10/13世界の医療団のロヒンギャ難民支援

□ 10/13世界の医療団のロヒンギャ難民支援 □

オンライン活動説明会「ロヒンギャ難民コミュニティ支援プロジェクト 現地(バ
ングラデシュ)からのライブ報告会」

私たちの活動をより深く知っていただくために、毎月1回活動説明会をオンライン
(ZOOM)で定期的に開催中。今回は「ロヒンギャ難民支援プロジェクト」につ
いてバングラデシュより担当職員がお話します。

日時:2022年10月13日(木)19時00分-20時00分 *18時50分より入室できます
参加費:無料
対象:どなたでもご参加いただけます
お申込み:下記のページのお申込みフォームにご記入のうえ送信してください。
https://www.mdm.or.jp/news/23064/
*ZOOMの参加URLはお申込時にお知らせいただくメールアドレス宛に、イベント当日
までにご連絡差し上げます。

<プログラム>
● 世界の医療団 日本の紹介
● Monthly Topic
「ロヒンギャ難民コミュニティ支援プロジェクト 現地(バングラデシュ)からの
ライブ報告会」
世界の医療団 プロジェクトコーディネーター 中嶋秀昭
●あなたにできること

<登壇スタッフ紹介>
中嶋 秀昭/新聞記者等を経て、NGO職員・JICA専門家として内戦下のネパール、
スリランカ北部、インドネシア(アチェ)、リベリア、南スーダン、パキスタン等
に駐在、主に(母子)保健関連の支援事業を監理。2020年、世界の医療団日本に
入職。
<ロヒンギャ難民コミュニティ支援プロジェクトについて>
世界の医療団は、ロヒンギャ難民危機が生じた2017年に難民キャンプにて基礎的
医療へつなぐ活動を開始。以降キャンプとホストコミュニティにおいて、現地ニー
ズに即した医療支援を続けてきました。今なおロヒンギャの人々はミャンマー帰
還に向けた国際情勢に翻弄され、基本的人権の保障や国籍さえもないままキャンプ
生活を送っています。ロヒンギャの人々とともにあることを第一に、健康への権利
を有するという認識を彼ら自身に深めてもらい、そして心身の健康を維持できるよ
う今、私たちができることに取り組んでいます。
プロジェクトページは下記
https://www.mdm.or.jp/project/20639/
今回はプロジェクト担当職員が現地から最新の情報をお届けします。

<お問い合わせ先>
〒106-0044 東京都港区東麻布2-6-10麻布善波ビル2F
世界の医療団
特定非営利活動法人 メドゥサン・デュ・モンド ジャポン(認定NPO法人)
TEL: 03-3585-6436
Email: mdm-event@mdm.or.jp