コミュニティ開発一日講座2018年8月15日(水)

■ コミュニティ開発一日講座2018年8月15日(水)

このコミュニティ開発一日講座は、青年海外協力隊や国際協力NGOのフィールド
ワーカーを目指す人、あるいはすでに派遣が決まっている人を意識した、準備講
座の位置づけです。派遣経験のある方には、復習として有効です。コミュニティ
開発・村落開発の現場で重要な考え方や、方法論を紹介します。最も重要と思わ
れるトピックのみに絞り込み、一日でまとめます。人の森国際協力カレッジの中
では入門編的な講座です。

講師は長年、青年海外協力隊の補完研修の講師を務める野田直人が担当します。
教材には、30年以上にわたる現場の実務の中で培った知識やスキルを詰め込んだ、
『地域コミュニティ開発 参加型開発・コミュニティの社会経済 (国際協力の教科
書シリーズ5)』(https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4990717074/)
を使用します。当日配布しますので、事前購入の必要はありません。

講座の対象者

国際機関や開発コンサルタント、青年海外協力隊(特に村落開発・コミュニティ
開発)やNGOなど、開発の仕事を目指す人。国際協力機関、開発コンサルタント
やNGOなどで働いている人など。講義の分野としては参加型開発、地域開発、な
どですが、受講には特定の専門分野の知識は必要ありません。

日程と場所、受講料など

朝9時に開始し、夕方18時まで、できるだけ多くの内容を学ぶ講座です。特定の
団体やグループ向けに特設講座を組むことも可能ですので、お問い合わせくださ
い。他の日程をご希望の方も、開催の可能性を検討しますのでご連絡ください。
連絡先はinfo@hitonomori.comです。

日程: 2018年8月15日(水) 9:00AM ‐ 18:00PM
場所: 有限会社人の森事務所(人の森ハウス) 愛知県一宮市北園通3-20
https://goo.gl/y3Wv5h
定員:16名
受講料: 8,100円(消費税込み)。*学割有。詳しくは下記HPでご確認下さい。
募集期間: 定員に満たなければ前日まで

詳細申し込みはこちら
https://hitonomori.com/dev_seminar/fieldworker_ichinomiya.html

「機会均等を保障した総合型研修による参加型地域開発と資源管理」(PRRIE) 講座 2018年8月16日(木)(学割有)

■ 「機会均等を保障した総合型研修による参加型地域開発と資源管理」(PRRIE)
講座 2018年8月16日(木)(学割有)
PRRIEは「機会均等を保障した総合型研修による参加型地域開発と資源管理」を
意味する ‘Participatory Rural Development and Resource Management by
Integrated Training for Equal Opportunity’ の略です。PRRIEは2017年現在ま
でに3つのJICAプロジェクトで採用され、JICAが実施する国内研修などでも紹介
されている、研修実施をメインにした参加型の地域開発アプローチです。

PRRIEは機会均等を徹底した、地域での研修実施を通して地域住民の学ぶ意欲、
物事を行う意欲を高めるアプローチです。費用対効果が高く、広域を対象とした
実施にも向いています。

このPRRIE講座では、PRRIEの考案者であり、PRRIEを用いたJICAのプロジェクト
設計にあたった野田直人が講師を務めます。教材には、『機会均等の研修実施に
よるコミュニティ開発 PRRIEアプローチの基礎と実践 (国際協力の教科書シリー
ズ4)』(https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4990717066/)を使用し
ます。当日配布しますので、事前購入の必要はありません。

講座の対象者
現在国際協力機関、開発コンサルタントやNGOなどで働いている人。国際機関や
開発コンサルタント、青年海外協力隊(特に村落開発・コミュニティ開発)やNGO
など、開発の仕事を目指す人など。
特に農業をはじめとする第一次産業・環境・保健衛生などに関連する普及事業に
関わる人にお勧めです。

日程と場所、受講料など
朝10時に開始し、昼食をはさみ午後16時までの講座です。地域産品を活用したコ
ミュニティ開発講座 8月15日16日からの継続した受講もお勧めです。

特定の団体やグループ向けに特設講座を組むことも可能ですので、お問い合わせ
ください。他の日程をご希望の方も、開催の可能性を検討しますのでご連絡くだ
さい。連絡先は info@hitonomori.comです。

日程:2018年8月16日(木) 9:30AM-17:00PM
募集期間:定員に満たなければ前日まで
場所:有限会社人の森事務所(人の森ハウス) 愛知県一宮市北園通3-20
https://goo.gl/y3Wv5h
定員:16名
受講料:8,100円(消費税込み)。*学割有。詳しくは下記HPでご確認下さい。

詳細・申し込みは以下から。
https://hitonomori.com/dev_seminar/prrie.html

コミュニティ開発一日講座2018年9月15日(土)

■ コミュニティ開発一日講座2018年9月15日(土)

このコミュニティ開発一日講座は、青年海外協力隊や国際協力NGOのフィールド
ワーカーを目指す人、あるいはすでに派遣が決まっている人を意識した、準備講
座の位置づけです。派遣経験のある方には、復習として有効です。コミュニティ
開発・村落開発の現場で重要な考え方や、方法論を紹介します。最も重要と思わ
れるトピックのみに絞り込み、一日でまとめます。人の森国際協力カレッジの中
では入門編的な講座です。

講師は長年、青年海外協力隊の補完研修の講師を務める野田直人が担当します。
教材には、30年以上にわたる現場の実務の中で培った知識やスキルを詰め込んだ、
『地域コミュニティ開発 参加型開発・コミュニティの社会経済 (国際協力の教科
書シリーズ5)』(https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4990717074/)
を使用します。当日配布しますので、事前購入の必要はありません。

講座の対象者

国際機関や開発コンサルタント、青年海外協力隊(特に村落開発・コミュニティ
開発)やNGOなど、開発の仕事を目指す人。国際協力機関、開発コンサルタント
やNGOなどで働いている人など。講義の分野としては参加型開発、地域開発、な
どですが、受講には特定の専門分野の知識は必要ありません。

日程と場所、受講料など

朝9時に開始し、夕方18時まで、できるだけ多くの内容を学ぶ講座です。特定の
団体やグループ向けに特設講座を組むことも可能ですので、お問い合わせくださ
い。他の日程をご希望の方も、開催の可能性を検討しますのでご連絡ください。
連絡先はinfo@hitonomori.comです。

日程: 2018年9月15日(土) 9:00AM ‐ 18:00PM
場所: 地球環境パートナーシッププラザ
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目53?70 国連大学1階
https://goo.gl/maps/FLAaQfog3a82
定員:16名
受講料: 8,100円(消費税込み)。*学割有。詳しくは下記HPでご確認下さい。
募集期間: 定員に満たなければ前日まで

詳細申し込みはこちら
https://hitonomori.com/dev_seminar/fieldworker.html

ヒマラヤ保全協会ハイキングイベントin尾瀬

□ ヒマラヤ保全協会ハイキングイベントin尾瀬 □

認定NPO法人ヒマラヤ保全協会の交流ハイキングイベントです。
※「パハール」はネパール語で「山」という意味です。
自然ガイドさんに尾瀬の自然について教わりながら尾瀬ヶ原を散策します。歩行時
間は7時間程度(目安)と少し長いですが、険しい道ではなく、湿原の木道歩きが
メインです。
【予定コース:鳩待峠ーヨッピ橋ー竜宮ー鳩待峠】
今まで尾瀬には行きたかったけど独りでは行きづらかった方、尾瀬には行った事が
あるけど自然ガイドさんのお話を一度聞いてみたい方、是非ご参加ください!また
ハイキング前日は尾瀬近くのペンションにて宿泊し、交流を深めます。この機会に
IHCの国際協力活動やネパールについて知りたかったことを尋ねてみませんか?
初めての方歓迎です!
小雨決行ですが、天候やその他の事情により行程変更の可能性があることをご了承
ください。
日時:2018年9月1日(土)〜2日(日)(1泊2日)
 上毛高原駅集合・解散 ※沼田駅でのピックアップは要相談
予定日程:
1日目 14:00 上毛高原駅(上越新幹線)集合 送迎車で宿へ移動・宿泊
2日目  早朝 尾瀬・鳩待峠へ移動
    15:00頃 尾瀬ヶ原散策後鳩待峠へ戻る
         入浴施設にて入浴
    18:00頃 上毛高原駅にて解散
宿泊場所:奥穂高温泉地域にあるペンション
参加費:12,000円
費用に含まれるもの:
 宿代(1泊2食)
 上毛高原駅ー宿の往復移動費・宿ー鳩待峠の往復移動費
 尾瀬自然ガイド代
費用に含まれないもの:
 上毛高原までの交通費、二日目の昼食代
 有料入浴施設利用の場合入浴費など
募集人数:6〜10名
応募締切:2018年8月23日(木)(ただし定員に達し次第締め切ります。)

主催:認定NPO法人ヒマラヤ保全協会 担当:佐久間
以下のフォームより申し込んでください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd0klJtxRcx5WkYMs970nd9Jut_k5br7f
LL5H_ko28U1Z1mhw/viewform

ウォータエイドジャパン スピーカー講習会@大阪

□ ウォータエイドジャパン スピーカー講習会@大阪 □

9月8日(土)に近畿地方では久々の開催となるウォーターエイド・スピーカー講
習会を実施します。

水・衛生に関心がある方、次世代教育に関心がある方、途上国の問題を人々に広
めたいという方、ぜひウォーターエイド・スピーカークラブにご参加ください。

【スピーカークラブ/講習会とは】
ウォーターエイド・スピーカークラブは、子供たちを含む、より多くの日本の人々
が、途上国の水・衛生の状況やウォーターエイドの活動に関心を持つことを目指し
、ウォーターエイドのオリジナル教材・授業案を使って、イベント等で授業を実施
するクラブです。
ウォーターエイドのスピーカーとなり、学校やイベントで授業や講演等を行うには
、1日「スピーカー講習」を受けていただく必要があります。
「スピーカー講習」を受講していただいた方には、「ウォーターエイド・スピーカ
ークラブ会員証」をお渡しいたします。現在約160名のスピーカーが、学校への出
前授業やイベント等で活躍しています。
【概要】
日時:2018年9月8日(土)10:00〜16:30 (9:45より受付)
場所:阿倍野市民学習センター 特別会議室
(大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋3丁目10-1-300 あべのベルタ 3階)
http://osakademanabu.com/abeno/access
定員:高校生以上16 名(最小催行人数6名※3日前の時点で判断)
参加費:無料
申込締め切り:2018年9月5日(水)23:59
※定員に達した場合は、その時点で締切となります。
詳細、お申込みはこちらから。
https://goo.gl/FTwxFw

グアテマラ、「常春の国」−過去から現在まで−

□ グアテマラ、「常春の国」−過去から現在まで− □

【JICA地球ひろば】グアテマラ、「常春の国」−過去から現在まで−(9/21)

グアテマラの基礎知識はじめ、歴史や伝統、観光や音楽など、知られざるグアテマ
ラの魅力をたっぷりとご紹介いただきます。セミナーの最後にはラテン音楽のミニ
コンサートを行う予定です。
講師:アルファロ フランシスコ氏(中京大学 国際教養学部 准教授)
関連サイト:
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/2018/180921_01.html
日時:9月21日(金)19:00〜20:30             
場所:JICA市ヶ谷ビル 6階 セミナールーム600 (東京都新宿区市谷本村町10-5)
主催:JICA地球ひろば
対象:ご興味のある方ならどなたでも
定員:100名(先着順)
参加費:無料
申込:下記まで電話またはEメールにて、お名前、連絡先・ご所属をお知らせくだ
さい。
ホームページからもお申込みいただけます。
問合・申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel: 0120-767278
e-mail: chikyuhiroba@jica.go.jp

会場への行き方:
JR中央線・総武線「市ヶ谷」徒歩10分
都営地下鉄新宿線「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線「市ヶ谷」4番/6番出口 徒歩8分
地図: https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html

JICA地球ひろばHP https://www.jica.go.jp/hiroba/
Facebook https://www.facebook.com/jicachikyuhiroba
Twitter https://twitter.com/jicahiroba

グアテマラコーヒー産業の展望−グルメコーヒーの本命

□ グアテマラコーヒー産業の展望−グルメコーヒーの本命 □

【JICA地球ひろば】グアテマラコーヒー産業の展望 −グルメコーヒーの本命
−(9/18)

日本でも人気のコーヒー豆として知られ、中米を代表する高品質コーヒーの産地
として世界的にも評価されているグアテマラコーヒーの魅力や、コーヒー産業が
抱える課題と今後の展望についてお話いただきます。

講師:林 俊幸氏(元 Unex (Guatemala) S.A.社長)
関連サイト:
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/2018/180918_01.html
日時:9月18日(火)19:00〜20:30
場所:JICA市ヶ谷ビル 2階 国際会議場(東京都新宿区市谷本村町10-5)
主催:JICA地球ひろば
対象:ご興味のある方ならどなたでも
定員:100名(先着順)
参加費:無料
申込:下記まで電話またはEメールにて、お名前、連絡先・ご所属をお知らせくだ
さい。
ホームページからもお申込みいただけます。
問合・申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel:0120-767278
e-mail:chikyuhiroba@jica.go.jp

会場への行き方:
JR中央線・総武線「市ヶ谷」徒歩10分
都営地下鉄新宿線「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線「市ヶ谷」4番/6番出口 徒歩8分
地図:https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html

JICA地球ひろばHP https://www.jica.go.jp/hiroba/
Facebook https://www.facebook.com/jicachikyuhiroba
Twitter https://twitter.com/jicahiroba

映画「もったいない!」無料上映&トーク(9/9)

□ 映画「もったいない!」無料上映&トーク(9/9) □

【JICA地球ひろば】食品ロスを考えるドキュメンタリー映画「もったいない!
」無料上映&トーク(9/9)

日本をはじめ世界各国の食料が辿るあらゆる段階に関わる人々や専門家の話と
ともに、その驚愕の現実と原因、影響に迫り、私たちに何ができるのか探ります。

講師:渡辺 浩平氏(帝京大学 准教授)
関連サイト:
《第一部》
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/2018/180909_01.html
《第二部》
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/2018/180909_02.html
日時:9月9日(日)
《第一部》13:50〜16:30
 (13:50〜15:20 第1回上映会、15:30〜16:30 トーク)
《第二部》15:30〜18:10
 (15:30〜16:30 トーク、16:40〜18:10 第2回上映会)
※第一部と第二部は映画・トークともに同じ内容です。
場所:JICA市ヶ谷ビル 2階 国際会議場 (東京都新宿区市谷本村町10-5)

主催:JICA地球ひろば
対象:ご興味のある方ならどなたでも
定員:各100名(先着順)
参加費:無料
申込:下記まで電話またはEメールにて、お名前、連絡先・ご所属をお知らせくだ
さい。
ホームページからもお申込みいただけます。
問合・申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel: 0120-767278
e-mail: chikyuhiroba@jica.go.jp
会場への行き方:
JR中央線・総武線「市ヶ谷」徒歩10分
都営地下鉄新宿線「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線「市ヶ谷」4番/6番出口 徒歩8分
地図:https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html

JICA地球ひろばHP https://www.jica.go.jp/hiroba/
Facebook https://www.facebook.com/jicachikyuhiroba
Twitter https://twitter.com/jicahiroba

8/19報告会“アジアの民衆とどうつながるか”

□ 8/19報告会“アジアの民衆とどうつながるか” □

8月15日に向けて考える“アジアの民衆とどうつながるか”
ACT「アジア民衆パートナーシップ支援基金」助成事業の現場から

8月19日(日)14時から、終戦記念日を前に、“アジアの民衆とどうつながるか”
をテーマに、アジアの人々との経験・知見の交流に取り組む市民団体5団体を招い
てACT「アジア民衆パートナーシップ支援基金」報告会を開催します。
「アジア民衆パートナーシップ支援基金」は、アジア(とくに日本が第二次世界大
戦中に多大な被害を与えたアジアの国々)の民衆と日本の人々が交流し、経験・知
見の共有を通して共に成長・発展しようとする諸活動を支援することを目的に2009
年に設定され、助成活動を行ってきました。これまでにアジア16カ国と日本の相互
交流・協力活動を行う15事業に1,850万円を支援しました。
報告会では、参加団体より、アジアの人々─とくに社会的に差別を受けていたり、
諸権利を享受できていない人々─との経験や教訓の共有や未来づくりなどの活動の
成果について報告していただき、現場から見えてくる日本とアジアの課題、今後の
目指すべき方向について考えていきます。
今年の8月15日で、終戦の日から73年となります。一世代分の年月を経た今、過去
で得た教訓や経験を忘れることなく、そして日本とアジアの人々の間に、より深い
信頼関係を構築し、平和で公正なアジアを実現するために、今私たちには何が必要
かを考えます。

◎報告団体
・(特活)Asia Commons亜洲市民之道
 ≪日本と中国の市民活動家の交流と対話、学びあい≫
・(特活)アントレプレナーシップ開発センター
 ≪日本とインドネシアの若手ソーシャルリーダーの育成と交流、学びあい≫
・(特活)WE21ジャパン
 ≪鉱山開発の影響を受けたフィリピン先住民族の命と暮らしと文化を守る活動、
日本の鉱山開発と環境修復の歴史からの学び≫
・外国人支援ネットワークKAMEIDO
 ≪急増するアジア圏からの在日外国人の生活、労働、健康についての注意喚起と
情報普及≫
・ロラネット
 ≪ドキュメンタリー映画『ロラたちに正義を!』の制作・上映≫
◎詳細 http://acc21.org/news/20180713.html
【日時】2018年8月19日(日)14:00-17:00
【会場】アジア文化会館地下1F 101教室(東京都文京区)
【主催】認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)
【協力】公益信託アジア・コミュニティ・トラスト(ACT)
【参加お申込み方法】
8月17日(金)までにact-info@acc21.org宛に参加される方のお名前をお知らせく
ださい。または、お電話(03-3945-2615 平日10:00-18:00)でお申込みください

【交通アクセス】
http://acc21.org/contact/index.html

バングラデシュにおける開発協力と避難民支援

□ バングラデシュにおける開発協力と避難民支援 □

バングラデシュにおける開発協力と避難民支援 〜 8月 シェアの会 〜

日本赤十字社医療センターでは、毎月一回「シェアの会」を開催し、海外で救援・
復興・開発事業に携わる際に必要な知識の習得や体験の共有を行っています。来る
8月23日(木)は、「バングラデシュにおける開発協力と避難民支援」と題して
特定非営利法人 シャプラニール=市民による海外協力の会 事務局次長 藤崎 
文子氏を招聘してお話を伺います。
日本の国際協力NGOとしてシャプラニールは、長きにわたり南アジアでの問題解
決にむけて活動を展開してきました。特にバングラデシュでは団体の設立以降活動
の歴史があり、息の長い支援が継続されています。このバングラデシュにゆかりが
あるシャプラニールの立場から、現地での活動の紹介また、昨年8月来急増した、
ミャンマーラカイン州からの避難民への支援についても合わせて紹介していただき
ます。
シャプラニールで、児童労働、教育格差の解消、災害に強いコミュニティ作りなど
幅広いテーマで活動され、バングラデシュでは事務所長を務めた藤崎氏からの貴重
なお話を聞く良い機会です。日本赤十字社とは異なる角度からの支援活動を知る良
い機会でもあります。

シェアの会は、どなたでも参加できますので、皆様お誘い合わせの上、お気軽にお
越し下さい。
 記

【日時】平成30年8月23日(木) 午後6時30分〜8時00分
【場所】日本赤十字社医療センター 第2・3会議室
 アクセス方法はホームページをご覧ください
 http://www.med.jrc.or.jp/index.html
 当日は1階守衛室で訪問者カードを受け取り、3階までお越しください
【演題】「バングラデシュにおける開発協力と避難民支援」
【演者】藤崎 文子 特定非営利法人 シャプラニール=市民による海外協力の会
 事務局次長
【主催】国際医療救援部

日本赤十字社医療センター 国際医療救援部 担当:佐藤/苫米地
〒150-8935 東京都渋谷区広尾4-1-22
Tel:03-3400-1311(内線:2382)
E-mail:imrd@med.jrc.or.jp
URL:http://www.med.jrc.or.jp/