つ産科の知識  □
2月 シェアの会
日本赤十字社医療センターでは、毎月一回「シェアの会」を開催し、海外で救
援・復興・開発事業に携わる際に必要な知識の習得や体験の共有を行っています
。来る2月28日(木)は、「ナースが学ぶ国際活動に役に立つ産科の知識」と題し
て当センター 冨澤 真紀 助産師による講習を行います。
国際救援の現場では、限られた資源をフルに活用して対応を迫られる事態が多
々発生します。医療チームで活動をする場合でも助産師が常に存在するとは限り
ません。また地域保健の活動でも母子保健分野に課題を抱えることもあります。
チームの、また要員の限界を理解した上で安全なサービスを提供することは大切
ですが、看護職として習熟しておくべき産科領域の知識を磨くことも必須と考え
ます。そこで、バングラデシュ南部避難民保健医療支援事業で活動した冨澤助産
師から、現場で必要とされる知識を伝えてもらいます。
シェアの会は、どなたでも参加できますので、皆様お誘い合わせの上、お気軽に
お越し下さい。

【日時】平成31年2月28日(木) 午後6時30分?8時00分
【場所】日本赤十字社医療センター 第2・3会議室
アクセス方法はホームページをご覧ください
http://www.med.jrc.or.jp/index.html
当日は1階守衛室で訪問者カードを受け取り、3階までお越しください
【演題】「ナースが学ぶ国際活動に役に立つ産科の知識」
【演者】 日本赤十字社医療センター 助産師 冨澤 真紀
【主催】 国際医療救援部

日本赤十字社医療センター 国際医療救援部 担当:苫米地
〒150-8935 東京都渋谷区広尾4-1-22
Tel: 03-3400-1311(内線:2382)、E-mail: imrd@med.jrc.or.jp
URL: http://www.med.jrc.or.jp/