手作りバッグで被災地を応援しよう!

□ 手作りバッグで被災地を応援しよう! □

サニーちゃんトートバッグ第2弾大募集。
難民を助ける会では2011年4月〜5月、被災地の方々からの「物資を入れるカ
バンがあると便利」との声を受け、皆さまに手作りトートバッグ作成のご協力を呼
びかけました。その結果、全国から約5000個ものバッグをお寄せいただきまし
た。被災者の皆さまから「生活や買い物に役立ちます」「バッグの中の応援メッセ
ージに感激しました」との声が届き、大好評のうちに第一弾のバッグ配付が全て完
了しました。
現在も、「バッグが必要」というお声をいただいており、この度手作りトートバッ
グを再募集いたします。皆さまにお寄せいただいた心のこもった手作りバッグには
、難民を助ける会のイメージキャラクター「サニーちゃん」のぬいぐるみストラッ
プを一つずつ付けて、岩手、宮城、福島の方々へお届します。多くの皆さまのご協
力をお願いします。

詳細は下記をご覧ください。
http://www.aarjapan.gr.jp/about/news/2011/0928_767.html

フェアトレードコーヒーの生産と協同組合

□ フェアトレードコーヒーの生産と協同組合 □

パルシックが東ティモールでのコーヒー生産者支援事業を開始して、
10年が経とうとしております。
そこで、来る10月26日(水)、今までの活動を振り返る意味も込めて、
パルシックの東ティモール事業報告会を開催します。

パルシックはフェアトレードコーヒー生産活動の一環として、栽培・加工の
技術指導に加え、コーヒー生産者組合の組織化、運営体制の強化に
取り組んできました。
農業協同組合のシステムや意義がまだ浸透していない東ティモール。
10年間、現地でコーヒー生産者の人々とかかわってきたスタッフの報告に
加え、農協の歴史、アジア各国での取り組みに詳しい山本博史さん、
大野和興さんをお招きして、東ティモールでのフェアトレードコーヒー生産
における、農業協同組合組織活動の役割について考えます。

PARCIC 東ティモール事業報告集会
〜フェアトレードコーヒーの生産と協同組合〜

【日時】
2011年10月26日(水)
開場:18:00 開演:18:30〜20:30

【場所】
総評会館 2階大会議室
東京都千代田区神田駿河台3-2-11
会場地図 http://www.sohyokaikan.or.jp/access/

【アクセス】
アクセス:
東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 B3出口(徒歩0分)
東京メトロ丸ノ内線 淡路町駅 B3出口 (B3出口まで徒歩5分)
都営地下鉄新宿線 小川町駅 B3出口 (B3出口まで徒歩3分)
JR中央線・総武線 御茶ノ水駅 聖橋口(徒歩5分)

【スピーカー】
伊藤淳子(パルシック東ティモール事務所)
『東ティモールでの生産者協同組合運動』
山本博史(農民運動全国連合会)
『アジアの協同組合と東ティモール』

【コーディネーター】
大野和興(農業ジャーナリスト)

【参加費】
700円(東ティモールコーヒー付き)

【申し込み方法】
1.名前
2.電話番号
3.メールアドレスをご明記の上、メール
(office@parcic.org)またはFAX(03-5209-3453)にて
お申し込みください。

主催: 特定非営利活動法人パルシック

NGOの運営を支えるインターン募集 広報担当

□ NGOの運営を支えるインターン募集 広報担当  □

ハンガー・フリー・ワールドは、飢餓・貧困のない世界を創るために活動する国際
協力NGOです。
HFWの運営において大きな役割を担っているインターン。制度が整っていて、サ
ポートも充実していると評判です。
【内容】 国内事業担当職員の補佐。国内におけるイベントの企画・運営、飢餓
や食料問題に関する情報収集。NGOや国際機関と行う「世界食料デー」月間の運
営補佐など。
【人数】1名
【期間】 半年〜1年(採用次第開始)
【条件】HFWの理念・活動に理解がある方。基本的なPCスキルをお持ちの方(
Word、Excel、PowerPoint)。飢餓や食料問題についての情報
を収集できる程度の英文読解能力を有すると望ましい。
【待遇】 無給、交通費支給(1日1,000円以内)
【勤務時間】週16時間(2〜3日)。月〜金 (イベント時は週末出勤あり)、
時間帯応相談。
【勤務地】 東京事務所(千代田区飯田橋)
【応募方法】 履歴書、志望動機(A4 1枚程度)を事務局まで電子 メールま
たは郵送にて送付。書類審査後、面接。
【連絡先】特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
TEL:03-3261-4700  FAX:03-3261-4701(担当:儘田)
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル7階
E-mail hfwoffice@hungerfree.net
URL http://www.hungerfree.net/recruit.html#intern
【先輩からの一言】「仕事としての国際協力とは何なのか、内側から見てみたい」
と思い、インターンを始めました。NGOは現地で活動するものというイメージが
ありましたが、国内にいてもできることの多さに驚き、また国内で国際協力に携わ
るたくさんの方と出会うことができました。国際協力に関心があるけれど何から始
めたらいいか分からない方、HFWでその一歩を踏み出してみませんか?

NGOの運営を支えるインターン募集 国内事業担当

□ NGOの運営を支えるインターン募集 国内事業担当 □

ハンガー・フリー・ワールドは、飢餓・貧困のない世界を創るために活動する国際
協力NGOです。
HFWの運営において大きな役割を担っているインターン。制度が整っていて、サ
ポートも充実していると評判です。
【内容】 国内事業担当職員の補佐。国内におけるイベントの企画・運営、飢餓
や食料問題に関する情報収集。NGOや国際機関と行う「世界食料デー」月間の運
営補佐など。
【人数】1名
【期間】 半年〜1年(採用次第開始)
【条件】HFWの理念・活動に理解がある方。基本的なPCスキルをお持ちの方(
Word、Excel、PowerPoint)。飢餓や食料問題についての情報
を収集できる程度の英文読解能力を有すると望ましい。
【待遇】 無給、交通費支給(1日1,000円以内)
【勤務時間】週16時間(2〜3日)。月〜金 (イベント時は週末出勤あり)、
時間帯応相談。
【勤務地】 東京事務所(千代田区飯田橋)
【応募方法】 履歴書、志望動機(A4 1枚程度)を事務局まで電子 メールま
たは郵送にて送付。書類審査後、面接。
【連絡先】特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
TEL:03-3261-4700  FAX:03-3261-4701(担当:儘田)
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル7階
E-mail hfwoffice@hungerfree.net
URL http://www.hungerfree.net/recruit.html#intern
【先輩からの一言】「仕事としての国際協力とは何なのか、内側から見てみたい」
と思い、インターンを始めました。NGOは現地で活動するものというイメージが
ありましたが、国内にいてもできることの多さに驚き、また国内で国際協力に携わ
るたくさんの方と出会うことができました。国際協力に関心があるけれど何から始
めたらいいか分からない方、HFWでその一歩を踏み出してみませんか?

ノボディゴント 料理ワークショップ&カレーパーティ

□ ノボディゴント 料理ワークショップ&カレーパーティ □

〜本格バングラデシュ料理を食べて飢餓・貧困をなくそう!〜

カレー好きの方大歓迎。1度食べたらやみつきになる味に、リピーターも続出!カ
レーパーティのメニューはエビカレー、野菜カレーです(変更する場合もあります
)。そのほか、サラダ、デザート、ドリンクの予定。純益は、ノボディゴントとH
FWを通してバングラデシュの自立支援のために使われます。

【日時】2011年10月29日(土)
1.料理ワークショップ 10:30〜13:00
2.カレーパーティ 13:00〜15:00
※遅くなると食事をご用意できない場合があります。遅れる場合は、事前にご連絡
ください。
【参加費】料理ワークショップ&カレーパーティ3000円(カレーパーティのみ
2500円)
【持ち物】エプロン(料理に参加される方)
【会場】渋谷区神宮前区民会館(東京都渋谷区神宮前6-10-14)
【地図】http://www.city.shibuya.tokyo.jp/
est/kmkaikan/km_jingumae.html
【交通】東京メトロ千代田線明治神宮前駅より徒歩2分、JR原宿駅より徒歩8分

【定員】30名
【締切】定員になり次第
【申込み】事前にお電話またはE-mailにてお申し込みください。
【主催】ノボディゴント

【連絡先】
特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
TEL:03-3261-4700 FAX:03-3261-4701(担当:西岡)
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル7階
E-mail hfwoffice@hungerfree.net
URL http://www.hungerfree.net/event/

ハンガー・フリー・ワールド活動説明会

□ ハンガー・フリー・ワールド活動説明会 □

〜現地写真とデータから考える飢餓・貧困の現状〜

国際開発協力NGOはたくさんあるけど、ハンガー・フリー・ワールドの支援は他
のNGOとどう違うの?こんな疑問に対して、ハンガー・フリー・ワールドの特徴
を支援の成果を交えながら分かりやすく説明します。また、飢餓の現状やおすすめ
ボランティア情報も紹介します。飢餓の解決は今、世界の緊急課題。みなさんも一
緒に考えてみませんか?

【日時】2011年10月25日(火)11月11日(金) 各回19:00〜2
1:00
【参加費】無料
【会場】ハンガー・フリー・ワールド事務所
【地図】http://www.hungerfree.net/about/map.html
【交通】JR・地下鉄飯田橋駅から徒歩1分
【締切】前日21時までに電話かEメールでお申し込みください。

【連絡先】 特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
TEL:03-3261-4700 FAX:03-3261-4701(担当:儘田)
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル7階
E-mail hfwoffice@hungerfree.net
URL http://www.hungerfree.net/event/event01.html

ケースで学ぶ!途上国での零細ビジネス振興のためのマーケティング講座

開催日:2011年11月12日~2011年11月13日 午前9時半から16時半 (初日は、受付が9:30-10:00、講義は10時開始)

開催地:東京都産業労働局秋葉原庁舎第二会議室

講座概要
グループワークにより、アフリカでの事例を解き進んでいきながら、産品を売るためのマーケティング戦略を練る参加型講座。

当講座の参加者は、アフリカのとある国の地方の村に赴任したNGO職員の佐藤さんの立場になって、マーケティング方法を考えていきます。

佐藤さんが支援する村の農家の女性グループ達は、現在、自分たちの畑でとれる落花生を加工・販売し、できたら子ども達にさらなる上の学校へ通ってもらいたいと願っています。どこにどのように売っていけば、女性グループのビジネスは成功するのでしょうか。

女性グループの人たちと共に数々の困難を乗り切り、ビジネスを成功させましょう。

期待される研修効果
(1)マーケティングの基本(知識)を身につける。
(2)マーケティングの基本を応用し、具体策を考える力を養う。
(3)途上国のコンテキスト(文脈・背景)やプロジェクトのフレームワークの中で、どのような工夫を行えばよいか、応用力を磨く。
(4)グループワークを通したアイディア・具体策の創出を通し、チームワークによる創造的なプロセスの経験を得る。
(5)コンテキストの異なる別の事例に取り組むことにより、(1)~(4)のプロセスを再構成させ、上述の知識・経験を再統合させ、さらに知識・経験を深める。

募集人数:26名以下
参加対象者:途上国の村落開発・村落振興、零細ビジネスの支援に携わる人、青年海外協力隊、専門家、コンサルタント、NGO職員等で、途上国の産品開発、販売支援、フェアトレードなどに携わる人。マーケティングの基本から学びたい人。マーケティングの 理論はわかるものの、途上国のコンテキストで、実例に基づく実践的なスキルを身につけたい人。
この他、こうしたテーマ全般に興味のある方や、同じ興味のある参加者とグループワークを行いたい方など、幅広くご参加いただいています。

受講料:18,900円(消費税込み)
参加申し込み方法:以下のサイトにアクセスいただき、申込書(MSワード)をダウンロードして記入のうえ、メールに添付するかあるいはFAXなどでご送付ください。
https://hitonomori.com/dev_seminar/marketing.html

江戸時代とインドの暮らしに学ぶ、これからの未来

□ 江戸時代とインドの暮らしに学ぶ、これからの未来 □

3/11東日本大震災をきっかけに、日本に暮らす人びとの意識が少しずつ変化し
ています。当たり前にあると思っていたモノがそうではないと気づき、ライフスタ
イルを見直そうとしている人も少なくないのではないでしょうか?
そんなとき、究極のエコ社会といわれた江戸時代、そして、貧しいけれど豊かな生
活を送るインドの人びとの暮らしがヒントになるかもしれません。
これからの生き方、一緒に考えてみませんか?ぜひご参加ください!

※このイベントの収益は、インド最貧困地域の教育・孤児院・医療支援金として寄
付されます

▼日 時
 2011年10月22日(土) 第一部11:00〜、第二部13:30〜
▼会 場
 楽道庵(らくどうあん)  東京都千代田区神田司町2-16
 最寄り駅:JR「神田」駅、都営新宿線「小川町」駅、丸の内線「淡路町」駅
 http://www2.plala.or.jp/rakudoan/map.files/map.htm
▼プログラム
 【第一部】 ヨガ
 【第二部】 
  講話1「布のちからー江戸から現代へー」 
  講話2「昔の栄養食“ラギ”を取り入れたインドの学校給食」 
  講話3「日本の麻文化と、麻と共に創る衣食住の世界」 
▼参加費
 【第一部・第二部】 ※10/20(木)までに要予約 
  一般・学生 3,500円(軽食付) ※ヨガマットの貸出有
 【第二部のみ】
  一般 予約1,800円/当日2,000円  
  学生 予約1,200円/当日1,500円
▼お申込
 専用フォームよりお申込ください。
 http://ws.formzu.net/fgen/S77913405/
▼お問合せ
 Govinda\’s WA(ゴーヴィンダズ・わ) イベント事務局
 E-mail: govindas.no.wa@gmail.com  
 webサイト: http://govindas-wa.jimdo.com/
 Facebook: http://www.facebook.com/govindas.wa

インターン(ケニア)募集

□ インターン(ケニア)募集 □

CanDoでは、アフリカの抱える課題の解決に取り組む開発協力に、仕事として
、市民活動として、深くかかわっていこうと考える人たちを対象に、インターンを
募集しています。

募集要項
●募集期間: 2011年10月11日〜2011年10月31日
●職務タイトル: 開発協力NGO・CanDoインターン(ケニア)
●形態:     インターン
●業務対象国:  ケニア

●業務予定期間と募集人数:
?2012年1月上旬〜2012年7月上旬 1〜2名
?2012年2月上旬〜2012年8月上旬 2名
*6か月間、期間を通して専従

●職務分野: 教育、保健、環境
●職務内容: 調整員(日本人・ケニア人)の業務補佐
(例: 村での社会開発事業の調整、行政・地域住民・他機関との折衝、物品調達
、活動や会議等の記録、助成金等の申請書・報告書の作成、ナイロビ事務所の総務
・会計事務など)

●勤務地: ナイロビ事務所および事業地(東部州ムインギ東県、ミグワニ県)

●必要な語学力: 英語
(英語で業務を実施し、話し合いに参加することが必須です。経験の少ない方は、
インターン期間中、英語力向上に熱心な努力が求められます)
●類似業務経験年数: 経験不問
●業務内容による年齢の目安: 20歳以上
●青年海外協力隊経験: 不問

●その他必要な経験・能力
1. 当会の活動原則や事業実施の姿勢について、会報、ホームページ、報告会等
を通じて理解・賛同し、業務に反映させる意欲のある方(会員。会員でない方には
、採用決定後に入会していただきます)
2. 雑務も積極的に取り組み、そこから多くを学べる方
3. 将来にわたり、国際協力に携わっていく意志のある方
4. 他のスタッフとの共同生活、途上国の村落地域での生活に適応できる方
5. 基本的なパソコン操作(Word、Excel)ができ、どんな業務にも真
剣に取り組む方

●待遇:
○滞在費補助の支給(当会規定による)
○宿舎(事務所併設)の提供
○海外旅行傷害保険への加入
○上記以外の諸経費(ケニアまでの旅費、ビザ代、予防接種、食費、業務外の交通
・通信費、補助額を超える滞在費など)は全て自己負担
※インターン終了後、当会スタッフ(ナイロビ・東京)を目指す方を歓迎します。

●応募方法: 以下の書類を作成の上、Eメールにて送付してください。
○履歴書(書式自由。勤務開始可能時期と英語力に関する自己評価を明記のこと)

○課題作文「アフリカの将来と私」(A4紙1枚)
●選考方法: 書類選考、面接(東京)

●担当: 佐久間 典子
TEL/FAX: 03-3822-1041 E-mail: tokyo@cando.or.jp

2011年夏・ウガンダワークキャンプ報告会

□ 2011年夏・ウガンダワークキャンプ報告会 □

今年の8月、9月、エイズ孤児支援NGO・PLASは、
ウガンダにて2度のワークキャンプを行いました。
10月22日(土)、11月2日(水)で報告会を開催します。
この報告会では、夏にウガンダでのワークキャンプを終えたばかりの参加者が、
現地で感じてきたこと、そして現地の子どもたちの今をお伝えします。
プラスの現地事業や海外ワークキャンプに興味がある方は是非ご参加を!

第1回報告会

日時:10月22日(土)17:00〜19:00
会場:JICA地球ひろばセミナールーム402

第2回報告会

日時:11月2日(水)19:00〜21:00
会場:JICA地球ひろばセミナールーム402

【アクセス】

JICA地球ひろば 東京メトロ日比谷線 広尾駅下車(3番出口)徒歩1分
地図 http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

【プログラム】

・エイズ孤児について
・ウガンダのワークキャンプ開催地の紹介
・ワークキャンプ概要
・参加者が感じたウガンダ、ワークキャンプ、子どもたちの今
・質疑応答

【参加費】

300円

【申込方法】

下記のサイトよりお申込下さい。
http://kokucheese.com/event/index/18602/

主催・お問い合わせ先

エイズ孤児支援NGO・PLAS
東京都品川区上大崎3-14-58 クリエイト目黒2A
担当: 足立
E-mail:workcamp_uganda@plas-aids.org
Tel:050-3627-0271