途上国に詳しい記者になろう!『77日記者研修』

□ 途上国に詳しい記者になろう!『77日記者研修』 □

コロナで日本にいても途上国に詳しい記者になろう!『77日記者研修』(第13期)
、参加者募集

国際協力NGOや国際機関の職員、途上国の問題解決を目指す起業家などを取材し、
記事を書き、発信するプログラム。
新型コロナの影響で、途上国に行きたくても行けない若者にもってこいの内容。日
本にいても、途上国・国際協力の知識と取材・記事執筆スキルを高める方法はあり
ます。77日間のオンライン集中型プログラム。今回が13期目。

【77日記者研修の7大メリット】
1)ganas編集長からマンツーマン指導を受けられる!
視点のもち方、ネタの見つけ方、取材先の探し方、取材依頼の方法、取材の仕方、
記事の書き方などについて、ganas編集長から懇切丁寧な指導を受けられます。“
なんちゃって記事”ではなくて、プロが書くようなスタイルの記事が書けるように
なります(ただし努力は必要です)。メディア志望の方、発信力を高めたい方に最
適。
2)キーパーソンを取材できる!
国際協力のさまざまな分野のキーパーソンを取材できます。グローバルな知識が深
まるのはもちろん、物事にはいろんな見方があることも実感できます。まずはオン
ラインイベントを取材してみましょう(やり方はお教えします。ただ最初の一歩を
踏み出す勇気は必要)!座学ではなく、生の知識と実践的な経験を積めるのが魅力
。取材先の探し方から、申し込み方法、事前準備、記事の執筆まで編集長がサポー
トします。
3)「グローバルライター講座」にも無料参加できる!
『77日記者研修』のプログラムには、毎回大好評の「グローバルライター講座」へ
の参加も含まれます(5月14日?7月2日の毎週金曜日20時?22時30分、合計8回。金曜
日のご都合がどうしても悪い場合は土曜日でも可能)。
4)ganasの中核記者を育てたいから低価格!
記者研修&グローバルライター講座で指導を受けられる時間は合計62時間です(こ
れ以外に、添削などの個別指導があります)。『77日記者研修』の参加費を単純に
62時間で割ると、1時間当たりの費用はわずか1060円です(添削などの個別指導を
含めれば900円程度に下がります)。
5)一流のプロボノデスクに添削・校正してもらえる!
研修生が書く記事が一定の水準に達した段階で、一流のプロボノデスクに添削・校
正してもらうことも可能です。ganasのプロボノデスクは大手メディアの現役幹部
・記者ら。メディアに興味のある方にとっては最高の環境を提供します。ganasの
記者を経て大手メディア(NHKや共同通信など)に就職した人は多数います。
6)みんなで集まってハードに楽しく!
『77日記者研修』の研修生は週に1回(日曜日の夜)、オンライン(Zoom)でつな
げ、記事についてフィードバックしあったり、取材計画を一緒に立てたりします。
仲間同士でハードに楽しくレベルアップしていただきます。これまでの研修生は、
NGOの職員、マーケティング会社の元社員、コンサル会社の社員、NGOの運営にかか
わる元商社マン、公務員、PR会社の社員、看護師、JICA海外協力隊(OB・OG、派遣
予定者)、大学生など、ユニークな顔ぶれでした。
7)途上国を取材できるプログラムに最大3万円引きで参加できる!

【日程・場所】
・77日記者研修
4/25(日)、5/2(日)、5/9(日)、5/16(日)、5/23(日)、5/30(日)、6/6
(日)、6/13(日)、6/20(日)、6/27(日)、7/4(日)、7/11(日)
*2021年4月25日?7月11日の日曜日(全12回)
*時間は18時?21時30分
・グローバルライター講座(金曜コース)
5/14(金)、5/21(金)、5/28(金)、6/4(金)、6/11(金)、6/18(金)、6/
25(金)、7/2(金)
*時間は20時?22時30分
【応募方法と締め切り】
下のメールアドレスに履歴書(書式自由。志望動機を詳しく書いてください)をお
送りください。2021年4月11日(日)23時59分必着。
*応募書類送付先:devmedia.ganas@gmail.com
【過去の研修生の声(抜粋)】
・「素直さと粘り強さを大切にすれば、実りある期間になること間違いなしです。
編集長からは毎週、驚くほどていねいなフィードバックをもらえます。他の研修生
と意見を交わしながら原稿を仕上げていく時間は、とても刺激的でぜいたく」
・「大学だと1年かかって学ぶ内容を2カ月の記者研修で学べた。たった1本の記事
を書くにも、膨大な量のインプットが必要。これがすべて自分の知識になるから嬉
しい」
・「記事を毎週1本書くのは正直大変。ただ研修がなければこんなに必死に書くこ
ともないし、筆力が短期間で上がることもない。ブログやSNSへの投稿とは違い、
本気のフィードバックをもらえるので、やる気さえあれば楽しい」
・「それぞれが書いた記事について研修同士で毎回意見を交わす。このため(実際
に会うことができなくても)オンライン上で仲良くなれる」
・「初めて書いた記事の『いいね!』は23。研修を受けて書いた記事の『いいね!
』は最高で1333。いいね!の数がすべてではないけれど、どうすれば読んでもらえ
る記事を書けるのか、ロジカルに理解できた経験はこの先も一生役に立つと思って
います!」
・「記者やPR(広報)パーソンを目指す人にぜひお勧めしたい研修。体系的に文章
の書き方が学べるのはもちろん、記事を書くにはどんな情報が必要か、どんな内容
を書けば受け入れられるか、など身をもって体験できる」
【お問い合わせ先】
特定非営利活動法人開発メディア(ganasの運営団体)
▽77日記者研修の詳細はこちら。
https://www.ganas.or.jp/news/20210312wt13/

「伝わる書き方」と「途上国」を学べるライター講座

□ 「伝わる書き方」と「途上国」を学べるライター講座 □

NPOメディアの「ganas」、「伝わる書き方」と「途上国」を同時に学べる
『グローバルライター講座』(第16期)を開講します! 5月からオンラインで

途上国・国際協力に特化したNPOメディア「ganas」(運営:NPO法人開発メディア
)は2021年5月から、社会人や学生を対象に、「伝わる書き方」と「途上国」を同
時に学べる「グローバルライター講座」(オンライン)を開講します。これまで
の受講者は、開発関係者(JICA、国連、NGO)、コンサル会社やメーカーなどの会
社員、医師、看護師、青年海外協力隊員(現役、OB・OG、派遣予定者)、メディア
関係者、広報担当者、教師、バックパッカー、途上国が好きでたまらない方など累
計650人以上。学生の受講生のなかには『グローバルライター講座』を経て、NHKや
共同通信、TBS、大阪毎日放送などに就職した人も多数います。

『グローバルライター講座』には下の4つのコースがあります。
?金曜コース(オンライン)=Zoomを使いますので、世界のどこからでもご参加い
ただけます
?土曜コース(オンライン)=Zoomを使いますので、世界のどこからでもご参加い
ただけます
?メールでやりとりするコース=途上国在住者向け(現地発の本格的な記事を書い
て、発信してみませんか? 書くことを通じて、その国に対する理解が深まります
。また、本格的な記事の発信は、自身のブランディングにもつながります)
?ASEAN&インドの新聞(英字紙)を翻訳するコース=報道文の翻訳に興味のある方
向け。メッセンジャーまたはフェイスブックを使いますので、世界のどこからでも
ご参加いただけます

【各コースの日程・内容(予定)・場所】
■金曜/土曜コース
・第1回:2021年5月14日(金)20:00?22:30/5月15日(土)20:00?22:30
「伝わる文章」と「伝わらない文章」の違い、リード(第1段落)の書き方
・第2回:2021年5月21日(金)20:00?22:30/5月22日(土)20:00?22:30
参加者が書いた見出し&リードのフィードバック、2段落目以降の書き方
・第3回:2021年5月28日(金)20:00?22:30/5月29日(土)20:00?22:30
伝わる文章を書くための「3つの要素」、参加者が書いた記事のフィードバック
・第4回:2021年6月4日(金)20:00?22:30/6月5日(土)20:00?22:30
伝わる文章を書くための「3つの要素」の続き、スルッと読ませる段落構成、参加
者が書いた記事のフィードバック
・第5回:2021年6月11日(金)20:00?22:30/6月12日(土)20:00?22:30
模擬記者会見(スピーカーは調整中)、ブレインストーミング
・第6回:2021年6月18日(金)20:00?22:30/6月19日(土)20:00?22:30
「クリックしたくなる見出し」と「無視される見出し」、参加者が書いた記事のフ
ィードバック
・第7回:2021年6月25日(金)20:00?22:30/6月26日(土)20:00?22:30
伝わる文章のマル秘テクニック、参加者が書いた記事のフィードバック
・第8回:2021年7月2日(金)20:00?22:30/7月3日(土)20:00?22:30
伝わる文章のマル秘テクニックの続き、全8回のまとめ
■メールでやりとりするコース
途上国に住んでいらっしゃる方、ご自身が目にしたことを「本格的な記事」として
発信してみませんか? 本格的な記事とは、感想ではなく、裏づけ(エビデンス)
が入り、伝えたいことが明確な文章のこと。取材&記事執筆(インプット&アウト
プット)を通じて、その国に対する理解も深まります(書くことは考えること!)
。本格的な記事を発信し続けることは意義がありますし、またご自身のブランディ
ングにもつながります。
■ASEAN&インドの新聞(英字紙)を翻訳するコース
英語の新聞記事を翻訳する力をつけたい方に最適。英語の読解力、翻訳のテクニッ
ク、ASEANやインドの「今」を学べます。講師が毎週1本、ASEANまたは
インドの英字紙から記事を選び、受講者はそれを翻訳して提出。講師がそれを添削
します。取材はなく、お手ごろなコース。
【グローバルライター講座の5大メリット!】
?「伝わる書き方」と「途上国・国際協力」を同時に学べる!
?書いた記事は個別に100%添削してもらえる!
?優秀でやる気があればganasの記者になれる!
?途上国を取材するプログラムに最大3万円引きで参加できる!
?伝わる書き方はESにも役立つ!
【定員・締め切り】
・金曜コース:30人
・土曜コース:30人
・メールコース:5人
・ASEAN&インドの新聞(英字紙)翻訳コース:10人
【主催】
特定非営利活動法人開発メディア(途上国・国際協力に特化したNPOメディア「
ganas」の運営団体)
▽グローバルライター講座の詳細はこちら。
https://www.ganas.or.jp/news/20210312gwc/

国際協力に関わってみよう〜ボランティア・教育支援〜

□ 国際協力に関わってみよう?ボランティア・教育支援? □

NPO法人オンザロードは現在の理事長である高橋歩によって設立され、インドの
子供達への教育支援を中心に、震災支援などの社会貢献活動を行ってきました。

・インドでの無料学校建設
(詳しくはこちら→https://otr.or.jp/india-school-project/)
・インドスタディーツアー
(詳しくはこちら→https://otr.or.jp/studytour/)
・世界中の子供たちのための国際交流イベント
(詳しくはこちら→https://katariba.online/global_jp)
・インドの子供たちが作ったものの販売
(詳しくはこちら→https://ontheroad18.thebase.in/)
・高橋歩によるオンラインサロンFREE FACTORY
(詳しくはこちら→https://freefactory.club/)

現在、新型コロナウイルス流行により、スタディーツアーやオフラインイベント
などは控えておりますが、2021年3月1日よりインドの学校が再開致しました!
私たちも引き続き支援を行って参りたいと思います。そしてオンザロードはイン
ターンの受け入れや、ボランティアの募集を行っております。オンザロードの基
盤である東京事務局ではいつでもボランティア大歓迎です!

・事務作業や情報整理などパソコンスキル生かしたい方
・NPOや国際協力活動について知りたい方
・新しい活動、挑戦してみたい方

ぜひ一緒に活動しませんか?リモートワークも大歓迎です!
また、インドや教育支援関係のボランティアもこれから募集していく
予定ですので、ご興味ある方は気軽にご連絡ください!
(詳しくはこちら→https://otr.or.jp/volunteer/)

また、捨ててしまうもの、皆様のいらなくなったもののお引き取りを下記のサイト
で募集させて頂いております!
ご自宅を綺麗にしつつ、一緒にインドの子どもたちを支援しませんか?
寄付先にオンザロードをご選択頂くと、お荷物も引き取りにきてくれます。
ぜひご検討下さい!
(詳しくはこちら→https://kifuraku.com/)

団体や活動に興味をもって下さった方はぜひ以下のサイトをご覧になってみて下さ
い!
公式HP

On the Roadとは


公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC6RFAjfjcyiI0qR93tk6dow
公式Facebook
https://www.facebook.com/pg/npoontheroad/photos/?tab=albums
公式twitter
・全体 @NPOontheroad
・インド @MBSvaranasi
公式Instagram
・インド:mbs.india
現地スタッフのブログ(インド)
https://otr.or.jp/blog/
お問い合わせ:info@otr.or.jp

国際協力に関わってみよう〜ボランティア・教育支援〜

□ 国際協力に関わってみよう?ボランティア・教育支援? □

NPO法人オンザロードは現在の理事長である高橋歩によって設立され、インドの
子供達への教育支援を中心に、震災支援などの社会貢献活動を行ってきました。

・インドでの無料学校建設
(詳しくはこちら→https://otr.or.jp/india-school-project/)
・インドスタディーツアー
(詳しくはこちら→https://otr.or.jp/studytour/)
・世界中の子供たちのための国際交流イベント
(詳しくはこちら→https://katariba.online/global_jp)
・インドの子供たちが作ったものの販売
(詳しくはこちら→https://ontheroad18.thebase.in/)
・高橋歩によるオンラインサロンFREE FACTORY
(詳しくはこちら→https://freefactory.club/)

現在、新型コロナウイルス流行により、スタディーツアーやオフラインイベント
などは控えておりますが、2021年3月1日よりインドの学校が再開致しました!
私たちも引き続き支援を行って参りたいと思います。そしてオンザロードはイン
ターンの受け入れや、ボランティアの募集を行っております。オンザロードの基
盤である東京事務局ではいつでもボランティア大歓迎です!

・事務作業や情報整理などパソコンスキル生かしたい方
・NPOや国際協力活動について知りたい方
・新しい活動、挑戦してみたい方

ぜひ一緒に活動しませんか?リモートワークも大歓迎です!
また、インドや教育支援関係のボランティアもこれから募集していく
予定ですので、ご興味ある方は気軽にご連絡ください!
(詳しくはこちら→https://otr.or.jp/volunteer/)

また、捨ててしまうもの、皆様のいらなくなったもののお引き取りを下記のサイト
で募集させて頂いております!
ご自宅を綺麗にしつつ、一緒にインドの子どもたちを支援しませんか?
寄付先にオンザロードをご選択頂くと、お荷物も引き取りにきてくれます。
ぜひご検討下さい!
(詳しくはこちら→https://kifuraku.com/)

団体や活動に興味をもって下さった方はぜひ以下のサイトをご覧になってみて下さ
い!
公式HP

On the Roadとは


公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC6RFAjfjcyiI0qR93tk6dow
公式Facebook
https://www.facebook.com/pg/npoontheroad/photos/?tab=albums
公式twitter
・全体 @NPOontheroad
・インド @MBSvaranasi
公式Instagram
・インド:mbs.india
現地スタッフのブログ(インド)
https://otr.or.jp/blog/
お問い合わせ:info@otr.or.jp

海外派遣に役立つ電気のABC

□ 海外派遣に役立つ電気のABC  □

海外派遣に役立つ電気のABC
2021年 3月 シェアの会

日本赤十字社医療センターでは、毎月一回「シェアの会」を開催し、海外で救
援・復興・開発事業に携わる際に必要な知識の習得や体験の共有を行っています。
来る3月25日(木)のシェアの会では、「海外派遣に役立つ、電気のABC」と
題し、技術要員として日本赤十字社の国際救援で活躍しております臨床工学技士
の赤澤 真由美氏からお話を伺います。
日本赤十字社の国際救援活動は、大規模災害や人道危機への対応など、国際赤
十字の一員としてチームで活動することが多くあります。被災地などでは、脆弱
となった医療インフラを補完すべく医療活動を展開する緊急対応の機会が多く、
自己完結が前提でチームが派遣されます。活動の継続には、電気・水などインフ
ラの整備は必須であり、技術要員はキーとなる存在です。“電気のある生活は当
然”のように日常を送る私たちにとって、「電気とは?」を意識することはあり
ませんでした。今回は、生活にも、活動にも欠かせない電気について、専門家で
なくとも押さえておくべき常識を共に学びましょう。

zoomを利用したネット配信になります。どなたでも参加できますが、定員100名の
ため先着順とさせていただきます。申し込みは下記アドレスまたはQRコードから
アクセスしフォームに入力してください。今後のご案内はGmailからお送りします
。Gmailが拒否されないように皆様のメール設定をご確認ください。


【日時】令和3年3月25日(木) 午後6時30分?8時00分
【演題】「海外派遣に役立つ電気のABC」
【演者】日本赤十字社医療センター 臨床工学技士 赤澤 真由美
【主催】国際医療救援部
【締切】申し込み締切日:3月24日正午
【申し込みリンク】https://forms.gle/mejpCX6DCC9qbxnk7

日本赤十字社医療センター 国際医療救援部 担当:苫米地・宮本
〒150-8935 東京都渋谷区広尾4-1-22 Tel: 03-3400-1311(内線:2382)、
E-mail: imrd.tokyo.g1@gmail.com URL: http://www.med.jrc.or.jp/

NGO海外職員の仕事をのぞいてみよう

□ NGO海外職員の仕事をのぞいてみよう □

【3/20】FIDRカフェ「知ること、話すことからはじめよう、国際協力」
?NGO海外職員の仕事をのぞいてみよう?

「NGO団体ってどのように運営されているの?」
「国際協力って実際にどんなことをしているんだろう」
「私でもできることからはじめてみたい」
そんな方にオススメのイベント「FIDRカフェ」。今回は、初めてのオンラインでの
開催です!

今回のテーマは「NGO海外職員の仕事をのぞいてみよう」です。
前半では、国際開発援助財団(FIDR)のベトナム事業を担当している狩野職員と国
際協力NGO日本国際民間協力会(NICCO)のヨルダン駐在員小野田氏が登壇し、海
外事務所での仕事や事業地の様子等をご紹介します。
後半には、NGOの仕事を知るきっかけとして、ボランティアやインターンとしての
関わり方をボランティア・インターン経験者が体験を交えて語ります。
コロナ禍で海外に渡航が難しくなっている現在、国際協力NGOの仕事をのぞいて
、できることを一緒に考えてみませんか?終了後には、希望者は残って座談会を行
いますので、こちらにもどうぞお気軽にご参加ください!

【日時】2020年3月20日(金)20:00?21:30(19:50よりZoom入室可)
・終了後、座談会を予定しています。
【形式】WEBミーティングツールZoomを使用します。
【参加費】無料
【定員】50名(要申込み・先着順)
【お申し込み】下記リンクからお申込みください。
https://forms.gle/PPMea44GUqc8tLRe6
※締切:2021年3月19日(金)午前10時
※お申し込み後に「自動返信メール」をお送りします。届かない場合は、入力ミス
の可能性がありますので、再度お申し込みをお願いいたします。
*当日はミュート(音声なし)でのご参加をお願いいたします。
*イベント前日にZoomのURLをメールでお送りいたします。
*事前にお手持ちのパソコン、スマホ、タブレットでZoomが使えるようにご準備
をお願いいたします。
*録音・録画は不可となっております。

<お問い合わせ・お申し込み>
公益財団法人 国際開発救援財団(担当:関口、佐野)
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1 OCCビル3F
TEL:03-5282-5211/E-mail: info@fidr.or.jp

開発分野における教育セミナー

□ 開発分野における教育セミナー □

第1回「開発分野における教育セミナー」(オンライン)についてご案内します。
皆様のご参加をお待ちしております。

FASID「開発分野における教育セミナー」は、講義とグループディスカッションを
通じ、?教育の重要性、歴史的な背景を理解すること、?SDGs時代の教育、ポスト
コロナ時代に目指すべき教育の在り方を学ぶことを目的とします。
詳細は下記の関連サイトをご覧ください。

■日時:2021年3月12日(金)16:00?18:30 (2.5時間)
■講師:北村友人氏 (東京大学大学院 教育学研究科 准教授)
■場所:Zoomミーティングにて開催
※運営はFASIDミーティングルーム(東京都港区麻布台2-4-5、メソニック39MTビ
ル6F)
■対象:国際協力・開発の教育分野の事業に携わっている人、国際協力・開発の教
育以外の分野において教育(人材育成・研究)の視点を取り入れたい人
■参加費(税込み):一般:3,000円(賛助会員・フレンズ:2,000円)
■定員:最大50名程度
■応募締切:2021年3月3日(水)正午12:00
■応募方法:以下のウェブページをご覧ください。
https://fasid-education.peatix.com/
■お問い合わせ:
一般財団法人 国際開発機構(FASID) 人材開発事業部 担当:高倉/原田
電話:03-6809-1996/E-mail:education@fasid.or.jp
住所:東京都港区麻布台2-4-5メソニック39MTビル6F

国際リハカフェ north tele.1 開催案内

□ 国際リハカフェ north tele.1 開催案内 □

国際リハビリテーション研究会(FB:https://bit.ly/36hoHym)はリハビリテー
ション・障害分野の国際協力をテーマとする団体です。このたび、仙台チームが
発信する初めての企画として、以下のイベントを開催します。
国際協力経験者も未経験者も大歓迎です。多くの皆さんと情報交換できることを
楽しみにしています。

国際リハカフェnorth tele.1
【テーマ】
元JICA青年海外協力隊PTの活動報告会
【話題提供者】
古川雅一(2017年度1次隊キルギスPT)
三田村徳(2017年度1次隊フィジーPT)
【開催日時】
2021年3月13日(土)16時?17時半
【開催方法】
Zoom
※Zoom情報は開催前日に参加申込者へお知らせします。
開催前日に届かない場合は、
事務局 jsir.event@gmail.com までご連絡ください。
【参加費】
無料
【参加申し込み】
以下の申し込みフォームからお申込みください。
https://forms.gle/TEagPsimw8KfhebX6
※申込締切:3月11日(木)まで

確実に届ける?国連WFPの災害対応と食料・人道支援

□ 確実に届ける?国連WFPの災害対応と食料・人道支援 □

【月間特集】確実に届ける?国連WFPの災害対応と食料・人道支援?(3/20)

2011年東日本大震災や、2016年熊本地震の際に、国連WFPは物資の輸送やテント、
プレハブ設営などを通じて支援を行いました。本セミナーでは、東日本大震災と
熊本地震、海外での災害対応などについてお話しいただきます。

講師:飯塚 恵氏〈国連世界食糧計画日本事務所 広報官〉
関連サイト:
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/2020/210320_01.html
日時:3月20日(土)14:00-15:00
場所:Zoomによるオンライン開催
主催:JICA地球ひろば
対象:ご興味のある方ならどなたでも
参加費:無料
申込:下記まで電話またはEメールにて、お名前、ご連絡先をお知らせください。
ホームページからもお申込みいただけます。開催日の1営業日前に、JICA地球ひろ
ばより当日使用するZoomのURLをご連絡いたします。

問合・申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel: 0120-767278
e-mail: chikyuhiroba@jica.go.jp

JICA地球ひろばHP https://www.jica.go.jp/hiroba/
Facebook https://www.facebook.com/jicachikyuhiroba
Twitter https://twitter.com/jicahiroba

難民支援セミナー第2弾 コロンビアにおける強制移動

□ 難民支援セミナー第2弾 コロンビアにおける強制移動 □

【JICA地球ひろば】難民支援セミナー第2弾
コロンビアにおける強制移動:国内避難民及び難民支援(3/10)

本セミナーでは、コロンビアにおいてJICA専門家として紛争による国内避難民支
援に携わった奥田桐子氏(有限会社人の森)と、UNHCR職員としてベネズエラ難民
支援に携わっている羽鳥篤子氏(UNHCRコロンビア事務所)のお二人から、それぞ
れのご経験を通じて国内避難民支援、難民支援についてお話しいただきます。

講師:奥田 桐子氏〈有限会社人の森 国際協力コンサルタント〉
羽鳥 篤子氏〈UNHCRコロンビア事務所 准保護官〉
関連サイト:
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/2020/210310_01.html
日時:3月10日(水)19:00-20:30
場所:Zoomによるオンライン開催
主催:JICA地球ひろば
対象:ご興味のある方ならどなたでも
参加費:無料
申込:下記までEメールにて、お名前、ご連絡先をお知らせください。ホームペー
ジからもお申込みいただけます。開催日の1営業日前に、JICA地球ひろばより当日
使用するZoomのURLをご連絡いたします。

問合・申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel: 0120-767278
e-mail: chikyuhiroba@jica.go.jp

JICA地球ひろばHP https://www.jica.go.jp/hiroba/
Facebook https://www.facebook.com/jicachikyuhiroba
Twitter https://twitter.com/jicahiroba