グローバルヘルス学習会『薬は誰のもの?』

□ グローバルヘルス学習会『薬は誰のもの?』 □
・ドキュメンタリー映画『薬は誰のものか -エイズ治療薬と大企業の特許権』
を観て「薬のコスト」について一緒に考えましょう!!
・イベント内容
薬にも「特許」があります。映画前半は、南アフリカ政府と製薬会社のエイズ薬
の特許をめぐる裁判を描いています。(裏面をご覧ください)
映画の原題『fire in the blood』(インド、2013年製作)
日本語版制作:
(特活) アジア太平洋資料センター(PARC)/2017年そして今、東アジア経済協
定(RCEP)などの貿易協定において、その特許期間をめぐる攻防が行われていま
す。私たちの健康に欠かせない医薬品と世界貿易。「薬のコスト」をどう考える
べきかに立ち戻りながら一緒に考えてみませんか。
とき:2019年6月8日(土)14:00?16:30
ところ:アジア保健研修所(AHI)(名鉄豊田線「黒笹」下車 徒歩15分)
・プログラム
1)映画上映 (約90分)
2)質疑応答・意見交換 (約45分)
・コメンテーター
西尾彰泰さん(岐阜大学保健管理センター教員)
樋口倫代さん((一社)Bridges in Public Health代表)
・参加費:700円
・定員20名・要申し込み(6月7日まで)
・共催:一般社団法人 Bridges in Public Health
公益財団法人 アジア保健研修所(AHI)
・申込:アジア保健研修所研修所(AHI)担当 林
tel:0561-73-1950
fax:0561-73-1990
e-mail:info@ahi-japan.jp