英文記事の翻訳・要約スタッフ募集

□ 英文記事の翻訳・要約スタッフ募集 □

(特活)アフリカ日本協議会は、メールマガジン「グローバル・エイズ・アップデ
イト」の記事作成のための英文翻訳・要約ボランティアを募集いたします。地球規
模の広がりを見せるHIV/AIDS問題。メールマガジン「グローバル・エイズ
・アップデイト」は、2004年に創刊後、隔週で世界のHIV/AIDS問題や
それに対する地球規模の取組みに関する最新情報を伝えてきました。2011年7
月までに173号を発行、これまでに扱った記事は合計1300本以上。読者も1
200人を越え、国内外で活躍する実務家や専門家などからも高い評価を得ていま
す。

グローバル・エイズ・アップデイト
 http://www.melma.com/backnumber_123266/
ブログ「グローバル・エイズ・アップデイト」
 http://blog.livedoor.jp/ajf/ (内容別に分類
されています)

「グローバル・エイズ・アップデイト」では、現在、英文の記事を日本語で要約し
てくださるボランティア(研究員)を募集しています。世界のエイズ問題の最新情
報に触れてみたい方、ぜひともご応募いただければ幸いです。

募集職種: 英文記事翻訳・要約ボランティア
募集人数: 1-2名
応募要件: 英語の文章(新聞・雑誌の記事、NGOなどによる提言書や要望書、
簡単な論文など)について、十分な読解力があること。文法的なミスがなく、一般
の人がスムーズに読めるような日本語の文章を作成できること。国際的なHIV/
AIDS問題や、NGO、市民社会の活動について基本的な理解があり、自ら取り
組みたいという自主性があることが望ましい。
業務内容: 担当編集者から送られてくる1-2本の英文記事を、10日から2週
間程度の間に500字から1000字程度の日本文に要約し、担当者に返信。
応募方法: お名前、ご所属、ご連絡先(メールアドレス)、簡単な志望動機を、
以下の担当者までご送付ください。担当者より、応募用紙をお送りいたしますので
、これに必要事項をご記入いただいてご返送ください。応募用紙を確認の上、採用
の可否を通知いたします。

連絡先: (特活)アフリカ日本協議会 担当:稲場雅紀
東京都台東区東上野1丁目20の1 丸幸ビル2階
電話:03-3834-6902, Fax: 03-3834-6903
メールアドレス: ajf.event@gmail.com

アルバイトの募集

□ アルバイトの募集 □

社団法人国際建設技術協会は河川・水資源・防災・水環境分野についての海外調査
や各種国際協力活動を行っています。
このたび、下記サイトにより非常勤職員(アルバイト)の募集を行っておりますの
で、ご応募をお待ちしております。
http://www.idi.or.jp/recruit/recruit.htm

住民の生活基盤づくりとNGOネットワーク

□ 住民の生活基盤づくりとNGOネットワーク □

ネパールNGOネットワーク・シンポジウム

ネパールでも、都市部と山村僻地との間で格差がひろがっています。ネパール山村
僻地では、外国に出稼ぎにでる男性が激増、住民のライフスタイルが大きく変化し
てきています。

今回は、山村僻地でのNGO活動について紹介するとともに、現在すすめられてい
る、いくつかのNGOによるネットワーク・プロジェクト(カルナリ協力会、ネパ
ールやぎの会、ヒマラヤ保全協会など)について解説し、議論をふかめます。

【日 時】2011年7月23日(土)14:00-15:00(受付開始:13
:30)

【会 場】JICA地球ひろば、402セミナールーム > 東京メトロ 日比谷
線 広尾駅下車徒歩1分

【話題提供&司会】ネパールNGOネットワーク事務局長 田野倉達弘

【申込み】前日までに、ご氏名をe-mailにてご連絡ください。

【申込み先】ネパールNGOネットワーク事務局
 e-mail: nepal.ngo.net@gmail.com(@を半角
にしてご送信ください)

詳しくは次のサイトもご覧ください>
http://www.ihc-japan.org/event/110723.html

プラン・ジャパン プログラム部マネジャー募集

□ プラン・ジャパン プログラム部マネジャー募集 □

プラン・ジャパンでは、下記職種で職員を募集いたします。

プログラム部マネジャー(管理職)
—開発途上国における地域開発プロジェクトの実施および管理を行う部門の責任者

【職務内容】
・地域開発プロジェクトの選定・立案・実施・モニタリング・評価、プログラムの
品質管理
・公的資金等の獲得・管理
・支援者への提案・報告、各ステークホルダーとの渉外・連携等

【求められる資質】
・プランの活動およびチャイルド・プロテクション・ポリシーへの理解・賛同
・開発支援活動および国際協力活動に対する理解、熱意、高い使命感があること
・支援者へのアカウンタビリティの重要性についての理解があること
・戦略的思考、リーダーシップ、高いコミュニケーション能力(日本語・英語)を
有すること
・管理職経験があり、国際的な実務経験または開発途上国勤務経験があること
・PCスキルのある方(Windows、MS-Officeの使用経験者)

【待遇】月給制(本財団規程による) 週休2日 社会保険完備 

【応募方法】 本財団の個人情報保護方針( http://www.plan-
japan.org/home/header/privacy/ )をご確認、
ご了承の上、下記書類をご郵送下さい。
1. 履歴書(和文、写真添付)
2. 職務経歴書(和文、英文)
3. 志望動機(英文、A4サイズの用紙1枚にまとめたもの)

【応募締切】2011年7月29日(金)必着。 
※ 応募書類は採用事務にのみ利用させていただき、返却いたしませんのでご了承
下さい。
※ 応募書類のメールでの受付けはいたしません。必ずご郵送でのご応募をお願い
いたします。

【送付先】
〒 154-8545
 東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22サンタワーズセンタービル10F
 公益財団法人プラン・ジャパン 人事「M」宛

【お問合せ先】
プラン・ジャパン オペレーションサポート部 人事担当
Tel 03-5481-3511 Mail jinji@plan-japan.org

日本ユニセフ協会 2011年度海外インターン募集

□ 日本ユニセフ協会 2011年度海外インターン募集 □

(公財)日本ユニセフ協会 国際協力人材養成プログラム
海外インターンのユニセフ現地事務所派遣事業
2011年度募集

2011年度ユニセフ海外インターン生を募集いたします。
当協会が実施する国際協力人材養成プログラムの一環として、
この海外インターンシッププログラムでは、国際協力に関わる
研究を行う大学院生を対象に、ユニセフ現地事務所への派遣、
現地でのこどものための調査・研究・援助などの実務実習の
機会を提供しております。

【募集期間】2011年7月1日(金)〜2011年10月14日(金)

【募集人数】6名〜8名

【派遣予定期間】2012年4月上旬〜2012年12月下旬
(この期間のうちで最短10週間、最長16週間)

【受入期間】東アジア、南アジア、東南アジア、中央アジア
及びアフリカ諸国のユニセフ事務所
*選考後、インターン生の希望を元に、当協会が調整いたします。
*2010年度はナイジェリア、ウガンダ、タンザニア、ブータン、
エチオピア、カンボジア、シエラレオネに派遣されました。

【応募資格】
1 応募時に国際協力・社会開発・人権・水と衛生・母子保健
などの分野において、子どもの福祉に関わる研究をする修士課程
または博士課程の大学院在籍者。インターン開始時に修士もしく
は博士課程を修了していないことが条件となります。
ただし、論文提出後、学位取得までの期間は可能とします。
2 英語能力:TOEIC900点以上、IELTS7.0以上
TOEFL iBT 100点/PBT 600点以上のいずれか

募集要項、応募方法、その他詳細につきましては、
以下の当協会のHPをご覧ください。
http://www.unicef.or.jp/inter/inter_haken.html

多くの皆様からのご応募をお待ちしております。

【連絡先】
108-8607
東京都港区高輪4-6-12 ユニセフハウス
公益財団法人日本ユニセフ協会
学校事業部
海外インターン担当
電話:03-5789-2014
FAX:03-5789-2034
E-mail:seminar-dr@unicef.or.jp

第77回 GLOCOLセミナー

□ 第77回 GLOCOLセミナー □

┌──────────────────────────
◆ 第77回 GLOCOLセミナー
FIELDOグローバル・エキスパート連続講座(8)
 アフリカの紛争解決と平和構築を志す人へのメッセージ
◇ — 現場での人道支援活動を通して
└──────────────────────────
http://www.glocol.osaka-u.ac.jp/research/111014.html

【日時】2011年10月14日(金) 17:00〜19:00
【場所】大阪大学ステューデントコモンズ セミナー室1(豊中キャンパス)
【主催】大阪大学グローバルコラボレーションセンター
【共催】大阪大学OSIPP国連政策研究センター

【講師】米川正子(宇都宮大学国際学部特任准教授・元UNHCRゴマ事務所長)

【コメンテーター】ヴァージル・ホーキンス(大阪大学国際公共政策研究科准教授)

【参加】無料、事前申し込み要(当日参加可)
1)名前、2)所属、3)希望するセミナー名を記載のうえ、
fieldo_jimu@glocol.osaka-u.ac.jp までお申し込みください。

米川正子氏はイギリス留学やイスラエルでのボランティア活動の後、コンゴ民主共
和国やルワンダ等における難民・紛争・平和構築の分野に携わってこられました。
これらの活動から浮かび上がってくる我々日本人にも関係する問題を理論と現場の
ギャップを問いながら考えていきます。

講師紹介:米川正子(よねかわ まさこ)
南アフリカ・ケープタウン大学院で修士号取得(国際関係)。国連ボランティアで
カンボジア、リベリア、南アフリカ、ソマリア、タンザニアとルワンダで活動。
UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)職員として、ルワンダ、ケニア、コンゴ
民主共和国、ジュネーブ本部で勤務。JICA(国際協力機構)本部で客員専門員
(アフリカの平和構築)。
2009年11月より、宇都宮大学で特任准教授。
主著に『世界最悪の紛争「コンゴ」〜平和以外に何でもある国』(創成社)など。

【お問い合わせ・申込み】
大阪大学グローバルコラボレーションセンター
fieldo_jimu@glocol.osaka-u.ac.jp

IGES研究グループインターン募集について

□ IGES研究グループインターン募集について □

財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)では、将来、アジア太平洋地域の持続
可能な開発に係る学際的な政策研究の各分野で活躍することを希望する人材に対し
て、IGESにおける研修を通じて実務経験の機会を提供するとともに、IGES
設立憲章に定める戦略研究についての理解の促進を図ることを目的として、201
1年度後期研究インターンを次のとおり募集します。

詳細は、下記URLをご参照ください。
http://www.iges.or.jp/jp/news/intern/2011winter/index.html

PWJ 東日本大震災 支援活動報告会

□ PWJ 東日本大震災 支援活動報告会 □

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、7月27日(水)に「東日本大震災
支援活動報告会〜現地代表が語る!〜震災直後から現在、そして復興に向けて〜」
を開催いたします。

PWJは東日本大震災に対応し、震災直後から緊急支援物資の輸送や、衛星電
話の無料開放等の被災地支援を行ってきました。現在では「仮設住宅入居者
への生活用品の提供」「子どもの心のケア事業」「経済復興支援」を柱に、
岩手・宮城両県で活動を展開しています。

今回の報告会ではこれまでPWJの行った支援活動や、メディアでは報道され
ない被災地の現状、そして復興に向けての今後の展望等を震災直後から被災
地入りし、支援を続けているPWJ東北事業の現地代表が報告します。
その他にも、PWJが活動を展開している海外の事業地からのメッセージ
ムービーや、東京でもできる支援の取組み例の紹介、フェアトレードコーヒー
の販売なども予定しております。

参加ご希望の方は、事前に下記の要領にてお申込みください。
皆様のご参加を心よりお待ちしています。
(内容は今後変更する場合があります。予めご了承ください。)

【日時】7月27日(水)18:30〜20:30
    (18:00開場)

【会場】JICA地球ひろば 301号室(最寄駅:東京メトロ日比谷線
 広尾駅から徒歩3分)
3番出口の前の道路(外苑西通り)を横断し、カフェ・デ・プレの前を
10メートルほど進んだ十字路を右に曲がり、少し進んだ左側にあります。
地図はこちら
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

【参加費】無料 
【定員】70名(申込みが定員になり次第、受付を終了させていただき
ます。)

【お申込方法】
下記の必要事項をご記入の上、Eメールにてお申込ください。その際、件名
を必ず「PWJ報告会参加希望」としてください。

・お名前
・フリガナ
・ご住所
・ご職業
・お電話番号
・今回の報告会をどちらでお知りになりましたか

お申込先:meet@peace-winds.org
お問合せ先:03-6438-9402(国内事業部 江田)
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
URL:http://www.peace-winds.org/

BAJ東京事務所 正職員募集

□ BAJ東京事務所 正職員募集 □

ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)は、ミャンマーとベトナムで国際協
力活動を行う認定NPO法人です。BAJの活動は地域住民と話し合いながら
進め、住民が自立して運営できるように支援をしています。
現在、BAJ東京事務所の正職員を募集しています。

【業務内容】東京事務所で行う総務・経理・労務・事業の運営、海外事務所と
の連絡など。必要に応じて現地への出張。

【募集人員】1〜2名

【応募資格】
・PC基本操作能力(ワード、エクセル、パワーポイントなど)
・英語でのコミュニケーションが可能な方
・日本語での報告書や申請書作成が可能な方
・企業やNGOでの実務経験がある方、なるべく40歳まで

【応募方法】
・当団体ホームページ「採用情報」の「NGOに参加する」をご確認ください
・当団体ホームページ「採用情報」より所定のフォームをダウンロード
・和文履歴書・英文履歴書・志望動機(和文で1000字程度)の3点を郵送
で、東京事務所・採用担当宛てにお送りください。指定フォ−ムがダウンロー
ドできない場合はご連絡ください。
・応募書類が到着次第、書類選考し、あるいは面接日の調整をします。その
後、10日以内に当団体より合否の通知をします。

【勤務期間】8〜9月からの勤務開始を希望していますが面接で調整します。

【待 遇】給与は当団体の規定によります。
試用期間3カ月ののち、相談のうえ正職員として待遇します。
社会保険・住宅手当・家族手当などあります。

【応募先】〒151-0071 東京都渋谷区本町3-39-3
ビジネスタワー4階
特定非営利活動法人 ブリッジ エーシア ジャパン 
採用担当宛て

【問合せ】 電話 03-3372-9777、FAX 03-5351-2395
E-Mail saiyo#baj-npo.org
(メール送信時に#を半角@に変えて送信)
※履歴書は個人情報が含まれるので、なるべくメール添付を避けてください。
【担当】東京事務所/根本、大津

インドネシア復興支援事業 一般事務 (嘱託)

□ インドネシア復興支援事業 一般事務 (嘱託) □

1.募集職種及び募集人数
  一般事務職(嘱託) 1名

2.雇用期間
 平成23年8月1日 〜 平成24年3月31日

3.就業場所
  日本赤十字社(〒105-8521 東京都港区芝大門1−1−3)

4.仕事の内容
・スマトラ島沖地震・津波災害復興支援事業に係る管理業務全般
・そのほか国際部における業務全般

5.必要な条件等
(1)英語での業務遂行に必要な能力(TOEIC730点程度以上)を有すること
(2)Microsoft Word、Excel等を使えること
(3)国際機関、NGO等の本部において援助事業管理の経験を有すること

6.労働条件
  ・就業時間 9:00〜17:30(休憩 正午から45分)
  ・休日   土・日・祝・年末年始

7.給与等
  ・月手当 240,000円〜370,000円
  ・社会保険、厚生年金基金に加入
  ・その他 通勤手当、時間外手当の支給あり

8.選考方法
 (1)履歴書(写真貼付・メールアドレス記載必須)を郵送してください。
 (2)封筒の表に朱書きで「国際部内勤嘱託応募」と記載してください。
 (3)書類選考後、書類選考の合否及び面接日程について履歴書に記載いただいたメールアドレスあてご連絡いたします。
 (4)面接試験は7月19日(火)〜20日(水)のいずれかの日時を連絡し 
  ます。

9・応募書類締切り
  7月11日(月)17:00必着

10.その他
ご応募いただいた書類につきましては、日本赤十字社の保有する個人情報保
護規程に基づき、責任をもって破棄させていただきます。ご返却できませんのであ
らかじめご了承ください。

【書類送付・お問い合わせ先】
日本赤十字社 総務局 人事部 人事課 採用担当
〒105-8521 東京都港区芝大門1−1−3
電話番号 03(3437)7077