パレスチナ駐在員が語る西岸地区の暮らし

□ パレスチナ駐在員が語る西岸地区の暮らし □
パレスチナトークCafe 駐在員が語る西岸地区の暮らし
心は半分パレスチナ
パルシックは2016年よりパレスチナ西岸地区において、循環型社会の形成を目的に
、オリーブの植樹事業や、分別および再利用を通したゴミの減量、作物栽培の生産
量の拡大事業に取り組んでいます。
今回は、現地駐在員の関口が一時帰国し、西岸地区における人びとの暮らしや実情
を、事業を行う中で感じる思いに触れながらお話しします。
トーク後半では、アラブ料理の軽食を味わいながら質疑応答と交流の時間を持ちま
す。ぜひお気軽にご参加下さい。
開催概要
日時:2019年8月26日(月)19時から21時
場所:パルシック2階 自由学校教室
アクセス:東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル
都営新宿線小川町駅、丸の内線淡路町駅、千代田線新御茶ノ水駅、
各駅A5出口から徒歩2分
JR御茶ノ水駅 聖橋口から徒歩6分
参加費:1,000円
主催:特定非営利活動法人パルシック
お申込
軽食準備がございますので、事前にお申込みをお願いいたします。
お申込みは、パルシックホームページ申込フォームまたはメール、お電話にて
トークカフェ申込の旨をご連絡下さい。
パルシックホームページ:

\参加者募集/ 8.26 パレスチナトークCafé 駐在員が語る・西岸地区の暮らし ~心は半分パレスチナ~


メール:office@parcic.org
電話:03-3253-8990(担当:小林)

記者になって途上国を知ろう

□ 記者になって途上国を知ろう □
海外旅行はよく行くけど、現地の人の生活はよくわからない。
ボランティアツアーに参加したが、おもてなしだけされて深い話はできなかった。
こういった経験をしている人は多いのではないでしょうか?
旅行ツアーやボランティアツアーではその国の素晴らしい側面は見えても、人々の
生活や思い、社会情勢などを深く理解することはできません。
もっと途上国のことを知りたい!ヒアリング力を上げたい!
と思っているそこのあなた。 記者になって、途上国のことを深く掘り下げません
か?
途上国の社会問題やNGOを下調べし、取材、それを記事にしてウェブサイトにあげ
る。これにより現地のことをより深く、より多面的に捉えることができます。
途上国を専門に扱うニュースメディアganasは、今回、関西で記者になるための講
習会を開催します。
題して『3日間集中グローバルライター研修in関西』。
実践的に力をつけられると好評で、今回が5回目です。取材の仕方から文章の書き
方までを3日間で特訓。実際に取材もします。取材先は神戸を拠点にする教育系NPO
。日本で働く外国人労働者や留学生をインタビュー。それを記事として完成させ、
ganasのウェブサイトに署名入りで載せます。令和元年&ganas開設7周年というこ
とで、受講料は1万7000円。前回の社会人3万円・学生2万5000円からおよそ4割値
下げしました。今回限りのキャンペーンです。しかも無料になる特典もあります。
応募資格は関西在住者。
『3日間集中グローバルライター講座in関西』が終わった後は、ganasの記者として
活躍していただきます(名刺も支給します)。
研修や記事のクオリティーを確保するために、参加者は限定4人です。
【プログラムの内容】
■8月24日(土)
19:00: 研修参加者の顔合わせ
19:15: 講義(3時間)
? 記者としての心得
? 取材の仕方
? 文章の書き方
■8月25日(日)
午前: 地域の学び場作りに取り組むNPO「まなびと」を取材
*正確な取材時間はアポイントをとった後、受講者にお知らせします。
ブレスト実施
午後: 参加者自身で記事を執筆
■8月26日(月)
午前/午後: 参加者自身で記事を完成させる
19:00: 講師のアドバイスを元に記事を修正
【受講料】
1万7000円
*取材で発生する交通費などは含まれません。
*参加者の都合により入金後に辞退されても返金は致しません。ご了承ください
【特典】
(1) 2019年夏の『Global Media Camp』(途上国を取材し、記事を書くプログラ
ム)に参加する場合は無料!
・タイ 〆切8月6日
・ベナン(西アフリカ) 〆切8月16日
?(2) 2019年秋に開講する「グローバルライター講座」(スカイプコース)の
受講料が学生1万5000円、社会人2万円に! 通常価格の半額以下です!
*ganasの記者として活動を続ける方が対象
【応募方法】
参加希望者の方はdevmedia.ganas@gmail.com までメールをお送りください。
その際に?名前?大学名?メールアドレス?お電話番号?簡単な自己紹介と詳しい志望
動機をご記入ください。その後、面談という流れになります。
【主催】
特定非営利活動法人開発メディアganas
途上国や国際協力・開発をテーマとする硬派のNPOメディア。途上国の情勢・文化
・生活、開発のトレンド、国際協力NGOの取り組み、BOPビジネスの動向など、大手
メディアがカバーできない情報を中心に発信。こんな見方もあるのか、という「複
眼の視点」を提供します。

8/9(金)JICA一般公開セミナー@竹橋合同ビル

□ 8/9(金)JICA一般公開セミナー@竹橋合同ビル □
JICA東南アジア地域メコン流域の流域管理・環境保全に係る情報収集・確認調査
一般公開セミナー
メコン流域の流域管理と森林保全
?パートナーシップを通じた気候変動対策への挑戦?
メコン下流域全体の森林資源、水資源について統合的な視点で情報を収集・整理
し、将来の気候変動の影響予測などの分析を進める本調査では、カウンターパート
であるメコン河委員会および各国メコン委員会から関係者を招き、調査で得られた
知見を広く一般公開するための、セミナーを開催します。また、持続可能な森林資
源・水資源管理においては、企業やNGOといった民間セクターの取り組みや官民
連携にも期待が寄せられていることから、本セミナーでは、国内や海外で関連する
活動を展開する企業の取り組みもご紹介し、みなさまと一緒に、持続可能な森林資
源管理・水資源管理について考える場としたいと思います。ご関心のある多くの皆
さまのご参加をお待ちしております。(※日/英同時通訳付き)
チラシ:
https://www.jica.go.jp/event/ku57pq00000iocps-att/190809_01.pdf
開催日時:2019年8月9日 (金) 09:00-12:30
(受付:8:30-9:00)
会場:竹橋合同ビル8F JICA 多目的会議室
東京都千代田区大手町1-4-1 竹橋合同ビル
アクセス:
東京メトロ東西線 竹橋駅 3b出口直結
東京メトロ千代田線、半蔵門線、丸の内線、都営三田線 大手町駅 C2b出口徒歩5分
地図:
https://www.jica.go.jp/about/structure/takebashi_building.html
参加費:無料
お申し込み方法:
メールにて参加者名、所属、連絡先 (電話、メールアドレス)をご記入の上、以下
担当までお送りください。
株式会社 建設技研インターナショナル 環境部
谷澤 (tanisawa.nozomi@ctii.co.jp)
市川 (ichikawa-shumpei@ctii.co.jp)
TEL:03-3638-2622
申込締切:2019年 8月5日(月)
プログラム
8:30? 9:00 受 付(※合同ビル1Fで入室カードをお渡しします)
9:00? 9:05 開会の挨拶 (JICA)
9:05? 9:35 基調講演 (ICHARM 小池俊雄センター長)
9:35? 9:55 Key Note Speech (メコン河委員会 代表者)
9:55?10:15  プロジェクト成果報告 (JICA調査チーム)
10:15?10:35 休憩 (Coffee Break)
10:35?11:25 下流域国内メコン委員会その他(5カ国) からの報告
11:25?11:45 サントリーグループの「水理念」及びその取り組み
(サントリーホールディングス株式会社)
11:45?12:05 イオンの森づくりを通じた持続可能な社会の実現
(公益財団法人 イオン環境財団)
12:05?12:25 質疑応答
12:25?12:30 閉会の挨拶 (JICA)

伝わる書き方&途上国を学べるグローバルライター講座

□ 伝わる書き方&途上国を学べるグローバルライター講座 □
『グローバルライター講座』は、「伝わる書き方」と「途上国」を同時に学べる唯
一の講座。定員を超えるほど毎回大好評で、これまで11回開講してきました。受講
生は累計で350人以上です。
社会人のこれまでの受講生は、開発関係者、会社員、NGO職員、公務員、青年海外
協力隊員(現役、OB・OG、これから派遣される人)、途上国が好きでたまらない方
などさまざま。学生の受講生のなかには『グローバルライター講座』を経て、NHK
や共同通信、TBS、大阪毎日放送などに就職した人もいます。
『グローバルライター講座』は下の3つのコースがあります。
?東京・市ヶ谷のJICA地球ひろばで受講するコース=首都圏在住者向け
?スカイプを利用して受講するコース=首都圏以外の国内在住者向け
?メールでやりとりするコース=途上国在住者向け(青年海外協力隊員やNGO・企業
の駐在員、途上国に留学中の学生におススメ! 現地発の本格的な記事を書いて、
発信してみませんか?)
【各コースの日程・内容(予定)・場所】
■JICA地球ひろばのコース
・第1回:10月23日(水)19:00?20:45
「伝わる文章」と「伝わらない文章」の違い。終了後に教室の中で30分程度の懇親
会(20:45?21:15)
・第2回:10月30日(水)19:00?20:45
参加者が書いた見出し&リードのフィードバック、2段落目以降の書き方
・第3回:11月6日(水)19:00?20:45
伝わる文章を書くための「3つの要素」、参加者が書いた記事のフィードバック
・第4回:11月13日(水)19:00?20:45
伝わる文章を書くための「3つの要素」の続き、スルッと読ませる段落構成、記事
のフィードバック
・第5回:11月20日(水)19:00?20:45
模擬記者会見(スピーカーは調整中)、ブレインストーミング
・第6回:11月27日(水)19:00?20:45
「クリックしたくなる見出し」と「無視される見出し」、参加者が書いた記事のフ
ィードバック
・第7回:12月4日(水)19:00?20:45
伝わる文章のマル秘テクニック、参加者が書いた記事のフィードバック
・第8回:12月11日(水)19:00?20:45
伝わる文章のマル秘テクニックの続き、全8回のまとめ
■スカイプ(またはZoom)を利用するコース
*日時:10月24日(木)、10月31日(木)、11月7日(木)、11月14日(木)、11
月21日(木)、11月28日(木)、12月5日(木)、12月12日(木)の19:00?20:45ま
たは21:00?22:45。
*場所:自宅(スカイプまたはZoomをつなげます)
*内容は地球ひろばのコースとほぼ同じです。
■メールベースのコース
*日時:10月23日にスタートします。メールまたはメッセンジャーで1週間に1度の
やりとり。
*場所:自宅
*留意事項:講義・ワークショップはありません(録画をご覧いただくことは可能
)。このため内容は上記の2つのコースと大きく異なります。講師が課題を出し(
現地でちょっとした取材が必要です)、受講生がそれを提出する形で進めます。N
GO・企業の駐在員、青年海外協力隊員、途上国に留学中の学生などにおススメ。
*優秀な記事はganasのウェブサイトに載せることも可能です。
【グローバルライター講座の5大メリット!】
?「伝わる書き方」と「途上国・国際協力」を同時に学べる!
?書いた記事は個別に100%添削してもらえる!
?優秀でやる気があればganasの記者になれる!
?途上国を取材するプログラムに2万円引きで参加できる!
?伝わる書き方はESにも役立つ!
【費用】
・一般:5万円
・大学生、大学院生、専門学校生:3万5000円
*9月25日(水)までに申込書を送付し、ご入金いただいた方は「早割」として
5000円引きになります。
*締め切りは10月9日(水)。先着順。
*5000円お得な「早割」は9月25日(水)まで。申込書を送付し、ご入金が完了し
ていることが条件です。
【主催】
特定非営利活動法人開発メディア(途上国・国際協力に特化したNPOメディア「
ganas」の運営団体)
【申し込み方法】
「グローバルライター講座受講希望」と件名に書き、ご所属とお名前を明記して、
メール(devmedia.ganas@gmail.com)でご連絡ください
。申込書をメールいたします。
*詳しくはこちら→https://www.ganas.or.jp/news/20190722gwc/

途上国に詳しい記者になる『77日記者研修』(8期)

□ 途上国に詳しい記者になる『77日記者研修』(8期) □
ベネズエラ、スーダン、エチオピア、コンゴ民主共和国、イラン、イエメン、シリ
ア、ロヒンギャ、ヤジディ教徒――。76億人が暮らす地球上では日々、大手メディ
アがカバーしきれない「危機」が起きています。
こうした危機に直接巻き込まれる人たちの人生を、一度でも本気で想像したことは
ありますか? 一生を棒に振る、と言ってしまっていいのかどうかわかりませんが
、凄まじいことです。ganasは常に、弱者に寄り添うメディアであり続けたいと考
えています(だから広告主もいませんし、自由に書けます)。
ganasが強く意識するのは、「日本であまり知られていない“世界で起きているこ
と”を伝えること」「途上国のさまざまな問題に取り組む人や組織を取り上げるこ
と」「物事にはこんな見方もあるよ、と途上国の価値観・多様性から学ぶ記事を発
信すること」の3つです。こんなNPOメディアは他にありません。
ですが、これらは言うは易し行うは難しです。途上国の知識も、記事を書くスキル
も必要なわけですから。
そこでganasは2016年春から、日本にいながら途上国に詳しいganas記者を育てる『
77日記者研修』を始めました。「途上国・国際協力」と「伝わる書き方」を同時に
超実践的に学べる日本で唯一のプログラムです。今回が8期目。
第8期の『77日記者研修』の期間は2019年10月8日(火)?12月24日(火)。研修生
はganasの記者になって、途上国・国際協力の知識からネタの探し方、視点のもち
方、取材の仕方、伝わる記事の書き方までを集中的に学びながら、国際協力のさま
ざまな分野のキーパーソンを取材し、記事を書き、それをganasのウェブサイトに
署名記事で発信します。
応募資格は、途上国のさまざまことや国際協力のトレンドを知りたい方、記事の書
き方(伝わる書き方)を本気で習得したい方、ご自身の知識を生かして記事を発信
したい方など。首都圏在住の社会人または大学生であれば、年齢、学歴不問です。
ganas編集長が責任をもってマンツーマンで指導させていただきます。
取材・執筆するテーマは、途上国・国際協力のことなら自由です。東南・南・中央
アジア、大洋州、アフリカ、中東、ラテンアメリカ、持続可能な開発目標(SDGs)
、平和構築、難民、少数民族、貧困、ジェンダー、BOPビジネス、民主化、宗教、
子ども、教育、食文化、音楽、幸福‥‥。取材先はNGOや国際機関、途上国で活躍
する起業家、日本在住の途上国出身者など。ご自身が興味のあることを、『77日記
者研修』を通してぜひ深めてください。そのためのバックアップは惜しみません。
【77日記者研修の7大メリット】
1)ganas編集長からマンツーマン指導を受けられる!
2)キーパーソンを取材できる!
3)「グローバルライター講座」にも無料参加できる!
4)ganasの中核記者を育てたいから低価格!
5)一流のプロボノデスクに添削・校正してもらえる!
6)みんなで集まってハードに楽しく!
7)途上国を取材できるプログラムに2万円引きで参加できる!
【日程・場所】
・77日記者研修
10/8(火)、10/15(火)、10/22(火)、10/29(火)、11/5(火)、11/12(火)
、11/19(火)、11/26(火)、12/3(火)、12/10(火)、12/17(火)12/24(火

*10月8日?12月24日の火曜日(全12回)
*時間は18?21時
*場所はJICA地球ひろば(東京都新宿区市谷本村町10-5)。詳細は参加が
確定した方にご連絡します
・グローバルライター講座(首都圏)
10/23(水)、10/30(水)、11/6(水)、11/13(水)、11/20(水)、11/27(水
)、12/4(水)、12/11(水)
*10月23日?12月11日の水曜日(全8回)
*時間は19時?20時45分(初回は20時45分?21時15分に簡単な懇親会)
*場所はJICA地球ひろば(東京都新宿区市谷本村町10-5)
*グローバルライター講座のみの受講も可能です。
【金額】
5万8000円(グローバルライター講座の受講料含む)
【対象】
・ganasの記者になりたい方
・途上国や国際協力に興味のある方
・記者の仕事やグローバルな仕事に関心のある方
・「書く技術」「質問力」「編集力」「発信力」など一生もののスキルを本気で向
上させたい方
・国際協力NGOに興味のある方
・NPOメディアの運営にかかわりたい方
・途上国や国際協力について自ら発信したい方
・最後までやり抜く強い気持ちと責任感をおもちの方
・ふつうのインターンよりも、実践的な学びが得られることに挑戦したい方
・首都圏にお住まいの方
【応募方法と締め切り】
下のメールアドレスに履歴書(書式自由。志望動機を詳しく書いてください)をお
送りください。2019年9月24日(火)23時59分必着。応募者に対して概要説明と簡
単な面談をさせていただきます。まずは話を聞いてみたいという方もお気軽にご連
絡ください。
*締切日は9月24日ですが、早期応募など熱意ある姿勢を高く評価します
*応募書類送付先:devmedia.ganas@gmail.com
【研修担当】
長光大慈(特定非営利活動法人開発メディア代表理事、ganas編集長)
上智大学法学部を卒業後、アジア最大の日本語媒体であるNNA(現在は共同通信グ
ループ)のタイ支局とフィリピン支局を立ち上げる。電気新聞記者、フリーライ
ター、デベックス・ジャパン・メディア部門責任者などを経て現職。合計10年以
上の海外在住経験(米国、タイ、フィリピン、インドネシア、ベネズエラ)、およ
そ45カ国の渡航経験をもつ。青年海外協力隊のOBでもある。ハンモックのコレクタ
ー。メディアの仕事を始めて今年でちょうど25年。
【お問い合わせ先】
特定非営利活動法人開発メディア(ganasの運営団体)
メール:devmedia.ganas@gmail.com

電気をアフリカの全ての人に!SDGs7達成への挑戦

□ 電気をアフリカの全ての人に!SDGs7達成への挑戦 □
アフリカでは、2030年時点においても約6億人もの人々が、電力アクセスの無い状
態で取り残されてしまうと予測されています。これは、世界で電力サービスを享受
できない人口の9割をアフリカの国々が占めることを意味しています。また、アフ
リカでは電化されている地域においても、十分な量の電力設備が開発されておらず
、適切なオペレーションをするための経験・技能・制度の不足もあいまって、停電
が頻発し、民間企業進出の阻害要因となっています。
そんな中、アフリカにおいて2030年までにSDGsゴール7「すべての人々に手ごろで
信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する」を達成する
ためには、各国政府やJICAを含む国際援助機関がこれまでのやり方を見直す必要に
迫られています。また、民間企業ともこれまで以上に協力関係を強化し、イノベー
ティブな解決策を模索していく必要があります。
そこで、今回のイベントでは、JICA電力セクターの未来に向けた協力方針とあわせ
、アフリカの電力課題に取り組む商社やスタートアップ企業の挑戦を取り上げます
。太陽光や風力を活用した、安価でクリーンな再生可能エネルギーや、オフグリッ
ド電力ビジネスの導入など、近年アフリカで急速に活発化しているイノベーティブ
な電力分野の動向についてご紹介します。たくさんの皆さまのご参加をお待ちして
おります。
(セミナー概要)
▼日時:2019年7月24日(水)15時00?16時45分
▼会場:JICA本部(二番町センタービル) 229会議室
https://www.jica.go.jp/about/structure/hq.html
地下鉄有楽町線 麹町駅5番出口より徒歩2分
▼申込方法:下記問い合わせ先まで、氏名、ご所属を記入の上、メールにてお申込
みください。
▼問い合わせ先:Kadaishien_chosei@jica.go.jp(
JICAイベント調整チーム)
▼参加費:無料
▼定員:60名(先着順、定員を超えるご応募を頂いた場合、キャンセル待ちとして
ご登録頂くことになります。御了承下さい。)
▼使用言語:日本語
▼詳細はこちら:
https://www.jica.go.jp/event/ku57pq00000iocps-att/190724_01.pdf

8/31(土)1/2DAYボランティアさん大募集!

□ 8/31(土)1/2DAYボランティアさん大募集! □
パレスチナ子どものキャンペーンの「活動報告2018」の発送作業をお手伝いいただ
ける方を募集しています。ご都合に合わせた短時間だけのご参加も大歓迎ですので
、 ご協力いただける方はぜひご連絡ください。
【日時】2019年8月31日(土) 13:00?17:00 (13:00現地集合 )
※13:00-17:00の間でご都合の良い時間帯だけのご参加も大歓迎です!
※早めに終わる場合もございます。 ※1Hだけでも大歓迎!
※参加者同士でわいわいとコミュニケーションをとりながらの
カジュアルな雰囲気での作業です。
【場所】落合第一地域センター3階 第一集会室A(東京都新宿区下落合4-6-7)
地図:http://www2.odn.ne.jp/~hak32900/index.html
【アクセス】西武新宿線「下落合」駅徒歩4分
※当日、道に迷った場合は、直接同施設までご連絡ください。
電話番号:03-3954-1611
【募集人数】20?25人
【ボランティア内容】封筒に発送物(年報やチラシ等)を入れて、封をする作業で
す。
※発送会場の設営・荷物運搬をお手伝いいただける方も大募集!
(12:30会場集合)
☆ボランティア登録がお済みでない方は、 当会HPよりご登録をお願いします。
https://ccp-ngo.jp/get-involved/volunteer/
☆連絡先: パレスチナ子どものキャンペーン事務局
info★ccp-ngo.jp(★を@にして送信してください)

8/10(土)パレスチナ活動報告会@目白(東京)

□ 8/10(土)パレスチナ活動報告会@目白(東京) □
2014年のガザ戦争で多くの犠牲者がでてから5年になりました。
当会ではこの4年半、負傷者への訪問医療を継続し、また今年度は通所リハビリ支
援を進めています。今年の夏は、日本から理学療法士を現地に派遣して研修を行う
予定にもしています。今回は、最近の現場での取り組みについて報告します。皆
様のご参加をお待ちしております。
日時:2019年8月10日(土)14:00-16:00(13:30 開場)
会場:目白第二区民集会室(東京都豊島区目白3-4-3)
アクセス:JR山手線 目白駅より徒歩2分※駐輪場のあるビルの3階。
入り口は横にあります。
http://www.city.toshima.lg.jp/069/
kurashi/kuminkatsudo/007314/shukaish
itsu/005173.html
参加費:無料 *要事前申込
人数:60名
*お申し込みは、お電話、FAXまたはメール、またはコクチーズPROサイトからお
願いいたします。
https://www.kokuchpro.com/event/CCP0810/
お問合せ先:認定NPO法人パレスチナ子どものキャンペーン

【小学校中・高学年対象】ミニ水族館を作ろう!

□ 【小学校中・高学年対象】ミニ水族館を作ろう! □
【小学校中・高学年対象】自由研究応援企画「ミニ水族館を作ろう!」(8/11)
SDGsのゴール14番「海の豊かさを守ろう」に関連したワークショップです。
前半は海の生き物カードを使ったアクティビティを、後半はミニ水族館づくりを
行います。海の豊かさや生き物同士のつながりについて楽しく学びましょう。
講師:本宮 万記子(JICA地球ひろば地球案内人)
関連サイト:
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/2019/190811_01.html
日時:8月11日(日)14:00?16:00
場所:JICA市ヶ谷ビル 2階 国際会議場(東京都新宿区市谷本村町10-5)
主催:JICA地球ひろば
定員:40名(先着順)
参加費:無料
申込:下記まで電話またはEメールにて、お名前、連絡先・ご所属・お子様の学年
または年齢をお知らせください。ホームページからもお申込みいただけます。
問合・申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel: 0120-767278
e-mail: chikyuhiroba@jica.go.jp
会場への行き方:
JR中央線・総武線「市ヶ谷」徒歩10分
都営地下鉄新宿線「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線「市ヶ谷」4番/6番出口 徒歩8分
地図:https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html
JICA地球ひろばHP https://www.jica.go.jp/hiroba/
Facebook https://www.facebook.com/jicachikyuhiroba
Twitter https://twitter.com/jicahiroba

カンボジアの体育科教育支援から学ぶ国際協力

□ カンボジアの体育科教育支援から学ぶ国際協力 □
【JICA地球ひろば】ハート・オブ・ゴールド×JICA「カンボジアの体育科教育支援
から学ぶ国際協力」(8/10)
2006年からJICA草の根技術協力事業にて、カンボジアの体育科教育支援を行う特定
非営利活動法人ハート・オブ・ゴールドの取り組みをご紹介します。参加者同士の
グループディスカッションも交え、体育科教育を通じた国際協力について考えまし
ょう。
講師:有森 裕子氏(ハート・オブ・ゴールド 代表理事)
岡出 美則氏(日本体育大学 教授)
西山 直樹氏(ハート・オブ・ゴールド 東南アジア事務所所長)
ファシリテーター:浦 輝大(JICA青年海外協力隊事務局企画業務課)
関連サイト:
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/2019/190810_02.html
日時:8月10日(土)15:00?18:00
場所:JICA市ヶ谷ビル 2階 国際会議場(東京都新宿区市谷本村町10-5)
主催:JICA
対象:ご興味のある方はどなたでも
定員:100名(先着順)
参加費:無料
申込:下記まで電話またはEメールにて、お名前、連絡先・ご所属をお知らせくだ
さい。ホームページからもお申込みいただけます。
問合・申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel: 0120-767278
e-mail: chikyuhiroba@jica.go.jp
会場への行き方:
JR中央線・総武線「市ヶ谷」徒歩10分
都営地下鉄新宿線「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線「市ヶ谷」4番/6番出口 徒歩8分
地図:https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html
JICA地球ひろばHP https://www.jica.go.jp/hiroba/
Facebook https://www.facebook.com/jicachikyuhiroba
Twitter https://twitter.com/jicahiroba