コロナ禍で最も弱い人を支えるーアジアのNGO報告

□ コロナ禍で最も弱い人を支えるーアジアのNGO報告 □

オンライントーク
「コロナ禍で最も弱い人たちを支える」ーアジアのNGOからの報告
日時: 9月21日(月・祝)15:00?17:00
申込:https://www.kokuchpro.com/event/a777620fa0e45b3d6ea838ae9bae760d/
申込締切:2020年9月20日23時 59分
参加費:無料
定員:70名(要申込、先着順)

世界を覆う新型コロナウイルス感染の中で、一層困難な状況におかれた人たち。
彼らをどう支え、人びと自身の動きをどう作るか。以前にAHIの研修に参加した
2人がネパールとパキスタンから報告します。(逐次通訳つき)

*ビーナ・シリワルさん(2004年度国際研修参加)
ネパール西部のポカラに拠点を置くNGOコピラ・ネパール代表。
(コピラは、ネパール語で「つぼみ」の意味)
精神疾患などのため、社会的に孤立している当事者やその家族のための自助グル
ープを作り互いに悩みを話せる場を作ってきました。

*ザヒール・アバスさん(2019年度国際研修参加)
パキスタン北部イスラマバードに拠点をおき、中部パンジャブ州で活動するNGO・
RASTI(Research Advocacy and Social Training Institute) 所属。
地域で住民のグループを作り、そこを拠点に子どもの権利などの啓発活動を行い、
鉱山で働く児童労働の問題に取り組んできました。

*佐藤光さん 2人の発表を受け、コメントしていただきます。
元AHI事務局長。医師。2009年より長崎大学でアジアアフリカなどからの学生を含
む医学公衆衛生大学院プログラムを2018年まで担当。その後は、長崎県内の離島
診療所での診療に携わる。

詳細はAHIのホームページで
https://ahi-japan.jp/press/001-9/