AAR新型コロナウイルス緊急支援オンライン報告会

□ AAR新型コロナウイルス緊急支援オンライン報告会 □

AAR新型コロナウイルス緊急支援第3回オンライン報告会
「ミャンマーの障がい者が見つめる今とこれから?20年にわたる活動の現場から
?」

新型コロナウイルスの感染拡大が世界規模で続いています。
ミャンマーも例外ではなく、新型コロナウイルスの影響を受け、障がい者を取り
巻く環境が一層厳しくなっています。
AARは2000年よりミャンマーのヤンゴンで障がい者のための職業訓練校を運営する
ほか、2001年からは障がい児へのリハビリや教育支援を提供しています。コロナ
禍により職業訓練校の卒業生が経済的に苦境に立たされているほか、支援する障
がい児の家庭の多くが日雇いの仕事を失うなど、生活に困窮しています。
報告会では、ヤンゴン事務所駐在員と現地職員をオンラインでつなぎ、AARが行う
緊急支援活動についてご報告するほか、現地の障がいのある方々の現状や今後の
展望についてお話しします。
20年にわたる活動を通じて、AARがミャンマーの障がいのある方々とともに目指す
社会とは。多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

日時 2020年7月15日(水)午後7時―午後8時
参加費 無料
定員 490名(先着順、要事前申し込み)
※申し込み締め切り:7月14日(火)午後6時
手話通訳とUDトーク(自動字幕)つきです。
お申し込みはこちらから。
https://www.aarjapan.gr.jp/join/event/2020/0715_2983.html

報告会内容:
・AARの紹介
・新型コロナウイルス緊急支援報告
・質問受付

報告者プロフィール
大城 洋作 (AARミャンマー・ヤンゴン事務所駐在員)
民間企業で勤務後、世界一周の旅へ。帰国後2014年4月にAARに入職し、2015年2月
より約3年間、ラオス駐在員として障がい者支援に携わる。2018年4月より現職。
「新たな人生を切り拓こうと励む障がい者の方々の姿に、元気をもらっています」
。沖縄県出身