5/12「新型コロナが映す いのちの格差」上映会

□ 5/12「新型コロナが映す いのちの格差」上映会 □

コロナ禍を一過性の悲劇に終わらせず、今後の新たなパンデミックに備えるために
、私たちはここ数年の経験から何を学ぶべきでしょうか。G7保健大臣会合が長崎
で行われるにあたり、ドキュメンタリー「新型コロナが映すいのちの格差―公正な
医療を求める世界の市民社会」を上映し、広く知的財産権とパンデミック予防・備
え・対応のかかわりについて学生や市民の皆さんと考えていきたいと思います。

日時:5月12日(金)午後6時30~8時30分
場所:長崎大学 坂本キャンパス グローバルヘルス総合研究棟 大セミナー室
https://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/access/sakamoto1/index.html
(長崎市坂本1-12-4)
主催:新型コロナに対する公正な医療アクセスをすべての人に!連絡会
対象:一般・学生・医療関係者・国際協力関係者
定員:80名
参加費:無料
申し込み:
下記フォームにご記入のうえ送信してください。
https://forms.gle/iMN2j7PAxfiUP5k58
問い合わせ先:小泉尊聖
(「新型コロナに対する公正な医療アクセスをすべての人に!連絡会」事務局
アフリカ日本協議会)
ajf.globalhealth@gmail.com 070-4107-4260

プログラム
18:30~18:35 はじめに 稲場雅紀 新型コロナに対する公正な医療アクセスをす
べての人に!連絡会代表(長崎大学非常勤講師)
18:35~19:20 「新型コロナが映すいのちの格差」上映
19:20~19:30 公正な医療アクセスを求める動き 金杉詩子 国境なき医師団日本
アドボカシーマネージャー
19:30~19:45 海外の市民社会の声 クルト フリーデル NGOフンダシオン ウエス
ペデ代表(アルゼンチン)
19:45~20:25 パネル・ディスカッション&会場参加者との質疑応答
共同ファシリテーター:山本太郎、稲場雅紀 パネラー:金杉詩子、クルト フリ
ーデル
20:25~20:30 おわりに 山本太郎 長崎大学熱帯医学研究所国際保健学分野
主任教授

連絡先
「新型コロナに対する公正な医療アクセスをすべての人に!連絡会」事務局 アフ
リカ日本協議会
〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル3F
電話:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903
E-mail:ajf.globalhealth@gmail.com