本の紹介「地域産品ビジネスによるコミュニティ開発 援助を行うための基礎知識」

「地域産品ビジネスによるコミュニティ開発 援助を行うための基礎知識

本の紹介「地域産品ビジネスによるコミュニティ開発 援助を行うための基礎知識
(国際協力の教科書シリーズ)」
野田 直人 著

国際協力の教科書シリーズ第三弾。
第二弾の「ビジネス振興と経営 ビジネスセンスを磨こう」が、ビジネスの当事者としての視点から書かれているのに対し、本書は援助を行うための基礎知識として編集されているのが大きな違い。現地のビジネスを支援するための基礎知識としての経理や在庫管理、ビジネスとして成り立つかどうかを測る指標、といった実務に加え、援助資金を援助対象ビジネスの経理においてどう扱うか、など、他の参考書では触れられていない重要なポイントも解説。
また、商品の開発と販売を支援する従来の援助の枠組み、一村一品(OVOP)やSHEP、そしてフェアトレードなどを行う場合に見落とされがちな、「コミュニティ全体の裨益」というコンテクストから、日本型の地域産業振興の特徴を解説している。
発展途上国で第一次産業やその加工品、手工芸や軽工業品などの生産と販売を支援する場合には、ぜひ事前に勉強しておきたい内容を網羅してる。

Amazon
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4990717058/hitonomori-22/ref=nosim

「地域産品ビジネスによるコミュニティ開発 援助を行うための基礎知識

□ 「地域産品ビジネスによるコミュニティ開発 援助を行うための基礎知識 □

本の紹介「地域産品ビジネスによるコミュニティ開発 援助を行うための基礎知識
(国際協力の教科書シリーズ)」
野田 直人 著

国際協力の教科書シリーズ第三弾。
第二弾の「ビジネス振興と経営 ビジネスセンスを磨こう」が、ビジネスの当事者
としての視点から書かれているのに対し、本書は援助を行うための基礎知識として
編纂れているのが大きな違い。現地のビジネスを支援するための基礎知識としての
経理や在庫管理、ビジネスとして成り立つかどうかを測る指標、といった実務に加
え、援助資金を援助対象ビジネスの経理においてどう扱うか、など、他の参考書で
は触れられていない重要なポイントも解説。
また、商品の開発と販売を支援する従来の援助の枠組み、一村一品(OVOP)やSHEP、
そしてフェアトレードなどを行う場合に見落とされがちな、「コミュニティ全体の
裨益」というコンテクストから、日本型の地域産業振興の特徴を解説している。
発展途上国で第一次産業やその加工品、手工芸や軽工業品などの生産と販売を支援
する場合には、ぜひ事前に勉強しておきたい内容を網羅してる。

Amazon
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4990717058/hitonomori-22/ref=nosim
Yahoo
http://store.shopping.yahoo.co.jp/hitonomori/zf0ekw24tr.html
人の森ショップ
http://shop.hitonomori.com/products/detail.php?product_id=46

「ビジネス振興と経営 ビジネスセンスを磨こう」

□ 「ビジネス振興と経営 ビジネスセンスを磨こう」 □

本の紹介「ビジネス振興と経営 ビジネスセンスを磨こう」
野田 さえ子、吉川 典子、奥田 桐子 著

本書「ビジネス振興と経営 ビジネスセンスを磨こう」は、「開発フィールドワー
カー改訂版」に続く国際協力の教科書シリーズ第二弾です。日本福祉大学大学院
国際社会開発研究科の「国際開発ワーカー (支援者)のためのビジネスの基礎」
のテキストにも指定されています。

「市場志向型」「マーケティング」「地場産業振興」「バリューチェーン構築」
「中小企業振興」「収入創出活動」。多くの難しいコンセプトが飛び交う中、途
上国の経済開発に携わる人向けに必須の17の視点を抽出し、ビジネス振興の教科
書としてまとめました。各章は、事例、視点、演習の3部構成でなっています。
実践的な討議、グループ学習にも最適です。

「E国は、アジアにある人口400万人ほどの国である。首都から400キロ離れた州都
マウントヘブン市は風光明美で緑豊かなマウントヘブン山があり、スキーやハイキ
ングなどの観光資源も多く、インバウンドの観光客も年間150万人と多い。
果実、樹木、羊毛などが地域資源であり、これらの資源を加工したジャム、ドラ
イフルーツ、手工芸品などの商品を生産している。この地域で、X国の国際NGO
主導により、地域資源を活用した商品開発と輸出を通した女性の収入創出プロジェ
クトが実施されている。E国内では市場サイズが小さいと判断され、輸出を通し
て地域経済を活性化することをプロジェクトの目的に掲げている。」
こうした途上国のどこかで行われているような事例を元に、ビジネスセンスを磨
くための視座を紹介しています。事例を読んだ後、そのプロジェクトでの課題を
抽出し、課題解決のためのビジネス振興の視座の説明がされます。最後に、読者
の身近な事例と結び付けて学びを引き出すディスカッション用の問が付されてい
ます。

「事例におけるE国の物流コストを効率化するために、具体的に何を調べ、どの
ように改善していくことが可能か、話し合ってみよう」といった具合です。17章
を自ら考えていくことを通して、途上国の経済開発における「ビジネスセンス」
を磨いていくことを目的とした本です。

アマゾン
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/499071704X/Yahoo!
http://store.shopping.yahoo.co.jp/hitonomori/z8c4cn9sh3.html
人の森ショップ
http://shop.hitonomori.com/products/detail.php?product_id=44

「ビジネス振興と経営 ビジネスセンスを磨こう」

□ 「ビジネス振興と経営 ビジネスセンスを磨こう」 □

本の紹介「ビジネス振興と経営 ビジネスセンスを磨こう」
野田 さえ子、吉川 典子、奥田 桐子 著

本書「ビジネス振興と経営 ビジネスセンスを磨こう」は、「開発フィールドワー
カー改訂版」に続く国際協力の教科書シリーズ第二弾です。日本福祉大学大学院
国際社会開発研究科の「国際開発ワーカー (支援者)のためのビジネスの基礎」
のテキストにも指定されています。

「市場志向型」「マーケティング」「地場産業振興」「バリューチェーン構築」
「中小企業振興」「収入創出活動」。多くの難しいコンセプトが飛び交う中、途
上国の経済開発に携わる人向けに必須の17の視点を抽出し、ビジネス振興の教科
書としてまとめました。各章は、事例、視点、演習の3部構成でなっています。
実践的な討議、グループ学習にも最適です。

「E国は、アジアにある人口400万人ほどの国である。首都から400キロ離れた州都
マウントヘブン市は風光明美で緑豊かなマウントヘブン山があり、スキーやハイキ
ングなどの観光資源も多く、インバウンドの観光客も年間150万人と多い。
果実、樹木、羊毛などが地域資源であり、これらの資源を加工したジャム、ドラ
イフルーツ、手工芸品などの商品を生産している。この地域で、X国の国際NGO
主導により、地域資源を活用した商品開発と輸出を通した女性の収入創出プロジェ
クトが実施されている。E国内では市場サイズが小さいと判断され、輸出を通し
て地域経済を活性化することをプロジェクトの目的に掲げている。」
こうした途上国のどこかで行われているような事例を元に、ビジネスセンスを磨
くための視座を紹介しています。事例を読んだ後、そのプロジェクトでの課題を
抽出し、課題解決のためのビジネス振興の視座の説明がされます。最後に、読者
の身近な事例と結び付けて学びを引き出すディスカッション用の問が付されてい
ます。

「事例におけるE国の物流コストを効率化するために、具体的に何を調べ、どの
ように改善していくことが可能か、話し合ってみよう」といった具合です。17章
を自ら考えていくことを通して、途上国の経済開発における「ビジネスセンス」
を磨いていくことを目的とした本です。

アマゾン
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/499071704X/Yahoo!
http://store.shopping.yahoo.co.jp/hitonomori/z8c4cn9sh3.html
人の森ショップ
http://shop.hitonomori.com/products/detail.php?product_id=44

本の紹介 「ビジネス振興と経営 ビジネスセンスを磨こう」 

□ 本の紹介 「ビジネス振興と経営 ビジネスセンスを磨こう」 □

国際協力の教科書シリーズ第二弾。
「市場志向型」「マーケティング」「地場産業振興」「バリューチェーン構築」
「中小企業振興」「収入創出活動」。多くの難しいコンセプトが飛び交う中、
途上国の経済開発に携わる人向けに必須の17の視点を抽出したビジネス振興の
教科書。各章は、事例、視点、演習の3部構成。実践的な討議、グループ学習にも
最適。
ビジネス振興、地場産業振興、村落開発、中小企業振興など、特に途上国の人々の
経済活動支援を対象とした国際協力を行う人にはぜひ読んで、また考えていただき
たい本です。実際の途上国での事例に基づいて解説を行っていますので、国際協力
を行う方にも理解しやすいものになっています。
日本福祉大学大学院福祉社会開発研究科&国際社会開発研究科の履修科目講座
「国際開発ワーカー(支援者)のためのビジネスの基礎」のテキストに指定。

今回は発行部数が少なく、一般書店への流通はなく、ネットショップのみでの販売
となります。
アマゾンは在庫が少なく、予約扱いになる場合が多いです。その他のショップは、
出版元から直接発送しますので、在庫切れはありません。

アマゾン
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/499071704X/
Yahoo! ショッピング
http://store.shopping.yahoo.co.jp/hitonomori/
人の森ショップ
http://shop.hitonomori.com/products/detail.php?product_id=44

本の紹介 「開発フィールドワーカー改訂版」

□ 本の紹介 「開発フィールドワーカー改訂版」 □

国際協力マガジン編集長の野田直人氏の著作「開発フィールドワーカー」は2000年
に出版され、青年海外協力隊の皆さんをはじめ、多くの国際協力関係者の参考書
として読まれていましたが、昨年出版社の在庫が終了して以降絶版になっていま
した。

このたび判型も改め、2016年までの著者の新たな経験・知見を書き加え、以前
は65トピックだったのが、80トピックに増えています。今から国際協力を目指
す方も、またある程度の経験を積まれて自分の活動を振り返ってみたい方も、
ぜひお手にお取りください。

今回は発行部数が少なく、一般書店への流通はなく、ネットショップのみでの販売
となります。
アマゾンは在庫が少なく、予約扱いになる場合が多いです。その他のショップは、
出版元から直接発送しますので、在庫切れはありません。

アマゾン
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4990717031/
Yahoo! ショッピング
http://store.shopping.yahoo.co.jp/hitonomori/
人の森ショップ
http://shop.hitonomori.com/products/detail.php?product_id=43

味の素「食と健康」国際協力支援プログラム募集

□ 味の素「食と健康」国際協力支援プログラム募集 □

味の素グループでは、開発途上国の人々の生活の質の向上を目的に、「食・栄養」
分野において社会への貢献度の高い国際協力活動に対し助成を行います。

▼応募期間:2015年9月1日(火)〜10月30日(金)

▼対象課題:「食・栄養」分野、及びこれらと関連する「保健」分野に関する課題

▼対象となる活動:実践活動 (ただし、将来的に「実践活動」につながることが
期待できる場合は、「教育・教材等開発/提供」や「技術研究」についても対象と
なります。)

▼対象地域:
【アジア】インド、中華人民共和国、ネパール、バングラデシュ、ミャンマー、
ラオス
【南 米】エクアドル、コロンビア、パラグアイ、ペルー、ボリビア
*上記以外の国につきましては、弊社現地法人プログラムとの協働を予定しており
ますので直接ご相談ください。
 
▼支援期間・金額:2016年度 上限3000万円/年間 × 最長3年間
(支援開始日は、原則2016年4月1日といたします。)

▼申請者の資格:
・原則として、日本に拠点を有する非営利団体であること。
・組織を発足してから2年以上の事業実績を有すること。
・事業を展開するための現地拠点があること/カウンターパートがいること。
・政治的、営利的、宗教的活動は類似の行為を含めて一切行っていないこと。

▼応募要項・申請用紙の入手先:
味の素HPよりダウンロードできます。
http://www.ajinomoto.co.jp/activity/kouken/global/ainkoubo.html

▼お問い合わせ先:
(〒104−0032)
東京都中央区八丁堀2-9-1マーケティング事業本部コミュニケーションサポー
ト部カスタマーサポートグループ
(株)味の素コミュニケーションズ内AIN助成プログラム申請受付
e-mail:ain2016@ajinomoto.com
ホームページ:http://www.ajinomoto.com/jp/activity/csr/ain/ainkoubo.htm

本の紹介『小論文・レポートの書き方』

□ 本の紹介『小論文・レポートの書き方』 □

『小論文・レポートの書き方 
パラグラフ・ライティングとアウトラインを鍛える演習帳』

本書は以前国際協力関係者向けのレポート・ライティング講座を
実施していたおりに使用していたテキストに加筆したものです。

アマゾンで購入できるようになりました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4990717015/hitonomori-22/ref=nosim

内容的には、特に英語圏では一般的なパラグラフ・ライティングや
アウトラインといった概念を紹介し、説得性が高く読み易い小論文・
レポートが書けるコツを紹介するものとなっています。

本書は大学・大学院などの課題として小論文やレポートを書く人、
入試や入社試験で短時間で説得力のある小論文やエッセーを書く人の
他、特に海外留学を目指す人、国際機関などで仕事をする方、海外に
関する仕事でレポートを書く方にお勧めします。

本書は日本語で書かれていますが、小論文・レポートの書き方自体は
言語を問わず共通ですし、本書で説明する内容は特に英語圏の教育に
おいては標準とされているものです。

ゼミやグループなどで複数冊をまとめて購入される場合には値引きを
いたしますので、人の森までメールで連絡ください。
人の森 info@hitonomori.com

人の森では本書をテキストにしたレポート・ライティング講座も実施
しております。特定の学校・団体やグループ向けにカスタマイズした
講座も実施できますので、興味のある方はメールでご連絡ください。

本の紹介『小論文・レポートの書き方』

□ 本の紹介『小論文・レポートの書き方』 □

このたび、有限会社人の森では書籍
野田直人著 『小論文・レポートの書き方 
パラグラフ・ライティングとアウトラインを鍛える演習帳』
を出版いたしました。

本書は以前国際協力関係者向けのレポート・ライティング講座を
実施していたおりに使用していたテキストに加筆したものです。

本書は現在アマゾンや一般書店では販売されておりませんので、
購入は人の森WEBショップでお願いいたします。
http://shop.hitonomori.com/products/detail.php?product_id=28

内容的には、特に英語圏では一般的なパラグラフ・ライティングや
アウトラインといった概念を紹介し、説得性が高く読み易い小論文・
レポートが書けるコツを紹介するものとなっています。

本書は大学・大学院などの課題として小論文やレポートを書く人、
入試や入社試験で短時間で説得力のある小論文やエッセーを書く人の
他、特に海外で仕事をする方、海外に関する仕事でレポートを書く方
にお勧めします。

本書は日本語で書かれていますが、小論文・レポートの書き方自体は
言語を問わず共通ですし、本書で説明する内容は特に英語圏の教育に
おいては標準とされているものです。

ゼミやグループなどで複数冊をまとめて購入される場合には値引きを
いたしますので、人の森までメールで連絡ください。
人の森 info@hitonomori.com

人の森では本書をテキストにしたレポート・ライティング講座も実施
しております。特定の学校・団体やグループ向けにカスタマイズした
講座も実施できますので、興味のある方はメールでご連絡ください。

本の紹介『小論文・レポートの書き方』

□ 本の紹介『小論文・レポートの書き方』 □

このたび、有限会社人の森では書籍
野田直人著 『小論文・レポートの書き方 
パラグラフ・ライティングとアウトラインを鍛える演習帳』
を出版いたしました。

本書は以前国際協力関係者向けのレポート・ライティング講座を
実施していたおりに使用していたテキストに加筆したものです。

本書は現在アマゾンや一般書店では販売されておりませんので、
購入は人の森WEBショップでお願いいたします。
http://shop.hitonomori.com/products/detail.php?product_id=28

内容的には、特に英語圏では一般的なパラグラフ・ライティングや
アウトラインといった概念を紹介し、説得性が高く読み易い小論文・
レポートが書けるコツを紹介するものとなっています。

本書は大学・大学院などの課題として小論文やレポートを書く人、
入試や入社試験で短時間で説得力のある小論文やエッセーを書く人の
他、特に海外で仕事をする方、海外に関する仕事でレポートを書く方
にお勧めします。

本書は日本語で書かれていますが、小論文・レポートの書き方自体は
言語を問わず共通ですし、本書で説明する内容は特に英語圏の教育に
おいては標準とされているものです。

ゼミやグループなどで複数冊をまとめて購入される場合には値引きを
いたしますので、人の森までメールで連絡ください。
人の森 info@hitonomori.com

人の森では本書をテキストにしたレポート・ライティング講座も実施
しております。特定の学校・団体やグループ向けにカスタマイズした
講座も実施できますので、興味のある方はメールでご連絡ください。