「現場から考える国際開発協力」ワークショップ

□ 「現場から考える国際開発協力」ワークショップ □

10月より約三ヶ月にわたり、JICA(独立行政法人国際協力機構)と横浜国立大学によ
る合同ワークショップ「現場から考える国際開発協力」 を開催することになりま
した。つきましては、参加学生を募集いたします。
本講座は、国際開発協力という事象を、多様な「当事者」の視点に立って縦横無尽
に捉え、合意形成を導くために不可欠な、「複眼的な視点」を獲得することを目的
とするものです。
コロナ渦にて途上国のリアルな現場に出ることが難しいなかではありますが、多様
な課題を抱える現実の開発途上国(今年はスリランカ)を舞台として、JICA現地事
務所等の協力も得て、リアルタイム・オンラインにて、インターカレッジで全国か
ら集まる学生らによるグループ等を通じた「現場から考える」ロールプレイを行い
ます。

応募資格や応募方法、プログラムなどの詳細は、下記のJICAのHPをご覧くだ
さい。
https://www.jica.go.jp/yokohama/topics/2021/210915.html

応募〆切は10月06日17時となっております。ふるってご応募ください。
参加費は無料です。

横浜国立大学 国際社会科学研究院
小林誉明