観光の前後に学びを!タイ取材プログラム(社会人)

□ 観光の前後に学びを!タイ取材プログラム(社会人) □
ご要望を受け、社会人限定の「Global Media Camp 4日間コース」を急きょ作りま
した!場所はタイのバンコクです。期間は、3月26日(火)夜から3月29日(金)
夜までの3泊4日。年度末にお休みをとられる社会人の方、タイを観光するついで
に、その前後に記者になってみませんか? 通訳(英語・日本語⇔タイ語)をつ
けるので取材もしやすいです。観光大国タイの裏側をのぞけるうえ、お手軽に海
外で記者体験できる社会人限定コースです。
■『Global Media Camp in タイ(社会人限定4日間コース)』の概要
◎行き先:タイ・バンコク
◎期間:2019年3月26日(火)?3月29日(金)
*3月26日の夜に現地集合、3月29日の夜に現地解散、3泊4日
◎料金:社会人9万4800円
*渡航費(LCCがたくさん飛んでいます)、保険代は含みません
*含まれるもの:講習費、取材先への移動費、通訳の費用(英語が通じない取材先
の場合)、その他取材費用、宿泊代(3月26?28日の3泊分)、食事代(朝、昼、夕
。飲み物は除く)
*特典として、2019年春の「グローバルライター講座(東京)」(5万円相当)に
無料参加できます(ちょっとしたお手伝いをお願いします)
◎〆切:2019年2月28日(木)
*ご友人同士で申し込むとそれぞれに1万円キャッシュバック(参加費1万円以上の
ganas主催プログラムに初めて参加する方が対象)!
◎定員:最大4人(先着順)、開催決定済み
◎事前研修:3月4日(月)
*場所はソーシャルビジネスラボ(東京都中央区日本橋蛎殻町1-21-6)
◎報告会:2019年5?6月を予定(希望者のみ)
◎主催:特定非営利活動法人開発メディア(ganasの運営団体)
◎問い合わせ先:devmedia.ganas@gmail.com
◎プログラムの詳細:https://www.ganas.or.jp/new
s/20190206gmcshort/
■『Global Media Camp in タイ(社会人限定4日間コース)』の基本的なスケジ
ュール(予定)
3/26(火)夜、到着
3/27(水)午前:取材、午後:記事の執筆
3/28(木)午前:取材、午後:記事の執筆
3/29(金)午前:取材、午後:記事の執筆、夜:フェアウェルパーティー、終

*『Global Media Camp in タイ』の通常プログラムの概要はこちら。
■『Global Media Camp』に参加すると得する3つの理由
1)途上国を取材できる!
‥‥『Global Media Camp』は途上国を本格的に取材できる唯一
のプログラムです。スタディツアーのように、担当者からレクチャーをひたすら受
けるのではありません。参加者自らが自由に質問します(基本は英語を使って取材
します)。取材は、その国のことを短期間で少しでも深く、また多角的に知る手段
のひとつ!
2)スキルアップできる!
‥‥『Global Media Camp』では新しい体験をするだけではあり
ません。ネタ(良い点、悪い点、ユニークな点)や視点(切り口)を見つける力、
情報を引き出すために質問する力、物事を掘り下げる力、要点をまとめる力、伝わ
る文章を書く力など“一生モノのコミュニケーションスキル”の向上を目指します
。各回の参加者は8人程度に絞っているため、ganas編集長からマンツーマンでフィ
ードバックを受けられます。頑張った実績として、現地取材をベースにした「署名
記事」が残ります。記事には1000以上の「いいね!」がつくことも(ステレオタイ
プでない記事の発信にも意義がありますよね)。
3)途上国を「複眼の視点」で見られる!
‥‥「途上国=貧困 or 幸せ」などと決めつけていいのでしょうか? 物事に対す
る見方は立場によってさまざま。『Global Media Camp』では複眼の視点で物事を
とらえる方法を学びます。世の中には自分が知らないこと、自分自身で無意識に決
めつけてしまっていることがたくさんあります。取材も含め、現地の人と話す時間
をたっぷりとっていますので、疑問を直接ぶつけてみてください。脱ステレオタイ
プを目指しましょう。
*過去25回の開催実績をもつ『Global Media Camp』はアウト
プット重視のプログラムです。アウトプットにこだわる理由は、話を聞くだけでは
知識の定着率はわずか5%ですが、他人に教えた(伝えた)場合は90%に上るとい
う研究があるからです。20歳を超えたらアウトプット中心の学びに切り替えない
限り、インプットしたことは頭に残らず、経験として積み上がりません。自己成
長につながるのはアウトプットだと考えています。
■タイ(バンコク)のここが魅力・興味深い!
?かつての民主主義国家が2014年からASEANで唯一の軍事独裁政権に。
?国民から尊敬を集めたプミポン国王(ラマ9世)が2016年に崩御し、長男のワチラ
ロンコーン新国王が誕生。ただプレイボーイであることから、国民の間で人気は
低い。ただタイには不敬罪があり、批判はご法度。
?タイ・バンコクには国連機関や国際NGOが集まる。
?タイは世界で17番目に移民を受け入れている国。その数は約360万人。アジアでは
インド(約520万人)に次ぐ2位。
?世界屈指の親日国家。タイの小説「メナムの残照」は、戦時中のタイ人女性と日
本兵の愛を描き、根強い人気を誇る。登場人物のコボリ(小堀)は“タイで最も有
名な日本人のひとり”。
?1人当たりのGDPは約1万ドル(約113万円)と“途上国卒業”が間近にもかかわら
ず、依然として“風俗大国“のまま。
?タイは日本人にとって東南アジアの拠点。とりわけバンコクには駐在員やその家
族、留学生ら10万人の日本人が暮らすといわれる。