『グローバルライター講座』(第11期)参加者募集!

□ 『グローバルライター講座』(第11期)参加者募集! □
『グローバルライター講座』は、「伝わる書き方」と「途上国」を同時に学べる、
日本でオンリーワンの一挙両得の講座。定員を超えるほど毎回大好評で、これまで
10回開講してきました。延べ参加者は300人以上です。
社会人のこれまでの受講生は、開発関係者、コンサル会社やメーカーなどの会社員
、NGO職員、メディア関係者、医師、看護師、青年海外協力隊員(現役、OB・OG、
これから派遣される人)、広報担当者、途上国が好きでたまらない方などさまざま
。学生の受講生のなかには『グローバルライター講座』を経て、NHKや共同通信、
TBS、大阪毎日放送などに就職した人もいます。
『グローバルライター講座』では、週に1回(全8週)の「1時間45分の講義・ワー
クショップ」に加えて、「途上国・国際協力」を題材にした記事(メディアの文章
)を書く課題を毎週出します。期限通りに提出していただいた記事はすべて、講師
(主にganas編集長)が個別にアドバイス付きで添削します。
『グローバルライター講座』には下の3つのコースがあります。
?東京・市ヶ谷のJICA地球ひろばで受講するコース=首都圏在住者向け
?スカイプを利用して受講するコース=首都圏以外の国内在住者向け
?メールでやりとりするコース=途上国在住者向け
【各コースの日程・内容(予定)・場所】
■JICA地球ひろばのコース
・第1回:5月8日(水)19:00?20:45
「伝わる文章」と「伝わらない文章」の違い。終了後に教室の中で30分程度の懇
親会(20:45?21:15)
・第2回:5月15日(水)19:00?20:45
参加者が書いた見出し&リードのフィードバック、2段落目以降の書き方
・第3回:5月22日(水)19:00?20:45
伝わる文章を書くための「3つの要素」、参加者が書いた記事のフィードバック
・第4回:5月29日(水)19:00?20:45
伝わる文章を書くための「3つの要素」の続き、スルッと読ませる段落構成、参加
者が書いた記事のフィードバック
・第5回:6月5日(水)19:00?20:45
模擬記者会見、ブレインストーミング
・第6回:6月12日(水)19:00?20:45
「クリックしたくなる見出し」と「無視される見出し」、参加者が書いた記事のフ
ィードバック
・第7回:6月19日(水)19:00?20:45
伝わる文章のマル秘テクニック、参加者が書いた記事のフィードバック
・第8回:6月26日(水)19:00?21:15
伝わる文章のマル秘テクニックの続き、過去8回のまとめ
■スカイプを利用するコース
*日時:5月9日(木)、5月16日(木)、5月23日(木)、5月30日(木)、6月6日
(木)、6月13日(木)、6月20日(木)、6月27日(木)の19:00?20:45または21:
00?22:45。
■メールベースのコース
*日時:5月8日にスタートします。メールまたはメッセンジャーで1週間に1度の
やりとり。
*留意事項:講義・ワークショップはありません(録画をご覧いただくことは可能
)。講師が課題を出し、受講者がそれを提出する形で進めます。後半は記事を毎週
提出していただき、講師がそれを添削します。
【グローバルライター講座の5大メリット!】
?「伝わる書き方」と「途上国・国際協力」を同時に学べる!
?書いた記事は個別に100%添削してもらえる!
?優秀でやる気があればganasの記者になれる!
?途上国を取材するプログラムに2万円引きで参加できる!
?伝わる書き方はESにも役立つ!
【費用】
・社会人:5万円
・大学生、大学院生、専門学校生:3万5000円
*4月10日(水)までに申込書を送付し、ご入金いただいた方は「早割」として
5000円割り引きます。
【定員・締め切り】
・JICA地球ひろば:22人
・スカイプ利用:10人
・メールベース:5人
*締め切りは4月24日(水)。5000円お得な「早割」は4月10日(水)まで。
【主催】
特定非営利活動法人開発メディア(途上国・国際協力に特化したNPOメディア「
ganas」の運営団体)
【応募方法】
下記のアドレスにご連絡ください。申込書をメールいたします。
特定非営利活動法人開発メディア宛 devmedia.ganas@gmail.com
*グローバルライター講座の詳細はこちら
⇒https://www.ganas.or.jp/news/20190209gwc