第3回持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム

□ 第3回持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム(ISAP2011) □

2012年にリオデジャネイロで開催される国連持続可能な開発会議(Rio+2
0)に向けて、「持続可能な開発」について国際社会の関心が高まりつつある中、
「東日本大震災の教訓〜Rio+20につなぐアジア太平洋からの新たな視点」を
テーマに掲げ、公開で発表・討議を行います。

1日目は、東日本大震災に焦点を当て、気候変動や自然災害の側面から、
政治的・社会的システムの回復力や今後の展望について検討を行います。
2日目は、Rio+20の主要なトピックとなる「持続可能な開発のためのガバナ
ンス」と「グリーン経済」について、アジア太平洋の視点から議論を行います。

日時:2011年7月26日(火)9:30〜17:30/7月27日(水)9:
30〜18:00
場所:パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい)
主催:IGES、国連大学高等研究所
参加費:無料
使用言語:日本語・英語(同時通訳付、一部会場は英語もしくは日本語のみ)
申込締切:2011年7月15日(金)(事前申込要)

参加申込及び詳細はこちら:
http://www.iges.or.jp/jp/news/event/isap2011/index.html