7/9(土)お茶大・UNDP公開フォーラム

□ 7/9(土)お茶大・UNDP公開フォーラム □

「アジアにおけるグローバル化とジェンダーの現在—マクロ経済と社会構築」
(「UNDP集中セミナー『ジェンダーとマクロ経済に関する能力構築』」パブリ
ック・フォーラム)

※お申し込みは、下記URLよりお願いいたします。
http://www.igs.ocha.ac.jp/igs/IGS_Events/#d05

【日時】2011年7月9日(土)10時〜17時
【会場】お茶の水女子大学共通講義棟2号館201号室
【定員】200名(要申込み、参加費無料)
【プログラム】
午前
<開会の挨拶>お茶の水女子大学学長、UNDP東京事務所次席代表、外務省、内
閣府男女共同参画局、GEM-IWG、DAWN
<第1部>基調講演
「グローバリゼーション下の金融・生産・再生産」 ダイアン・エルソン(エセッ
クス大学)

午後
<第2部>マクロ経済とジェンダー
「環境の危機と社会的再生産:連関を理解する」マリア・フローロ(アメリカン大
学)
「生活保障システムの比較ジェンダー分析が示すもの: その機能不全がグローバ
ル不均衡を生む」大沢真理(東京大学)
ディスカッサント 足立眞理子(お茶の水女子大学)
<第3部>社会構築とジェンダー
「対アジアODAのジェンダーを探る」マリナ・デュラーノ(マレーシアサインズ
大学)
「災害リスク削減のジェンダー主流化:バングラデシュの事例から」池田恵子(静
岡大学)
「日本の災害から見るジェンダー課題」竹信三恵子(和光大学)

*日英同時通訳あり
*申込制・参加費無料・定員200名
http://www.igs.ocha.ac.jp/igs/IGS_Events/#d05
*プログラムは変更の可能性があります。上記HPにアップデートします。

【主催】 お茶の水女子大学、国連開発計画(UNDP)
【後援】 外務省、内閣府男女共同参画局、国際フェミニスト経済学会(IAFF
E)、ジェンダー・マクロ経済学・国際経済学に関する国際ワーキンググループ(
GEM-IWG)、女性による新時代の代替的開発グループ(DAWN) ほか
【事務局】 お茶の水女子大学ジェンダー研究センター
【主催者より】
21世紀の今日、人々の生活に与えるグローバリゼーションの政治的・経済的・文
化的影響力を否定するものはいないでしょう。同時に、それらは深くジェンダー問
題に関わっています。本フォーラムは、とくに、アジア太平洋地域に焦点を絞りつ
つ、「マクロ経済とジェンダー」という視点から、現代のアジアの開発、社会再構
築の諸問題を捉えなおそうという試みです。「マクロ経済とジェンダー」という課
題は、財政・金融・税制・社会保障・貿易・投資・労働・生活時間・ケア・無償労
働・国際移動など、従来の経済の水準においてジェンダー中立的に分析されてきた
諸問題が、いかなる経路によってジェンダーと関わりあっているのかについて、明
らかにするものです。それらは、国家と地方自治体・地域社会の関係において、政
策・制度・文化慣習によって、そして災害など危機の顕在時においては、全く様相
が異なって発現してきます。
一段と激しく変動し、危機の諸相が顕在化している現在における、オルタナティブ
な開発と社会再構築について、新たな知の共有と実践を模索していきたいと思って
います。
ここに、皆さまのご参集を広く呼びかけます。

お茶の水女子大学ジェンダー研究センター
〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1
E-mail: igsoffice@cc.ocha.ac.jp

(地球環境基金)環境保全人材育成研修〜インドネシア

□ (地球環境基金)環境保全人材育成研修〜インドネシア □

平成23年度地球環境基金 海外派遣研修(インドネシア)〜研修生募集

インドネシア共和国において、開発途上地域における環境保全活動に関心のある方
を対象に、環境NGO・NPO活動を担う人材育成を目的とした研修を実施します。
この研修の研修生の募集を開始しましたのでお知らせいたします。
 本研修は、事前研修で設定した個人テーマおよび現地での住民との対話や企業な
どのステークホルダーとの協議などをもとに、研修最後には模擬企画書の作成を行
うなど実践力を培えるよう工夫された内容となっております。

【訪問先】
グヌン・ハリムン・サラク国立公園、インドネシア先住民ネットワーク(AMAN
)、参加型地図作成ネットワーク(JKPP)、ウジュン・クーロン国立公園など

【申込み締切日】
平成23年7月9日(土) 郵送必着

【研修日程】*事前研修、研修報告会への参加が必須となります。
◎事前研修 
日 時: 平成23年8月6日(土) 、7日(日)
場 所: 東京都内
◎現地研修
1.長期コース(22日間) 平成23年9月10日(土)〜10月1日(土)

2.短期コース(9日間) 平成23年9月10日(土)〜9月18日(日)

◎研修報告会
 日 時: 平成23年11月26日(土)
場 所: 東京都内
【募集人数】 10名(両コース併せて10名)

【参加費】 5万円(長期コース、短期コースともに同額)
★その他詳細は、地球環境基金のHPに掲載しているチラシ、募集要項をご覧下さ
い。
http://www.erca.go.jp/jfge/training/h23/haken.html
【お問い合わせ】
公益社団法人 日本環境教育フォーラム 国際事業部 担当:佐藤、金久保
TEL:03-3350-6770 FAX:03-3350-7818
E-mail:kenshu_indonesia@jeef.or.jp
URL:http://jeef.or.jp/

【主催】
独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部 地球環境基金課 担当:松岡、
崎枝
TEL:044-520-9505     FAX:044-520-2190
E-mail:c-kikin@erca.go.jp  URL:http://www.erca.go.jp/jfge

コンサルタント(正社員候補)募集

コンサルタント(正社員候補)募集

バリュープランニング・インターナショナル株式会社は、グローバルな視点から、
新たな社会・経済的価値を生み出す専門家の連携を通し新しい価値を創出し、社会
に貢献する開発コンサルタント会社です。この度、1名のコンサルタント(正社員
候補)を募集します。

<主な業務内容> 主に都市開発・地域開発・交通計画・基盤整備の分野において
JICAや国際機関の実施する開発事業の調査、計画立案、プロジェクト実施監理
等の開発コンサルタント業務

職種:コンサルタント(正社員候補)
資格:1)大学卒業以上(大学院修了以上が望ましい)。2)一般企業等での業務
経験が5年以上ある方 (国際協力分野での経験は問いません)。3)英語での業
務遂行が可能な方(英検準1級、TOEIC900点相当以上。留学経験がある方
が望ましい)。4)マネージメント能力及びコミュニケーション能力、チームワー
クの能力を重視。5)プロジェクトやイベント、組織などのコーディネーターやオ
ーガナイザーの経験がある方が望ましい。
報酬:当社規定による
勤務時間:9:30〜17:30、週休2日制(土・日・祝祭日休み)
勤務地:東京を拠点とし海外出張、海外赴任あり

応募方法:履歴書と職務経歴書(JICA専門家様式が望ましい。A4用紙2枚程
度)、志望動機(A4用紙1枚程度)の電子ファイルを添付した電子メールを(題
名を「コンサルタントの件」として下さい)、以下の問い合わせ先へ送付してくだ
さい。
募集期間:随時

申込・問合せ先:バリュープランニング・インターナショナル株式会社
〒102-0082  東京都千代田区一番町8-15 一番町MYビル6階
Tel:03-3221-9292 Fax:03-3221-9293
URL:http://www.valueplanning.org
E-mail:recruit@valueplanning.org

キャンペーン担当インターン募集

□ キャンペーン担当インターン募集 □

60団体以上が加盟するNGOネットワーク「動く→動かす」では、
世界的キャンペーンSTAND UP TAKE ACTIONや関連イベントを
担当するインターンを募集します。アドボカシーの最前線で
自分を磨きたい方のご応募をお待ちしています。

【業務内容】
STAND UP担当職員の補佐。

MDGs達成を目指すキャンペーン「STAND UP TAKE ACTION」や
関連イベント、研修プログラムなどの企画および実施。
その他メディアワーク補佐、問い合わせ対応、資料収集など
必要な一切の業務。

【募集人数】
1名

【資格・条件】
・「動く→動かす」の活動・理念に理解のある方
・基本的なPCスキルがある方(Word、Excel必須)
・人と接することが好きな方
・チームの一員として、求められる役割を理解して行動できる方
・2011年10月に時間の融通が利く方

【勤務地】
「動く→動かす」事務局(東京都台東区)

【勤務期間】
採用から半年以上
※長期間勤務できる方を優先しますが、相談に応じます。

【勤務時間】
週16時間(2-3回)。月-金、時間帯は10:00-18:00で応相談。
イベント時の休日出勤あり。

【待遇】
無給、交通費支給(1ヵ月1万円以内)

【応募・選考方法】
履歴書、志望動機(A4 1-2枚)を電子メールまたは郵送にて送付。
書類審査後、面接。

【お問い合わせ先】
「動く→動かす」事務局(担当:笠原)
〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル2階
特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 気付
TEL:03-3834-6902 Email:office@ugokuugokasu.jp

EFAグローバルモニタリングレポートシンポジウム

□ EFAグローバルモニタリングレポートシンポジウム □

【JICA】7/16(土)JICA/JNNE/ACCU主催シンポジウム
「EFAグローバルモニタリングレポートシンポジウム2011
−教育と紛争−」開催のお知らせ

本シンポジウムは、震災の影響を受け2011年3月13日(日)の開催を
延期していたものです。
新しい日時は下記の通りですが、プログラム内容に変更はございません。

すべての人々に基礎的な教育機会を保障する「万人のための教育
(Education for All:EFA)の実現に向けて、日本をはじめとする
国際社会は様々な支援を行っています。EFAの進展を把握するために、
2002年より「EFA Global Monitoring Report(GMR)」が発表されており、
この度2011年版概要の和訳が完成いたしました。この機会を捉え、
JICA/JNNE/ACCU主催シンポジウム「EFAグローバルモニタリングレポート
シンポジウム2011-教育と紛争-」を開催します。
教育と紛争を切り口に、2015年までのEFA目標達成の展望と課題を検討し、
EFA達成に向けた日本の教育分野の支援のあり方について広く関係者間で
意見交換を行います。
*当日、EFAグローバルモニタリングレポート2011概要の日本語版を配布し
ます。

主催:国際協力機構(JICA)、教育協力NGOネットワーク(JNNE)、ユ
ネスコ・アジア文化センター(ACCU)
後援:外務省、文部科学省(予定)
日時:2011年7月16日(土) 13:30-17:30(開場13:00)
場所:JICA研究所 東京都新宿区市谷本村町10-5
TEL:03-3269-2911
http://jica-ri.jica.go.jp/ja/about/access.html
一般駐車場はございませんので、車でのご来場はご遠慮ください。

【プログラム】
13:30-13:40 開会挨拶 JICA人間開発部 部長 萱島 信子
13:40-14:00 GMR2011概要説明及び本日のディスカッション・ポイント
        上智大学 准教授 北村 友人
14:00-14:40 基調講演「当事者の視点で考える教育と紛争」
        ルワンダの教育を考える会
        理事長 カンベンガ・マリールイーズ
14:40-15:20 基調講演「沖縄の経験から考える教育と平和」
        沖縄県立博物館・美術館 博物館班主幹 園原 謙
15:20-15:35 休憩
15:35-16:00 NGO活動事例「南部スーダンの事例」
        ワールド・ビジョン・ジャパン 海外事業部緊急人道支援課
        政府助成金事業チームリーダー 伊藤 真理
16:00-16:25 JICA活動事例「JICAによるアフガニスタンにおける
        基礎教育協力」 JICA国際協力専門員 高橋 悟
16:25-17:15 パネルディスカッション      
17:15-17:20 閉会挨拶 JNNE 代表 片山 信彦
【パネリスト(順不同・敬称略)】
カンベンガ・マリールイーズ (ルワンダの教育を考える会 理事長)
○園原 謙 (沖縄県立博物館・美術館 博物館班主幹)
○伊藤 真理 (World Vision Japan東京事務所海外事業部政府
助成金事業チームリーダー)
○高橋 悟 (JICA国際協力専門員)
●モデレーター 北村 友人(上智大学 准教授)

参加ご希望の方:必要事項をご記入の上、下記連絡先のEメールまたは
ファックスでお申し込み下さい。
なお、会場の都合上、定員を200名といたしますことを予めご了承下さい。
なお、前回(3月13日分)お申し込みを済ませていらっしゃる方も、
大変恐縮ですが再度お申し込み頂きますよう、お願い申し上げます。
*情報保障:手話通訳など必要に応じて手配可能です。
必要なサービスがありましたら、申込みの際にご連絡ください。

連絡先: 独立行政法人 国際協力機構(JICA)
人間開発部 課題支援ユニット 中里/熊谷
Email: kadaishien-ningen@jica.go.jp
Tel: 03-5226-6657 Fax: 03-5226-6346
■申し込みフォーマット :
ご氏名(ふりがな):
ご所属(職位):
ご連絡先(Email):
シンポジウムを知った媒体:

以上

JOCS 海外担当主事(管理職)募集

□ JOCS 海外担当主事(管理職)募集 □

公益社団法人 日本キリスト教海外医療協力会では、海外担当主事(管理職)を募
集しています。

〔業務内容〕
(1) 海外における事業の管理(海外事業担当職員の指導を含む)
(2) 海外における事業の開拓
(3) 海外協力団体との交渉及び契約案の作成
(4) 海外派遣者の職務内容及び研修の案の作成
(5) 将来の海外派遣者の発掘と育成
一般職員として採用し、業務引継ぎ後、2012年4月より海外担当主事(海外事
業部門の管理職)として勤務いただきます。

〔募集人数〕1名

〔資格・条件〕
(1) 当会の目的、事業に賛同していただける方(採用された方は、当会の会員
になっていただきます)。
(2) 保健医療、福祉関係などの資格・バックグラウンドのある方、または開発
途上国における保健医療プロジェクトのマネジメント経験があること。
(3) 開発途上国における勤務経験が1年以上あることが望ましい。
(4) 社会人実務経験が10年以上あることが望ましい。
(5) 英語による業務遂行が可能であること。
(6) パソコンを利用できること。
(7) クリスチャンまたは求道者で実際に教会生活を送っている方。
(8) 年数回(合計 1ヵ月半ないし2ヵ月程度)の海外出張が可能であること

〔待遇〕
当会の給与規定により、給与、賞与及び通勤手当を支給。社会保険完備。詳細は当
会ウェブサイトでご確認ください。

〔勤務地〕
JOCS東京事務局。現在は、東京都新宿区西早稲田。2011年8月、新宿区馬
場下町(東京メトロ東西線「早稲田」駅より徒歩1分)に移転予定。

〔勤務開始日〕
2011年11月1日。ただし、現在勤務中で、年度途中での退職が難しい方など
は相談に応じます。

〔応募方法〕
 次の書類を、以下の送付先までお送りください。履歴書のみ、手書きでご記入く
ださい。
・JOCS指定履歴書
 (当会ウェブサイトからダウンロードしてください。)
・職務経歴書(A4用紙、書式自由)
・作文
 次の課題について、A4用紙1枚以内にお書きください。
「地域保健プロジェクトを形成する過程で、大切にしたいこと。」

書類選考を通過された方には8月30日(火)までに通知し、9月3日(土)に面
接選考を行います。

〔応募締切日〕2011年8月12日(金)必着

〔応募書類送付先〕
 〒169-0051東京都新宿区西早稲田2-3-18-33
 公益社団法人 日本キリスト教海外医療協力会 採用係

〔お問い合わせ先〕
 募集要項は、以下のウェブサイトをご覧ください。
 http://www.jocs.or.jp/jocs/tinyd2+index.id+20.htm
 事務局統括 名取智子 Tel. 03-3208-2416

【6/29開催】シェア 東ティモール活動報告会

□ 【6/29開催】シェア 東ティモール活動報告会 □

東ティモール駐在員の帰国にあたり、活動報告会を開催します!
2年間の駐在生活を振り返りながら、小学校における保健教育プロジェクト活動や
保健ボランティアの育成について語っていただきます。ご都合のつく方は、ぜひご
参加ください!

【日時】平成23年6月29日(水) 19:00〜20:30

【場所】JICA地球ひろば3階 301号室(JICA広尾センター:渋谷区広
尾4-2-24)
交通機関 :東京メトロ日比谷線広尾駅下車(3番出口)徒歩1分

【定員】30名

【資料代】 会員:300円、一般:500円

【スピーカー】谷口 加奈さん(シェア 東ティモール現地代表)
愛知県出身。ハワイ大学修士課程(社会学、都市及び地域計画学)修了後、 
ハワイにて社会福祉事業に携わる。その後開発コンサルタント、NGO勤務を経て、
2009年7月より現職。

【お申し込み】
info@share.or.jpまたはFAX 03-3837-2151宛て
にお申込ください
件名:「東ティモール活動報告会」
本文:氏名(ふりがな) 、職業、郵便番号・住所、電話番号、質問事項、シェア
の会員 / 非会員、メールアドレス、現在国際協力に関わっていますか? はい
(具体的に:    )/いいえ

※詳細はシェアホームページよりイベント情報(http://share.or
.jp/share/join/event/index.html)をご覧ください。

(認定)特定非営利活動法人 シェア=国際保健協力市民の会 担当:志澤・青木
〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル5F
TEL:03-5807-7581  FAX:03-3837-2151
E−mail:info@share.or.jp URL:http://share.or.jp           

第1回植林ワークキャンプ 参加者募集中!

□ 第1回植林ワークキャンプ 参加者募集中! □

第1回植林ワークキャンプ 参加者募集中!

【期間】2011年8月31日〜9月9日
 現地集合・現地解散となっております。
【場所】インド・タミルナンドゥ州ニライコタイ

失われた自然を再び取り戻し、人と自然が共存していけるように植林活動を行って
いくツアーです。現地NGO・CIRHEP(シロップ、Centre for
Improved Rural Health and Environment
Protection)での植林活動やワークを通して、インドの農村部の抱え
る問題や人々の取り組みについて学びませんか?

【詳しくはこちらをご覧ください】
http://www.ne.jp/asahi/life/home/tour/ist.html

★ツアーの説明会を事務所で行っています
・2011年6月20日(月) 17:00〜
・2011年6月29日(水) 17:00〜
・2011年7月1日(金)  17:00〜
・2011年7月7日(木) 18:00〜20:00

【参加資格】
・環境保全に興味のある方
・現地の人々の取り組みを自分の目で見て、肌で感じたい方
・異文化を乗り越えて現地の人々と共に活動をしたい方
など。学生さんだけでなく、社会人の方にもご参加いただいています

【参加費】
68,000円
—リピーター割引5千円(63,000円)
—LIFE会員でない方は別途、賛助会費6千円が必要です。
—参加費には日本国内での研修費と現地滞在時の費用(プログラム期間中の宿泊費
、食費、現地交通費、プログラム費等)が含まれます。パスポート・ビザの取得費
用、インド・日本往復航空券、空港使用税、海外旅行保険、現地空港から集合場所
までの交通費にかかる費用は含まれません。LIFE会員でない方は、別途賛助会
費6,000円が必要です。
—航空券は?風の旅行社で手配する事も可能です。ご希望の方はご相談下さい。

【募集人数】 
20名

【申込み締め切り】
2010年6月1日〜2011年8月1日

【申込み方法】

「申込書」に必要事項をご記入の上、ファックス、郵送、またはメール(添付ファ
イル)で、「地球の友と歩む会/LIFE」にお送りください。
「申込書」は、「地球の友と歩む会/LIFE」ホームページよりダウンロード
(http://www.ne.jp/asahi/life/home/tou
r/participate.htm)、もしくは「地球の友と歩む会/LIFE
」にご請求ください。

【お知らせページ】
http://www.ne.jp/asahi/life/home/tour/ist.html

異なる文化や社会の中につかり、人々と触れ合い、心や体で色々なことを感じ、考
えてみませんか。事前・

事後の研修や現地での振り返りの時間を通して、みなさんの学びをサポートします

————————-

旅行企画・実施
  株式会社 風の旅行社
  総合旅行業取扱管理者 原優二
  〒165-1126 東京都中野区新井2-30-4 I.F.O.ビル 6F 
  観光庁長官登録旅行業1382号/日本旅行業協会(JATA)会員

現地プログラム企画
特定非営利活動法人 地球の友と歩む会/LIFE
〒102-0071
東京都千代田区富士見2-2-2東京三和ビル501号
TEL: 03-3261-7855
FAX: 03-3261-9053
  E-mail:life@earth.email.ne.jp
————————-

第18回インド・参加型農村開発研修 参加者募集中

□ 第18回インド・参加型農村開発研修 参加者募集中 □

【期間】 2011年8月19日〜9月4日(短期組)、9月11日(長期組)
 自由旅行の日数によって、短期と長期の日程がございます

【場所】 インド・タミルナドゥ州ダルマプリ

参加型農村開発研修は農村部に滞在し、参加型の農村開発の手法PRA(Part
icipatory Rural Appraisal:主体的参加型農村調査方
)を学ぶ研修です。第18回参加型農村開発研修では南インドで活動するNGO、
MYRADA(Mysore Resettlement and Agricu
lture Development Agency)を訪れます。農村部に滞在
し、専門ワーカーから実践に即した講義と現場を踏まえた社会開発、持続可能な開
発について学びます。

【詳しくはこちらをご覧ください】
http://www.ne.jp/asahi/life/home/tour/prdt.html

【ツアーの説明会を事務所で行っています】
・2011年6月20日(月) 17:00〜
・2011年6月29日(水) 17:00〜
・2011年7月1日(金)  17:00〜
・2011年7月7日(木)  18:00〜20:00

【参加資格】
・農村開発の手法PRAを学びたい方
・インド農村部が抱える課題について学びたい方
・国際協力への関心が高い方や学んでいる方
・これから国際協力を学びたいと考えている方
・将来、国際開発活動に携わりたいと考えている方
など、学生の方だけでなく、社会人の方にもご参加いただいています。

【参加費】
198,000円
—リピーター割引5千円(参加費19万3千円)
LIFE会員でない方は別途、賛助会費6千円が必要です。
—「燃油特別付加運賃」(2011年5月20日現在40,160円)、成田空港
諸税(2,540円)、インド出国税(470円)、AIU海外旅行傷害保険代(
短期組9,290円・長期組11,930円)、パスポート、ビザ取得経費ならび
に自由行動中費用が別途必要となります。

【募集人数】20名

【申込み期間】 2011年6月1日〜2011年7月19日

【申込み方法】

「申込書」に必要事項をご記入の上、ファックス、郵送、またはメール(添付ファ
イル)で、「地球の友と歩む会/LIFE」にお送りください。「申込書」は、「
地球の友と歩む会/LIFE」ホームページよりダウンロード
(http://www.ne.jp/asahi/life/home/tou
r/participate.htm)、もしくは「地球の友と歩む会/LIFE
」にご請求ください。

【お知らせページ】
http://www.ne.jp/asahi/life/home/tour/ist.html

研修は主に現地の専門ワーカーからの講義とフィールドに出て実践をするプログラ
ムからなっています。フィールドへ出かけることで、理論が知識だけではなく全身
で体得することができます。

——————————————————-
■旅行企画・実施
  株式会社 風の旅行社
  総合旅行業取扱管理者 原優二
  〒165-1126 東京都中野区新井2-30-4 I.F.O.ビル 6F 
  観光庁長官登録旅行業1382号/日本旅行業協会(JATA)会員

■現地プログラム企画
特定非営利活動法人 地球の友と歩む会/LIFE
〒102-0071
東京都千代田区富士見2-2-2東京三和ビル501号
TEL: 03-3261-7855
FAX: 03-3261-9053
e-mail:life@earth.email.ne.jp
——————————————————-

第24回インド・スタディ&ボランティア体験ツアー

第24回インド・スタディ&ボランティア体験ツアー 

LIFEのスタディツアーには、これまでに、のべ1292人(2009年度現在
)が参加し、多くのことを学び、経験し、現在も様々な分野で活躍されています。
異なる文化・社会の中につかり、日本からでは見えにくい現地の様子を、自分の目
で確かめ、心で感じ、色々なことを考える貴重な時間を、一緒に過ごしませんか?

【期間】2011年8月23日〜9月4日(短期組)または9月11日(長期組)
 自由行動の日数によって短期組と長期組がございます。

【場所】インド・タミルナンドゥ州ヴィルプラム

目覚ましい経済発展をしているインドですが、都市と農村の格差は広がるばかりで
す。インドの農村に滞在し、農村の抱える現状やインドの人の取り組みを自らの目
で見て、肌で感じ、学んでみませんか?
第24回スタディ&ボランティア体験ツアーでは、現地のNGO・CECOWOR
が運営する子どものための施設

でボランティア活動を行い、女性の自助努力グループや子どものための施設を訪れ
、実践者からお話しを伺います。また、ホームステイを通じた村人との文化交流、
生活体験も行います。

★詳しくはこちらをご覧ください
http://www.ne.jp/asahi/life/home/tour/ist.html

ツアーの説明会を事務所で行っています。お気軽にお越しください。

・2011年6月20日(月) 17:00〜
・2011年6月29日(水) 17:00〜
・2011年7月1日(金)  17:00〜
・2011年7月7日(木)  18:00〜20:00

【参加資格】
・教育に興味のある方
・女性の自助努力グループの活動に興味のある方
・インドの抱える問題とその問題に対する現地の人々の取り組みを自分の目で見て
、肌で感じたい方
・異文化の中で生活をしてみたい方
・インドの文化に興味のある方
・ボランティア体験をしてみたい方
など。学生さんだけでなく、社会人の方にもご参加いただいています

【参加費】  188,000円
・リピーター割引5千円(参加費18万3千円)
・LIFE会員でない方は別途、賛助会費6千円が必要です。
・「燃油特別付加運賃」(2011年5月20日現在40,160円)、成田空港
諸税(2,540円)、インド出国税(470円)

・AIU海外旅行傷害保険代(短期組8,140円・長期組10,730円)、パ
スポート、ビザ取得経費ならびに自由行動中費用が別途必要となります。

【募集人数】  20名

【申込み方法】
「申込書」に必要事項をご記入の上、ファックス、郵送、またはメール(添付ファ
イル)で、「地球の友と歩む会/LIFE」にお送りください。「申込書」は、「
地球の友と歩む会/LIFE」ホームページよりダウンロード
(http://www.ne.jp/asahi/life/home/tou
r/participate.htm)、もしくは「地球の友と歩む会/LIFE
」にご請求ください。

【お知らせページ】
http://www.ne.jp/asahi/life/home/tour/ist.html

異なる文化や社会の中につかり、人々と触れ合い、心や体で色々なことを感じ、考
えてみませんか。事前・事後の研修や現地での振り返りの時間を通して、みなさん
の学びをサポートします。

——————————————————
■旅行企画・実施
  株式会社 風の旅行社
  総合旅行業取扱管理者 原優二
  〒165-1126 東京都中野区新井2-30-4 I.F.O.ビル 6
F 
  観光庁長官登録旅行業1382号/日本旅行業協会(JATA)会員

■現地プログラム企画
特定非営利活動法人 地球の友と歩む会/LIFE
〒102-0071
東京都千代田区富士見2-2-2東京三和ビル501号
TEL: 03-3261-7855
FAX: 03-3261-9053
  E-mail:life@earth.email.ne.jp
——————————————————-