釧路の湿地が国際協力の舞台に  −JICAの研修を

□ 釧路の湿地が国際協力の舞台に  ?JICAの研修を □
JICA北海道(帯広)では、十勝のみならず道東と呼ばれる広いエリアを管轄しており
、その中でも釧路には日本最大の釧路湿原があり、湿地を活用した環境保全や防災
減災に関連した研修を毎年実施しています。身近にある湿地が途上国の課題解決の
場所として活用されていることを知っている道東の方は、残念ながらまだ少ないの
が現状です。今回のイベントは、釧路を中心とした道東地域がどのようにJICA研修
に組み込まれているか、また研修員がどこを視察しているのかを、地域のみなさま
にも知ってもらうことを目的としています。
日時
2019年9月21日(土)
第1部 10:00-12:00 (受付開始 9:40)
第2部 13:15-16:00 (集合 13:00)
プログラム(プログラムは二部構成になっています)
第一部 10:00-12:00(申込不要 当日参加歓迎!)
守ろう!地球の自然 -JICAの仕事ってなんだろう?-
JICA地球環境部 齋藤大輔
日本の技術でイランの湿原を再生 -JICAプロジェクトの役割-
日本工営 青木智男
ザリガニの目から見る釧路湿原
NPO法人 環境把握推進ネットワークPEG 照井滋晴
第二部13:15-16:00(先着20名ツアー申込締切:9月16日)
ミステリー湿地バスツアー -JICA研修を疑似体験- (少雨決行)
場所
釧路市中央図書館7階多目的ホール 他(釧路市北大通10丁目2?1)
アクセス
徒歩:JR釧路駅から約8分
バス:くしろバス「中央図書館・道銀前」バス停留所下車
申込&問合せ
第一部 申込不要 当日参加歓迎
第二部 9月16日までに下記のメール宛か、電話で参加申込み希望者の「お名前」
と「人数」をお知らせください。先着順です。
JICA北海道(帯広)石田
電話:0155-35-1210
E-mail: jicaobic@jica.go.jp