JICA企画調査員2019年度上半期派遣一括公募

□ JICA企画調査員2019年度上半期派遣一括公募 □

2019年度上半期(4月〜9月)に派遣される企画調査員(企画)の全ポストの公募
が開始されました。
JICAの在外事務所等で働く企画調査員(企画)の募集・選考方法が新しくなり、
これまでの都度募集から年2回の一括募集に変更となりました。
企画調査員にチャレンジされたい方、開発分野での経験を積みたい方、
たくさんの方々からのご応募お待ちしております!

≪募集期間≫
2018年9月7日(金)〜9月27日(木)正午〆(日本時間)
≪公募情報≫
http://partner.jica.go.jp/RecruitDetailSubscription?id=a0L7F00000AMlMHUA1
≪募集要項等≫
https://www.jica.go.jp/recruit/kikakuchosain/index.html

【企画調査員(企画)とは?】
世界中で約100か所にあるJICAの在外事務所等で働きます。
開発途上国のニーズに合わせて、担当分野・課題に関するプロジェクトの実施管理
、情報取集・分析や案件の形成などに関わります。

※応募にはPARTNERの『国際協力人材登録』が必須です。
(http://partner.jica.go.jp/PartnerHome)

(9/30〆切)ASJ 事務局スタッフ(フルorパートタイム)

□ (9/30〆切)ASJ 事務局スタッフ(フルorパートタイム) □

(特非)A SEED JAPANは、新たな事務局スタッフを募集します。

グローバルに展開するキャンペーンの企画運営や、事務局だけでない、活動の最前
線に立った貴重な経験をしてみませんか?
環境問題や社会的不公正の解決に向け自ら活動する意思を持つ、NGO就職・転職志
望の学生や社会人の方からのご応募をお待ちしております。
詳しくはこちらをご覧ください。

▼(9/30〆切)ASJ 有給スタッフ募集
http://www.aseed.org/2018/08/6319/

FIDRカフェ〜ネパールとFIDR〜

□ FIDRカフェ〜ネパールとFIDR〜 □

【9/28】FIDRカフェ
「知ること、話すことからはじめよう、国際協力」
〜ネパールとFIDR〜

「FIDRってどんな団体?」
「NGO団体ってどのように運営されているの?」
「国際協力って実際にどんなことをしているんだろう」
「私でもできることからはじめてみたい」
そんな方にオススメのイベント「FIDRカフェ」。
毎月最終金曜日に開催しています(予定が変更になる場合もあります)。
今回のテーマは、「ネパールとFIDR」。
FIDRは2011年からネパールで地域開発や教育支援の活動を行っています。
「ネパールってどんな国?」「人々はどんな生活をしているの?」
「FIDRの取り組みによって、地域にどんな変化があったの?」などについて
スタッフからご紹介します。
FIDRカフェは参加者の皆さんとやり取りをしながら、フリースタイルでお話を進め
、少人数でアットホームな雰囲気で開催します。どうぞお気軽にお申込みください

※申込は下記「お申込みフォーム」へご入力ください
https://goo.gl/forms/fZXFAcaIVWuKkEfu2
(定員に達し次第、締切とさせていただきます)

【日時】2018年9月28日(金)19:00〜20:30(18:30受付開始)
【場所】お茶の水クリスチャン・センター3F(311号室 FIDR事務所)
 東京都千代田区神田駿河台2-1
 JR中央線・総武線「御茶ノ水」駅 御茶ノ水橋口より徒歩3分
 http://www.fidr.or.jp/about/access.html
【参加費】無料
【定員】10名(要申込み・先着順)
【登壇者】広報啓発 狩野ますみ & 支援事業部 マ キム タイン

<お問い合わせ・お申し込み先>
公益財団法人 国際開発救援財団(担当:狩野・中川)
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1 OCCビル3F
TEL:03-5282-5211/E-mail: info@fidr.or.jp

WORLD FOOD NIGHT 2018

□ WORLD FOOD NIGHT 2018  □

毎年、世界食料デー(10月16日)前の金曜日に開催している“WORLD FOOD NIGHT”
。食料問題に興味がある人たちが集まって、「食」の問題の解決に向けてすでに
活動している方に情報提供してもらいながら、プレゼンターとイベント参加者、
イベント参加者同士で自由に交流するネットワーキングイベントです。
世界の食料問題の解決に向けて、何か行動している人は活動を共有する場として、
これから何か始めたいと思っている人はそのヒントを見つける場として、ぜひお
気軽にご参加ください!
詳細

全国のイベント情報


【日時】2018年10月12日(金)19:00〜21:00(受付18:00〜)
【場所】Shibaura House(東京都港区芝浦3-15-4)
【対象】食料問題や社会問題に関心のある方
【定員】70名
【参加費】一般2000円/学生1500円(軽食付き)
 <早割り>10月3日(水)までにお申し込みいただいた方
 一般1500円/学生1000円(軽食付き)
 * 学生の方は当日学生証の提示をお願いします。
【主催】「世界食料デー」月間2018
【プログラム(予定)】
 19:00 オープニング
 19:10 Inspiring Talk
 19:35 フリートーク(交流タイム)
 20:05 プレゼンテーション
 20:20 フリートーク(交流タイム)
 21:00 終了
【参加申し込み】
下記お申し込みフォームに必要事項を入力して送信してください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeZYK6LJH5Fraq44vQBtPKxgLl0iDGUKk
_Tx5zqIo-rdolXKw/viewform
* 申し込み後、致し方ない理由でキャンセルする場合は10月8日(月)までにご連
絡ください。9日以降はキャンセル料の振り込みをお願いします。
【お問い合わせ】
「世界食料デー」月間2018事務局
(ハンガー・フリー・ワールド内 担当:儘田)
Email:wfd@hungerfree.net TEL:03-3261-4700

(9/10〆切) 事務局スタッフ募集

□ (9/10〆切) 事務局スタッフ募集 □

A SEED JAPAN事務局スタッフ募集のお知らせ
http://www.aseed.org/2018/08/6319/

A SEED JAPANは、新たな事務局スタッフを募集します。
グローバルに展開するキャンペーンの企画運営や、
事務局だけでない、活動の最前線に立った貴重な経験をしてみませんか?
環境問題や社会的不公正の解決に向け自ら活動する意思を持つ、
NGO就職・転職志望の学生や社会人の方からのご応募をお待ちしております。

最新情報は、ウェブサイトをご覧ください。
http://www.aseed.org/2018/08/6319/

第2回 国際協力JOBセミナー開催(9/12)

□ 第2回 国際協力JOBセミナー開催(9/12) □

【9月12日 19:00〜開催】◇ 第2回 国際協力JOBセミナー ◇応募受け付け中!

JICAでは、国際協力分野でのキャリアパスを目指す学生や社会人を対象に
JOBセミナーを開催しています!

2018年度第2回 国際協力JOBセミナー「国際機関で働く 〜UNHCRの役割と仕事〜」
の応募を絶賛、受け付け中です!
今回は、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の駐日事務所より現役の国連職員の方
をお招きし、難民問題の現状、UNHCRの役割と職員の仕事、キャリアパスについて
お話しいただく予定です。
参加申し込み方法は、以下URLよりご確認くださいませ。
※会場の都合上、定員に達し次第募集を締め切らせて頂く可能性がございます。

【概要】
■開催日時:2018/09/12 実施時間:19:00〜21:00
■開催地:東京都新宿区市谷本村町10-5 JICA市ヶ谷ビル
■参加費用:無料
■参加申し込み方法および詳細URL:
https://jicaps.secure.force.com/TrainingSeminarDetail?id=a0S7F000003DawdUAC

JICAの主催するイベントにおいても、現役の国際機関職員の方にお話しいただ
く機会は大変貴重です。
難民問題に関心のある方、国際機関で働きたいと考えているけれども、具体的なキ
ャリアパスや働き方を知る機会が無いという方にピッタリのセミナーです!
PARTNERにご登録いただければ、どなたでも参加お申し込みができますので
この機会にぜひ、お誘いあわせの上おこし下さい!

コミュニティ開発一日講座2018年9月15日(土)

■ コミュニティ開発一日講座2018年9月15日(土)

このコミュニティ開発一日講座は、青年海外協力隊や国際協力NGOのフィールド
ワーカーを目指す人、あるいはすでに派遣が決まっている人を意識した、準備講
座の位置づけです。派遣経験のある方には、復習として有効です。コミュニティ
開発・村落開発の現場で重要な考え方や、方法論を紹介します。最も重要と思わ
れるトピックのみに絞り込み、一日でまとめます。人の森国際協力カレッジの中
では入門編的な講座です。

講師は長年、青年海外協力隊の補完研修の講師を務める野田直人が担当します。
教材には、30年以上にわたる現場の実務の中で培った知識やスキルを詰め込んだ、
『地域コミュニティ開発 参加型開発・コミュニティの社会経済 (国際協力の教科
書シリーズ5)』(https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4990717074/)
を使用します。当日配布しますので、事前購入の必要はありません。

講座の対象者

国際機関や開発コンサルタント、青年海外協力隊(特に村落開発・コミュニティ
開発)やNGOなど、開発の仕事を目指す人。国際協力機関、開発コンサルタント
やNGOなどで働いている人など。講義の分野としては参加型開発、地域開発、な
どですが、受講には特定の専門分野の知識は必要ありません。

日程と場所、受講料など

朝9時に開始し、夕方18時まで、できるだけ多くの内容を学ぶ講座です。特定の
団体やグループ向けに特設講座を組むことも可能ですので、お問い合わせくださ
い。他の日程をご希望の方も、開催の可能性を検討しますのでご連絡ください。
連絡先はinfo@hitonomori.comです。

日程: 2018年9月15日(土) 9:00AM ‐ 18:00PM
場所: 地球環境パートナーシッププラザ
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目53?70 国連大学1階
https://goo.gl/maps/FLAaQfog3a82
定員:16名
受講料: 8,100円(消費税込み)。*学割有。詳しくは下記HPでご確認下さい。
募集期間: 定員に満たなければ前日まで

詳細申し込みはこちら
https://hitonomori.com/dev_seminar/fieldworker.html

【9/22】第4回武器貿易条約締約国会議報告会

□ 【9/22】第4回武器貿易条約締約国会議報告会 □

『第4回武器貿易条約(ATT)締約国会議で見えた課題
〜実効性のある「武器貿易規制」を目指して〜』

認定NPO法人テラ・ルネッサンスは、
「すべての生命が安心して生活できる社会(世界平和)の実現」に向けて、
地雷被害者、元子ども兵など、紛争による被害者の自立支援に取り組んでいます。
そのような支援に取り組むなかで、紛争や暴力に使われる武器の問題に取り組む
必要性を感じ、2003年より、ATT(武器貿易条約)に関する啓発活動を実施して
きました。
ATT発効後も、テラ・ルネッサンスのポリシー・アドバイザー榎本珠良が締約国
会議に参加し、最新情報や争点・課題を発信するなど、取り組みを続けています。
※ATTとはArms Trade Treatyの略で、通常兵器(ライフル銃や戦車、戦闘用航
空機など)の貿易の規制を目的にした条約です。
このたび、ATT第4回締約国会議が、2018年8月20日(月)から24日(金)まで、
日本で開催され、テラ・ルネッサンスの職員やインターンとともに、ポリシー・
アドバイザーの榎本もこの会議に参加しました。

9月22日(土)の報告会では、ATT締結向けた国連での交渉会議や、2015年以降
の締約国会議に全て参加し、武器貿易規制の日本国内における第一人者である
ポリシー・アドバイザーの榎本より、ATTとは何か、今回の会議で見えた課題は
何かをお話し、実効性ある武器貿易規制のために私たち市民に何ができるのかを
、皆さまと考える機会としたいと考えています。
初めての方でも、武器貿易条約について学ぶ「きっかけ」になるよう、わかりや
すくお話をさせていただきます。
是非みなさまの参加をお待ちしております。

■開催概要
日程:2018年9月22日(土)
時間:13:30 – 15:00( 開場 13:00- )
定員:30名(申し込み先着順)
参加費:一般:1200円 学生以下:1000円(費用は当日会場にてお支払いくだ
さい)
会場:jimukinouedaビル地下一階セミナールーム
住所:京都府京都市五条高倉堺町21番地 地下1階
地図 : https://goo.gl/f4TLTk
(地図は当会のオフィスを指しています。
今回のイベントは当会のオフィスが入るビルの地下で開催されます)
アクセス:京都市営地下鉄、五条駅より徒歩約3分(約270m)
京阪電鉄、清水五条駅より徒歩約7分(約770m)

申し込みは下記からお願いします。
https://goo.gl/forms/SJo2WSkKZNxMhVco2
イベントページリンク
https://www.terra-r.jp/event/att20180922.html

【主催】
認定NPO法人テラ・ルネッサンス(担当:栗田)
京都府京都市下京区五条高倉角堺町21番地
Jimukinoueda bldg.403号室
TEL:075-741-8786(月〜土:10時〜18時)

核なき世界へ向けて−被爆国の役割を考える―

□ 核なき世界へ向けて−被爆国の役割を考える― □

核兵器廃絶日本NGO連絡会は、9月24日(月・祝)に「核兵器の全面的廃絶のため
の国際デー」記念イベントとして以下の行事を行います。9月19日(水)までに
こちら(http://pr4.work/0/sep24)からお申し込みください。ただし先着順で
定員となりしだい締め切ります。
ウェブサイト:
【9/24】核なき世界へ向けて-被爆国の役割を考える
日時:2018年9月24日(月・祝)16:00開場、16:30〜19:00
場所:明治大学駿河台キャンパス リバティホール(リバティタワー1階)
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
「御茶ノ水」駅徒歩3分、「新御茶ノ水」駅徒歩5分、「神保町」駅徒歩5分
主催:核兵器廃絶日本NGO連絡会
共催:国連広報センター
協力:ヒバクシャ国際署名連絡会

開催趣旨:
昨年7月7日に国連で核兵器禁止条約が採択され、9月20日に署名開放されて以来、
1年がたちました。同条約をめぐり、それに賛成する国と反対する国との間では、
依然として立場に大きな隔たりが見えます。また、グテーレス国連事務総長は本年
5月、新たな軍縮アジェンダを発表しました。こうした中、日本を始め各国政府や
国連には何が求められているのでしょうか。また、唯一の戦争被爆国である日本の
市民一人ひとりに何ができるでしょうか。国連が定める「核兵器の全面的廃絶のた
めの国際デー」(9月26日)を前に考えます。

モザンビーク開発市民の会:スタッフ募集

□ モザンビーク開発市民の会:スタッフ募集 □

「3カ国民衆会議」実行委員会事務局
業務委託先(10月1日?12月1日) 募集要項(募集期間:9月1日?24日18時)

今年11月、アフリカ・モザンビークと南米ブラジルから、農民運動や女性運動のリ
ーダー、農村開発や環境・人権分野の市民団体、教会団体、若手研究者らが来日し
、「3カ国民衆会議」が東京で開催されることになりました。これを受けて、日本
の農家、農民団体、市民団体、研究者、若者、市民などが集い、「3カ国民衆会議
実行委員会」を立ち上げました。
(詳細は右記サイトをご覧下さい。
http://triangular2018.blog.fc2.com/blog-entry-7.html)
20名近くの来日者が見込まれる民衆会議の実現と円滑な実施のため、10月1日?12月
1日までの2ヶ月間の業務委託ができる方を募集いたします。募集期間は、9月1日?
24日18時迄です。ぜひ、ふるってご応募下さい。また、関心がありそうな方にこの
情報をご共有下さい。

0. 契約形態:業務委託契約
1. 契約期間:2018年10月1日(月)?2018年12月1日(土)
2. 業務従事場所:在宅(首都圏内)ないし実行委員会事務局所在地(秋葉原)
3. 契約金額:25万円/月、業務にかかる交通費は別途支給
4. 委託業務内容:契約書で定める下記に関わる業務
1)「3カ国民衆会議」のゲスト招聘(含む、招聘時業務)
2)「3カ国民衆会議」の準備と実施(含む、実行委員会関連業務)
3)「3カ国民衆会議」の事後処理
4) 事務局スタッフ(パート)への指示と確認
5) 必要に応じた資料等の翻訳、通訳
6)その他、双方が合意する業務

5. 応募条件:
1)11月18日?26日の期間(11/24日を除く)、ほぼ毎日都内での活動に従事できるこ
と。
2)大学卒業後、3年以上の社会経験
3)日本語・英語で読み書き、業務遂行が可能なこと。(*ポルトガル語ができれば
なお良い)
4) 国際協力や政策のアドボカシー活動に強い関心と興味を持ち、その改善に取り
組みたいとの意欲を持っていること。
5)事務的なスキルが十分あること。(ワード、エクセル、その他)
6)インターネットツールが問題なく使えること。(Eメール、ブログ、FB等)
7)インターネットへのアクセス環境があること。(*自宅での作業はインターネッ
トを介して行います)
8) ノートパソコンを所有していること。
9) 多様な人との調整の上で計画を実現することが出来ること。
10) 細かく丁寧な作業が出来ること。
11) 業務進捗などの報告が随時行えること。

6. 選考方法と応募について:
1)応募動機書(A41?2枚程度)と履歴書をメールでお送りください。
応募期間: 2018年9月1日(土) ? 9月24日(月) 18時迄
* 面接は2018年9月27日(木)(応相談)を予定しています。
* 応募時メールに面接可能な時間の案を明記下さい。
応募先メールアドレス:triangularpcgmail.com
*メールを送信する際には上記アドレスのを@に置き換えて送信してください。
2)書類選考合格者に面接を個別に案内します。
3)面接時には技能チェックも行います。

【本件のお問い合わせ】
「3カ国民衆会議」実行委員会 事務局
モザンビーク開発を考える市民の会
〒110-0015 東京都台東区東上野1?20-6 丸幸ビル3階
(特活)アフリカ日本協議会気付 モザンビーク開発を考える市民の会
メールアドレス:triangularpcgmail.com
携帯番号:090-7499-7542
(*問い合わせ、応募については必ずメールでお願いします)
*メールを送信する際には上記アドレスのを@に置き換えて送信してください。