ganas記者になろう『77日記者研修』(11期)

□ ganas記者になろう『77日記者研修』(11期) □

途上国・国際協力に特化したNPOメディア「ganas」(運営:NPO法人開発メディア
)は10月11日?12月27日、ganasの中核記者を養成する『77日記者研修』を開講し
ます。途上国・国際協力の知識からネタの探し方、視点のもち方、取材の仕方、
伝わる記事の書き方までをganas編集長から少人数で集中的に学べる内容。国際協
力のさまざまな分野のキーパーソンを取材し、記事を書き、それをganasのウェブ
サイトに署名記事で発信します。日本にいながら途上国に詳しくなりたい方に最
適。
ベネズエラ、イエメン、シリア、コンゴ民主共和国、リビア、ロヒンギャ、ヤジデ
ィ教徒――。76億人が暮らす地球上では日々、大手メディアがカバーしきれない
「危機」が起きています。
こうした危機に直接巻き込まれる人たちの人生を、一度でも本気で想像したことは
ありますか? 一生を棒に振る、と言ってしまっていいのかどうかわかりませんが
、凄まじいことです。ganasは常に、弱者に寄り添うメディアであり続けたいと考
えています(だから広告主もいませんし、自由に書けます)。
ganasが強く意識するのは、「日本であまり知られていない“世界で起きているこ
と”を伝えること」「途上国のさまざまな問題に取り組む人や組織を取り上げるこ
と」「物事にはこんな見方もあるよ、と途上国の価値観・多様性から学ぶ記事
を発信すること」の3つです。こんなNPOメディアは他にありません。
ですが、これらは言うは易し行うは難しです。途上国の知識も、記事を書くスキル
も必要なわけですから。
そこでganasは2016年春から、日本にいながら途上国に詳しいganas記者を育てる
『記者研修』を始めました。「途上国・国際協力」と「伝わる書き方」を同時に
超実践的に学べる日本で唯一のプログラムです。今回が11期目。
第11期の『77日記者研修』の期間は2020年10月11日(日)?12月27日(日)。研修
生はganasの記者になって、途上国・国際協力の知識からネタの探し方、視点のも
ち方、取材の仕方、伝わる記事の書き方までを集中的に学びながら、国際協力の
さまざまな分野のキーパーソンを取材し、記事を書き、それをganasのウェブサイ
トに署名記事で発信します。
応募資格は、途上国のさまざまこと(政治、経済、社会)や国際協力のトレンドを
知りたい方、記事の書き方(伝わる書き方)を本気で習得したい方、ご自身の知識
を生かして記事を発信したい方など。オンライン開催ということで、どこからでも
ご参加いただけます(これまでは首都圏在住者のみでした)! 社会人から大学生
まで、年齢、学歴不問です。ganas編集長が責任をもってマンツーマンで指導させ
ていただきます。
取材・執筆するテーマは、途上国・国際協力のことなら自由です。東南・南・中央
アジア、大洋州、アフリカ、中東、ラテンアメリカ、持続可能な開発目標(SDGs)
、平和構築、難民、少数民族、貧困、ジェンダー、BOPビジネス、民主化、宗教、
子ども、教育、食文化、音楽、幸福‥‥。
取材先はNGOや国際機関、途上国で活躍する起業家、日本在住の途上国出身者など
。ご自身が興味のあることを、『77日記者研修』を通してぜひ深めてください。
そのためのバックアップは惜しみません。
『77日記者研修』は、修了後にganasの中核記者になっていただくことを前提とし
ています。NPOメディアの運営に携わることもできます。ですので、本気度の高い
方の参加を歓迎します。途上国・国際協力を一緒に盛り上げましょう!
募集人数は限定15人。
記事の反響が大きければ、大手メディアの記者から逆に取材を受けたり、イベント
への登壇を要請されたりすることもあります。大手メディアが注目しない「途上国
を多角的にとらえた記事」の発信は大きな社会貢献にもなります。

【77日記者研修の7大メリット】
1)ganas編集長からマンツーマン指導を受けられる!
視点のもち方、ネタの見つけ方、取材先の探し方、取材依頼の方法、取材の仕方、
記事の書き方などをganas編集長が研修生一人ひとりに懇切丁寧に指導します。“
なんちゃって記事”ではなくて、プロが書くようなスタイルの記事が書けるように
なります(ただし努力は必要です)。メディア志望の方、発信力を高めたい方に
最適。
2)キーパーソンを取材できる!
国際協力のさまざまな分野のキーパーソンを取材できます。グローバルな知識が深
まるのはもちろん、物事にはいろんな見方があることも実感できます。まずはオン
ラインイベントを取材してみましょう(やり方はお教えします。ただ一歩を踏み出
す勇気は必要)! 座学ではなく、生の知識と実践的な経験を積めるのが魅力。取
材先の探し方から、申し込み方法、事前準備、記事の執筆まで編集長がサポートし
ます。
3)「グローバルライター講座」にも無料参加できる!
『77日記者研修』のプログラムには、毎回大好評の「グローバルライター講座」
への参加も含まれます(10月23日?12月11日の毎週金曜日20時?21時30分、合計8回
。金曜日のご都合がどうしても悪い場合は土曜日でも可能)。グローバルライタ
ー講座は座学が中心。そこで学んだテクニックを『77日記者研修』で実践すると
いうイメージです。『77日記者研修』は、グローバルライター講座の強化・実践
版と考えるとわかりやすいかもしれません。
4)ganasの中核記者を育てたいから低価格!
記者研修&グローバルライター講座で指導を受けられる時間は合計62時間です(
これ以外に、添削などの個別指導があります)。『77日記者研修』の参加費(6万
5000円)を単純に62時間で割ると、1時間当たりの費用はわずか1048円です(添削
などの個別指導を含めれば900円程度に下がります)。テキストを購入していただ
く必要もなく(「ganas 流伝わる記事の書き方ガイド」を支給します)、かなり
お得。ganasの中核記者になれば、その後は無料で学び続けられます。ganasの中
核記者(OB・OGも含め)は、ganasでの経験を踏み台にいろんな分野(大手メディ
ア、省庁、起業など)で活躍しています。
5)一流のプロボノデスクに添削・校正してもらえる!
研修生が書く記事が一定の水準に達した段階で、一流のプロボノデスクに添削・校
正してもらうことも可能です。ganasのプロボノデスクは大手メディアの現役幹部
・記者です。メディアに興味のある方にとっては最高の環境を提供します。食事
会なども定期的に開いていますので、刺激的な裏話を生で聞くこともできます。
ganasの記者を経て大手メディア(NHKや共同通信など)に就職した人は多数いま
す。
6)みんなで集まってハードに楽しく!
『77日記者研修』の研修生は週に1回(日曜日の夜)、オンライン(Zoom)でつな
げ、記事についてフィードバックしあったり、取材計画を一緒に立てたりします。
仲間同士でハードに楽しくレベルアップしていただきます。これまでの研修生は、
NGOの職員、マーケティング会社の元社員、コンサル会社の社員、NGOの運営にか
かわる元商社マン、公務員、PR会社の社員、看護師、JICA海外協力隊(現役、派
遣予定者、OB・OG)、大学生など、ユニークな顔ぶれでした。
7)途上国を取材できるプログラムに最大3万円引きで参加できる!
ganasは2・3月と8・9月に、途上国で取材し、記事を書き、発信する唯一無二のプ
ログラム「Global Media Camp」を開いています。これまでに訪れたのはフィリピ
ン、ミャンマー、ベトナム、カンボジア、南米コロンビア、西アフリカのベナン、
インド、タイの8カ国。今回の『77日記者研修』の研修生は、2021年春の「Global
Media Camp」に最大3万円引き(2万円引き+早割として1万円引き)で参加でき
ます。新型コロナの影響で開催は未定ですが、開催できる場合、魅力的な取材先
を調整します。途上国での取材は刺激的。

【日程・場所】
・77日記者研修
10/11(日)、10/18(日)、10/25(日)、11/1(日)、11/8(日)、11/15(日)
、11/22(日)、11/29(日)、12/6(日)、12/13(日)、12/20(日)、12/27(
日)
*10月11日?12月27日の日曜日(全12回)
*時間は18時?21時30分
*場所はご自宅(Zoomでつなげます)

・グローバルライター講座(金曜コース)
10/23(金)、10/30(金)、11/6(金)、11/13(金)、11/20(金)、11/27(金
)、12/4(金)、12/11(金)
*10月23日?12月11日の金曜日(全8回)
*時間は20時?22時30分
*場所はご自宅(Zoomでつなげます)
*金曜日がどうしてもご都合つかない方は「土曜コース」(10/24?12/12の19時?
21時30分)の受講も可能です。ご相談ください

【応募方法と締め切り】
下のメールアドレスに履歴書(書式自由。志望動機を詳しく書いてください)をお
送りください。10月1日(木)23時59分必着。応募者に対して概要説明と簡単な面
談をさせていただきます。まずは話を聞いてみたいという方もお気軽にご連絡く
ださい。
*締切日は10月1日ですが、早期応募など熱意ある姿勢を高く評価します
*応募書類送付先:devmedia.ganas@gmail.com
*77日記者研修の詳細;https://www.ganas.or.jp/news/20200829wt11/

国際リハカフェ「COVID-19と障害者と暮らし」

□ 国際リハカフェ「COVID-19と障害者と暮らし」 □

国際リハビリテーション研究会では、「ほぼ夏フェス!2020」と題し、この8月9
月に勉強会「国際リハカフェ」を3連続開催します。
今回はその第2弾のご案内です。

【テーマ】COVID-19と障害者と暮らし
【日時】9月13日(日)15:00-16:00
【参加費】無料
【方法】Zoomによるウェビナー
【オーガナイザー】大室和也(難民を助ける会[AAR Japan])
【申し込み】9月10日(木)までに以下のURLより
https://forms.gle/xTSGsXvm2qHCSrt97

ほぼ夏フェス!2020第3弾も既に参加申込を受付開始しています。
詳細は国際リハ研究会Facebookページ
(https://bit.ly/36hoHym)をご覧ください。

麻酔科医“でも”できる国際救援

□ 麻酔科医“でも”できる国際救援  □

麻酔科医“でも”できる国際救援
?赤十字国際委員会 南スーダンでの活動を通して?2020年9月 シェアの会

日本赤十字社医療センターでは、毎月一回「シェアの会」を開催し、海外で救援
・復興・開発事業に携わる際に必要な知識の習得や体験の共有を行っています。来
る9月24日(木)のシェアの会では、
「麻酔科医“でも”できる国際救援 ?赤十字国際委員会 南スーダンでの活動を
通して?」と題し、日本赤十字社医療センター 集中治療科副部長 大塚 尚実氏
からお話を伺います。
赤十字病院で麻酔科医として活躍する大塚医師は、2015年以降赤十字国際委員会
(ICRC)*の現場へ複数回派遣されてきました。恵まれた環境での日本の麻酔科
医とは異なり、現場では創意工夫が求められます。南スーダンでは、Mobile Su
rgical Teamのメンバーとして、また、パキスタン ペシャワールでは、現地ス
タッフの教育活動に従事しました。 紛争による犠牲者へ、戦傷外科という日本
では経験を積むことのできない領域で、麻酔科医としてどのように体得していっ
たのか、今回は、南スーダンの実践を中心にお話いただきます。

*赤十字国際委員会(International committee of the Red Cross; ICRC)は、
世界80か国以上で、戦争や武力紛争及びその他暴力の伴う事態によって犠牲を強
いられた人々に対して人道的保護と支援活動を展開しています。

zoomを利用したネット配信になります。どなたでも参加できますが、定員100名の
ため先着順とさせていただきます。申し込みは下記アドレスからアクセスしフォ
ームに入力してください。
今後のご案内はGmailからお送りします。Gmailが拒否されないように皆様のメー
ル設定をご確認ください。

【日時】令和2年9月24日(木) 午後6時30分?8時00分
【演題】「麻酔科医“でも”できる国際救援?赤十字国際委員会 南スーダンでの
活動を通して?」
【演者】日本赤十字社医療センター 集中治療科副部長 大塚 尚実
【主催】国際医療救援部
【締切】申し込み締切日:9月23日(水)正午
【申し込みリンク】https://forms.gle/e22MuE3Xw8kYcm9t7

日本赤十字社医療センター 国際医療救援部 担当:苫米地・宮本
〒150-8935 東京都渋谷区広尾4-1-22 Tel: 03-3400-1311(内線:2382)、
E-mail: imrd@med.jrc.or.jp  URL: http://www.med.jrc.or.jp/

【FASID】第241回BBLセミナー

□ 【FASID】第241回BBLセミナー □

FASIDでは、第241回BBLセミナー『電気のないアフリカの村で「電子マネー経済圏
」を作る?日本植物燃料株式会社のアフリカ・モザンビークでの挑戦?』をオンラ
インにて開催いたします。皆様のご応募をお待ちしております。
■講師:合田 真氏 / 日本植物燃料株式会社
■日時:2020年9月18日(金) 12時30分?14時
■配信形式:Zoomでのオンライン配信
■言語:日本語(通訳なし)
■参加費:500円(賛助会員 無料)
■定員:85名(先着順・要申込み)
■申込み締め切り:2020年9月11日(金)正午まで (先着順)
■参加申込および詳細は以下のサイトをご確認ください。
https://bbl241.peatix.com
【お問い合わせ先】
一般財団法人国際開発機構(FASID)
国際開発研究センター 担当:神谷/浜岡
Tel:03-6809-1997 Fax:03-6809-1387 Email:bbls@fasid.or.jp
(現在スタッフの多くが在宅勤務にて業務を行っております。できる限りメールで
のお問い合わせにご協力をお願いいたします)

アマゾン熱帯林のいま

□ アマゾン熱帯林のいま  □

アマゾン熱帯林のいま
?ブラジル政権下の開発圧力に立ち向かう先住民?

肉牛牧畜や大豆栽培などの輸出用大規模農業開発、保護区内における違法の金採掘
を含む地下資源開発、木材業者による盗伐…。アマゾンは今、開発による森林破壊
で酷く乾燥化が進み、乾期の火災の拡大を招くという悪循環に陥っています。憲法
で土地への権利が保障される先住民族保護区はアマゾンの森を守る最後の砦。しか
し極右のボウソナロ政権は、保護区内で先住民族の同意なしに鉱物採掘を可能にす
る法案や、保護区の森を焼き払って違法に拡大した農地に恩赦を与える法案を次々
に提出するなど、開発圧力はますます高まる一方です。生存の危機の中、先住民族
はどのような抵抗運動を展開しているのでしょうか。ブラジルと長く関わり、また
RFJの活動に同行して現地を取材し続けている下郷さんに、「経済(貧困対策)か森
林保護か」という二元論で語られがちなアマゾンの問題に対して包括的な視点から
お話しいただきます。

ゲスト:下郷さとみさん(ジャーナリスト)
日時:9月12日(土)14:00?16:00(終了後、有志で懇親会)
場所;ルマ・ボルネオ
大阪府大阪市都島区都島本通3-8-10
都島駅(大阪市営地下鉄谷町線)徒歩3分
https://www.instabase.jp/space/9438516068
または、zoomかzoomウェビナー
(後ほどお申し込みの方に アドレスをお送りします)
参加費:無料
申し込み:以下の申し込みフォームからご記入ください。
https://bit.ly/3h06vip
または contact-hutan@hutangroup.org まで、
お名前、連絡先、直接かオンラインか、懇親会のご参加有無をお知らせください。

(プロフィール)
下郷さとみさん
ジャーナリスト。ブラジル・リオデジャネイロのファベーラ(都市スラム)を主な
フィールドに貧困層の民衆運動を長年取材。NPO法人熱帯森林保護団体(RFJ-Rain
forest Foundation Japan)に協力してアマゾン森林保護と先住民族支援にも関わ
り、2015年からは毎年、支援対象地であるアマゾン南部シングー川流域の先住民
族保護区を訪問している。2005年、農的暮らしを求めて東京から千葉県南部の農
村に移住し、里山保全や地域創造活動に参加。アマゾンの森の民の生活のあり方
に、人と自然が調和する場としての共通項「里山」を見い出している。著書に「
抵抗と創造の森アマゾン」(共著/現代企画室)、「平和を考えよう」(あかね書房)
、「地球の未来へ125の提案」(毎日新聞社)など。

主催:ウータン・森と生活を考える会
*本学習会は地球環境基金の支援を受けて開催します

パラスポーツ選手も働くインクルーシブな職場

□ パラスポーツ選手も働くインクルーシブな職場 □

【JICA地球ひろば】知ろう学ぼう!ラオスから発信するスポーツとソーシャルビジ
ネスのいま
?パラスポーツ選手も働くインクルーシブな職場?

「アジアの障害者活動を支援する会(ADDP)」の取り組み、そして”パラスポー
ツ選手も関わるインクルーシブなソーシャルビジネスのモデル事業”についてお
話しいただきます。
講師:中村 由希氏(ADDP事務局長)
関連サイト:
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/2020/200918_01.html
日時:9月18日(金)19:00?20:30
場所:Zoomによるオンライン開催
主催:JICA地球ひろば
対象:ご興味のある方ならどなたでも
参加費:無料
申込:下記までEメールにて、お名前、連絡先、ご所属をお知らせください。
ホームページからもお申込みいただけます。
開催日の1営業日前に、JICA地球ひろばより当日使用するZoomのURLをご連絡いた
します。
問合・申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel: 0120-767278
e-mail: chikyuhiroba@jica.go.jp

JICA地球ひろばHP https://www.jica.go.jp/hiroba/
Facebook https://www.facebook.com/jicachikyuhiroba
Twitter https://twitter.com/jicahiroba

グローバルユースフォーラム【9月26日(土)開催】

□ グローバルユースフォーラム【9月26日(土)開催】 □

グローバルユースフォーラム【9月26日(土)開催】
参加者募集中!<名古屋国際センター>

グローバルに活躍するゲストによる講演会とワークショップを行います。講演会の
ゲストは、社会起業家の田口一成さん(株式会社ボーダレス・ジャパン代表取締役
社長)。世界各国で社会問題解決の仕組みを生み出し続ける田口さんの原動力に迫
ります。後半は、グローバル人材育成の専門家、辰野まどかさんによるワークショ
ップを開催します。講演を聴いて感じたことを振り返り、「グローバル」へのつな
がりや、これから取り組んでいきたいことを対話していきます。
グローバルに活躍したいと思っている若者の皆さん、世界への扉を開き、新しい一
歩を一緒に踏み出してみませんか?

皆さまからのお申込み、心よりお待ちしております!下記のURLからお申込みく
ださい。
(※当フォーラムは、新型コロナウイルスの状況により、オンライン開催となりま
した。)
https://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/nicnews/event/2020/09261300.html

●日時:2020年9月26日(土)13:00?17:00
第1部:講演 13:00?14:30
  講師:田口 一成 氏
(株式会社ボーダレス・ジャパン代表取締役社長)
第2部:ワークショップ 15:00?17:00
 講師:辰野 まどか氏
((一社)グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)代表理事)
●会場:【第1部:講演】オンライン(ZOOM) および 名古屋国際センター別棟ホール
【第2部:ワークショップ】オンライン(ZOOM)のみ
●対象:15歳?35歳の方優先
●参加費:無料
●定員:【オンライン】先着100名(ワークショップは先着60名)
【会場】先着50名
※ 会場参加の場合、ワークショップにはご参加いただけませんので、
ご了承ください。
※ 会場では、ZOOM画面を映写し、オンラインでの講演の様子を
ご視聴いただけます。
●申込方法:申込フォーム、TEL、メールよりお申し込み下さい。

*主催・問合せ・申込み*
公益財団法人 名古屋国際センター 交流協力課
TEL:052-581-5691(月曜休館)
メール:koryu@nic-nagoya.or.jp

【中高生対象】持続可能な開発とは?

□ 【中高生対象】持続可能な開発とは? □

【中高生対象】持続可能な開発とは??環境先進国コスタリカの事例をとおして考
えよう?

コスタリカの概要や環境・社会課題、そしてSDGsについて理解を深め、持続可能な
開発のあり方を考えましょう!

講師:
伊賀野 千里氏(桜美林大学グローバルコミュニケーション学群特任講師)
西畠 知洋氏(福岡市立西新小学校 教諭)
関連サイト:
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/event/2020/200829_01.html
日時:8月29日(土)14:00?15:30
場所:Zoomによるオンライン開催
主催:JICA地球ひろば
対象:中高生
定員:30名(先着順)
参加費:無料
申込:下記までEメールにて、お名前、ご連絡先、学年または年齢をお知らせくだ
さい。
ホームページからもお申込みいただけます。
開催日の1営業日前に、JICA地球ひろばより当日使用するZoomのURLをご連絡いたし
ます。
問合・申込先:JICA地球ひろば 地球案内デスク
tel: 0120-767278
e-mail: chikyuhiroba@jica.go.jp

JICA地球ひろばHP https://www.jica.go.jp/hiroba/
Facebook https://www.facebook.com/jicachikyuhiroba
Twitter https://twitter.com/jicahiroba

ベトナム・ニカラグア・日本の小児リハについて語らう

□ ベトナム・ニカラグア・日本の小児リハについて語らう □

国際リハビリテーション研究会では、「ほぼ夏フェス!2020」と題し、この8月9
月に勉強会「国際リハカフェ」を3連続開催します。
今回はその第1弾のご案内です。
【テーマ】ベトナム・ニカラグア・日本の小児リハについて語らう
【日時】8月23日(日)15:00-16:30
【参加費】無料
【方法】Zoomによるウェビナー
【話題提供者】車井元樹(国際医療福祉大学成田病院)
寺村 晃(大阪医専/大阪大学)
山口佳小里(国際医療福祉大学成田保健医療学部)
【申し込み】8月20日(木)までに以下のURLより
https://forms.gle/8DBzuVfoWrqHvcqf9

ほぼ夏フェス!2020第2弾・第3弾の情報は国際リハ研究会Facebookページ
(https://bit.ly/36hoHym)で決まり次第随時ご案内しています。
こちらもお見逃しなく。

海外林業研究会オンラインセミナー

□ 海外林業研究会オンラインセミナー □

海外林業研究会(事務局:国際緑化推進センター)では、この度正会員間の情報
交換を目的として、「オンラインセミナー」を下記の通り開催いたします。

日時:令和2年8月29日(土)15:00?16:30(16:30?情報交換会)
開催方法:Zoomを利用したオンライン形式
定員:100名
費用:無料

内容
挨拶
15:00 開催挨拶・注意事項
講演
15:05 モンゴルの森林と林業?モンゴルの代表的な林業現場を訪問して?
穂積 玲子氏/林野庁北海道森林管理局根釧西部森林管理署
15:35 コーヒー発祥の森は消えてしまうのか??エチオピア森林コーヒーの保全
と付加価値化?
吉倉 利英氏/国際耕種株式会社
質疑応答
16:05 講演者2名とのディスカッション
意見交換・交流会※希望者のみ
16:30 ブレイクアウトルーム機能を利用し、4?5人ずつの小グループに分かれ自
由討論

なお、本セミナーは海外林業研究会の正会員を対象としたもので、別途正会員様宛
にご案内しているところです。
非会員・購読会員で参加を希望される方は、以下のリンクより正会員への申込のう
え、メールにてkenkyu-kai@jifpro.or.jpへ参加希望をお
伝えください。

海外林業研究会入会申し込みフォーム