日比NGO研修 協働イベントの立案ワークショップ

□ 日比NGO研修 協働イベントの立案ワークショップ □

協働イベントの立案ワークショップ
東京都文京区
2011/9/24〜9/25

□ 協働イベントの立案ワークショップ
日比NGO研修2011 第1回

(財)地球市民財団との共催で実施している「フィリピン支援に関わるNGO役員
・職員の研修プログラム」は、3年目となりました。2011年度(計5-6回を
予定)は、NGO間の連携推進、NGOの役員・職員による組織の能力向上を目的
にした、より実践的なワークショップを中心に行います。研修第1回目は、複数の
NGOが協働して活動する意義と可能性を知り、実際に計画案を立案するワークシ
ョップです。

関連HP:http://acc21.org/news/post-22.html

日時:2011年9月24日(土)、25日(日)
場所:アジア文化会館
東京都文京区本駒込2-12-13
最寄駅(必須) 都営地下鉄三田線『千石』駅、JR山手線・東京メトロ南
北線『駒込』駅、 JR山手線『巣鴨』駅
地図:http://acc21.org/contact/index.html
参加費:500円
定員:25人
参加の条件:主にフィリピン支援に関わるNGO職員、関係者
主催:(財)地球市民財団、(特活)アジア・コミュニティ・センター21
申込:要申込
問合・申込先:
団体名(参加者のお名前、役職、勤務年数)、フィリピンでの活動内容、活動地域
、参加動機または聞いてみたい内容、連絡先(Eメール、電話、FAX)を記載し
、以下までお申し込みください。
(特活)アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)
E-mail(info@acc21.org)またはFax(03-3945-2692)。
担当:西島

改訂新版「WS版・世界がもし100人の村だったら」

□ 改訂新版「WS版・世界がもし100人の村だったら」 □

▼DEARの人気No.1教材 リニューアルして新発行!
▼「ワークショップ版・世界がもし100人の村だったら 第3版」
▼http://www.dear.or.jp/book/book01_100.html

“世界の「多様性」と「貧富の格差」を体験的に学ぶワークショップ教材”
世界には約70億もの人がいますが、100人に縮めてみたらどうなるでしょう?

メールメッセージで広がった「世界がもし100人の村だったら」を使い、実際に
身体を使いながら世界の格差や多様性を体感するこの教材は、初版発行以来、発行
部数は1万冊を超え、全国の小中高校、大学などで活用されています。
冊子には、ワークショップの進め方、その後の展開の方法のほか、ワークショップ
に使用する「役割カード」、「100人村」のメッセージなどを収めています。
2006年の新版発行にあたっては、アクティビティを追加し、展開のヒントがさ
らに充実しました。このたびの第3版では、「100人村」のメッセージを新しい
バージョンにリニューアルし、それに伴い、本文中のデータと役割カードも更新し
ました。

▼ワークショップ版・世界がもし100人の村だったら 第3版
・発行:開発教育協会
・初版2003.3、新版2006.3、第3版2011.9、B5判60頁
・一般価格:2,000円
・会員価格:1,600円
・対象:小学生以上

▼お問合せ・ご注文はお電話・ファクス・ウェブからどうぞ
特定非営利活動法人 開発教育協会/DEAR
112-0002 東京都文京区小石川2-17-41
富坂キリスト教センター2号館3階
Tel: 03-5844-3630 Fax: 03-3818-5940
URL: http://www.dear.or.jp/book/book01_100.html

世界銀行・JICA合同セミナー(9月27日)

□ 世界銀行・JICA合同セミナー(9月27日) □

世界銀行・JICA合同セミナー
「紛争・安全保障・開発(”Conflict, Security, and Development”)」
(後援:東京大学「人間の安全保障」プログラム)

世界銀行と国際協力機構(JICA)は合同セミナー「紛争・安全保障・開発」
を共催いたします。このセミナーは、本年4月に発刊された世界銀行の『世界開発
報告(WDR)2011:紛争・安全保障・開発』(仮題)の日本での発表会に併せて、
JICA研究所のアフリカにおける紛争予防についての研究の中間報告を行い、相互の
意見交換を進めるものです。本セミナーにおいては、21世紀における紛争の性質の
変化と、そのような暴力と脆弱性に対応するための政策手段について活発な意見
交換を行う予定です。
セッション1では、WDR2011を主導した世界銀行代表(調整中)より、WDR2011の
分析内容と政策提言を発表いたします。WDR2011では、暴力の連鎖が国や地域の開発
に様々な悪影響を与えることが強調されており、このような悪循環を断ち切るために
「市民の安全保障、司法制度、雇用」を確保する、正統で、アカウンタビリティを
備え統治能力のある国家機構を作り上げることが提言されています。世銀代表(調整中)
からの発表の後、研究者と実務者からのコメントと意見交換を行う予定です。
セッション2では、JICA研究所の「アフリカにおける暴力的紛争の予防」研究
プロジェクトより中間成果を発表します。このプロジェクトに携わっている国際的な
研究者チームから、構造的な条件、政治的な制度、人々の認識などがどのような
メカニズムを通じて国の安定/不安定に影響を与えるのか等の分析を報告します。
アフリカの7カ国で行われた世論調査の結果も用いた、紛争のリスク分析も行いながら、
援助戦略を考える上での新しい視点を提示します。

この合同セミナーを通じ、各国からの研究者や実務者が相互に意見交換を行うことで、
新しい政策のアイデアが生みだす「相乗効果」が起きることを期待しております。

1.  日時:2011年9月27日(火)13:30〜17:45
2.  会場:JICA研究所 国際会議場
〒162-8433 東京都新宿区市谷本村町10-5
3.  プログラム:以下参照
4.  言語:英語(英日同時通訳付)
5.  参加費:無料
6.  定員:200名(先着順)
7.  問い合わせ先:JICA研究所 企画課(雑賀・池ノ谷)
E-Mail: ditas-rsunit@jica.go.jp
(Tel) 03-3269-2959/(Fax) 03-3269-2054
8.  JICA研究所お知らせリンク:
http://jica-ri.jica.go.jp/ja/announce/post_19.html

プログラム(案)

セッション1:世界開発報告(WDR)2011「紛争・安全保障・開発」

13:30-14:30 発表(60分)
?WDR2011「紛争・安全保障・開発」:世界銀行代表(調整中)
?WDR2011の政策的含意:大島賢三副理事長(JICA)
?WDR2011の提言の実務への適用:ステファン・ヌデグワ紛争・安全保障・
開発センター専門官(世界銀行)

14:30-15:10 コメント(40分)
?フランシス・スチュワート教授(オックスフォード大学CRISE (不平等・
人間の安全保障・エスニシティ研究所=Centre for Research
on Inequality, Human Security and Ethnicity))
?武内進一上席研究員(JICA研究所)
?東大作准教授(JICA研究所特別研究員・東京大学)
?(追加の可能性あり)

15:10-15:30 質疑応答(20分)

— Coffee Break —

セッション2:
アフリカにおける暴力的紛争の予防(JICA研究所 中間発表)

15:45-16:45 発表(60分)
?アフリカにおける暴力的紛争の予防(プロジェクトの概要、紛争予防における政
治制度の役割):峯陽一教授(JICA研究所客員研究員・同志社大学)
?世論調査が示すアフリカでの水平的不平等(HI: Horizontal Inequality)と
紛争の関係:アーニム・ランガー所長(ベルギー・ルーベン大学平和と開発研究所)
?水平的不平等(HI: Horizontal Inequality)と紛争予防:フランシス・
スチュワート教授(オックスフォード大学CRISE)

16:45-17:15 コメント(30分)
?世界銀行代表(調整中)
?丹羽敏之臨時代表(UNDP東京事務所)
?遠藤貢教授(東京大学)

17:15- 17:45 質疑応答(30分)

以上

赤十字国際委員会本部外科部長の講演会

□ 赤十字国際委員会本部外科部長講演会 □

日本赤十字社医療センターでは標記講演会を開催します。

演者は、1998年より現在まで、十数年にわたりNGOや赤十字の
活動に参加し一般外科医、また、戦傷外科医としてアフリカや
中東,アジア地域の発展途上国や紛争地域を抱える国々で活動し、
現在は赤十字国際委員会ジュネーブ本部において
外科部長を務めているマルコバルダン医師になります。

トリアージや限られた資源でどのように治療を行うのか?
これらの概念は災害時にも共通しており、
東日本大震災後に高まりつつある災害時医療の
見直しへの一助となると思います。

どなたでも参加できますので、皆様お誘いあわせの上お越し下さい。

【日時】2011年9月26日(月)午後6時00分〜8時00分
【場所】日本赤十字社医療センター 12階 多目的ホール
【演題】戦傷のトリアージと治療(通訳あり)
【講演】マルコ・バルダン医師
(赤十字国際委員会ジュネーブ本部外科部長)
【連絡先】日本赤十字社医療センター
国際医療救援部(担当:田中)
電話/FAX(03)3400-0232 内線2382
Eメール imrd@med.jrc.or.jp

* 当日は1階守衛室で訪問者カードを受け取り、
経路を示した地図をお渡ししますので
地図に従い12階ホールまでいらしてください。

発送ボランティア募集

□ 発送ボランティア募集 □

シェアでは、今月創刊するニュースレターの発送をお手伝いくださる
ボランティアさんを募集します!発送部数が多いため、たくさんの方の協力が
必要となっています。1時間でもかまいませんので、ご協力お願いします。

みんなでおしゃべりしながら、宛名ラベルを貼ったり、糊付けしたり・・・。
はじめての方でも大丈夫!シェア事務所でわいわい作業をしませんか☆

【日時】2011年9月20日(火)13:30 – 17:00

※ランチ交流会
当日12:30からシェア東京事務所にて、ボランティアさんとシェアスタッフと

ご一緒におしゃべりしながらお昼を食べましょう!昼食持参でお越しください。
お時間のある方は、ぜひランチ交流会からどうぞ!

※事前作業
前の週に、随時ラベル貼り、印刷などをお願いできる方も募集します。
9/12(月), 9/13(火), 9/14(水)、9/16(金) 10:30-15:30
お手伝いいただける方は、前日までにご連絡ください!

【場所】シェア東京事務所
東京都台東区東上野1−20−6丸幸ビル5階
JR 「御徒町」「上野」から徒歩5分
東京メトロ「仲御徒町」「上野御徒町」「上野」から徒歩5-7分

【お申し込み】
件名に「○月○日発送ボランティア希望」とご記入いただき、お名前・ご住所・
電話番号・メールアドレス・参加可能日時を、info@share.or.jp
までお送り下さい。
追って担当よりご連絡致します。

【申込締め切り】
参加の前日まで

【お問い合わせ】
info@share.or.jp 担当:山脇までお願いします

公開ワークショップ「災害・貧困・開発」

□ 公開ワークショップ「災害・貧困・開発」 □

近年、先進国・開発途上国を問わず、世界各国で多くの災害が人々の生活を襲い
、甚大な被害が生じています。特に最近は、自然災害の発生頻度が増加する傾向も
みられ、東日本大震災に加えて、ハイチ・チリ・中国・パキスタン・阪神淡路での
大震災、インド洋大津波、ハリケーン・カトリーナなど様々な自然災害により、多
くの人命が失われ、経済的にも巨額の損失が生じています。また、自然災害に加え
て人的災害も深刻です。人的災害には、放射性物質など化学物質の漏出、飛行機・
鉄道などの交通上の事故のような「技術的災害」、金融危機、食糧価格の高騰とい
った「経済危機」、テロ、戦争といった「暴力的災害」が含まれますが、これらも
世界の人々、特に貧困層に深刻な悪影響をもたらしています。このような自然災害
・人的災害による被害を軽減するための「備え」を構築し、災害に「対処」してい
くことが国際社会の極めて重要な政策・研究課題となっています。

東京大学、一橋大学及びJICA研究所は共同で、「災害・貧困・開発」を
テーマとしたワークショップを開催します。このワークショップでは、
Fran?ois Bourguignon氏(Director of Paris School of Economics、
世界銀行前チーフエコノミスト)ら一線で活躍する研究者をお招きし、様々な災害
がもたらす被害をマクロ・ミクロレベルで比較分析し、これまで行われてこなかっ
た研究のギャップを埋めるべく議論を行うことを目的としています。具体的には、
自然災害・人的災害の増加という新しい問題が人々の生活水準に与える影響や、
インデックス型災害保険のような革新的な手法と公共政策の役割について議論す
る予定です。

■開催日時及び場所
1.日時:10月3日(月)午後1時30分〜5時30分
2.場所:JICA研究所(市ヶ谷)国際会議場

■詳細はJICA研究所のHPをご覧ください。
http://jica-ri.jica.go.jp/ja/announce/joint_workshop_disasters_poverty_and_development.html

メコン・ウォッチ契約スタッフ募集

□ メコン・ウォッチ契約スタッフ募集 □

メコン・ウォッチ契約スタッフ(カンボジア)募集

求人内容:メコン・ウォッチでは、カンボジア農村地域の自然資源利用に関す
る調査、開発政策に関するアドボカシー活動に一緒に取り組んでくださる契約
スタッフを募集しています。詳しくは以下をご覧ください。

関連HP:http://www.mekongwatch.org/contact/staff_cambodia.html

形態:契約スタッフ

職種:カンボジア農村地域の自然資源利用に関する調査、開発政策に関する
アドボカシー活動

業務内容:
・農村部での調査、記録
・参加型ワークショップのコーディネート
・調査に基づく政策提言活動
・現地・国際NGOとの業務調整・連絡
・東京本部や海外助成団体への報告、プロジェクトに伴う経理
・その他事務全般

募集人員:1名

資格:必要な語学力: 英語(実務が可能なレベル)、クメール語のできる方歓迎

類似業務経験年数:経験不問
その他:カンボジアに長期滞在可能な方。一般的なPCスキル。
メコン・ウォッチの活動内容に賛同してくださる方。

報酬:当団体の規定に準ずる。社会保障完備。
プロジェクトにかかる渡航費や海外旅行傷害保険当団体負担。

団体名:特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ

勤務地:カンボジア(試用期間中、東京事務所で勤務期間あり)

勤務期間:2011年10月以降 〜 2012年9月
試用期間3カ月、契約更新の可能性あり

応募方法:履歴書、志望動機(こちらのプロジェクト企画書
http://www.mekongwatch.org/PDF/Bosyu_cambodia.pdfを
ご一読の上、それを踏まえて800-1200字程度で執筆)をメールで
info@mekongwatch.orgまでご連絡ください。
また、現在までの類似活動に関する作成資料、執筆論文があれば
適宜を添付お願いします。

締切り:2011/9/30まで

申込・問合せ先:特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ
電話 : 03-3832-5034
メールアドレス: info@mekongwatch.org

映像でメコンを渉る(上映会):東京・京都

□ 映像でメコンを渉る(上映会):東京・京都 □

映像でメコンを渉る(上映会):東京・京都

第4回:自然を生かす人々の知恵

メコン・ウォッチは東京で自然環境情報ひろば丸の内さえずり館、京都で「多
目的カフェかぜのね」のご協力をいただき、メコンの自然と人々に関する映像
の上映会を開催します。東京は9月26日、京都は9月30日です。
ぜひご参加ください。

関連HP:http://www.mekongwatch.org/events/film3_20110926.html

【東京会場】
・日時 2011年9月26日(月)18:30〜20:00
・場所 自然環境情報ひろば丸の内さえずり館
東京都千代田区有楽町1−12−1 新有楽町ビル1F
http://www.m-nature.info/access.html
・映像の解説:木口由香 (メコン・ウォッチ)
・司会:飯沼佐代子(地球・人間環境フォーラム)

【京都会場】
・日時 2011年9月30日(金)19:00〜20:30
・場所 多目的カフェ かぜのね
〒606-8204 京都市左京区田中下柳町7-2(京阪・叡電出町柳駅から徒歩1分)
http://www.kazenone.org/modules/contents/index.php?content_id=3
・映像の解説:木口由香、東智美(メコン・ウォッチ)

参加費:500円(会員は無料)

定員:それぞれ先着30名

主催:特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ

協力:自然環境情報ひろば丸の内さえずり館、多目的カフェかぜのね、
(財)地球・人間環境フォーラム

申込:http://goo.gl/YtsqO
または、(特活)メコン・ウォッチevent@mekongwatch.org
もしくは
Fax:03-3832-5034にお名前、参加会場、緊急連絡先を記載の上、
お申し込みください。

問合・申込先:特定非営利活動法人メコン・ウォッチ(担当:木口)
〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル2階
Tel: 03-3832-5034 Fax: 03-3832-5039
Email: info@mekongwatch.org

講演会 アフガンこれまでの10年・これからの10年

□ 講演会 アフガンこれまでの10年・これからの10年 □

トークイベント「アフガニスタン〜これまでの10年・これからの10年〜」

講師:レシャード・カレッド 氏
(アフガニスタン支援NGO カレーズの会理事長)

2001年9月11日アメリカ同時多発テロから10年。アフガニスタンへの復興
支援を「医療」と「教育」の分野で行うことを目的に2002年4月に“カレーズ
の会”を発足させ、祖国アフガニスタンへの支援活動に取り組んでいる同会理事、
レシャード・カレッド氏よりアフガニスタンの“これまで”と“これから”につい
て講演していただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日 時:9月25日(日)14:00〜16:00 (開場13:30)
場 所:あーすぷらざ プラザホール(2階)
横浜市栄区小菅ヶ谷1‐2‐1
※JR根岸線本郷台駅改札出て左すぐ
参加費:無料
対 象:どなたでも
定 員:当日先着200名

お問い合わせ先:
TEL 045-896-2899
URL http://www.earthplaza.jp/?p=1418
あーすぷらざ 地球学習班 担当:増田

連続講座 会社帰りに参加するNGO国際協力講座

□ 連続講座 会社帰りに参加するNGO国際協力講座 □

日常生活のなかで「これっていいのかな?」と思うことってありませんか?大量に
廃棄される食べ物、無駄遣いしている気がする紙類・・。実はこうした食料、衣料
、日用品などの多くが海外から輸入され、日本人である私たちの「豊かな」生活は
成り立っています。
しかし、3月11日の東日本大震災をきっかけに、多くの人が自分たちのライフス
タイルを見直し始めています。これから私たちはどのような暮らし、社会のあり方
を目指していけばいいのでしょうか。長い秋の夜、JVCが活動する4カ国の現状
を例に、身近なテーマから国際協力へのについて考えてみませんか?

【開催日時】
第一回「結婚指輪」から考える南アフリカ 10月26日(水)19:30〜21
:00
第二回「海外旅行」から考えるカンボジア 11月2日(水)19:30〜21:
00
第三回「繊維」から考えるラオス 11月9日(水)19:30〜21:00
第四回「居酒屋」から考えるタイ 11月16日(水)19:30〜21:00
第五回「日常」から考える国際協力 11月30日(水)19:30〜21:00

【会場】
日本国際ボランティアセンター(JVC)東京事務所
www.ngo-jvc.net/jp/aboutjvc/address.html
アクセス:JR上野駅・東京メトロ上野駅(地下鉄上野駅3番出口)より徒歩7分
、JR御徒町駅・東京メトロ仲御徒町駅・都営地下鉄上野御徒町駅(地下鉄仲御徒
町駅3番出口)より徒歩5分。

【定員】
各回15名 (5回連続での参加の方を優先いたします。)

【参加費】
5回連続 会員:3000円、一般:4000円
1回ごと 会員:800円、一般:1000円
※参加費は事前にお振込みいただきます。

【お申込み・お問い合わせ】
お申込みは、メール、電話、ファックスで、ご氏名、ご所属、ご連絡先、希望する
講座(連続もしくは、希望する回)を下記担当者まで、ご連絡ください。

日本国際ボランティアセンター(JVC)
台東区東上野1-20-6 丸幸ビル6F TEL:03-3834-2388
/ FAX: 03-3835-0519
E-Mail: info@ngo-jvc.net(連続講座担当まで)
URL: www.ngo-jvc.net