市民と外交〜世界の紛争解決のために市民運動ができること

□市民と外交〜世界の紛争解決のために市民運動ができること□

もともとは3月12日に予定されていたシンポジウムですが、東日本大震災のため
延期しておりました。今回、改めての開催につきご案内申し上げる次第です。(会
場がドーンセンターからエル・大阪に変更されておりますのでご注意ください。)

日時:7月23日(土)午後2時〜5時(開場1時半、途中休憩含む)
場所:エル・おおさか(大阪府立労働センター)606号室(6階)
 大阪市中央区北浜東3-14
(地下鉄谷町線・京阪電鉄「天満橋」駅から西へ300m)
 電話:06-6942-0001
http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
資料代:500円

東ティモールは24年間のインドネシアによる侵略・占領を経て、99年に住民投
票で独立が決定、02年に主権回復を果たした。東ティモール紛争解決への市民運
動の関わりを振り返り、西サハラ、パレスチナ、西パプアといった紛争解決の可能
性を探る。

パネリスト:
 高林敏之氏(日本サハラウイ協会/早稲田大非常勤講師)
 清末愛砂氏(パレスチナの平和を考える会/島根大講師)
 古沢希代子氏(東京東ティモール協会/東京女子大教授)
 松野明久氏(大阪東ティモール協会/大阪大教授)
総合司会:
 亀山恵理子氏(大阪東ティモール協会/奈良県立大講師)

シンポジウムのお問合せ・申し込みは:
大阪東ティモール協会・松野まで
Email: akimatsuno@mac.com
Mobile: 090-3272-4383

【6/29開催】シェア 東ティモール活動報告会

□ 【6/29開催】シェア 東ティモール活動報告会 □

…………………………………………………………………………………
6月29日(水) シェア=国際保健協力市民の会 活動報告会開催のお知らせ
東ティモールでいのちを守る!〜現地での2年間をふりかえって〜
…………………………………………………………………………………
東ティモール駐在員の帰国にあたり、事業報告会を開催します!
2年間の駐在生活を振り返りながら、小学校における保健教育プロジェクト活動や
保健ボランティアの育成について語っていただきます。ご都合のつく方は、ぜひご
参加ください!

【日時】平成23年6月29日(水) 19:00〜20:30

【場所】JICA地球ひろば3階 301号室(JICA広尾センター:渋谷区広
    尾4-2-24)
    交通機関 :東京メトロ日比谷線広尾駅下車(3番出口)徒歩1分

【定員】30名

【資料代】 会員:300円、一般:500円

【スピーカー】谷口 加奈さん(シェア 東ティモール現地代表)
  愛知県出身。ハワイ大学修士課程(社会学、都市及び地域計画学)修了後、 
  ハワイにて社会福祉事業に携わる。その後開発コンサルタント、NGO勤務を経て、
  2009年7月より現職。

【お申し込み】
  info@share.or.jpまたはFAX 03-3837-2151宛てにお申込ください
   件名:「東ティモール活動報告会」
   本文:氏名(ふりがな) 、職業、郵便番号・住所、電話番号、質問事項、
   シェアの会員 / 非会員、メールアドレス、
   現在国際協力に関わっていますか? はい(具体的に:    )/いいえ

※詳細はシェアホームページよりイベント情報(http://share.or.jp/share/join/event/index.html)をご覧くだ
 さい。

(認定)特定非営利活動法人 シェア=国際保健協力市民の会 担当:志澤・青木
〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル5F
 TEL:03-5807-7581  FAX:03-3837-2151
 E−mail:info@share.or.jp URL:http://share.or.jp

東日本大震災チャリティ・ワークショップ

□ 東日本大震災チャリティ・ワークショップ □

東北関東大震災で被災した方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。
DEARではこの震災を受け、チャリティ・ワークショップを開催します。
このプログラムでは、学校や地域で、参加型で意見や気持ちを共有する学びを広げ
ることを目的に、2つの教材をつかったワークショップをおこないます。1つは食
からグローバリゼーションや文化の多様性を学ぶ教材「写真で学ぼう!地球の食卓
」。2つ目は時事問題を開発教育の 視点から扱った教材「グローバル・エクスプ
レス」を使い、震災についての気持 ちを共有します。
また、参加費は「DEAR東北緊急募金」に充てられます。

日時
2011年6月25日(土)13:00〜17:30(受付12:30〜)
※13:00に開始しますので時間厳守でご参加ください

会場・交通
在日本韓国YMCAアジア青少年センター9階会議室
http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/
(東京都千代田区猿楽町2-5-5)
JR水道橋駅徒歩6分、御茶ノ水駅徒歩9分
地下鉄神保町駅徒歩7分

参加費
3,000円

定員
80名(要予約・定員に達し次第締切ます)

対象
教員、学生(教員志望の方には特におすすめ)、NPO/NGO関係者、国際協力
・交流
関係者のほか、テーマに関心のある方。

申込み方法
以下ページ掲載の申込みフォームよりお申し込みください。
もしくは、DEARまでお電話でお申込みください。
http://www.dear.or.jp/getinvolved/event.html#charity

主催・お問い合わせ先:
特定非営利活動法人 開発教育協会(DEAR)
〒112-0002 東京都文京区小石川2-17-41富坂キリスト教センター
2号館3階
TEL 03-5844-3630 FAX 03-3818-5940(平日10:00〜18:00)
URL http://www.dear.or.jp/

ピース・インド プロジェクト報告会

□ ピース・インド プロジェクト報告会 □

      世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)    
 
        ピース・インド プロジェクト報告会        
     〜コットン生産地域の児童労働と現地プロジェクト最新情報〜    
 
世界最大のコットン耕作面積を誇るインド。
そのコットン生産地では、多くの子どもたちが学校に通うことができず
働いており、農薬による健康被害にも悩まされています。

ACEでは、このような子どもたちを危険な労働から守り、教育を支援する
ため、2010年からインド南部のアンドラ・プラデシュ州にある村で
「ピース・インド プロジェクト」を始めました。

この1年間で、村で働いていた子どもの7割が学校に通えるようになりました。
学校や住民が政府に働きかけて、学校の先生や教室が増えるなど、教育環境の改善
も進んでいます。

報告会では、プロジェクト担当者の成田が、
活動開始から1年が経った村や
子どもたちの様子をお話します。

報告会終了後は、会場近くのインド料理レストランで懇親会を行います。

みなさまのご参加をお待ちしております!

●日 時:2011年7月2日(土)15:00〜17:00(受付 14:30
〜)
●会 場:JICA地球ひろば セミナールーム202
     東京メトロ日比谷線 広尾駅下車(3番出口)徒歩1分
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html
●報 告:成田由香子(ACE 国際協力事業インド担当)
●参加費:一般:1000円、ACE会員、サポーター:500円
(紅茶つき。マイカップをお持ちの方はご持参ください!) 

●定 員:40名(先着順)

☆報告会終了後、会場近くのおいしいインド料理レストランで懇親会を
行います。お気軽にご参加ください!(17:30開始予定、実費)

■申込方法 【〆切:6/30(木)】
下記ページの「イベント申込フォーム」にてお申し込みください。
http://acejapan.org/modules/bulletin/article.php?storyid=274

主催:特定非営利活動法人ACE(エース)
〒110-0015 東京都台東区東上野1-6-4 あつきビル3F
TEL: 03-3835-7555 FAX: 03-3835-7601
URL: http://acejapan.org

国連機関(ユニセフ)で働くということ

「国連機関(ユニセフ)で働くということ
 −特に保健医療分野における役割と活動」

第76回 GLOCOLセミナー / FIELDOグローバル・エキスパート連
続講座(7)

日本の僻地医療、NGO、大学、ODA(外務省、JICA)などを経て、
今なぜ国連(ユニセフ)で仕事をしているのか。
特に保健医療分野でのユニセフや他の国連機関の役割と活動を、
NGOやJICAと比較してお話しいただきます。

また東日本大震災では日本ユニセフ協会のフィールドマネジャーおよび
宮城県災害保健医療アドバイザーとして2ヶ月間支援活動に携わって
こられたため、その活動と教訓についてもお話しいただきます。

※本セミナーはGLOCOL科目「グローバル健康環境」の授業の一環として
行われるものですが、一般公開とします。

講師紹介:國井 修(くにい おさむ)
1988年自治医科大学卒業、公衆衛生学修士(ハーバード大学)、
医学博士(東京大学)。内科医として大学病院勤務、
また様々な機関において緊急援助、開発事業、調査研究、教育に携わる。
現在は国連児童基金(UNICEF)ソマリア支援センター
保健・栄養・水衛生事業部長。※詳細はウェブサイトをご覧ください。

http://www.glocol.osaka-u.ac.jp/research/110714.html

日時:2011年7月14日(木) 17:30〜19:00

場所:大阪大学保健学科第2講義室(吹田キャンパス)
   大阪府吹田市山田丘1-7
   大阪モノレール
   万博記念公園駅で彩都線(同一ホーム)に乗継ぎし、阪大病院前駅下車。

   キャンパス内徒歩約15分
地図:http://sahswww.med.osaka-u.ac.jp/www/access/root-mono.html

参加費:無料
定員:特になし

主催:大阪大学グローバルコラボレーションセンター
共催:大阪大学医学系研究科「健康医療問題解決能力の涵養」教育プログラム
   
申込:事前申し込み要
1)名前、2)所属、3)希望するセミナー名を記載のうえ、
fieldo_jimu@glocol.osaka-u.ac.jp までお申し込みください。
当日参加も可能です。

問合先:
大阪大学グローバルコラボレーションセンター
TEL: 06-6850-5176
FAX: 06-6850-5185
fieldo_jimu@glocol.osaka-u.ac.jp

2011年度「ステファニ・レナト賞」候補者募集

□ 2011年度「ステファニ・レナト賞」候補者募集 □

 この度は、皆様に、ステファニ・レナト賞の候補者の推薦をお願いしたく、
ご連絡いたしました。

 皆様ご存知の通り、近年では、NGO活動やボランティア活動などに対する
社会の関心が高まっております。世間の目を引く活動がマスコミ等のメディア
で取り上げられている一方で、目立たないながらも献身的な活動を続けてい
る方もまた多くいらっしゃいます。

 そこで私たちは、人間の尊厳を守るため地道ながらも素晴らしい活動を実践
している個人や団体を表彰する「ステファニ・レナト賞(※)」を制定し、201
1年度の受賞候補者を公募しております。

 つきましては、下記をご参照の上、受賞するにふさわしい個人ないし団体を
ぜひともご推薦頂きたく、お願い申し上げます。

                     記
 
●推薦方法:添付の候補者推薦要領をご参照の上、推薦用紙を事務局までお
送り下さい。なお、対象となる活動分野は特に定めず、自薦、他薦は問いません。

また、同内容はホームページにも掲載しております。
http://www.nangoc.org/02aboutus/01ngonews/index.html#no32

 また、過去二年間にご応募いただいた団体も、受賞の対象としてさせて頂い
ております。過去にご応募いただいた団体で、最近の活動内容がわかるよう
な資料があれば、お送り頂けますと幸いです。

●応募〆切:7月20日(水)(必着)
●選考/受賞者発表方法:有識者で構成される選考委員会で慎重に審議され
ます。受賞者の発表は10月6日、表彰式は10月22日の予定です。 

(※)この賞の名称は、日本において40年間近くにわたって社会的弱者の立
場にたった活動を続け、2003年10月に東ティモールで活動中に交通事故
で亡くなったステファニ・レナト氏(特定非営利活動法人名古屋NGOセンター

初代理事長)の功績に敬意を表し、その精神を引き継ぐため名づけられたもの
です。              

(問合せ/事務局)
〒453−0021
愛知県名古屋市中村区松原町1−24 COMBi本陣N206
特定非営利活動法人 名古屋NGOセンター内
ステファニ・レナト賞実行委員会 事務局(担当 門田、加藤)
TEL 052-483-6800
FAX 052-483-6801
e-mail: info@nangoc.org

以上

———————————————-
特定非営利活動法人 名古屋NGOセンター
〒453-0021
愛知県名古屋市中村区松原町1-24 COMBi本陣N206
TEL:052-483-6800 FAX:052-483-6801
E-MAIL:info@nangoc.org URL:http://www.nangoc.org
———————————————–

PFJカフェ 日本人のためのアラブ人取扱説明書

□ PFJカフェ 日本人のためのアラブ人取扱説明書 □

 グローバル化した現代、仕事、学校、旅行、課外活動、
アルバイト、買い物、ご近所との付き合いなどで、アラブ人と接した
ことのある人は決して少なくありません。でも楽しい思い出の反面、
戸惑ったことはありませんか?
 実はアラブ人も私たち日本人に対して同じように考えています。
今回は来日歴15年のエジプト人・アルモーメンさんをお招きし、
「アラブ人の扱い方を取扱説明書に従って」楽しく解説していただき
ます。

●日時:2011年7月16日(土) 15時00分〜16時30分
              (受付開始:14:45)

●場所: JICA地球ひろば 303号室
     東京都渋谷区広尾4-2-24 
  <東京メトロ日比谷線 広尾駅下車(3番出口)徒歩1分>
地図:http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

●テーマ:「日本人のためのアラブ人取扱説明書
〜想像するほど難しくはありません〜」
お話の概要の一部:
アラブ人と日本人の比較例
1)周囲を気にしないアラブ人/気にする日本人
2)自慢するアラブ人/謙遜する日本人
3)感情を爆発させるアラブ人/感情を抑える日本人
4)質問が得意なアラブ人/質問が苦手な日本人
5)まず行動するアラブ人/先に計画を立てる日本人
などなど。

●講師:アルモーメン・アブドッラー氏
大東文化大学国際関係学部講師。
サウジアラビア王国大使文化部スーパーバイザー。
元NHKテレビアラビア語講座講師。1975年、エジプト・カイロ生まれ。
学習院大学大学院言語学博士号取得。天皇皇后両陛下やパレスチナ・
アッバス議長などアラブ諸国からの要人通訳を務めた経験をもつ。

●内容:講演(約30分)+質疑応答・対話(約60分)

☆☆☆アルモーメンさんの著書のご紹介☆☆☆
昨年発行されたアルモーメンさんの著書、「地図が読めないアラブ
人、道を聞けない日本人」(小学館新書)では、今回お話しいただく
内容の予習ができますので、事前にお読みいただくことをおすすめし
ます。当日、この本をご持参いただくと、アルモーメンさんにサイン
していただけます。
参考:http://ameblo.jp/haracho/entry-10702773449.html

●懇親会:
セミナー後、講師を交え会場近くのお店で懇親会を予定しています。
懇親会の参加/不参加についても、申込時に併せてお知らせ下さい。

●参加費: カフェ  一般 1,000円、学生 500円
       懇親会 一般 3,000円、学生2,000円

●お申し込み:info@peace-field.orgまで、
お名前、ご所属、ご連絡先、懇親会の参加/不参加を明記の上、
お申し込みください。

連絡先:認定特定非営利活動法人Peace Field Japan
    http://www.peace-field.org/
    電話:03-5283-5282

フエの魅力を探るツアーを企画しよう!

□ フエの魅力を探るツアーを企画しよう! □

ワークショップ「フエの魅力を探るツアーを企画しよう!」

ベトナムとミャンマーで活動する国際協力NPO「ブリッジ エーシア ジャパン
(BAJ)」では、ベトナム中部の都市「フエ」の魅力とBAJの活動を知ってい
ただく機会として、「フエ」での農村体験ツアーを企画するワークショップを実施
します。

当日は、ベトナム駐在の連絡員がBAJの活動とフエの魅力をたっぷりお伝えしま
す!参加された皆様と企画したツアーのアイデアは、実際にフエの農家の方々と後
日共有します。

ワークショップの後には懇親会もあります。ふるってご参加ください。

日時:2011年7月1日(金)18:00〜20:00 
場所:JICA地球ひろば セミナールーム301
   〒150-0012 東京都渋谷区広尾4-2-24
アクセス:東京メトロ日比谷線 広尾駅下車(3番出口)徒歩1分
地図:http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html
参加費:500円(資料代)

<懇親会>
20:15〜 カフェフロンティア(JICA地球ひろば内)にて
参加費:実費(3,000円程度を予定)

<お申込み方法>
メール、電話、FAXで、下記の申込みフォームに沿ってお申込みください。

<申込みフォーム>
【お名前】
【ご連絡先】メールアドレスまたは電話番号
【懇親会参加】有・無

<お申し込み・お問い合わせ>
ブリッジ エーシア ジャパン
Eメールアドレス info[a]baj-npo.org
(送信時は[a]を@に直してお送りください)
TEL: 03-3372-9777
FAX: 03-5351-2395
担当:平井

大規模油ヤシ農園開発に代わる地域発展戦略の可能性

□ 大規模油ヤシ農園開発に代わる地域発展戦略の可能性 □

インドネシアのアブラヤシ農園開発は、熱帯雨林と生物多様性を破壊しつつ急速に
拡大し、土地収用問題を引き起こす。アブラヤシに代わる地域発展戦略として、よ
り環境的負荷の少ない「緩やかな産業化」を提案する。

日時:6月18日(土)午後2時〜3時40分(午後1時半開場)
場所:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)セミナールーム(1階)
 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-70 
 Tel: 03-3407-8107  
 東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線 表参道駅下車(B2出口)徒歩5分、
 JR東急・京王井の頭線 渋谷駅(東口)徒歩10分
 (※車でのご来場はできません)
参加費:1000円(JANNI正会員 500円)

講師:河合真之氏(東京大学大学院農学生命科学研究科農学国際専攻、国際森林環
境学研究室特任研究員)

●お問い合わせ
日本インドネシアNGOネットワーク(JANNI)
Email: janni@jca.apc.org
Homepage:http://www.jca.apc.org/~janni/

中学生・高校生向け宿泊型国際協力イベント

□ 中学生・高校生向け宿泊型国際協力イベント □

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中学生・高校生フォーラム2011 〜夏だ!とびこめ!!国際協力!!!〜
8/11(木)〜8/14(日)<3泊4日>
http://www.shaplaneer.org/school/youth11.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このフォーラムは、身近な友達とは一味違う、同じ世代の
共通の興味を持った仲間たちとアットホームな話しやすい雰囲気の
中で国際協力について考える宿泊型のイベントです。

フォーラムでは
・国際協力団体の訪問
・ボランティア体験
・国際協力に関するゲームやワークショップ
・民族衣装の紹介
・エスニック料理の調理
など、みんなで楽しみながら国際協力について考えていきます。

「中学生・高校生フォーラム2011〜夏だ!!とびこめ!!国際協力〜」は、
以下の日程で開催されます。

ぜひお友達を誘ってご参加ください!

【日程】2011年8月11日(木)〜14日(日) <3泊4日>
【場所】国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木)
【参加費】10,000円(食事代・資料代・宿泊代を含む。※会場までの交通費
は含まれません。)
【対象】中学生と高校生
【定員】20名
【〆切】7月30日(金)必着(定員になり次第締め切ります。)

<応募・問い合わせ先>
〒169-8611 東京都新宿区西早稲田2-3-1 早稲田奉仕園内
シャプラニール=市民による海外協力の会「中高生フォーラム」係
(Tel)03-3202-7863(Fax)03-3202-4593
(E-mail)youth@shaplaneer.org
※日曜・月曜日、祝日定休